Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)

(^ω^)「おいすー^^」


川 ゚ ー゚ノ|「久々の更新ですね……って、なんですかこのタイトルは川; ゚ Д゚ノ|」


(・ω・)「文字通りだ。このブログはそろそろ最終回を迎える」


川 ゚ A゚ノ|「終わっちゃうんですか?」


(´ω`)「あくまで『一旦』最終回にしよう、ということだ。俺たちって、もうすぐリーグカップ優勝かもしれないってところに来てるじゃない? 前に言った通り、何かタイトルを獲得できれば区切りにしようとは思っていた。そもそも俺はゲームが下手なので、勝ち上がることが出来ないし、ゲームを進めるのも遅いから、さくさく先へ進むことも出来ない。新作であるFM2014も発売されて1か月くらい経つ。最近ちらほら更新が止まっているFMブログがあるけれど、あれはFM2014の肩慣らしの最中だからだと思うんだよね。そんな感じで、俺みたいに、ろくに勝ち進めもせず、だから他人の攻略の役にもあまり立たず、おまけに更新も遅いなんてFM2013日記ブログが続く価値は、もうあまり無いと思ったんだ」


川 ゚ ー゚ノ|「ウチもFM2014を始めればいいじゃないですか」


(・ω・)「そのつもりは無い。FM2013でおしまいだ。というのも、どうもFM2014ってさらに難しいらしいんだよ。このブログで何度か名前を出した、FMプレイをしているニコ生主のばんぐさんが、『昇格とか無理><』とツイッターで悲鳴を上げている。だから俺にとってはゲームというより苦行になるはずだ。とても日記を書ける余裕は無いだろう。このFM2013プレイだって軌道に乗るまでたくさんの悪戦苦闘の数々があって、勝てるようになるまで本当に長かっただろう? あれを繰り返す気はさすがに起きないよ。だいたいこのウェンズデイプレイはどうなる。まだ3年目だぞ。俺はまだ続けるつもりだし、実はさらに、ちょっと別のクラブでプレイしてみたくもなってきてるんだ」


川; ゚ A゚ノ|「FM2014をみんな遊んでいるのに、FM2013でまた別のプレイをしようとしているんですか」


(´ω`)「俺にとっては、新作より、まだFM2013を遊び足りない感じなんだよ。だから俺はこのままFM2013を続けるつもりだ。しかし需要が無いのは分かっている。そこで、リーグカップのタイトルの獲得を目指すこの段階を区切りに、一旦最終回という形でこのブログにも区切りをつけたい」


川 ゚ A゚ノ|「じゃあこのブログの更新はおしまいですか」


(・ω・)「いや、今後もブログタイトル通り、FM2013を遊んだら、たまにそのプレイ日記を書きたいなとは思っている。今回久々にゲームを遊んで、やっぱり楽しいな、それを日記に書くのも楽しいな、と思ったので、ブログは続けたい気持ちだ。ただ、それはもう完全に俺の自己満足になるはずだ。みんな欲しいのはFM2014の日記や情報のはずだからね。だから、今後続くのは、あくまで俺の自己満足ブログですと割り切る意味で、リーグカップ戦を区切りに最終回にしたい」


川 ゚ ー゚ノ|「なるほど。……でも、そこまで言うからにはリーグカップを優勝出来るんですよね川 ゚ A゚ノ|?」


(´・ω・`)「ウウッ。有終の美と行きたいが、果たして……」





前半戦の個人成績

01a_20131126093255368.png
02_201311260933088a7.png


(・ω・)「リーグ前半戦の個人成績だ。獲得時に『こいつに賭けている』と言ったイヴァノフが最多の4回のMOMの活躍で嬉しい。そして得点だが、意外なことにコリーがA・B・ジョンソンと同じ6点だ。セットプレー、特にロングスローをこいつがよく叩き込むのである。おかげで助かっている。他にもランパードが3得点だが、いい時に点を取ってくれてる印象だ。イングランド屈指の得点力は衰えていない。まだまだやれるな」





1月の移籍


03_201311260949380c9.png


(・ω・)「ボスマン移籍の時期になった。というわけで、どう選手補強するかで悩んで、ちょっと億劫でゲームに手が伸びなかったよ(´ω`)」


川 ゚ ー゚ノ|「あっ、強いと評判のボニー選手が獲得可能なボスマン選手のトップにいるじゃないですか」


04_20131126095318c94.png


川 ゚ ∀゚ノ|「FMブログのめざまし日記さんが大金をかけて獲得されてた選手が今なら移籍金無しのボスマンで獲れますよ!」


(・ω・)「ああ、彼はスルーした


川; ゚ Д゚ノ|「そんな!? どうして!?」


(・ω・`)「理由は三つある。一つ。まず、このフィジカルばかりに特化した彼が、ウチの戦術の『センターフォワード』で機能するか自信が無かったからだ。というのもこいつの適正はスカウトによると『ポーチャー』なのである。微妙にパス能力が低いだろう? 試合の組み立てに参加せず、ボールをゴールへ押し込む仕事だけしかしないポーチャーを1トップで使うのは怖い。年齢と潜在能力を比べれば優位なのは分かってるんだが、コストパフォーマンス的にまだサリヒを使う方がいいかなと思って。そもそもウチの1トップはA・B・ジョンソンをスタメンで使うと縛って決めているわけだしね。買っても後半からの出場になるし、それにしては勝利意欲が物足りない。ビハインド時の頑張りがサリヒより低そうだ。二つ。やはり年俸が高くつく(といっても、めざましさんがかけたほどじゃない。2億くらい)。トッテナムが目をつけているんだが、一番目の理由で、獲得競争で金を積むほどじゃないかなと思って。そして三つ目の理由だが、他の人が使っている選手を使うなんてなんだか面白くないじゃないか(`・ω・´)」


