Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)

(・ω・)「さて、今回でゲームを進めているところまで追いつくぞ。前回、大物実業家に買収され資金が増えた話の続きだ」


09_20140204221136e2c.png


(^ω^)「喜ばしいことに予算が大幅にアップしたことは話したな」


从( ゚ ー゚ノリ「冬の移籍市場に参加できますね」


(`・ω・´)「それじゃさっそく選手検索ツールであるFM Genie Scoutを立ち上げるぞ」


从( ゚ Д゚ノリ「あれ? もうでありますか? 1月にはまだ早いでありますよ」


(`・ ω・´)「1月では遅い! 今から動かねばならんのだ! チェックするのはこれだ」


01_201402051811100ad.png


(`・ω・´)「表示しているのは『PA140以上』の『契約切れ』の選手たちだ。この『契約切れ』とは、『いまだプロ契約を結んでいないユース選手』を示す。そしてこの中の有望な選手を所属クラブとプロ契約を結ぶ前にオファーを出してかっさらう


从(; ゚ Д゚ノリ「ええっ!?」


(`・ω・´)「FMで有望な若手を獲得するための常套手段である。もっとも、たいていはビッグクラブのユース選手なのでこちらが横からプロ契約オファーを出しても振り向いてくれない。狙うのは小さなクラブやアフリカなどの辺境のクラブの若手だ。そんな彼らがクラブとプロ契約を結ぶ直前とはいつか? それは生成選手の生成日直後だ」


週末ジレンマ: 選手生成日 (FM13)


(`・ω・´)「週末ジレンマさんのサイトに一覧がある。これはFM2013だがすでにFM2014バージョンもある。これをチェック(ノートにアラーム予約であらかじめメモしておくなど)して、若手が生成された直後に引っこ抜く」


从(; ゚ A゚ノリ「い、いいんでありますか?」


(・ω・`)「っていうか、たぶんリアルのクラブもこうして若手に横からプロ契約を出して青田買いしてんだと思うぞ。マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドのライアン・ギグスだって、元々はライバルクラブのマンチェスター・シティの若手だったそうじゃないか。それを横からユナイテッドが引き抜いて今に至るのだ。別に構いやしないのである(`・ω・´) しかしこの手を活用できるのも、ドイツのクラブだからこそというのもある」


从( ゚ A゚ノリ「ウェンズデイで監督をされていた時にはされなかったんですか?」


(´・ω・`)「だってイングランドじゃEU国籍外選手には労働許可が降りないんだもん。ウェンズデイの時も似たようなことはやったけれど、EU国籍を持っている選手しか引き抜けなかったもんな。例えばブラジルのアマチュアクラブに眠っていたアカシオとかね。彼はポルトガル国籍も持っていたからこそ引き抜けたけど、イングランドでチマチマと選手生成日にこれをやるのはあまり見返りが無い。年齢の問題もある」


从( ゚ A゚ノリ「年齢といいますと?」


(・ω・`)「南米やアフリカの若手は、基本的に18歳以上にならないと移籍できない。別に18歳より若くても事前にプロ契約交渉をしてもいいんだけどさ、後々を見越した戦力の計算が俺みたいなアホな頭では難しい。なので18歳になっている選手か、すぐに18歳になる選手とプロ契約交渉を行うことになる。というわけでこの方法にもいろいろ制限があるのだ。だが外国籍選手の獲得に制限の無いドイツならイングランドよりずっとやりたいほうだいだ(`・ω・´)」


从( ゚ Д゚ノリ「それならば、もっと早くから引き抜き工作を行っていてもよろしかったのでは。なぜこのタイミングで?」


(・ω・`)「もう一つの問題、補償金だ」


02_2014020518341508b.png


(´・ω・`)「ユース選手を引っこ抜くのもタダというわけにはいかないのだな。というわけで、この補償金を払える移籍予算が出来るまで、この方法は使えなかったのだ。しかし?」


