Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01_201403082011213d6.png


(・ω・)「ここまでのあらすじ。カップ戦準優勝の結果、想定外のEL参加となった我らがレーゲンスブルク。2年目の絶望的状況をリセットの嵐で乗り越え、3年目はブンデス1部でのプレイと相成った。伸び代を重視するぶるべあは若手を中心に補強し、パッとしない親善試合を経て、これまた想定外だったドイツのスーパーカップであるDFLスーペルクープに挑んだ。結果は王者バイエルンにPK戦の末勝利、思わぬ形でタイトルを獲得し、歓喜に震えたのもつかの間、初めて挑む大陸大会の選手登録を大きく失敗していたことに気付く。自力で勝てたんだからいいよね、とリセット。しかしこの結果に達成感を感じたぶるべあは、気持ちに一区切りをつける。選手はいる。1部にも昇格した。レーゲンスブルクでの、FMでの、闇雲で出鱈目で自業自得の悪戦苦闘っぷりを繰り返してきたわが身を振り返り反省し、ここからは地に足をつけ腰を据えたプレイをしようと心に決めたのであった」


从(; ゚ ー゚ノリ「長いであります」


(・ω・)「というわけでカイセリスポル戦である」


02_20140308203404c4e.png


(・ω・`)「特にスカウトからのコメントは無いが、選手を覗いた限り、それ相応に強そうである。なので直前の重点的トレーニングは守備にした」


从( ゚ A゚ノリ「1、2、……」


(・ω・)「? どうした?」


从( ゚ A゚ノリ「ELに登録した選手を確認しておりました。18人いますね。育成選手が一人もいないので25引く8で17人ではなかったのですか?」


( ・ω・)「唯一のクラブ育成選手のドイツ人GKベルクがいたろう。彼を加えて18人だ」


03_201403082039251d2.png


(・ω・)「というわけで、スタメン11人に控え7人、ちょうど18人いるのだった」


从( ゚ ー゚ノリ「ポジション適正を見ると、ちゃんとまんべんなく揃っているのでありますね」


(`・ω・´)「その通りなのだった。自分でもそこまで計算していなかったのだが、しっかり4-2-1-2-1に合わせた選手が揃っているのである。冒頭で『選手はいる』と言ったように、気持ちに一区切りをつけて腰を据えたプレイをするのに可能なだけの戦力を揃えているのだった。本来なら初年度から、本来なら与えられた戦力だけを元に、最初からそうすべきなのだろうけれど、3年目まで進め、有望な若手を揃え、フォーメーションも決め、タイトルも獲得し、俺もようやくそんな本来あるべきスタートラインに自分を立たせることに成功したのだった」


戦術設定について : ( ´∀`)ノFM日記さん


(・ω・)「というわけで選手はいる。だから次は、腰を据えて戦術作成だ。( ´∀`)ノさんの記事を参考に考えてみた」


从( ゚ ー゚ノリ「4-2-1-2-1で戦うことは決まっているのでしたね。どのようになりました?」


10_20140308205332a44.png11_20140308205349723.png


(・ω・)「まずはカイセリスポル戦の初戦がアウェーなので、アウェー用のカウンター戦術からだ」


从( ゚ 0゚ノリ「……これまでと細部で結構違うのではありませんか?」


(・ω・)「うん。一つ一つ説明しよう」


・スタイルを厳格にしてポジションごとの役割分担を明確化
・戦略をカウンターにして引いて守ってからの逆襲を狙う
・パススタイルはカウンターに適したダイレクトパス
・創造性は低めにして堅実なプレイを求め戦術を守らせる
・プレスとタックルは積極的にしたことでバイエルンとの2戦でファウルが多すぎたのでデフォルト
・マークはマンマークで一人一人にしっかりチェック
・クロスはストライカーにヘッドが期待できるので滞空クロス
・流動性は攻撃陣にだけ関係があるようなので流動的にして攻撃が手詰まりになるのを防ぐ

