Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)

(・ω・)「前回、次がFM2013編ラストと言ったな。あれは嘘だ。まだ続く」


从( ゚ Д゚ノリ「え、そうなんですか? それじゃどうして前回に次で最後のようなことをおっしゃったんですか」


( ゚ω゚ )「当初は後半戦を全部やってしまってからそのまま最終回になだれ込もうと無謀にも思っていたのだった」


从( ゚ A゚ノリ「無謀でしたか」


(・ω・)「無謀だった。結構やること色々あったのだった。冬の移籍期間の選手チェックとか」


从( ゚ Д゚ノリ「移籍? 今シーズンでわたしたちレーゲンスブルクの旅は終わるのですから、移籍交渉など不要だったのでは」


(`・ ω・´)「それがそんなことは無かったんだな。改めて所属選手をチェックして、穴埋め補強をする必要があったのだ」


从( ゚ A゚ノリ「……? その言い方だと、どうもチーム強化のための補強とはまた違うことを意味しているように思われるのですが」


(・ω・)「察しがいいな、その通りだ。順番に話そう。まずはこれを見てくれ」


02_20140508123853b54.png


(・ω・)「ヨーロッパリーグがあったために、俺たちは消化試合数が少ないので、日程変更でウインターブレイクが無く1月から過密日程が始まるわけだが、その前に間が空くので親善試合をした。相手はアルゼンチンの強豪ボカ・ジュニアーズ。勝利である。といっても、ゲームの登場選手数のデータベースの関係で実在選手があまりおらず、生成若手選手が多かったのだから、結果を額面通りには受け取れないが」


从( ゚ A゚ノリ「……? 試合間隔が空くことによる選手のコンディション調整、ではありませんよね。それはこれまでずっと、u23で親善試合を組んでトップの選手をリザーブに参加させることで自動的に調整してきていましたから。それにコンディション調整の試合ならもっと弱いクラブを相手にしていたはずです。怪我のリスクを避けるために。なのに強豪というクラブとの試合。これはなんのための親善試合なのでありますか?」


(・ω・)「テストマッチだ」


从( ゚ A゚ノリ「テストマッチ?」


(・ω・ )「この試合の得点シーンを見せよう」


03_201405081249145f3.png


(・ω・)「相手のセンターバックがボールを保持している。手前にM・サイード、奥から走ってきているのがキンテロ、左からダッシュで寄せていっているのがゾグボだ」


04_201405081252069c9.png


(・ω・)「ゾグボがプレスをかける。M・サイードやキンテロがパスコースにチェックに行っているので、相手センターバックはボールを出すことが出来ずに後ろを向く


从(; ゚ Д゚ノリ「……ハッ! これ、わたしたちがこれまで相手チームに散々やられてきたのと同じプレスではないですか!


(`・ ω・´)「先へ進めよう」


05_20140508130321923.png


(`・ω・´)「ゾグボがここでスライディングタックルでボールを奪う。相手エリア奥でボールを奪う」


06_2014050813051507e.png


(`・ω・´)「ショートカウンターになった。ボールを拾ったキンテロが、前へ走りこんだM・サイードにパス」


07_2014050813063809c.png


(`・ω・´)「ペナルティエリアまで持ち込んだM・サイードが、後から走りこんできたゾグボに折り返しのパス」


08_20140508130828431.png


(・ω・)「という流れで、ゾグボがこれを押し込みゴール。必死に追いかけてきている相手選手が滑稽だな(^ω^)」


从(; ゚ Д゚ノリ「……あの、これはいったいどういうことでありましょう? 明らかにこれまでのわたしたちではありえなかった攻撃パターンですよね?」


(`・ω・´)「最初の親善試合で結果が出て良かった。そう、これは新戦術のテストマッチだったんだ













新戦術


09_20140508131944f75.png10b_20140508132614aea.png


(`・ω・´)「これが新戦術のフェーメーションと指示である」


从( ゚ Д゚ノリ「なんと! これまで頑なに『機能させられない』とおっしゃられていたウインガー戦術の4-1-2-2-1ではありませんか!」


(`・ω・´)「そうだ。しかし、前回の日記を書いた後、それまでの4-2-1-2-1では解決できない問題を解決するのは、この戦術だと閃いたのである」


从( ゚ ー゚ノリ「ぜひ解説をお願いします!」


(`・ω・´)「うむ。まず、前半戦で採用していた4-2-1-2-1で起きた問題点は、おおまかに整理するとこうだ」


○4-2-1-2-1で起きた問題点

 ・守備時にサイドで相手選手がフリーになりボールを運ばれる
 ・守備時にマンマークの受け渡しが機能せずフリーでボールを運ばれる
 ・守備時に前線がプレスに行かない
 ・攻撃時にカウンターでボールを奪ってもゴールまでが遠くチャンスが途中で途切れる
 ・攻撃時にボールを相手エリアに持ち込むアイデアに乏しい(中央密集型だから柔軟性が無い)
 ・攻撃時に選手の厚みが無い(守備偏重だから攻撃参加の選手が少ない)