从( ゚ ∀゚ノリ「買収されて予算の増えた今なら引き抜けます!」


(`・ω・´)「そういうことだ。では見込みのある若手を今のうちに引き抜いて、1月に進むぞ」





○冬の補強選手


03_2014020518441423c.png


(`・Д・´)「1月だ! 交渉成立した補強選手、出てこいやー!」


04_20140205184916908.png


(`・ω・´)「ストライカーのMohamed El Sayed。エジプトから引き抜いた。エジプト人を引き抜けるなんてウェンズデイでのプレイでは考えられなかったな。有望だと分かっていても指をくわえて見ているしかなかった。彼は将来のエース候補だな。今季は2部残留さえ出来ればいいので、ちまちまと途中交代で経験を積ませる。後にクラブ最年少得点記録を上げてくれた。しかし彼にはちょっとした問題があって、」


05_201402051852526be.png


(´・ω・`)「超余計なプレイスタイルを持っているんだよな。これが気になったんだけど、獲得してみたら無事にロングシュートはやめさせるよう指示できたので、これさえ消せればあとはなんとかなるかなと思っている。というか、実際に試合に出しても特にこのプレイスタイルは発揮されていない。チーム戦術がうまく優先されているのかな? 次に行こう」


06_20140206163159769.png


(`・ω・´)「Ahmed El Sayed。M・サイードとは別のエジプトのクラブから引き抜いた。彼は将来のハードワーカーのレギュラー候補としてユースに置く。俺は戦術上、ハードワーカーを一人は好む。候補生の若手を確保できて一安心である。ちなみに俺がミッドフィルダーで重視するポイントはパス、タックル、マーキングが安定してあることだ。守備のできない中盤は求めていない。そして彼は運動量が高いのでハードワーカー候補というわけだ」


从( ゚ ー゚ノリ「無事に育っていただけるといいですね。クラブ育成にもなるのでありましょう?」


(・ω・)「うむ。上を目指すならば、オール外国籍プレイの今回でホームグロウンステータス用の18歳以下の若手を確保することは非常に重要である。ドイツ国内では問題なくても大陸大会で必要になるからな。しかし、次に紹介する二人は取らなくても良かったかなぁ(・ω・`)」


07_2014020616391391d.png


08_20140206163929337.png


(´・ω・`)「コートジボワールのアマチュアクラブに眠っていたコンビ、GKのSouleymane YaoとMFのHabib Bamba。潜在能力は非常に高いし、アマチュアクラブだったので補償金は0だったし、眠らせておくのは惜しいと獲得したのだが、余計だったかもしれない。GKは唯一のドイツ人として指導で育てているベルクがいるし、このバンバは戦術のどこに当てはめるか予定がつかない。ウチに加入したせいか、アンダーの代表に呼ばれるようになったし、救済して彼らのためには良かったかと思うんだが。二人一緒なおかげで異国の地の寂しさを互いに慰めあっているようだ。イイハナシダナー」


从( ゚ A゚ノリ「いい話であるなら獲得しておいても別に構わなかったのではないかと思うのですが」


(・ω・`)「それが後から気付いたんだけどさぁ」


09_20140206165009ef8.png


(´・ω・`)「ドイツのユースの試合ってEU外選手は先発3人までの上限があるんだな。つまりユースに外国籍選手が多すぎると、たぶん、試合にコンスタントに出して成長を促せなくなると思うのだ。まさか外国籍選手取り放題だと思っていたドイツにこんな落とし穴があったとは気付かなかった。彼らA・サイードとヤオとバンバで3人の枠を使い切ってしまった。そして様子を見てみると、彼ら3人は明らかに能力がユースの中でも突出しているのに、揃って先発していない。これはしまった。ユースでの育成が遅れるかもしれない」


从( ゚ Д゚ノリ「なんと、そんな事情が。しかし『先発』が3人までなら、別にまだ獲得してもよろしいのでは? 交代で出していただければよいでしょう」


(・ω・`)「それはそうなのだが、一応気にかけておく必要がありそうだ。育成段階の18歳以下の若手を乱獲するのはやめておこう。ツールプレイをしていると、ついついこうした埋もれた若手を獲得してしまうのだな。他にも生成選手なのにフリーで転がっていた潜在能力の高いフランス人の若手GKがいたりして、どうもそういうのを見かけると救済してあげたくなるのだが、後の戦力の計算にいれる予定も無しにそんなことをしても、増えすぎる選手を把握できず自分が困るだけなので、ここはぐっと我慢しよう(´・ω・`)」


