Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)

(・ω・)「前回、『いつ獲った』という茶番劇で紹介したブラジリアンのレイトン・サレッタ君だが、獲得した時にちゃんと日記で紹介していたことに後で気付いた。3年目の3話目だ。前の日記なんて読み返したりしないからちょっとお恥ずかしいことになった。確認ついでにブログに貼ったキャプチャ画像を見比べてみたら、1年間で全く成長していなかった。あいつマジで50Mの価値無いんじゃないのか? やっぱり契約更改するんじゃなかったかな」


川 ゚ A゚ノ|「そんなことより前回の更新から間が空きましたね」


(・ω・)ノ「こんばんわ、ぶるべあです」


川 ゚ A゚ノ|「? なんだか今回はテンションが低くありません?」


(・ω・)「久々の日記なのに申し訳ないが、今回は非常に淡々と書いていくよ」


川 ゚ ー゚ノ|「? それはともかく、すでにFM2015で遊ばれている方もいらっしゃいますね」


(・ω・)「しかしこのブログでは今後もFM2014のチャールトンプレイ日記を気ままに進めていくよ。再三繰り返し宣言している通り、FM2015には手を出しません。なので、この機会に自分ではっきり言っておくと、ゲーム情報的な意味では、このブログの読み物としての価値はもうありません。プレイも下手くそだから参考にしていただけるところも無い。今後は完全に、時流に遅れた個人の日記帳と化します」


川 ゚ A゚ノ|「今まで読んできていただいてくれた方たちからすれば、そんなものこのブログには最初から求めていないのではないですか?」


(・ω・)「そこらへんよく分かんないんだよね。アクセス解析はつけてるから毎日見られてることは分かってるんだけど、何を求められて見られているのかイマイチ分からん。だからちゃんとお断りしておきたい。今までもこれからも、ここは俺のただの日記帳だ。チラシの裏だ。布団を敷こう。な!」


川; ゚ A゚ノ|「そんな表情一つ変えず2chコピペを言われても」


(・ω・)「今回の更新では俺の顔文字の表情は変えない。淡々と書いていく。たぶんそうでないと俺の気がもたない。そうでなくても毎回日記が長くて疲れてるんだ。好きで書いてるから自分のせいなんだけどさ」


川 ゚ A゚ノ|「……なんだかよく分かりませんが、この前回からの空白期間は、別にFM2015に手を出していたからではないのですね? 確か今シーズンは残り10試合しかなかったはずです。何でこんなに時間がかかったんですか?」


(・ω・)「まずはその残り10試合のプレイ結果を見せよう」





01_20141109083620a91.png


(・ω・)「こんな感じでプレイ4年目、プレミア2年目は終了となった」


川 ゚ ー゚ノ|「引き分けや負けばかりですが、アーセナルに勝ってますね」


(・ω・)「しかし引き分けや負けばかりだったので、最終順位は11位だった。理事会からの要求ノルマを果たせなかった」


02_20141109084559001.png


(・ω・)「理事会の信用が50%を切った。画像でうまく紹介できてないが、47%に落ちた」


川; ゚ A゚ノ|「もしかして解任……」


(・ω・)「いや、それは無かった。3月に契約更改したせいもあるのか、解任されることなくゲームを進めることが出来た。確認してみたが、来季も最低限上位半分のノルマ、すなわち今季と同じ要求ノルマでまた続けられる」


川 ゚ ー゚ノ|「良かった。じゃあ来季こそもっと成績を上げて、」


(・ω・)「どうやって?」


川 ゚ A゚ノ|「えっ」


(・ω・)「どうやって成績を上げる? この残り10試合は最初のトッテナム戦を除き、全て守備的コントロール戦術で戦った。というのも、考えて練った攻撃的戦術が、この最初のトッテナム戦で全く通用せずに大敗を喫したからだ。今思えばトッテナム相手にアウェーで攻撃的戦術で戦ってどうするって話なんだが、とにかく5失点はショックが大きかった。そして直後に守備的コントロール戦術で挑んだアーセナル戦で望外の勝利をあげたために、以降全て守備的コントロール戦術で進めた。その結果がこの引き分けと負けの多さである。それってつまり、点を取る戦術が作れないという前回からの問題は何も解決していないということだ。こんなんで来季どうするっていうんだ? 戦績を上げる方法が見えない。しかも理事会の信用が50%を切ったわけだ。これを持ち直すのはこのままでは無理だ」


川; ゚ A゚ノ|「は、はあ。まあそうですね」


(・ω・)「というわけで俺は戦術練習に着手した。練習試合をしたのだった」


川 ゚ Д゚ノ|「あっ、それでこんなに間が空いたんですか」





03_201411090902174eb.png


(・ω・)「相手はラスト2試合のこのミドルスブラ戦を選んだ。特に理由はなくて、たまたまこの直前のセーブデータがあったからだが、偶然気付いたのだけど、この時点で俺たちは10位で、あと1試合に勝てば10位が確定するという状況だった。なので、納得のいく戦術が出来たら、このミドルスブラで勝利を挙げてやり直す、すなわちリセットして10位フィニッシュという形で理事会ノルマをこなしてから来季に挑むことにしようと考えた。その方が信用を50%切った状況から来季に挑むよりいいだろうと思って。そこから持ち直す腕前は俺には無いから。いいね?」


