Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(・ω・)「前回、冬の移籍であれこれ語ったが、肝心なポイントを見逃していたことに気付いた」


01_20131128081517d2d.png


川 ゚ ー゚ノ|「あっ、若いのにすごく強い選手じゃないですか」


(・ω・)「彼はFMをイングランドでプレイしてる人ならほとんどが知っているだろうワンダーボーイ、Will Hughesだ。あれっ? こいつダービーカウンティの選手じゃなかったっけ? と思って調べてみたら、この冬にWBAへ6億という、能力からすればほとんどバーゲンみたいな価格で移籍していた」


川 ゚ A゚ノ|「なぜでしょう」


(・ω・`)「実は、いつまでも2部のクラブでくすぶっていることに嫌気がさした本人が、今年で契約が切れるので自由移籍での退団を希望し、本人の希望か、少しでも金の欲しいクラブの都合か、移籍リストに入っていた。それで6億という安値でWBAに移籍していたのだった」


川 ゚ A゚ノ|「もったいなかったですね。左利きで、ハードワーカーもトップ下もしてくれそうな国内育成選手だったのに。見逃しちゃったんですか?」


(´・ω・`)「前回長々とツールの説明やボスマンを語ったのに、肝心の移籍リスト入り選手は全くチェックしていなかったので見逃したのだ」


川# ゚ Д゚ノ|「怠慢ですよ!」


(・ω・`)「まったく、何が神経質な性格で~だ。思いっきりチェックミスしてんじゃねーか。しかし時間を巻き戻して移籍オファーを出してみたら、この6億という移籍金を一括払いで要求された。しかも見ろ、この年俸。一括の移籍金にこれだけの年俸を払うだけの余裕は、どっちにしろウチには無かった。結局取れなかったことには代わりなかったよ」


川# ゚ ー゚ノ|「これからは移籍リスト入り選手もちゃんとチェックしてくださいね」


(・ω・)「うむ、イングランドのボスマンは契約の切れる1か月前だが、それより前に、本人が退団を希望している場合は、冬に移籍リスト入りして市場に出るのだな。そういう意味もあって、冬はかなり掘り出し物が出る期間なのだということを知った。いまさらだと言われるだろうが、俺たちは去年まで2部にいたので、そんなマネーゲームに参加する機会が無かったので気づかなかったのだ(・ω・`)」


02_20131128082820d7e.png


(・ω・)「で、他にも掘り出し物はいないかと検索欄で探していたら、彼を見つけた。プレミアでも通用する選手、Craig Cathcartだ。Will Hughes同様、今年で契約が切れるので自由移籍退団を希望して移籍リストに入っていた」


川 ゚ ∀゚ノ|「いい選手じゃないですか!」


(´・ω・`)「俺もそう思うのだが、残念ながらスルーすることにした」


川; ゚ Д゚ノ|「そんな! なんで!?」


(・ω・)「ウチのセンターバックは、ハンリー・イヴァノフ・スンズ・Rジョンソンと4人レギュラーがいて、控えにウートンがいる。彼を獲得してどこで使う? 能力の落ちるRジョンソンの代わりに入れるという手もあるが、右利きだし、スピードが物足りない。かといってウートンの代わりに控えに甘んじて我慢してくれる能力の選手でもない。使いどころが無いんだ。このように、チームの戦力が整ってくると、いい選手でも、よっぽどの選手じゃないと、獲得しても使いどころや入れ替える場所が無い」


川 ゚ A゚ノ|「もったいないなぁ。いい選手はいくらでも欲しいですよ」


(´・ω・`)「まったくだな。前回、必要な選手の基準が分かってきて見切りがついてきたと言ったが、こういう選手を見つけると未練が残る。しかしまあいいだろう。彼はリヴァプールがオファーしているんだ。獲得競争にきっと負ける。ここは諦めよう。現有戦力を信用しようじゃないか」


川 ゚ ー゚ノ|「おさらいすると、冬の移籍リスト入り選手は要チェック! ということですね」


(`・ω・´)「うむ。来年からはここもしっかり探しておくぞ!」





03_20131128084812098.png


(・ω・)「今回の更新で紹介するのはこの6試合だ。まだ1月の半ばだが、ちょうどリーグカップ準決勝のダービーマッチがここで終わる」


川 ゚ 0゚ノノ「ダービーは絶対に負けられません!」


(`・ω・´)「その通りだ! しかしまずはリーグ戦の結果から紹介したい」


04_20131128085431e93.png


(`・ω・´)「よし! 俺の采配がズバリ的中した! 前半にR・ジョンソンが退場を食らったので、考えた結果、相手フォーメーションを加味し、4-3-1-1にして、数的不利でもコントロール戦術をゴリ押ししたのだが、後半に交代で入れた手寅・マイヤーホーファーがリーグ戦初ゴールを叩き込んだ! さらにタグリアフィコのロングスローからゴール前でごちゃついたところをスンズが押し込んで、最後は相手にも退場者が出て試合終了。ローテーションメンバーで勝てたぞ!」