10a_20140206170519e80.png


(`・ω・´)「さて、補強選手はまだまだいるぞ。なんたってオーナーのおかげで予算が増えたからな! このKassioはフリーで転がっていたところを獲得した。守備的MFが本職だが、センターバックとMFも出来るので、交代要員として確保した……のだと思う」


从( ゚ A゚ノリ「どうしたのでありますか?」


(・ω・`)「あれ、俺なんでこいつを獲得したんだっけ? 忘れた」


从(; ゚ Д゚ノリ「しっかりしてください! あんまりでありましょう!」


(´・ω・`)「いやー、ゲームを実際にしてたのが先月の結構前だからさ、もう覚えてないんだよ。こいつどこから見つけてきたんだっけっか」


11_20140206171357c2c.png


(`・ω・´)「ブラジルのVitoriaからボスマンで獲得した右サイドバック、Romario。サイドバックは人材難になるというからな、有望な若手をゲットできて良かった」


从( ゚ A゚ノリ「……? ボスマンなのに今冬加入されたのですか?」


(`・ω・´)「ブラジルは契約期間が微妙に異なるからな。1月末に前の契約が切れたので、移籍期間中にすぐに来てくれたよ。しかも19歳だから計算していなかったのに、確認するとクラブ育成選手になれる! なんでだ? まあいい! これは嬉しい誤算だ! 即戦力として試合に出すぞ!」


从(* ゚ ー゚ノリ「M・サイード選手と共に、将来のクラブ育成枠に出来る即戦力の若手選手を二人も獲れたのは大きいですね!」


(`・ω・´)「うむ。で、この冬に残っていたドイツ人選手のほとんどを放出できたので、さらに予算が余った。一方でローテーションできる選手がいなくなった。しかし残りの予算はボスマンで来年加入する選手のために空けておかなければいけない。なので、後はレンタルで補強した」


12_20140206172614742.png


13_20140206172925a68.png


14_20140206173017a3f.png


15_2014020617311361e.png


(`・ω・´)「Carlinhos、Anderson、Thiago Humberto、Renato Augusto。以上のブラジル人カルテットだ。ちなみにドイツのレンタル可能数は4人までな」


从( ゚ A゚ノリ「もしかして、我々の保有選手よりもずっと強いのでは」


(`・ω・´)「その通りだ。ほんとにブラジル人は有望選手の宝庫だな。こんないい選手がレンタルや移籍リストに入っているんだから。彼らを活用して後半戦の巻き返しをはかる!」





16_20140206182217e67.png


(・ω・)「ドイツはゆるい試合日程に加えて、冬の1月はウインターブレイクで試合が無い。というわけで選手のコンディションが衰えるのだが、移籍交渉と同時に親善試合をするのは頭がこんがらがるので、2試合しか調整の試合が出来なかった。まあいいけど」