川 ゚ A゚ノ|「わたし達ってプレイ下手ですからね。挽回は難しいでしょう。解任されるよりマシです。仕方ありません」


05_20141109090737c76.png


(・ω・)「ミドルスブラのフォーメーションである。彼らの特徴は、1トップとトップ下の非常にフリーダムな動きと、サイドハーフの位置取りである。説明すると、まずウイングより低い位置にいるサイドハーフに、割と簡単に相手のビルドアップのボールが入る。するとこちらはサイドバックがこれにマンマークにつく、というより実質釣り出される。この空いたスペースに1トップが大きくポジションを横にずらして裏抜けを狙い、ここにものの見事にスルーパスを出されてしまう。そこからゴールライン際まで攻められて折り返しをトップ下や逆サイドハーフに決められるというパターン。あるいはサイドハーフが1対1でサイドバックを抜き去りクロスを上げてやられるパターン。この攻撃パターンがほんとワンパターンなのだが綺麗に決められて困る。そもそも、」


ミドルスブラの選手はほぼ全員こちらより能力グラフが一回り小さい
そもそも昇格組
しかもこちらのホームゲーム


(・ω・)「であるにも関わらず、こうしたワンパターン攻撃に頻繁にやられて、」


2点差以上でこちらが勝利すると『信じられない勝利を挙げましたね!』と言われる


(・ω・)「つまりこのミドルスブラって弱いの強いの、どっちなの」


川 ゚ A゚ノ|「試合後の記者会見の言葉ってどのくらい信用できるんでしょう。その言葉が正しいなら強いのでしょうけれど」


(・ω・)「そんな中、俺は戦術構築に挑む。しかしアイデアが全く思いつかん。何をすればいいんだ? ニワカはこれだから困る。とりあえず一番気になったのは、こちらのウイングが馬鹿の一つ覚えみたいに難しい角度から無理やりシュートを打ってサイドネットを揺らすことだった。コンピューターみたいに中にパスしてくれない。そこで、」


04_20141109095020a64.png


(・ω・)「ウイングはこういう役割と指示を出すことにした。こうすると難しい角度からのサイドネットへのシュートが減り、クロスか、中に入ってのシュートが増える気がしたからだ。なのでこの指示をベースに戦術を考えた」


川 ゚ Д゚ノ|「インサイドフォワードじゃないですか。コンピューターみたいに中へ折り返して欲しいんですよね? それならウイングの役割であるべきでは」


(・ω・)「そうなのだが、」


06_2014110909534246b.png


(・ω・)「役割をウイングにすれば『ライン際でクロスを上げろ』という指示を出せるということにこの時は気付いていない


川 ゚ A゚ノ|「……なんか嫌な予感がしますが、もしかしてこの練習試合……」


(・ω・)「もう先に言ってしまうが、この戦術練習は結果的に失敗に終わる。しかし最後まで説明させてくれ。そうでないと前回の更新から今まで何をやってたかを語れない。語らないと話が先に進まないし、この約1か月が本当に時間の無駄だったことになる。せめてこの俺の日記帳に全部吐き出させてくれ。どれだけ馬鹿にしてくれてもいいから」


07_20141109100353245.png


(・ω・)「で、上のウイングの指示設定で、俺は戦術構築の方針を決める。『やって欲しいことを全部指示する』というものだ。そして出来たのがこれだ」


川 ゚ Д゚ノ|「ええと……ラインを押し上げて前からプレスしてボールを奪ってダイレクトパスでサイドから一気に、というイメージですか」


08_20141109100912d27.png


09_20141109100931630.png


(・ω・)「とにかく、やらずに後悔するならやって後悔しようの精神で指示をつけまくった。そしてフィニッシュはサイドからのクロスである。サイドからのクロスに中の選手が合わせるのを狙っている。だからサイドの選手は重点的に指示を出してある。とにかくサイドを突破してクロスを上げろ!」


川 ゚ A゚ノ|「……昨季、その戦術で世界中から笑いものにされた監督さんがいらっしゃいましたよね」


(・ω・)「フットボールジーニアスぶるべあの誕生である。やって欲しいことを全部指示したら結果的にそうなった。それが壮大な失敗フラグだとは知らずに。さて、この戦術を微調整しつつ、ミドルスブラとの練習試合を重ねた。以下がその結果だ」


 ・4-0。支配率52。11本中5本。前半で3点
 ・2-1。支配率49。13本中3本。
 ・2-0。支配率48。16本中5本。相手のシュートを0に抑えた
 ・2-0。支配率51。14本中6本。
 ・0-0。支配率48。10本中1本。
 ・0-0。支配率46。8本中3本。
 ・2-0。支配率44。14本中5本。
 ・0-0。支配率42。7本中3本。
 ・0-1。支配率40。5本中3本。
 ・2-0。支配率43。5本中2本。
 ・1-2。支配率49。15本中7本。
 ・4-1。支配率50。12本中5本。
 ・1-1。支配率49。15本中6本。
 ・3-0。支配率45。12本中8本。
 ・1-2。支配率52。14本中7本。
 ・1-1。支配率42。6本中2本。
 ・0-0。支配率42。9本中1本。
 ・2-2。支配率43。12本中5本。
 ・0-1。支配率42。6本中3本。
 ・2-1。支配率46。14本中2本。
 ・1-0。支配率49。11本中2本。
 ・2-0。支配率48。17本中8本。
 ・2-0。支配率49。14本中3本。
 ・2-0。支配率53。11本中4本。
 ・3-1。支配率45。9本中3本。CBのバートリーがCKでハットトリック
 ・2-1。支配率53。17本中7本。
 ・2-0。支配率46。11本中5本。
 ・2-1。支配率48。15本中7本。
 ・3-0。支配率44。16本中5本。
 ・0-1。支配率47。6本中1本。
 ・3-1。支配率47。15本中7本。
 ・1-0。支配率45。10本中4本。
 ・3-0。支配率48。18本中5本。
 ・3-1。支配率49。14本中6本。
 ・2-1。支配率48。8本中5本。
 ・1-2。支配率41。8本中3本。
 ・1-0。支配率47。12本中3本。
 ・0-3。支配率48。11本中3本。