川* ゚ ー゚ノ|「サブメンバーでも勝ち点を取れると計算が立ちますね!」


(`・ω・´)「R・ジョンソンには2週間の罰金を与えた! R・ジョンソンは積極性が下がった!(´・ω・`)」


川 ゚ Д゚ノ|「あちゃあ」


(´・ω・`)「能力が下がるから罰金は怖いって忘れてたなぁ。それはさておき次はWBA戦だ。あいつらがリーグカップ決勝に進んでくることは間違いない。前哨戦としてベストメンバーで挑むぞ(`・ω・´)! 勝つ!」


05_201311280903576d1.png


(´ ゚Д゚` )「クソがああああぁぁぁぁ!!!!


川; ゚ Д゚ノ|「ロスタイムに同点に追いついたのに、そこからさらに勝ち越し弾をもらうなんて」


(´ ゚ω゚` )「せっかくシャウトでエリア内に持ち込め放り込めクロスを上げろと指示して、ランパードのミドルで同点に追いついたのに! その直後にWBAがフォーメーションを変えてきたのは分かってたんだよ! だから選手へのチェックもやり直して、後は残り数十秒の試合を終わらせるだけだったのに、そこから失点しやがった! ガッデム!」


川; ゚ A゚ノ|「リーグカップ決勝であたる相手なんでしょう? 大丈夫なんですかこれで」


(´・ω・`)「ちくしょう、不安だ。やはり甘くはないか。とはいえベストメンバーでこれだ。どうするかなぁ」


06_201311280909417fc.png


(・ω・)「スウォンジー戦は特に言うことは無い。アカシオが負傷でカップ戦決勝に間に合わないのがちょっと残念だ」


川 ゚ A゚ノ|「シュート数16本で1点ですか」


(´・ω・`)「まあそんなこともあるさ。しかしマケイブの代わりにレジスタに入れているクラーソンのパス成功率が低いなぁ。ちゃんとマケイブに代わる中盤の底を獲得しないとね」





(・ω・)「ダービーの前に、紹介しておくことを紹介しておきたい。久々の日記なのでまだ構成がうまくいってないな」


07_2013112809224981b.png


(・ω・)「FAカップ初戦の結果だ」


川 ゚ A゚ノ|「……負けてるじゃないですか」


(´・ω・`)「相手は3部だし、リザーブの選手をデビューさせて軽くひねろうと思ったら、逆転負けをしてしまった。放り込み戦術の練習にと、身長2m超えのディアロめがけてクロスを上げさせまくる選手指示設定をしていたのだが、先制点は狙い通りにオルセン(あのクロスのやたら駄目な新人)のクロスをディアロがヘッドで押し込んだ。これぞノッポの有効活用。これまでの試合では見なかったゴールパターンだ。そこまでは良かった。しかしその後が続かない。3部相手だから超攻撃的でいいだろうと攻めさせまくってみたのも悪かったのか、なんか普通に崩されて逆転負けしてしまった」


川; ゚ A゚ノ|「戦術ミスもあったんでしょうけれど、長身選手をうまく使う方法がいまだに見つかりませんね」


(・ω・`)「その片鱗は見えたんだが、後にユースの2m超え選手であるエアースやロワゼルが成長した時にどうするかな。ディアロもある程度使えるようになって欲しいんだが」


08_20131128092905db7.png


(`・ω・´)「で、今のうちに言っておくが、このブリューは使ってみたらクソだったことが判明したので来季には売る!」


川; ゚ ー゚ノ|「マイナー国籍だからと浮かれてたじゃないですか」


(´・ω・`)「コメントでも彼の活躍を期待されていたんだが、こいつは台所事情で中盤の右サイドでローテーションで使ってたんだけど、ディフェンスラインからのビルドアップの単純なパスを、気付かずロストするというチョンボを3回はやらかした。英語が出来るからコミュニケーションと連携は大丈夫なはずなのにこれだ。お前の代わりはいるからもういいよ」


川; ゚ A゚ノ|「ひ、ひどい」


09_201311280936307f1.png


(・ω・)「で、前回は言い忘れていたが、その『右のハードワーカー』の後釜として育てるつもりなのが彼だ」


川 ゚ ー゚ノ|「運動量が高いですね」


(・ω・)「前回、俺は自分の戦術を発見したと言ったな? それに合わせて後の補強を考えていたんだが、そこでこいつがうまい具合に右のハードワーカー候補としてすでに存在していたことに気付いた。すでに手に入れていたんだ。中盤からディフェンスまで出来る選手として獲ったんだが、今までディフェンスとして育てるためにディフェンダーの練習をさせてしまっていた。それをハードワーカー練習に切り替えた。スタミナとドリブルが低いのが問題点だが、まだ若いしこれから伸びてくれるだろう。期待しているぞ(`・ω・´)!」