・ディフェンスラインはそのままだと深すぎるので少し上げる


(・ω・)「他はいじっていない。後はプレイメーカーに中盤の真ん中の選手を指定し、ターゲットマンにストライカーを指定している」


从( ゚ ー゚ノリ「選手の役割についても解説をお願いします」


(・ω・)「カウンター戦略を実直に実行しようと思って、中盤から後ろは全員守備にした。こちらがボールを回してじっくり攻めるという展開を最初から想定しないことにしたのだ。だからサイドバックも攻撃の組み立てに参加させる意図を最初から捨てて守備である。攻撃はターゲットマンにしたストライカーのM・サイードをセカンドトップのサポートにして彼を中心に組み立てることを考えた。カウンター時に彼にボールを保持させ、両翼のトップ下がアタックをかけるという戦略だ。以前、チームワークの能力値が低いと成立しないのではないかと考えた戦法を、しかし構わず採用したイメージだ。そして中盤の真ん中は起用するゾグボの能力値に合わせてハードワーカーである。運動量は少ないがスタミナは豊富なのだ。それにここをハードワーカーにすることで攻守両面での厚みが期待できる。後は選手の細かい指示だけれど、ダイレクトパスを指示しているので守備陣のパススタイルがダイレクトによりすぎているのを下げ、中盤から前は無駄なロングシュートやスルーパスを控えさせた。こんなところかな。役割の指示は説明文を参照にするという基本を守って設定した。たぶんカウンターなら攻撃的MFの方がいいのではないかな」


从( ゚ ー゚ノリ「この戦術で最初と今後のアウェー戦を戦うのでありますね。結果は出るでしょうか」


(・ω・`)「バイエルンの攻撃陣を結構防いだカウンター戦術だから、そのへんは計算が立つと思うのだが」





04_20140308211705c39.png


08a_201403082118567e2.png


(`・ω・´)「よし


从(* ゚ ー゚ノリ「出ましたね、結果!」


(`・ω・´)「相手のフォーメーションは4-4-2。まず試合前に、前線の3人にどうマンマーク指示を与えるか悩んだ。サイドハーフを止めた方がいいと思ったのだが、センターハーフへの指示の方が自然なようだった。結局、サイドハーフはボランチがケアするだろう、これまでも試合を見ていてそうだったし、と、攻撃的MFの二人はそれぞれセンターハーフにマンマークをつけた。マンマーク指示をすると、マークのついていないサイドバックなどがドフリーでボールを運んでくるわけだが、マンマークをつけなければ前線はボーッとしてるだけなのも分かったから、ドフリーでボール運びをする相手選手はもう無視して、そんな相手選手がボールを出す先をしっかり潰すことを考えた。ただ、1トップのストライカーはいつでもカウンターで動き出せるようにマンマーク指示は出さなかった。結局、試合毎にマンマーク指示を出すのはトップ下の二人ということになるな。他は『相手選手のチェック』で対応した。基本的に中盤から前は、マーク、プレス、タックル、逆足をすべてチェックして、ストライカーだけはプレスをデフォルト。そこに加えてディフェンスはCBにプレスと逆足、サイドバックにマークと逆足をチェックさせている」


从( ゚ A゚ノリ「なんだか今回の記事は一言一言が長くないですか?」


(´・ω・`)「文才が無いから分かりやすく説明できないんだよ。細かく書くほどのことでも無い気がするし。それで試合展開だが、1点目は、攻撃的MFの蒿俊閔が相手ディフェンスを引き付けてドリブルしていたところを、おかげでドフリーになったM・サイードにパスが渡ってゴール。うまく前線だけで得点できた。攻撃的MFのアタッカーだからこその引き付けプレイだったと思う。失点はPKだがこれはまあ仕方ない。2点目はキンテロのFKをゾグボが押し込んだ。ちなみにフリーキッカーとコーナーキッカーも、ちゃんと左右で利き足に合わせて分けてある。さて、後半である。俺はまずアシマネのレポートをじっくり読んで、試合展開がどうなっているのかを把握した」