川; ゚ Д゚ノ|「……え、なんですかこれは」


(・ω・)「上の戦術をベースに微調整しつつ、リーグ戦と同じ38試合を戦った結果だ。スコアと支配率とシュート数と枠内シュート数をメモった」


川; ゚ A゚ノ|「なんの意味があるんですこれ」


(・ω・)「ミドルスブラは2点差で勝つと『信じられない勝利を挙げましたね!』と言われるレベルの相手である。そこ相手にこの戦術が平均的にどれくらい通用するかで、この戦術の通用度と、実際のリーグ戦や他のチーム相手にどれくらい通用するかを計ろうと思ったのだ」


川 ゚ A゚ノ|「これ結果的に通算成績はどうなってるんですか?」


(・ω・)「38試合24勝7敗7分。勝ち点79。得点数62失点数25。仮に全ての相手がミドルスブラのレベルであれば、リーグ戦で2位あたりにつけられる成績となった」


川 ゚ A゚ノ|「……あれ、実際にはミドルスブラより強いチームやアウェーでの戦いがあるとはいえ、かなりいいですね」


(・ω・)「うむ。というわけで、この戦術をベースにして来季に挑もうと考えた」


10_20141109104610b14.png


(・ω・)「点が欲しい時にはトップ下を置いてこうだ」


川 ゚ Д゚ノ|「ええと……あれ、狭く攻めるんですか?」


(・ω・)「そうだ。この戦術の狙いは、狭く攻めさせることで、ウイングを絞らせ、ウイングバックの上がるスペースを生み出すことだ。この狙いはトップ下戦術の構築で悩んでいたところを、Akakiriさんのサイトの戦術を参考に見ていて閃いた。Akakiriさんはトップ下の4-2-3-1で狭く攻めることで、中央のトップ下を生かす意図の戦術を取られているんだが、俺はその狭く攻めるというプランを逆にサイドのスペースを生み出す狙いに置き換えた。つまりこの戦術も、攻撃はサイドからのクロスで、俺の場合はトップ下をフィニッシャーの一人として捉えているわけだ」


 ・2-1。支配率48。22本中10本。
 ・3-1。支配率48。17本中7本。
 ・3-1。支配率54。22本中12本。
 ・1-1。支配率50。19本中5本。
 ・3-0。支配率46。19本中7本。


(・ω・)「今回の練習試合はこれだけで済ませた。だいたい毎回これだけシュートを打ってくれる戦術だと分かったからだ。シュートをもっと打てと指示しまくっているからもあるが、明らかにさっきの戦術より攻撃度が上がっている。これで、基本戦術と、点を取りに行く攻撃的戦術は出来た」


川 ゚ ー゚ノ|「なかなかいいんじゃないでしょうか」


(・ω・)「戦術を作れた。この時はそう思ったのだ。俺はとても満ち足りた気持ちで練習試合を終えたのだった」


川 ゚ A゚ノ|「しかしこれ、今回もかなり練習試合を重ねたんじゃないですか? バーンリー戦160本ノックの時ほどではないですが」


(・ω・)「数えてないけど、60試合は確実にしただろう。でもバーンリー戦160本ノックほどではない。あんなのもう二度とやらないよ。今思えばあの時は明らかに頭がどうかしてたよ。あの記事のおかげでこのブログのアクセスもアップしたのだろうけれど」


川 ゚ ー゚ノ|「話を聞く限りでは、今回の練習試合はあの時ほどストレスのたまるものではなかったようですね」


(・ω・)「もう二度とあんなストレスには会いたくない。そう思っていた。そう思っていたのに」


川; ゚ A゚ノ|「……?」


(・ω・)「さて、戦術は決まった。練習試合用に作ったデータから、その少し前の元のプレイデータに戻り、ミドルスブラとゲームを進める本番を戦う」


11_201411091107404c7.png


(・ω・)「あれ、おかしいな、とこのあたりから思い始める」


川 ゚ A゚ノ|「? 勝っているではないですか」


(・ω・)「これ、実は本番と言いつつ10試合やり直している」


川; ゚ A゚ノ|「!? さっきの通算成績ではいい結果が出ていたではないですか」


(・ω・)「いや、単に2点差での勝利がしたくて、かつサムエレ・ロンゴがゴール欠乏症だったので、同時に彼がゴールを決めるまでやり直しただけなのだが、それにしても成績が悪い。初戦はいきなり1-4で負けた。テストをしていた時には4失点なんて一度もしなかったのにだ。10試合して3回しか勝てなかった。これはその3回目だ。ちなみに本番だから、ビハインドになれば攻撃的戦術に変更したりと、練習試合の時とは違って試合中に戦術変更している。それで初戦は1-4で負けたりしたので戸惑った。あれ?」