(・ω・)「前回の日記で、冷静に失点シーンを見返したと言ったな? その時の記述を整理するとこんな感じかな」


从( ゚ ー゚ノリ「なんとか修正出来ないか、とおっしゃられていましたね。その修正に手を付けたのですね」


(`・ω・´)「そうだ。前回の久々の日記で、こんな問題点が分かっていながら無策のまま進める気は失せた。座して死ぬ気はさらさら無くなったのだ。そこで、この問題点を修正するにはどうすべきか考えた。まず真っ先に思ったのが、『サイドからドフリーでボールを持ち込まれる』という問題点だった。そこから修正しようと思った」


从( ゚ A゚ノリ「単純に考えれば、サイドに選手を置けばいい話でありますよね」


(・ω・)「うむ。そこで4-2-1-2-1からの発展系として、攻撃的MFをワイドに開かせた。また、彼らにはストライカーと合わせて3トップのような形で押し込んで欲しかったので、役割をインサイドフォワードにした。ウイングにしてクロスを上げさせる指示を出しても前線は1トップしかいないしな。同時に、守備より攻撃時の選手の厚みを優先させるために、ダブルボランチを捨てて中盤の真ん中に選手を二人置いた。これでフォーメーションは4-1-2-2-1となる」


从( ゚ A゚ノリ「しかしこのフォーメーションは、多くのFMプレイヤーの方々が採用しておられますが、ぶるべあ殿は機能させられないので使わないとおっしゃっていたではありませんか」


(・ω・)「その通りだ。しかしこれを機能させられる方法が、今回の親善試合、さっき見せたゴールシーンで分かったのである」


从( ゚ A゚ノリ「と、おっしゃいますと?」


(・ω・`)「その前にだ。要するにさぁ、サイドがドフリーになるとか、マンマークが機能しないとか、つまりそれってマンマーク戦術が駄目なわけよ」


从( ゚ A゚ノリ「しかしぶるべあ殿は当初からずっとマンマーク戦術だったではありませんか。そもそもこれはなぜです?」


(´・ω・`)「確か、ウェンズデイでプレイを始めた最初の頃に、ゾーンディフェンスよりもマンマークの方が守備が安定していたからだな。その時のイメージをずっと、ず~っと引きずってここまで来たわけだ。でもさ、相手の積極的なプレス、こちらの脆弱なプレス、プレス、プレスって言うけれど、そのプレスって何よ? そりゃ『ゾーンプレス』のことに決まってんじゃん。マンマーク指示を出しておいて何がプレスが効かないだ。効くわけねーだろ。というわけでゾーンディフェンスに変更である。するとだ、このフォーメーションを効果的に機能させる方法が分かってくるのである」


从( ゚ ー゚ノリ「さきほどの親善試合のシーンでは、うまく前線の選手が相手選手にプレスをかけてパスコースを潰していましたね」


(・ω・)「そうだ。これまで散々相手チームにやられまくった『ディフェンスラインへのプレス』を、俺たちもそっくりそのまま仕返しすることが出来るようになった。前線の選手がボールホルダーを追いかけるようになるのだ。なんてこった。何が『コンピューターとこっちの動きが違う』だ。指示の出し方でしっかり同じことが出来るんじゃないか」


从(; ゚ A゚ノリ「今、これを読んでおられるFMユーザーの方々に、間違いなく笑われていますよ。今更なのかと」


(´;ω;`)「だから前から言ってるでしょ!? 俺はゲームが下手なの! 1年くらいプレイしているのに今更こんなことに気付くなんてウウウウーッ!!!!」


从(; ゚ ー゚ノリ「そのウェンズデイ時代の悪戦苦闘も、レーゲンスブルク2年目の絶望的状況も、実は戦術変更一つで簡単に対応できたのでは」


(・ω・)「いや、それは無い(キリッ。あれはあれであの時はああするしかなかった。ウェンズデイでの悪戦苦闘は俺独自の4-3-2-1のクリスマスツリー戦術に結実したし、レーゲンスブルク2年目は戦術以前のボールロスト祭りのせいだった。あれとこれとは話が別だ。今は今の話をしているのであるぞ」


从(; ゚ A゚ノリ「は、はぁ。まあ今の問題は、前半戦の修正と、今後のリーグ戦をどう戦うかですから、それで構いませんが」


(´・ω・)「とはいえ、マンマーク守備を頑なに続けるとか、コントロール戦術を頑なに続けるとか、まるで成り上がりの会社の社長が一時の成功体験にしがみついて転落していくような感じだな。俺は絶対に起業とかしちゃ駄目なタイプだね。なんか痛感したよ。というか、まだゾーンディフェンスの話は途中だ。もう半分、この戦術を機能させる上で大事なポイントがある」