从( ゚ ー゚ノリ「言葉通り腰を据えて試合を進めたわけですね」


(・ω・)「アシマネによると、相手SBのプレスが弱いと言われていた。そこで相手選手へのチェックで対応。ボールを取られすぎと言われていた中盤の真ん中のゾグボを下げ、ボランチのシンカラをそこに上げ、交代にソウを投入した。ヘッドで競り勝っているのでクロスをもっと上げるべきと言われていたので、戦術を変えずにどうすればいいか考えた結果、シャウトでアーリークロスを指示することにした」


从( ゚ A゚ノリ「本当にじっくり対応したわけですね」


(`・ω・´)「そして後半、この相手選手への対応が吉と出る。攻め込んできた相手のSBに指示通りプレスをかけたところでボールを奪うことに成功。1トップのM・サイードにパス。サイドを上がったM・サイードの敵陣内奥からのクロスを、カウンターに上がってきていたハードワーカーポジションのシンカラが押し込んでとどめの3点目を上げた! 試合終了!」


从( ゚ ∀゚ノリ「戦術意図通りの結果が出たということでありますね!」


(`・ω・´)「うむ! かなり満足感のある試合だった。交代枠も、途中で削られてコンディションの落ちたM・サイードに代えてサモラノ、右SBのカエビに代えてショングウェと、しっかりベンチワークも機能した!」


从( ゚ ー゚ノリ「これは今後にも期待の持てる結果だったのではないでしょうか」


(´ω`)「ふう、1試合だけでおなか一杯になっちゃったよ。これが本来あるべきFMの遊び方なんだな。満腹だ」


从( ゚ Д゚ノノ「いえ、次はホームで試合です。アウェーで3点も取ったことで余裕が出来ました。次もしっかり手応えを掴みましょう」


(・ω・)「うむ」





12_20140308215259599.png13_20140308215314e8d.png


(・ω・)「これがホーム用のコントロール戦術だ」


从( ゚ ー゚ノリ「解説をお願いします」


(・ω・)「カウンター戦術をベースにいじった。そのままだとスライダーが寄りすぎな展開の幅とテンポを下げて、中盤の真ん中をゾグボではなくアドリエンにして、優勢に進められる見込みのあるホームゲームでパス回しで崩す戦略である。サイドバックもサポートで参加させてるしな」


从( ゚ ー゚ノリ「……え、それだけですか从( ゚ Д゚ノリ」


(・ω・)「ほんとにさっきのカウンター戦術からの見ての通りの変更なので、細かく説明するところが無いのだ」


从( ゚ A゚ノリ「コントロールなのにダイレクトパスですか? それに前線がサポートの選手ばかりですが大丈夫ですかね」


(・ω・`)「おそらくそれが原因だろう。この戦術はちょっとうまくいかなかった」





07_20140308215935b07.png


09_20140308220003160.png


(´・ω・`)「ダイレクトパスでも別に大丈夫らしく、アシマネのレポートでも『パスがうまく回っています』とコメントされていたのだが、1戦目の蒿俊閔のようにアタックをかける選手がいなかったせいだろう、引き分けに終わった」


从( ゚ A゚ノリ「原因はアタッカーの役割の選手がいなかったことだと?」


(・ω・`)「たぶんそうなんじゃないかなぁって思うんだよ。試合データは悪くないし、アシマネも何も問題点を指摘してこなかった。ただ試合を見ていて、コントロール戦術ではつきものの、ボール回しで押し込むシーンが見られなかったのは気になるな。そのへんはショートパスではないせいかな。このホーム用戦術はまだ改善の余地がたくさんありそうだ」