川 ゚ A゚ノ|「別に練習試合と本番とで何かが違うわけではないんですよね?」


(・ω・)「いやスタメンは変えてるけどね。ダン・バーンがまーた出場機会で不満を言い出すのを前のプレイで知っていたから、リセットの今回では彼を出したり、数人変えてるんだ」


川 ゚ A゚ノ|「そのせいなんでしょうかね? やはりスタメンが変わると同じ戦術でも強度が落ちるのでしょうか」


(・ω・)「しかしこんなのは全然序の口だった。この時間をかけて練習した戦術が、完全に意味の無いものになってしまうのである。次のストーク戦で」





対ストーク戦


12_20141109112017ac3.png


13_20141109112434c29.png


川 ゚ A゚ノ|「負けてしまいましたね」


(・ω・)「2点リードされたので攻撃的4-2-3-1にして点を取りに行ったのだが及ばなかった。ここで俺は、せっかくだしこのストークにもリセットで勝っておこうかな、と、一旦セーブした後にやり直してみることにした。それがバーンリー戦160本ノックに匹敵するストレス地獄だとは気付かず


川; ゚ A゚ノ|「というと……」


(・ω・)「この2-4の試合。実はずっとマシな方だったのだ。このストークに全く勝てないのである


・絶対にパスミスをする俺と絶対にパスミスをしない相手の攻防
・ボールをこねる俺とワンタッチパスでつなぎまくる相手の攻防
・ゆるゆるの俺の守備とピッタリマークにつく相手の攻防
・ファーストタッチが伸びてボールを奪われまくる俺と足元にピタッと収める相手の攻防
・弱々しいシュートをGK正面に打つ俺と力強いシュートをゴールネットに突き刺す相手の攻防
・クリアボールを必ず相手に奪われる俺とクリアボールを必ず前線で拾う相手の攻防
・ヘディングでの競り合いに必ず負ける俺と必ず勝つ相手の攻防
・地蔵と化す俺とオープンスペースに移動しまくる相手の攻防
・毎試合のように40%すら切る支配率
・毎試合のように20本以上打たれるシュート
・毎試合のように「なんで?」という下手くそな守備のミスで失点
・最初の10分以内に失点は当たり前。前半で0-3がザラ



川; ゚ Д゚ノ|「ああ、この『同じ条件で戦っているとは思えない』と言われる対比、まさしくバーンリー戦160本ノックのデジャヴ……」


(・ω・)「これが20試合以上連続で続き一度も勝てないので


14_201411091142542fd.png


(・ω・)「こうなる前に俺はゲームのブラウザの閉じるボタンを押して全てを投げ出した」





(・ω・)「すいません嘘言いました。20試合して一度も勝てなかったはちょっと可哀想ぶってみました。実際には一度だけ勝てました。ガチガチ守備的戦術で1-0で」


川 ゚ A゚ノ|「でもそれってつまり、普通に勝ちに行く戦術だと全部負けたってことですよね」


(・ω・)「バーンリー戦160本ノックの時よりタチが悪い。五分の試合をしようと挑んだら確実に負けるのだ。あの時のバーンリーでももっとなんとかなった。今回のストークは本当にどうにもならない。強すぎる」


川 ゚ A゚ノ|「何か打開策は無いんですか?」


(・ω・)「……もういいじゃん」


川 ゚ A゚ノ|「えっ」


(・ω・)「もう無理だ。あの時のバーンリー戦にはまだ望みがあった。戦術で五分五分の試合に持ち込める望みがあったんだ。でも今回は本当にどうしようもない。超守備的に戦わなければ一方的にボコられるのである。俺のストレスがマッハで耐えられない。バーンリー戦では初めてで耐えられたストレスでも、いくらなんでも二度目は無理だ。うんざりだ。もううんざりなんだよ」


川 ゚ A゚ノ|「ああ、今回の日記の最初に顔文字をいちいち変えないと言われてた理由はそれですか。プレイ当時の喜怒哀楽を再現していたら気が持たないということだったんですね」


(・ω・)「サイドからのクロス、サイドからのクロス、そんなフットボールジーニアスぶるべあの戦術は完膚なきまでに叩き潰された。現実と同じように。ところでそんな似非フットボールジーニアスな俺を叩き潰したのは誰だ?」










01_20141109120853b04.jpg


(・ω・)「こいつだ


川 ゚ A゚ノ|「えっ」


15_201411091210398ff.png


(・ω・)「FM2014のモイーズマジ有能


川; ゚ Д゚ノ|「そうでした、今のストークの監督はモイーズ氏なのでしたっけ」


(・ω・)「モイーズ、馬鹿にして悪かったよ。今回の件ではっきりした。俺ってあんた以下だったんだ。この強いストークを作り上げ、そして現実で11年間もエヴァートンを率いていたリアルのあんたは間違いなく名将だった。俺みたいなニワカのゲーム下手に馬鹿に出来る資格なんてなかったんだ」


川 ゚ A゚ノ|「華麗なしっぺ返しというか、なんだか切ないですね」


(・ω・)「本物の天才からの戦術レッスンは厳しかった。そのようにオチがついたところで、俺の戦術練習の日々は実を結ばず終わりを告げた」













川 ゚ A゚ノ|「……でも、結局どうするんです。まだゲームのプレイ自体を投げ出したわけではないのでしょう? やっぱり勝てる戦術を考えないことには始まりませんよ」


(・ω・)「そう思って、ストークには全く歯が立たなかったけど、この戦術ってミドルスブラには通用したし、これ使えば来季はなんとかなるかなぁ、と思って、自信回復のためにもう一度ミドルスブラと練習試合してみたら、0-4で負けてね