从( ゚ A゚ノリ「と、おっしゃいますと?」


(・ω・)「さっきの親善試合、そのプレスでボールを奪ったのは誰だった?」


从( ゚ A゚ノリ「ええと、ゾグボ選手でありました。フォーメーション画像を見ると……中盤のボールゲッターのサポートの選手ですね」


(`・ω・´)「そうだ。このゾーンディフェンスの要になるのは、実際のところ前線の1トップと2ウイングではなく、この真ん中の二人である。実際にプレスでボールを奪うのは彼らの役目なのだ。つまり、このフォーメーション、この戦術は、このゾーンディフェンスとは、『中盤でボールを奪うためのものなのである。押し込まれたところからのカウンターだとか、ディフェンスラインからのビルドアップなどではなく、中盤で相手の攻撃を邪魔し、ボールを奪い、ボールを奪い返す、そんな中盤の攻防を主眼にした戦術なんだ


从( ゚ Д゚ノリ「……あの、わたし、今回監督をするにあたっていくつか勉強してまいりましたけれど、同じようなことをおっしゃられていたFM日記の方もいらっしゃいましたよ。ぶるべあ殿はご覧になっていなかったのですか? それにサッカーにおけるゾーンディフェンスとは、そもそもそれが目的なのでは」


(´・ω・`)「いやぁ、なんか記憶にはあったんだけどさぁ、実際に機能するところを自分で目にしないと分かんないもんなんだよこれが。これまで俺は、この4-1-2-2-1を使ったことはあれど、この『中盤でボールを奪うゾーンディフェンス』という、当然と言えば当然の戦術的視点を持つことが出来ていなかった。遠くチッタデッラでのFM2013テストプレイの時まで遡ろう。あの時に採用していたのがこのフォーメーションだったけれど、当時は中盤の選手の役割を、どうやって攻撃を組み立てるかな、という視点からしか見ていなかった。つまり、試合中にハイライトがこちらの攻撃のターンから始まった時に、どうディフェンスラインから組み立てるのか、という、考えてみれば非常に初心者らしい考え方をしていたわけだ。だから、中盤はチャンスメイカーにしてセンターバックからのボールをうまく受け取らせて運ぼうとか、そこからウインガーに渡してクロスを上げさせて、電柱の長身ストライカーのヘッドで決めよう、というのがあの頃の俺の考え方だった。アンカーを置くのも、そうすれば守備が安定するらしい、という情報からでしかなかった。相手の攻撃のターンをしのぎ切り、こちらの攻撃のターンをしっかり終わらせる。これまで俺はそれしか考えていなかった。しかしこの戦術の本質はそこではなかった。この戦術は『相手のターンを潰してこちらのターンにする』という目的で組んだ時に真価が発揮されるのだ」


从( ゚ ー゚ノリ「それで中盤の選手はボールゲッターとハードワーカーなのですね」


(`・ω・´)「そうだ。この一見攻撃時に誰が舵を取るのか初心者的視点では分かり辛い役割分担が、ハーフウェーラインでのボール奪取という目的には適しているのだ。ボールを奪うことが出来れば、後は周囲の選手との連携で、だいたいうまく攻撃が組み立てられるのである。というか、攻撃時に舵取り役をするのは、さっき言ったアンカーである。ビルドアップの時にはディフェンスラインにボールをもらいに行くし、前線や中盤が詰まればバックパスを受けるし、ゴールキーパーがパスをする相手としてセンターバックの間まで下がってくることもある。アンカーは守備時というより攻撃時にこそ安定している。やはりこの戦術、守備の要は中盤の二人なのだ」


从( ゚ ∀゚ノリ「そもそもアンカーでは、そうした役割が『ボランチ』『レジスタ』という単語の意味だと勉強したであります!」


(・ω・)「ほんとその通りだ。アンカーはぶっちゃけ攻撃時に役に立つ。守備なんてゾーンでみんなで頑張ればいいのだ」


09_20140508131944f75.png11_20140508151819d27.png


(・ω・)「というわけでこの戦術を用いて後半戦を戦うのである」


从( ゚ A゚ノリ「よく見ると戦略が攻撃的でありますが、よろしいのですか?」


(`・ω・´)「よろしいのだ。コントロール戦術でボールを回して崩すのにはこの戦術は適していないと思った。ボールを奪ったらとっととドリブルで持ち込んでアタックをかければいいのである。実際、試合ではインサイドフォワードがドリブルでサイドから相手のサイドバックを交わし内側に切れ込むシーンが見られる。それだよ! 俺たちが散々やられたウインガーとサイドバックの1対1で振り切られるやつ! それを俺たちもたまに出来るようになったのだ! そう、コンピューターが使ってくる動きはこちらも再現可能なのである!」