从(* ゚ ー゚ノリ「10点も取っている試合があるではないですか!」


(´ω`)「超弱い下部クラブだったけど、10点も取れることはなかなか無い。つまり戦力は万全ということだ(`・ω・´) 行くぞ!」








20_20140206184125ec4.png


( ゚∀゚ )「6連勝キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


从(* ゚ ∀゚ノリ「今までが嘘のような連勝ではないですか!」


(`・ω・´)「試合中の追い上げのシャウトや戦術変更がうまくいった! どうやったかは先月のことで忘れたが!」


23_20140206184339651.png


(*`・ω・´)「6連勝なんてウェンズデイの時でもやった覚えが無いな。やったかもしれないが。イングランドみたく月間監督賞があればいただきだった」


24_20140206184715801.png


(`・ω・´)「どうだ! 星を五分に戻して一気に9位まで上がったぞ! ショートパサーぶるべあの力を見たか!」


从( ゚ ー゚ノリ「これで残留は出来そうですね!」


(`・ω・´)「あとは出来る限りいい順位でフィニッシュし、賞金を稼いで、来季に備えよう!」


17_20140206190026436.png


(・ω・)「ところでレンタルで獲得したばかりのアンデルソンが3試合しか出場せず今季絶望の怪我を負ったわけだが」


从(; ゚ A゚ノリ「4か月……残念です」


(`・ω・´)「じゃあお前に用は無い。帰れよ


从( ゚ A゚ノリ「えっ」


18_20140206190230b5b.png


从(; ゚ A゚ノリ「本人がとても不満を漏らしていますが。契約したのですから責任を持ってウチで治療してあげれば良かったではないですか」


(`・ω・´)「知らんな。試合に出ない怪我人に払う給料は無い! それでは次回に続く! 次回で今季を終わらせるぞ!」





(・ω・)「さて、次回に進む前に言っておくことがある」


从( ゚ A゚ノリ「なんでありましょう」


19_20140206191712888.png


从(* ゚ ー゚ノリ「あっ、素晴らしい若手選手ではないですか!」


(・ω・`)「スイスの選手生成日に見つけた選手で、俺のプレイする箱庭ではなかなか出てこないワンダーな選手だ。これは獲得すれば間違いなくウチの大黒柱になる! と引き抜きオファーを出したのだが、かなりの額を積んだ気がするんだけれど、引き抜きに失敗して残留されてしまった


从( ゚ A゚ノリ「えっ……そんな、残念です」


(`・ω・´)「しかし俺はリセットしなかった。リセットしなかったぞ! グッとこらえた! まあ残留のニュースに気付かずに先に進めてしまっていたからというのもあるのだが。本来の俺ならこんなすごい選手を獲得できるチャンスを逃さずにリセットしたところだ。しかし今回のプレイでは極力リセットしないと決めたからな。我慢した俺えらい!」


从(; ゚ ー゚ノリ「自分でおっしゃられていた通り、本当にリセットがお好きなんですね」


( ゚ω゚ )「しかし次の場面ではリセットした


从( ゚ A゚ノリ「えっ」


22_20140206192630939.png


(・ω・)「この1860ミュンヘン戦(偶然だがまたも1860ミュンヘンだ)はリセットすることになった。結果的にだが」


从(; ゚ Д゚ノリ「な、なぜでありますか? 試合のリセットは行わないのでは」


(・ω・`)「これを見て欲しい」


21_20140206192753d41.png


(´・ω・)「この試合の直前にアルゼンチンの選手生成日があり、そこで見つけた有望なユース選手の引き抜きを行った。こちらは無事に契約できたのだが、1860ミュンヘンの試合の後に、『移籍資金が足りない』という知らせが届いた」


从( ゚ Д゚ノリ「オーナーからあれだけ投資をしていただいたのに、資金が尽きていたのでありますか?」


(・ω・`)「まだ余裕があったんだが、うかつなことに、アルゼンチンの1部クラブからの引き抜きだったので、補償金が1億を超えていたのだな。それに気付かなかった。1億ほどの余裕は残っていなかったんだ。それでちょっと前のセーブデータに戻って確認したところ、アルゼンチンは非常に多くの有望なユース選手が生成されるのだが、たいていが1部クラブなので、そのほぼ全員が1億以上の補償金がかかるのである」


从( ゚ ー゚ノリ「では仕方ありません。リセットはしないと今言ったではありませんか。先へ進みましょう」


(・ω・)「そこで俺はふと気付いた。このアルゼンチンの選手生成日って、インドの選手生成日でもあるじゃん」


从( ゚ Д゚ノリ「そのようですね」


( ゚ω゚ )「じゃあ面白いからインド人で強いユース選手をリセットで出してゲットしようぜ


从(; ゚ Д゚ノリ「そ、そのためにリセットを?」


(・ω・)「で、やってみたら、意外と潜在能力の高いインド人って出るのな。ただしやはり国が悪いのか、生成時点での能力は低い選手ばかりだった。育成に時間がかかる! そんな中で、なかなかにいい選手が出たので、そいつを引き抜いた。インドだったので補償金も確か3千万くらいで済んだ。来季の選手紹介で見せようと思う」


从( ゚ A゚ノリ「そのようなことばかりやっていては、結局のところこのプレイでもリセットを多用することになるのでは」


(`・ ω・´)「今回でもうしないよ。もうしないんじゃないかな? まあちょっとは覚悟しておけ」


从(; ゚ A゚ノリ「なぜそこでさだまさし」


(・ω・)ノシ「インド人をゲットした後のミュンヘン戦からはリセットしなかったので勘弁して欲しい。それでは、また次回」(続く)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する