川; ゚ Д゚ノ|「通算成績でリーグ2位になれる戦術って話は一体なんだったんですか!」


(・ω・)「俺の希望にとどめが刺された。なにもかもが無意味だった」


川; ゚ A゚ノ|「……」


(・ω・)「なので、もうどうにでもな~れ、と思って、」


16_20141109122839352.png


(・ω・)「この適当に選手指示含め最小限の指示しかしてない戦術でミドルスブラと練習試合してみたら、」


17_20141109123122886.png


(・ω・)「なんか4-0で完勝しちゃってさぁ


川; ゚ ー゚ノ|「もうわけがわかりませんね


(^ω^)「ウフフ……」


川 ゚ Д゚ノ|「?」


(^ω^)「ウフフフ……」


川; ゚ Д゚ノ|「ああ、とうとう頭がおかしく……」


(・ω・)「いや、この勝利のおかげで逆に吹っ切れたよ。俺はさ、ゲームが下手だ。そしてゲームの上手い人はみんな、まさに必勝の戦術を作り上げて、あっという間に頂点に駆け上がる。だから俺も同じように必勝を目指さないといけないと思っていたし、必勝の方法があるのだと思っていた。でもさ、別にそんな無理することないんだよ。勝つ時はこんなふうに簡単に勝てるし、負ける時はストーク戦のように何をやっても勝てない。そしてそれでいいんだ。そう思えてなんだか気持ちが軽くなったよ」


川 ゚ A゚ノ|「そうでしょうか? ネットに日記や結果を書かれている皆さんは本当に誰もがお強いですよ。わたし達はどう考えてもプレイが下手だから自滅して負けてるんじゃないですか」


(・ω・)「それでいいんだ。それでもいいんだよ。俺にとってこのゲームはそういうものなんだ。勝ったり負けたりするものなんだよ。だったらそれを楽しもう。ガチガチにムキになるんじゃなくて、一喜一憂を楽しんでいこうじゃないか」


川 ゚ A゚ノ|「……」


(・ω・)「ん?」


川; ゚ ー゚ノ|「そんなこと言いつつ、神経質なあなたのことだから、そのうちまた必死になって戦術を考え出すと思いますよ」


(^ω^)「かもね。その時はその時さ。でもこれはゲームなんだ。もっと気楽に構えよう。今ならそれが出来そうだ」









(・ω・)「それじゃ最後に今季の成績を」


18_20141109125012edd.png
19_201411091250243d8.png


(・ω・)「リーグ戦のみの成績。最多MOMと最高評価点はシェルヴェイ。最多得点はキプチュ。最多アシストはバイスター」


川 ゚ ー゚ノ|「やっぱりウイングが要ですねわたし達」


(・ω・)「そうだね。彼らの使い方が肝だ。気が楽になったとはいえ、来季はどんな戦術で戦おうかなぁ」


20_20141109125511958.png


(・ω・)「プレミアはリヴァプールが2連覇。エヴァートンがリーグカップを、ノリッジがFAカップを優勝。そしてマンUがCLを優勝した。去年EL権を獲得したアストンヴィラがELと並行してリーグを戦い最下位で降格である。キャー怖い。その他、セリエはユヴェントスが6連覇、リーガはバルセロナが2連覇、ブンデスはバイエルンが2連覇、そしてリーグアンはモナコが優勝してPSGの5連覇を阻止した。一方でELはそのPSGが優勝し、俺のこの箱庭ではELが完全にCLを落としたビッグクラブのトロフィーの狩場になっている」


21_2014110913010622e.png


(・ω・)「アーセン・ベンゲルが監督を引退。後任はマンチーニになった。俺の箱庭ではベンゲルは結局コミュニティシールドを1回優勝するにとどまった」


22_20141109130454ff5.png


(^ω^)「スタジアムの拡張が無事に終了した。これで来季はホームのザ・ヴァレイで戦える」


川 ゚ ー゚ノ|「満員になるといいですねぇ」


23_20141109130625b5a.png


(・ω・)「今年もユースが頑張りました。u21リーグとu21カップとu18リーグで優勝です」


川 ゚ Д゚ノ|「ユースが結果を出しますね」


(・ω・)「俺なんかよりu21監督のクレイグ・ベラミーやu18監督のアンゲロス・ハリステアスの方がよっぽど有能である」


24_20141109130901ff0.png


25_20141109130943fd2.png


(・ω・)「来季の予算が出た」


川 ゚ Д゚ノ|「上位半分の順位のノルマですよね? 大丈夫ですよね?」


(・ω・)「たぶんね。来季の戦力はどうしようかな。まだ理事会の許可する最高賃金が400Mなんだよね。ビッグネームが獲れる日は遠い」





(・ω・)「それでは今回はこんなところで。あんまり面白い日記じゃなかったと思いますけど、書ききれて僕は満足です。次回の更新はまた当分先になると思います。気が楽になったのと同時に、ゲームにまた没入するにはいまいちまだノリきれない気分の最近なので。がっつり日記に取り組む気も起きなかったので更新も伸びましたし。改めて、今後ものんびりマイペースに行くとここで言っておきます。いや、なんで毎度毎度こう、いちいち読者を気にすることを言うかというとですね、アクセス解析を見ると訪問者数が途絶えていないのが分かっているので、そんなに見に来ていただいても何もお出しできませんしお出しするに値するものは何も無いのにと申し訳ない気持ちになるんですよ」