12_20140508152436004.png


(`・ω・´)「勝利が見込まれた時に使えと書かれているが、そんなもんはガン無視である。重要なのは、『守備でボールを奪ったらテンポの速いダイレクトな攻撃的パスでアタッキングサードのスペースを突く』ことだ。ゾーンディフェンスと組み合わせるに適した戦略だと思う」


从( ゚ A゚ノリ「……あっ、よく見たらこのフォーメーション画像、さっきと違うではありませんか。中盤の右がセンターミッドフィルダーの自動タスクでありますよ」


(´・ω・`)「ハードワーカーに適した選手が基本的にウチにはいないから、代用としてこちらを採用している。似たような動きをしてくれるといいんだが」


○4-1-2-2-1で解決する問題点

 ・守備時にサイドで相手選手がフリーになりボールを運ばれる > ゾーンでカバー
 ・守備時にマンマークの受け渡しが機能せずフリーでボールを運ばれる > ゾーンでカバー
 ・守備時に前線がプレスに行かない > ゾーンでプレス
 ・攻撃時にカウンターでボールを奪ってもゴールまでが遠くチャンスが途中で途切れる > ボールを奪う位置が高くなる
 ・攻撃時にボールを相手エリアに持ち込むアイデアに乏しい(中央密集型だから柔軟性が無い) > ワイドなウイングがサイドを突く
 ・攻撃時に選手の厚みが無い(守備偏重だから攻撃参加の選手が少ない) > 中盤やサイドバックが加わり厚みが増す


(`・ω・´)「以上で対処終了である!」


从( ゚ ー゚ノリ「少なくとも計算上では問題点を消すことが出来ましたね!」


13_20140508154101843.png


(・ω・)「最初のボカを含めた親善試合の結果である。強豪と試さないと意味が無いので、適当にブラジルの知名度の高いクラブを選んだ」


从( ゚ A゚ノリ「スコアは芳しくありませんが、手応えはいかがですか?」


(`・ω・´)「いいね! これまでとは全く違う、いい動き、いい攻撃を見せてくれている。俺もついに4-1-2-2-1ウインガー戦術の使い方を手中にした手応えがある! やはりこのゲームはよく出来てるんだ。全く勝てずにドツボにはまった時には『クソゲー氏ね!』と吐き気がしたものだが、やはり正確に戦術をいじればちゃんと反映されて選手のプレイが変わってくる! 改めてこのゲームに感心したよ。あとは決定力だな!」


从( ゚ ー゚ノリ「当初の4-2-3-1、プランBの中央密集型4-2-3-1、2年目の挫折からのダブルボランチの4-2-3-1、そこから変化を加えた4-2-1-2-1でスーペルクープとヨーロッパリーグを戦い抜き、ここへ来て他のFMプレイヤーの方々と同じ4-1-2-2-1に辿り着きました。……ずいぶん紆余曲折してますね从( ゚ A゚ノリ」


(´・ω・`)「ウェンズデイの時より迷ってる感じだな。これっていう自分の戦術を掴めない。しかし選手と状況が変われば戦術も変わる。正直、戦術の迷走でこのレーゲンスブルク編はウェンズデイ編より愛着を持つことができていなかったんだが、この4-1-2-2-1の発見で、もしかするとレーゲンスブルク編を自分なりにプレイ経験として昇華出来るかもしれない。それに、この戦術変更の経験は、おそらくFM2014プレイでも役に立つはずだ」


从( ゚ A゚ノリ「と、おっしゃいますと?」


(・ω・)「どうもFM2014は、細かいスライダー指示などが撤廃されたことで、より大雑把な戦術システムになっているようだから。とあるFM日記さんでは、それを『選手のシムシティ的ゲームではなく、監督のロールプレイ的ゲームになった』と表現していた。つまり選手の動きは選手にほぼ任せるわけだ。そこでは、こうした『戦術意図』というものの上手い実現と活用が、FM2013までより重要になるはずだ。拙い自作戦術やバランスの悪い戦術でゴリ押し出来なくなるだろうからね。俺はもともとこのゲームをシムシティ的に遊んでいた人間だから、今回のような『戦術意図』の把握は、きっと次作のプレイのためのいい経験になるんじゃないかと思っているよ」