スティール・シティ・ダービー


13_20131128095842624.png


(`・ω・´)「さあダービーだ! ホームアンドアウェーとはいえ、ダービーだからな、どちらも落とせん!」


川 ゚ 0゚ノノ「やっつけてやりましょう!」


(`・ω・´)「まずはこちらのホームからだ。ここでしっかり得点差をつけておきたい!」


10_201311280945209d2.png


川 ゚ ∀゚ノノ「『ライバルにほどこしをするつもりはない』!(キリッ」


(`・ω・´)「ベストメンバーで挑む。勝ってこい!」










11_20131128094657882.png


12_20131128094759785.png


(´ω`)「ロングスローからの1点しか取れませんでした……


川# ゚ Д゚ノ|「何をやってるんですか! 相手は2部で下位に沈んでいるチームですよ!? ホームなんですよ!? もっと点差をつけられたはずでしょう!」


(・ω・`;)「ま、まずいぞ。まさかアウェーで逆転されないよな?」


川* ゚ ー゚ノ|「むしろ相手のホームで大量点を取って、敵のファンを絶望のズンドコに落としてあげましょう」


(´・ω・`)「君、結構攻撃的だよね。まあ選手も同様で、シュマイケルとか試合中ずっと攻撃的だったんだけどさ」


川 ゚ Д゚ノノ「選手が気合を入れなくてどうします! それぞダービーです!」


(`・ω・´)「ムムッ、そうだな。1-0とはいえダービーの勝利でサポーターの喜びもMAXだ。監督の俺たちも気合を入れていかないとな! 次はアウェーだ! ここも絶対に勝ちに行く! 勝ちにいかなきゃ点差をひっくり返される! そんなのいやだ! 勝つぞ! 勝つぞ!」


川; ゚ A゚ノ|「強気なんだか弱気なんだか」


14_20131128100431f98.png


15_20131128100454b9b.png


川 ゚ Д゚ノノ「『ライバルにほどこしをするつもりはない』!(キリッ」


(´・人・`)「お願いします勝たせてください勝たせてくださいお願いします」


川# ゚ Д゚ノ|「多少荒くなっても構わないわ! 攻撃的な精神で相手をぶっちのめすのよ!」


(´・ω・` )「なにこの人怖い」


川# ゚ 0゚ノノ「行っけー!!!」










16_2013112810101172c.png


17_20131128101052dc0.png


川* ゚ ∀゚ノ|「キタワァ*・゜・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜・*


(;`・ω・´)「よーし! よくしのぎきった!


川 ゚ A゚ノ|「え? しのぎきる? そういえばこの得点経過……」


(`・ω・´)「前半で2-0だったので、後半は最初から超守備的で試合を潰しに行った。そこから主導権を握られて同点に追いつかれるも、ロスタイム弾で引き離したぜ! いやーあそこで逆転されてたら危なかったよ(´ω`)」


川# ゚ Д゚ノ|「どこまで弱気なんですかあなたは!」


(´・ω・`;)「い、い、いいじゃない勝てたんだから! サポーターも100点満点の満足度だし、終わりよければすべてよしさ!」


川* ゚ ー゚ノ|「まあいいです。これでわたしたちは……」


18_201311281018022c7.png


川* ゚ ∀゚ノ|「ついに決勝進出ですよ!」


(`・ω・´)「とうとうここまで来たな。リセットで調整してチェルシーを倒しているとはいえ、それ以外は全部自力勝利だ」


川 ゚ ー゚ノ|「チェルシー以外は全部2部以下のクラブでしたけどね」


(・ω・)「抽選に恵まれたなぁ。しかしそれもまた勝負だ。さあ決勝はWBAだぞ! 強敵だ! 万全を期して挑んで……(`・ω・´)」










19_20131128102113b4b.png


20_20131128102149915.png


( ゚Д゚ ) 


川 ゚ Д゚ノ 


( ゚Д゚ )「……あれ……決勝の相手はレスター……? WBAは……?」


川# ゚ Д゚ノ|「あーっ! さてはまたリセットしたでしょう!」


(;`・Д・´)「してねーよハゲ! マジでレスターが勝ち上がってきたんだよ!」


川; ゚ A゚ノ|「てっきりマンUを倒したWBAだと思ってたのに、最後まで2部クラブが相手ですか」


(;`・ω・´)「試合結果を見ると、2-3、2-0、合計4-3で勝ち上がってきている。まさかレスターが決勝の相手とは」


川; ゚ ー゚ノ|「この決勝で一旦最終回なんですよね? ぬるすぎませんか」


(´・ω・`)「これで負けたら恥なんてもんじゃないぞ。なんだか逆にプレッシャーがかかってきた」


川 ゚ 0゚ノノ「しかしこれで優勝の可能性がぐっと上がりました! 有終の美を飾りましょう!」


(`・ω・´)「勝てるだろうか。勝ちたい! それじゃ、次回は決勝前まで進めます!」(続く)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。