川 ゚ ー゚ノ|「読んでいただきありがとうございます」


(・ω・)「ありがとうございました。それじゃ最後のオチ」


26_20141109132629754.png


(^ω^)「監督契約更改の時に傘下クラブをお願いしてバーンリーを傘下においてやったぜザマーミロwwww


川; ゚ Д゚ノ|「今回の日記はバーンリー戦160本ノックを引き合いに出しましたけど、その相手を下部に置く日が来るとは」


(・ω・)ノシ「俺はバーンリーに勝利した。第三部、完! それじゃまたいつかお目見え出来る日までさようなら!」(たぶん続く)










(・ω・)「……しかしやっぱり日記をつけるのは悪くないね。人目に晒すことで自分を振り返り、ゲーム下手さの原因が浮き彫りになる。戦術がやっぱりおかしいだろ。インサイドフォワードでクロス上げさせようとするのもそうだし、なんでこの4-2-3-1は中盤がダブルボックスミッドフィルダーなんだよ。いや他に4-2-3-1でバイタルをケアさせる方法が思いつかなかったからなんだけど」


川 ゚ ー゚ノ|「ところでモイーズ氏がレアル・ソシエダの監督になるそうですよ」


(・ω・)「まだ確定ではないみたいだから後日どうなってるか分からないけど、再就職おめでとうございます。しかしイングランドではないのは、やはりもう国内ではキャリアを取り戻す望みが無かったからなのかな。ファン・ハールになってからの方がマンUは勝ち点を落としているので最近ちょっと見直されだしてるよね。それでもあの伝説の90分間クロスを上げ続けたフラム戦は忘れられないけどね」


川 ゚ ∀゚ノ|「わたし達も英気を養ってまたいつか日記に戻ってきましょうね」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初コメ失礼します。ぶるべあさんの日記とても面白いのでいつも楽しみにしています( ´∀`)

私はC.D.Mirandesというスペイン二部のクラブでプレイしているんですがこの日記を見てウェンズデイやチャールトンでもプレイしたくなりました。なんかプレミアは二部から昇格した最初のシーズンがつらそうで避けてたんですよね。

モイモイはユナイテッドでは散々でしたがいい監督ですよね。たしかにフラム戦は笑わせてもらいましたけどw
2014/11/11(火) 03:05:16 | あーせなる | #-[ 編集]
こんばんわ
> 初コメ失礼します。ぶるべあさんの日記とても面白いのでいつも楽しみにしています( ´∀`)

あ、ありがとうございます(´;ω;`)ウウウウーッ
いつも弱音ダダ漏れのブログですみません(´・ω・`)

> 私はC.D.Mirandesというスペイン二部のクラブでプレイしているんですがこの日記を見てウェンズデイやチャールトンでもプレイしたくなりました。なんかプレミアは二部から昇格した最初のシーズンがつらそうで避けてたんですよね。

ミランデス……(・ω・) おっなるほど、いまだリーガに昇格経験の無い小クラブでの成り上がりプレイですか
渋いですね(`・ ω・´)

成り上がりプレイに関してですが、これはプレミアに限らず選ぶクラブによって難易度が変わると思います(・ω・)
このゲームは難易度が設定されていませんが、選んだクラブの戦力や理事会ノルマなどで難易度が変わるゲームだと僕は思ってます
自分の好きなクラブでもプレイヤーの実力では超ハードモードだったりとかいう切ないパターンもあるゲームだと思います
ウェンズデイとチャールトンですが、ウェンズデイはFM2013までは僕にとってちょうどいい難易度のクラブでした。過程は全部ブログに書いてますが、戦術と戦力補強で勝ち上がれるクラブでした
しかしFM2014ではウェンズデイは戦力がかなり弱く、これでは僕の実力では無理だ、と判断してチャールトンに変更しています
イングランドでは2部でも戦力の充実したクラブはありますし、戦力と理事会ノルマとプレイヤーの実力次第では、昇格も昇格後もなんとかなるのではないでしょうか
確かにプレミアは他のリーグと違って、一極集中ではなく、ほぼすべてのクラブがまんべんなく強敵ですので、どこで勝ち点を拾っていくかで頭を悩ませるのですが、
予算も結構出ますし、FM2013とFM2014でこうして日記に書いた通り、ゲーム下手の僕でも昇格初年度はなんとかなりましたし、そう恐れるほど難易度は高くないと思います

むしろテストプレイで挑んだスペインの方が辛かったですよ(`;ω;´)! なんだあの予算! 詰んだかと思った!