从( ゚ ∀゚ノリ「わたしはその時にはもういませんが、そうなるといいですね」


(・ω・)「……」


从( ゚ ー゚ノリ「あっ、すみません、寂しいことを言ってしまって」


( ゚ω゚ )「いや、君、この日記で『と、おっしゃいますと?』って3回も言ってるなぁって」


从(; ゚ Д゚ノリ「それはぶるべあ殿の文才のせいであります!」





从( ゚ ー゚ノリ「それではいよいよリーグ後半戦ですね!」


(・ω・)「まてまて、その前に移籍の話だ」


从( ゚ A゚ノリ「そういえば最初にそんなことを言われていましたね……あっ、なるほど从( ゚ Д゚ノリ」


(・ω・)「そうだ、フォーメーションを変更したために、選手の足りないポジションが出来てしまったのである。具体的に言うと、右ウインガーがいないのである」


14_20140508154721661.png


(´・ω・`)「おまけに代表で、両サイドバックなど、結構な選手が2月までいなくなる」


从(; ゚ Д゚ノリ「2月まで!?」


(・ω・`)「アジアカップ、アフリカネイションズカップ、南アメリカU-20選手権が一斉にあり、これに招集された選手が使えなくなった。ヨーロッパリーグが無ければウインターブレイク中なので別に構いやしなかっただろうが、おかげでディフェンスラインの層が薄くなってしまった。現有戦力でやりくり可能とはいえ、センターバックが3人しか残らない。何より4-1-2-2-1ゾーンディフェンス戦術のキープレイヤーであるボールゲッターのゾグボが丸々1か月いなくなる。しかもレンタルで補おうと思ったら、ドイツって、『1シーズンに4人まで』だから、冬にレンタル選手を入れ替えるって出来ないんだな。後で気付いたよ。しかし何はともあれ課題は右ウイングである。本職が蒿俊閔しかいないし、彼はアジアカップでいなくなる。こなせる選手も他にはいるが、ローテーションを考えるとやはり一人は補強する必要があるのだ。そこで獲得した選手が彼だ(`・ω・´)!」


15_20140508155629fe0.png


(`・ω・´)「日本人選手、大前元紀だ! 彼はデュッセルドルフに所属していた選手なんだが、そこを戦力外にされてセリエAのカリアリに移籍し、さらにユヴェントスとの共同保有だったところを、またもや移籍リスト入りしていたので、カリアリとユヴェントスに100Mずつ払って獲得した。何気に共同保有選手の獲得は初めてだったので新鮮だった」


从( ゚ A゚ノリ「こんな日本人選手がいたのでありますか。知りませんでした」


(・ω・)「リアルじゃA代表歴も無いし、清水エスパルスにレンタルで戻ってるからなぁ」


从( ゚ A゚ノリ「……あの、日本人選手であることは嬉しいのですが、わたしたちレーゲンスブルクはアイスランドの大物実業家に買収されて資金は豊富ですよね? 獲ろうと思えばもっと有望な選手が獲れたのでは。ちょっと能力値が、」


(`・ω・´)「なんだと! 日本人選手だぞ! 例えいたとしても彼以外は獲らん!


从(; ゚ A゚ノリ「い、いえ、ぶるべあ殿がいいとおっしゃられるならいいのですが」


(・ω・)「あとは、レンタルしていたB・ルイスとラキッチを返却し、期限付き移籍させろとうるさい青田買いしたユースの若手を国内育成目当てでドイツ下部にレンタル、顔写真が無くて気に食わなかったオスナをフランスのモンペリエへ放出、トップ下を使わないフォーメーションにしたので使い勝手が無くなったトラオレをレンタル放出、そして不満による移籍リスト入り志願を受け入れていたナイジェリア代表の中盤のガブリエルを140Mでカリアリに売却した」


16_201405081610318b6.png


(´・ω・`)「なんとなく気に入っていた選手だったので、手放したくなかったんだが、移籍市場が閉じる直前にカリアリがオファーしてきて、移籍志願を受け入れていたし、移籍金がこちらの提示より高かったので売却したよ。彼、現実のブラジルW杯ナイジェリア代表の候補メンバーにも入っているんだよね。リアルだとベルギーのクラブにいるみたい。本選に出れるかな。頑張って欲しいね」


从( ゚ ー゚ノリ「ゲームで知った選手が現実にも活躍しているのは嬉しいですね」


(^ω^)「これぞ、このゲームの醍醐味だね。……しかし言っちゃなんだが、こんな小粒な選手が代表でナイジェリアは大丈夫なのか(´・ω・`)?」


17_201405081640548e2.png


(^ω^)「というわけで負債を会長が投資で帳消しにしてくれたところで移籍の話は終わりだ」


从(* ゚ ー゚ノリ「なんだかお金の湧く泉でも持っているような気分ですね」


(;^ω^)「このクラブ買収のおかげで2年目は地獄を見たわけだけどね。金の心配はいらないが、これ、FM2014から採用されてるファイナンシャルフェアプレーではどうなってるんだ(・ω・)? 負債の補填が出来なくなってそうなんだけど。なんかマンCとPSGが処罰されるらしいな。どうなることやら」


从( ゚ ∀゚ノリ「それではいよいよ!」


(`・ω・´)「うむ、リーグ後半戦に挑むぞ!」













リーグ後半戦開始


18_201405081822385b6.png


(・ω・)「あれっ


从(; ゚ Д゚ノリ「勝てていないではありませんか! あれだけ長々と解説されていたので、てっきりここから連勝が始まるものかと!」


(・ω・`;)「い、いや、マジで試合での選手の動きはいいんだよ。だから今までと打って変わって、見ていてストレスがたまらない。結構いいチャンスも作っているんだ。ただフィニッシュがまだ上手く決まらなくて。それにほら、ウチみたいな弱小クラブがシャルケやシュトゥットガルトと引き分けだぜ? 大量失点もしなくなったし、そのうち結果もついてくるさ」