从( ゚ ー゚ノリ「最初からうまくはいきませんよ。まだ始まったばかりです。少しずつ作っていきましょう」


(・ω・)「ところでこの試合での俺たちのゴールはちょっと面白くて、」


15_20140308221004e4e.png


(・ω・)「相手のCKだが、一人変な奴がいるのが分かるかい」


从( ゚ A゚ノリ「……あれ、青いユニフォームの選手がいます」


(・ω・)「相手チームのGKである。どうやら点を取るために超攻撃的にして上がってきたらしい」


从(; ゚ Д゚ノリ「えっ、そんなことがあるのでありますか!?」


(`・ ω・´)「あるんだなぁそれが。そしてこのCKを跳ね返したことで、」


16_20140308221246452.png


17_20140308221429d5e.png


(`・ω・´)「コントロール戦術のせいか、もたついたが、GKが戻る前にロングシュートでがら空きのゴールに叩き込むことができた」


从( ゚ ー゚ノリ「面白いこともあるんですねサッカーって」


(・ω・)「俺も初めて見たなぁこんなゴール」





(´ω`)「といったところで今回は終わりだ。ホーム用戦術に課題を残したが、アウェー用のカウンター戦術はなかなかいけるのではないか、というところで次回である」


05_20140308222334564.png


(・ω・)「今後の予定だ。今後は他のFM日記さんたち同様、月ごとに進めようかなぁ」


从( ゚ ー゚ノリ「3次予選を勝ち進めたので、次はプレーオフですね。……このアンドレという選手は从( ゚ Д゚ノリ?」


(・ω・)「この夏最後の補強選手である。最低移籍金100Mで獲得した若手CBだ」


从( ゚ A゚ノリ「CBはもう必要ないのでは」


(・ω・`)「なかなか魅力的な能力値だから獲得しちゃった。安かったし」


18_2014030822264457f.png


(・ω・)「彼だ。CBと右SBと守備的MFの三つが天性でこの能力値だ。獲らなきゃ損だろうと思ったよ」


从( ゚ A゚ノリ「壊れたガレキのようなグラフでありますね」


(´・ω・`)「創造性が壊滅的に無いから。でもそこに目をつむればトップクラスの能力をすでに持っていない(・ω・)? あとはもっと走力が欲しいね」


14_201403082229489b1.png


19_201403082231300f8.png
20a_20140308223448c7a.png


(・ω・)「というわけでいよいよブンデスリーガも始まる。目標はメディア予想順位と同じく14位くらいかな」


从( ゚ ー゚ノリ「降格しないようにこちらも頑張っていかなければいけませんね!」


(´ω`)「例え降格しても、気持ちに一区切りのついた今は悔いはない。とにかくじっくりじっくりやっていこう」










06_201403082237558cd.png


从(; ゚ Д゚ノリ「14億の投資……!


(^ω^)ノシ「大物実業家金満会長うめええええぇぇぇぇ!!!! それじゃ、また次回」(続く)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おひさしぶりです
ゆきーのしんぐん、こおりをふんでー。

FM復帰にあたり、しばらく覗いていなかったこちらのサイトを訪ねてきました。
レーゲンスブルク編、一息に拝読いたしました。
おもしろかったです!
こうした研究・調査こそが巨人との戦い……ではなくFMの醍醐味なんだなあと改めて教えられた気持ちであります。
自分ももっと脳みそをしぼったプレイをやらなければいけません。
精進します。

つづきを楽しみにしておりますです。それでは。
2014/03/16(日) 11:09:45 | モウイーヨ | #1qt7xfkc[ 編集]
おひさしぶりです
> FM復帰にあたり、しばらく覗いていなかったこちらのサイトを訪ねてきました。

復帰おめでとうございます! ACミランで本田さんプレイですか(`・ω・´) なかなか好調なようでなによりです

> レーゲンスブルク編、一息に拝読いたしました。
> おもしろかったです!

ありがとうございます(`・ω・´)!

> 自分ももっと脳みそをしぼったプレイをやらなければいけません。
> 精進します。

いえ、僕こそもっと精進せねばというところです
FM2014が本当に勝てない(´;ω;`)ウウウウーッ!!!!

今後の日記の更新は少な目になるんじゃないかと思いますが、どうかまたよろしくお願いします(^ω^)
2014/03/23(日) 05:05:05 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。