> モイモイはユナイテッドでは散々でしたがいい監督ですよね。たしかにフラム戦は笑わせてもらいましたけどw

エヴァートン時代のモイーズってあんなにひどかったっけ、そんなことなかったよな、と思ってましたが、
ファン・ハールになってもなにやら苦戦続きなところを見ると、これはむしろマンUというクラブがあまりに特殊なのかもしれませんね(・ω・)
監督のキャリアは浮き沈みがありますし、レアル・ソシエダ(正式決定報道来ましたね)でのモイーズの手腕に期待しましょう(`・ω・´)!
2014/11/11(火) 20:30:48 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
淡々としているのも面白いですね
こんばんは、お久しぶりですね。
相変わらず面白いですね。日記でいいじゃないですか。
楽しみにしています。

こちらもようやくFM2014に移行しました。ちょっとまだ慣れてませんが、若い選手の成長が心なしか早い気がします。
で、能力が落ちるのも早い気がします。

アドバイスというか、ご参考にされる必要はないのですが、選手への個別の指示は少ない方が効果的な気がしました。気のせいかな・・・
捨てる勇気、ってのも必要かも知れませんね。

って2014はじめたばかりの奴には言われたくないか(笑)

モイーズがレアル(ソシエダ)の監督になりましたね。
まぁ、イングランド以外でやるのは正解でしょうねw
でもあそこの選手達、ほとんどスペイン人だと思いますが、モイーズはスペイン語話せるのかな・・・
2014/11/11(火) 23:55:47 | 初心 | #UXr/yv2Y[ 編集]
お久しぶりです
FM大先輩の初心さんではないですか(・ω・)ノ お久しぶりです
面白い日記になっているといいのですが(・ω・) ←とかいいつつ、書く以上はどんなに卑屈に書こうが誰かに面白いと言われることを期待してしまっている!
ありがとうございます(^ω^)

> こちらもようやくFM2014に移行しました。ちょっとまだ慣れてませんが、若い選手の成長が心なしか早い気がします。
> で、能力が落ちるのも早い気がします。

うーん(・ω・) そのあたりはまだこうして4年しかプレイしていない僕には判然としません
16歳くらいで青田買いして日記にも紹介したヤニック・アンジャーニ君はユースに置いていたら18歳でびっくりするくらいグラフが成長しました
でも日記にも紹介したレイトン・サレッタ君は1年でまったく成長していません
北アイルランドから青田買いしたCBのユースの子もあまり成長してなくて。個人差が大きいのかな(´・ω・` )
能力の落ちる具合に関しては、右サイドバックのレギュラーのソリーが、潜在能力値まで伸びきったところでもうグラフが縮まり始めた気がします。まだ26歳くらいなのに
また大きな怪我をすると確かにかなり能力は減る気がします。中国人ストライカーの楊旭は一気にグラフが縮まりました
獲得して速攻で大怪我で離脱した左サイドバックのダニー・ローズも、復帰後の今シーズンは怪我せず試合にかなり出たのに、なんだか怪我前まで能力が回復してない感じです(´・ω・`)

> アドバイスというか、ご参考にされる必要はないのですが、選手への個別の指示は少ない方が効果的な気がしました。気のせいかな・・・
> 捨てる勇気、ってのも必要かも知れませんね。

今回の日記の最後に見せている4-0で勝っている試合では、試合中の選手の動きが非常になめらかでした
だから、じゃあ指示なんて必要ないじゃん、と思ってしまうのですが、
例えば日記で紹介している攻撃的4-2-3-1戦術、あれはサイド攻撃を指定しているのですけれど、
「むしろサイドにこだわらない方が攻撃のバリエーションが増えるかな」と試しにこれを外したら、
20本近く打っていたシュートが急に4本しか打てなくなったりしてですね……(´・ω・`)
それにサバデルでテストプレイをしていた時には最初は指示しないで負け続けたり、
とはいえ今回のように、ちょっとの指示で4-0で勝てたり……

ウーン、つまりおっしゃられる通り、何事もほどほどがちょうどいいということなのでしょう(・ω・)
ただ、なんとなく、パス系の指示はつけすぎると選手がパニくる確率が高くなる気はしています

> モイーズがレアル(ソシエダ)の監督になりましたね。
> まぁ、イングランド以外でやるのは正解でしょうねw
> でもあそこの選手達、ほとんどスペイン人だと思いますが、モイーズはスペイン語話せるのかな・・・

よく分かりませんが、FMだと英語を喋れるスペイン人選手が多いので、
そのまま英語でコミュニケーション可能なんじゃないでしょうか( ゚ω゚ )! 実際のスペインがどうなのか知りませんが
しかしいざリーガの監督就任となると、なんだかこれ以外にモイーズに選択肢は無かったようにも思えるから不思議です(・ω・)
イングランド国内が無理で1部リーグのクラブでないと駄目でクラブの格も高すぎず低すぎず欧州の僻地でもなく、
と考えるとスペインでソシエダってちょうど良かったのかなぁと(・ω・)
ここで巻き返せないと厳しいでしょうからモイーズは正念場ですね。なんか頑張って欲しいです(`・ω・´)
2014/11/12(水) 06:46:00 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
はじめまして
ぶるべあさんのブログ面白くて前からちょこちょこ見させていただいてました♪
自分も2015にして初めて日記つけてみようかと思いましたけど、どんなペースになるやら…

このゲームは戦術とかは感覚でしかやってなくて、160本ノックとかを実行できるぶるべあさんを尊敬します!(感覚でやって結果が出てるわけではないですが←)

自分の監督っぷりはこないだ解任されてた勝てないで有名な某前田さんみたいになりそうです(笑)
2014/11/15(土) 22:37:31 | ダイス | #SFo5/nok[ 編集]
はじめまして(・ω・)ノ
> ぶるべあさんのブログ面白くて前からちょこちょこ見させていただいてました♪

ありがとうございます(`・ω・´)!