从(; ゚ A゚ノリ「……」










20_2014050818302676a.png


▂▅▇█▓▒░( ゚ω゚ )░▒▓█▇▅▂「うわあああああああああ


从(; ゚ Д゚ノリ「全く事態が好転しないじゃないですか! ホーム3連敗ですよ!?」


(;´・ω・`)「い、いや、本当に試合での選手の動きはいいんだって!」


从(; ゚ A゚ノリ「結果が伴わなければ意味が無いではないですか」


(・ω・`;)「っかしーな。何がいけないんだろう」


21_201405081835015a8.png


(´・ω・)「頑なに左インサイドフォワードに松井大輔を使っているのがもしかして悪いのか」


从(; ゚ Д゚ノリ「なんでこんな降格圏脱出をかけた試合で松井選手を使っているんですか! 失礼ですがこのレベルで戦える選手ではないですよ!」


(´・ω・`;)「だ、だって、クラブ最年長得点記録を更新したくてさぁ」


从(; ゚ A゚ノリ「そんな余裕は今は無いでしょうに。どうするんです。次はバイエルンとのアウェー戦ですよ。4連敗が確定じゃないですか」


(・ω・)「……」


从( ゚ A゚ノリ「?」


(・ω・ )「なんとかなりそうな気がしてるんだよなぁ、バイエルン戦」


从(; ゚ Д゚ノリ「いやいやいや、無理ですよ。前回のリーグ戦ではホームで0-4で負けてるんですよ?」


(・ ω・)「でもDFBポカールやスーペルクープではいい試合したじゃない。なんか俺の中でそんなに苦手意識が無いんだよね」


从(; ゚ A゚ノリ「あれはたまたま4-2-1-2-1フォーメーションが効果的だったのでは。今回は4-1-2-2-1でありますよ」


(・ω・)「……フム、ここまで来たら、物は試しだ。いい機会かもしれない。ちょっと『彼』を使ってみよう」


从( ゚ A゚ノリ「?」


(`・ω・´)「よしお前ら、バイエルン相手に勝ち点をもぎ取ってこい!」










22_201405081845043df.png


( `・Д・´)ノ「よっしゃオラァァァァァ!


从( ゚ ∀゚ノリ「なんと! 退場者を出しつつ引き分けに持ち込みました!」


(`・ω・´)「試合にはカウンター戦略で挑んだ。アンカーのシモンが一発レッドで退場したが、弱気にならず中盤の二人でゾーンプレスを維持した。後半は片方をアンカーの位置まで下げて対応。失点したが、逆に超攻撃的戦略で強気に勝ち点を狙いに行った。それが功を奏した。前線で走り続けたM・サイードが、バイエルンのGKのノイアーのディフェンスへのパスをカットし、ゴールへ流し込んだ! ゾーンディフェンスで1トップがプレスをかけ続けた結果と言えよう!」


从(* ゚ ー゚ノリ「バイエルン相手に勝ち点1を取れたのは大きいのではないでしょうか!」


(`・ω・´)「ふむ……マン・オブ・ザ・マッチは『彼』か……俺の采配はどうやら的中したようだな」


从( ゚ A゚ノリ「?」


(`・Д・´)ノ「よしお前ら! この勢いで今度は勝利をもぎ取ってこい!」










23_20140508191709289.png


(`・ω・´)「よし!


从(* ゚ ∀゚ノリ「待望の勝利がついに!」


(;`・ω・´)「ホッフェンハイム戦は最後にPKを取られてしまったが、マカリーゼが踏ん張って止めてくれた! ヴォルフスブルク戦も早々に失点したが、超攻撃的で逆転勝利だ! ちなみに俺はこの戦術にして以来、試合中の戦術変更指示は途中から超攻撃的にするくらいしかしていない。選手の動き自体は見ていて満足の行くものなので、特に細かい修正はいらない気になっているのだな(・ω・)」


从(; ゚ ー゚ノリ「そんなことだからホーム3連敗を喫したのではないですか?」


(・ω・)「超攻撃的で覆せなかったらもう仕方ないと思って。しかしヴォルフスブルク戦もマン・オブ・ザ・マッチは『彼』か……やはり『彼』が埋めるべき最後のピースだったのかもしれん」


从( ゚ A゚ノリ「? あの、先ほどから何を、」


(`・ω・´)「プレイはここまで進めた。現時点での順位表である!」










24_201405081930425f6.png


( ゚∀゚ )「ついに降格圏脱出キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


从(* ゚ ∀゚ノリ「やった! やりました! これまでずっと降格圏にいた順位が上に!」


(`・ω・´)「団子状態なのでここから先どう転ぶか分からないが、バイエルン他と引き分けで積み重ねた勝ち点1が効いてる効いてる!」


从( ゚ ー゚ノリ「あとはなんとかこのまま勝ち点を積み上げていくことですね! 出来るでしょうか」


(・ω・)「『彼』が今後も頑張ってくれればなんとかなるのではないか……」


从( ゚ Д゚ノリ「そろそろ教えてくださいよ。その『彼』というのはいったい誰なんです?」


(・ ω・)「『サイード』だよ」


从( ゚ A゚ノリ「サイード? M・サイード選手のことですか? 確かにここまで1トップでずっと頑張ってくれていますが」


(・ω・)「違う。もう一人の『サイード』だ」


从( ゚ A゚ノリ「もう一人の『サイード』……?」


(・ω・)「忘れたのか? そもそもなんでモハメド・サイードはM・サイードとイニシャルをつけている? そう、もう一人のサイードと区別するためにつけたんだ。モハメド・サイードと一緒に、エジプトから引っ張ってきた『彼』がいたからだ。これまで文句一つ言わずリザーブ暮らしをしていた『彼』が、ここで満を持しての登場である(`・ω・´)!」










25_20140508195420190.png


26_20140508195437e8e.png


27_20140508195455c45.png


(`・ω・´)「アフメド・サイード! 彼がこの残留争いの切り札としてリザーブから呼び寄せた、俺の秘蔵っ子である!」


从( ゚ Д゚ノリ「そうでした! もう一人サイード選手はいたんでしたっけ。……しかし、彼がなぜここに来てこのような重要な活躍を?」


(・ω・)「それはここ3試合のフォーメーションを見ると分かる」


28_2014050820033115b.png


(・ω・)「A・サイードの配置はここだ。ハードワーカーである。そしてここまでウチはこのハードワーカーの適任者がいなかったのだ


从( ゚ Д゚ノリ「あっ! そういえば、だからここはセンターミッドフィルダーの自動タスクで『代用』していたのでしたっけ」


(`・ω・´)「そうだ。しかしそれでは当初の狙い通りのゾーンディフェンスと4-1-2-2-1アタックは完成しない! そこで俺はリザーブでずっとトレーニングばかりさせていた彼に目を付けた。運動量は申し分ない。獲得したばかりの時は貧弱だった強靭さも鍛えられ能力グラフも膨らんだ。使うなら今だと思った。その狙いがずばり的中した! 結果を残してくれたのだ!」


从( ゚ ∀゚ノリ「これに加えて、代表チームに招集されていた選手たちも帰ってきて、層が厚くなります!」


(`・ω・´)「ゾグボも帰ってきた。そこから2連勝だ。まだまだ巻き返せる! リーグは残り11試合!」


从(; ゚ Д゚ノリ「わたしたちは残留できるのでありましょうか!?」


(;`・ω・´)ノ「分からん! しかしこの戦術と選手を信じていくしかない! ちなみにストライカーのサモラノが3か月の離脱でいなくなっている! 頼れるのはこのサイードコンビしかいないんだ! このA・サイードも試合数の多いu23に放置していたので実は疲労がすごく蓄積しているギリギリの状態なんだ! だが頼む! 俺たちの救世主になってくれ! 果たしてどうなる!? 緊迫の終盤戦、それではまた次回!」(続く)













(・ω・)「雑談タ~イム。リヴァプールは優勝できずに残念でした」


从(; ゚ Д゚ノリ「いえ、まだ決まったわけではないですから」


(´ω`)「まさかクリスタルパレスに足元をすくわれるとはね。そして去年の2部優勝のカーディフがビリとは。分からないものだね」


川 ゚ ー゚ノ|「来季はあのにっくきバーンリーがプレミアに昇格してきます」


(・ω・)「バーンリーにいたあの優秀なストライカーのチャーリー・オースティンはQPRに移籍しちゃってるんだよなぁ、バーンリーに残っていればプレミアに挑戦できたのに……っておい手寅、お前どこから出てきた(・ω・`;)」


川 ゚ ∀゚ノ|「そろそろFM2014のにおいをかぎつけてフフフ。なんだか玄人FMユーザーからは失笑ものの戦術解説をしていたみたいじゃないですか」


(´・ω・)「てやんでぇバーロー、このブログは俺の下手なプレイ記録をそのまま書くところなの。チラシの裏だからいいの!」


从( ゚ ー゚ノリ「チャンピオンズリーグも決勝の組み合わせが決まりました」


(・ω・)「アトレティコに勝って欲しい気持ちもありつつ、そろそろレアルマドリーでもいいんじゃねという気もする。ニコ動にネヴィルとキャラガーの解説番組を翻訳してupしてくれているjunkoxoxoさんの動画によると、モウリーニョが先制点を取って逆転されたのって、監督歴であれがわずか10回目だったらしいね。やっぱモウリーニョはパないな。そして近々FMゆっくり動画の新作投稿が近いらしいえふえむさんもツイッターで荒ぶっておられる。あの人アトレティコファンだから」