> 自分も2015にして初めて日記つけてみようかと思いましたけど、どんなペースになるやら…

拝見しました(・ω・) FM2015は2014からさらに複雑化したようなので、大変だと思います
しかも7部リーグからの成り上がりって大丈夫ですか(・ω・;) 健闘を祈ります(`・ω・´)!

> このゲームは戦術とかは感覚でしかやってなくて、160本ノックとかを実行できるぶるべあさんを尊敬します!(感覚でやって結果が出てるわけではないですが←)

あれは僕の頭がどうかしてただけなのでお構いなく(;^ω^)
自分でやりたくてやったんですけど、あまり意味のある攻略では無かったと思いますよ(´・ω・`) 試合展開なんてその時その時で変わりますから
しかしFM2013の160本ノックの時は、あまりに同じ戦術で何度も試合をしたので、「前と全く同じ試合展開になった」試合が一度あったんですよね(・ω・)
ちょっとびっくりしました。やりすぎた

リンクを貼りました(`・ω・´) ダイスさんのサッカー監督ライフの躍進をお祈りします!
……いやほんと大丈夫ですか7部プレイ(・ω・;) きつそうだなぁ。心配ですが頑張ってください(`・ω・´)!
2014/11/16(日) 19:34:46 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
文字数多いブログだねー。
とても手を出したくないゲームだなー。
サッカー判んないし。

更新楽しみにしてます。
v-40
2014/11/17(月) 20:48:44 | いれずみ | #-[ 編集]
こんばんわ(・ω・)ノ
文字数多いですね(・ω・) 自分でも思います
実を言うと、ブログを始めた初期の頃は自然と多くなってたんですが、最近はそうでもなく、
「文字数の減少=手抜きになってるのではあるまいか……(・ω・)」と思って、
あまり以前より少なくならないように、などと意識してしまって書いています
でも少ない方が読みやすいのかな……(・ω・) でも情報を省くとそれはそれで面白くない気がして。データゲーですから

> とても手を出したくないゲームだなー。
> サッカー判んないし。

難しいですしね(´・ω・`) お察しします
FM2012くらいまではまだそんなに恐れるゲームでは無かったと思いますが。あの頃は無茶でも勝てたからなぉあ(・ω・)

> 更新楽しみにしてます。

ありがとうございます(`・ω・´) まだ次の更新の予定は立っていないので、またお暇な時に適当に見ていただければと思います
2014/11/17(月) 22:54:40 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
はじめまして
初書き込みですが、かなり昔から読ませてもらってます

FM日記面白いですね!
こつこつとチームを強化していくところなど、共感を覚えるところが多くて

特に、自分も、予算を制限する(出し惜しみする)プレイが多いですね

契約更新時、

年俸要求が高い → 移籍

になりがちです。
チームの平均年俸が高くなったり、ある選手の年俸を大きく上げると、他の選手から給与の不満が出てくる気がして…

CL優勝までは、まだまだ時間がかかりそうですが、まずはCL参戦目指して、どうか頑張ってください
続きを楽しみにしています



ちなみに、自分はタブレットでFM2014やってますw
パワー無すぎて、リーグは二つ(セリエABとリーガ二部Bまで)しか動かせてません(泣
パワー不足なのか、よく落ちます…
2014/11/21(金) 17:04:42 | Lozzo | #-[ 編集]
はじめまして(^ω^)
> 初書き込みですが、かなり昔から読ませてもらってます

ありがとうございます(`・ω・´)!

> FM日記面白いですね!
> こつこつとチームを強化していくところなど、共感を覚えるところが多くて
> 特に、自分も、予算を制限する(出し惜しみする)プレイが多いですね

少ない出費でチームを強くすることに心血を注いでしまいますね(・ω・)
そのぶんめっちゃ時間かかりますけど

> 契約更新時、
> 年俸要求が高い → 移籍
> になりがちです。
> チームの平均年俸が高くなったり、ある選手の年俸を大きく上げると、他の選手から給与の不満が出てくる気がして…

うーん(・ω・) 僕はこんな日記をつけてるくせに(おまけに下手)、プレイ歴がまだ短いので、
「あいつの給与と同じだけよこせ(`ω´)!」と言われたことはまだ無いです
ただ給与アップのタイミングは難しいですね(´・ω・`) そのせいで手放すかどうかの判断も頭を悩ませます

> CL優勝までは、まだまだ時間がかかりそうですが、まずはCL参戦目指して、どうか頑張ってください
> 続きを楽しみにしています

ありがとうございます。というか、解任されないように頑張ります(・ω・)
そろそろ日記を再開しようかなと思っています
まずは現有戦力の確認と将来を見越した若手の確保の有無を確認したんですが……
……あれ、もしかして補強の必要ない(; ゚ω゚ )? いやそんな馬鹿な
保有戦力のチェックはしたので、あとはめぼしい選手をあさってから先を続けたいと思います




> ちなみに、自分はタブレットでFM2014やってますw
> パワー無すぎて、リーグは二つ(セリエABとリーガ二部Bまで)しか動かせてません(泣
> パワー不足なのか、よく落ちます…

タブレットでFMですか(・ω・)! 辛そうですね(´・ω・`)
しかしいつかはタブレットでも楽に重いPCゲームが出来る時代も来るかもしれませんね。これまでの技術革新がそうだったように(`・ω・´)!
2014/11/22(土) 00:00:14 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する