川 ゚ ー゚ノ|「そろそろ13-14シーズンも終わりですが、感想はどうでした?」


(´・ω・`)「キャバイェがいなくなったニューカッスルがクソ弱いので来季が今から心配だ。どんだけキャバイェに頼っていたんだ。マンUは結局一年間、モイーズに振り回されっぱなしだったな。来季はファン・ハール? なんかつまんなそう」


从( ゚ ∀゚ノリ「それより今年はワールドカップでありますよ! みんなで日本を応援しましょう!」


(・ω・)「3連敗あると思います」


从(; ゚ A゚ノリ「なんと!?」


(^ω^)ノシ「ティキタカの時代の終焉がささやかれる中、スペインはどこまで行けるのか? 今年はどこが優勝するんだろうね。それじゃ、また」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お初です!
はじめまして!
実は以前よりずっと読ませていただいておりましたw

ついに、ついに、という感じでしょうか。自分のイメージ通りになる戦術を見つけることができると、楽しくなりますよね。

こちらは20世紀に(笑)、FMが「Champioship Manager」と呼ばれていた時代からやっていたので、その時はテキスト実況を読んで、脳内で選手の動きを再現してああでもない、こうでもない。。。と(遠い目)3Dなんて夢のような時代ですよ。
今のエンジンで復刻版を出してもらえるとなぁ。


あ、ちなみに僕はFM2013が一番好きですね。2014はちょっとやれることが少ないというか。
なので、今でも2013オンリーに近いですw
なんとなく同志、って気がしたのでついコメしてしまいました。
プレイ日記は終わっても、こっそりゆっくり2013を楽しんでいただければと思いました!

それでは
2014/05/12(月) 01:15:22 | 初心 | #U8Z2raIU[ 編集]
はじめまして!
> はじめまして!
> 実は以前よりずっと読ませていただいておりましたw

ありがとうございます(`・ω・´)! コメントしていただけて嬉しいです!

> ついに、ついに、という感じでしょうか。自分のイメージ通りになる戦術を見つけることができると、楽しくなりますよね。

そこまでの悪戦苦闘が本当にきついですが(´・ω・`) 疲弊して疲弊して投げ出したくなって
僕が結局のところサッカー音痴だからでしょうけれど、そもそも最初に戦略を立てるところからぼんやりしていて
そのうえで「俺なりの戦術を作るんだ(`・ω・´)!」という意識が、視野の狭さと柔軟性の無さと他人からの吸収力の無さにつながっていて
いつまでたっても『料理で独自色を出そうとして失敗する初心者』から抜け出せませんw
もう疲弊しっぱなしです(´・ω・`)

> こちらは20世紀に(笑)、FMが「Champioship Manager」と呼ばれていた時代からやっていたので、その時はテキスト実況を読んで、脳内で選手の動きを再現してああでもない、こうでもない。。。と(遠い目)3Dなんて夢のような時代ですよ。
> 今のエンジンで復刻版を出してもらえるとなぁ。

……( ゚ω゚ )
だ、大先輩ではありませんか!
こんな若輩者がこんなへたくそな日記をさらしてしまってすみませんすみません(・ω・`;)
FMのコメントモードや、ニコ動にあるFMの昔のバージョンでのオセロゲーム形式のプレイ動画を見ると、
これだったらきっと僕はこのゲームをやろうと思わなかったでしょうね……(・ω・) いい時代に巡り合いました
時代の先人に敬意を表します(`・ω・´)!

> あ、ちなみに僕はFM2013が一番好きですね。2014はちょっとやれることが少ないというか。
> なので、今でも2013オンリーに近いですw

分かります。まだFM2014では親善試合しか試していないんですが、明らかに、いじれる部分が減ってますよね(´・ω・`)
試合画面での3Dにパソコンが追い付かなくなったこともあって、本当に初見ではがっかりしました
でも今は、それでも新たにFM2014への挑戦、遊ぼうという気持ちが高まっています(`・ω・´)

> なんとなく同志、って気がしたのでついコメしてしまいました。
> プレイ日記は終わっても、こっそりゆっくり2013を楽しんでいただければと思いました!

レーゲンスブルク編でFM2013日記も終わり、FM2013プレイも当分やらないと思いますが、
ウェンズデイ編のデータはいつか続きをやりたいと思っています(・ω・)
あの4-3-2-1クリスマスツリー、A・B・ジョンソン達の成長の続きをやってみたい気持ちがあって
なので、いつかこっそりゆっくり、ウェンズデイ編の続きをするんじゃないかなと思います

コメントありがとうございました(^ω^)ノ
2014/05/12(月) 21:54:36 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する