川 ゚ A゚ノ|「もったいないなぁ。こんないい選手が移籍市場に出る機会はめったにないと思いますよ」


(・ω・)「まあいいさ。結局ウチは、現在使っているフォーメーションに適した若手を3人ほど他クラブのユースから引っこ抜いて、あと右サイドバックがヴァンデン・ボーレでは不安だったので代わりをボスマンで獲得するに留めた」


05_20131126101125fd8.png


(・ω・)「ユースから引っこ抜いたのは、右のトップ下でカラバの後釜に座って欲しい彼と、」


06_201311261012170fe.png


(・ω・)「貴重な『左利きのトップ下』として青田買いした彼と、」


07_20131126101308e91.png


(´・ω・`)「貴重な『左利きで運動量が高い』、将来のハードワーカー候補の彼なんだが、この最後の彼は失敗だったかなぁ。グラフが青田買いするには小さすぎる。いや潜在能力はPA150以上あるんだが、そこまで育てるのに何年かかるんだ、俺は何年プレイする気なんだ。でもなぁ、左利きのハードワーカーでそこそこの若手が他にいたんだけどさ、そいつは獲得交渉に5億近くかかって手を引いたんだよね。じゃあ青田買いでこいつを安くキープしておいて良かったかなとも思う。思うんだけど、でもこんなに現在能力が低いんじゃなぁ、育つかなぁ、育てるまで何年かかるやら」


川 ゚ A゚ノ|「愚痴が多いですよ。そんなに買ったことを後悔してるんですか」


(´・ω・`)「うーん、うーん、買って正解だったか失敗だったか、うーん」


08_201311261024337be.png


(・ω・)「ヴァンデン・ボーレの代わりにボスマンで来季加入するのが彼である。久しぶりの再会だ」


川 ゚ A゚ノ|「……? 誰でしたっけ?」


(`・ω・´)「覚えてないのか。このブログが始まったばかり、あのFM2012時代に最初に獲得したバンダロフスキだよ」


川 ゚ Д゚ノ|「ああ! あのとても安かった彼ですか! 顔写真が変わっているので気づきませんでした」


(・ω・)「見つけた時に、よし、彼を使ってもう一度プレイしよう、と決めたよ。懐かしの彼を最低でも1年は使おう。こんなのもFMプレイの醍醐味の一つだね」


09_201311261051590a2.png


(・ω・)「最後に、移籍市場が開く前から交渉して獲得が決定していて冬から加入するのが彼だ」


川* ゚ ー゚ノ|「すごく能力が高いですね!」


(`・ω・´)「彼とタグリアフィコがいれば、もう左サイドバックは極端な話10年は補強の必要が無いだろう。彼はヨーロッパリーグをスカウティングさせていて見つけた。イブラヒモビッチを輩出したスウェーデンのマルメFFで若くして年間最優秀選手に選ばれている。掘り出し物だった。ツールではピンポイントで見つけるなんて難しかっただろう。スカウトの活用の重要性を再確認するね。19歳で国内育成にならないのがちょっと残念と言えば残念だが、確かな実績を積み成長してくれていたので良しとしよう」


川 ゚ A゚ノ|「残念と言えば、サイドバックなのにクロスがとても低いのが残念ですね」


(・ω・)「ウチは戦術的に放り込みをしないので、そこまで困らないだろう。しかし出来るにこしたことはないので、重点的に練習させてみるよ。そして彼を獲得していたおかげで、1月は助かることになる。マシレラがアフリカネイションズカップに出かけてしまって左サイドバックがタグリアフィコしかいなくなってしまったからだ。アフリカンの選手はやはり迂闊に手を出すもんじゃないかな(・ω・`)」





選手獲得過程


(・ω・)「で、毎回そうなんだが、移籍期間に誰を獲得するかは毎度毎度悩む。しかし3年目ともなって既存の戦力も若く安定してきたし、フォーメーションも決まってきたので、今回はある程度ささっと済ませた」


川 ゚ ー゚ノ|「自分は神経質だと繰り返しおっしゃっていましたけど、やはり選手選びに時間をかけてるんですね。それが今回は手早く済んだと」


(・ω・)「うむ、3年目ともなって、必要な選手もめどが付き、フォーメーションも固定されてきたから必要な選手と必要な能力というのも分かってきた。つまり選手を選別する基準が出来たので、逆にそこまでいちいち細かく選手を探しても疲ればかりがたまると思ったんだ。それでも効率的に選手はゲットしたいので、時間はかかったし、労力を思うと気が重くてなかなか手をつけられなかったけどね」


1○右サイドバックのローテーション要員
2○左利きの若いセンターバック
3○左利きの若いハードワーカー
4○左利きのトップ下
5○もっといいストライカー


(・ω・)「探したのはこんな選手だ。まず、ゴールキーパーは補強の必要が無い。シュマイケルにマカランバイに若手のターナーがいたしね。なんでもかんでも有望選手をかき集めたところで使いきれなければ意味が無い。FM2012時代あたりはそのへんが分からず、安くて潜在能力の高い若手は無条件でかき集めようとしていた。今更ながら少しは俺も成長したというか、見切る決断力がついてきた」


川 ゚ ー゚ノ|「プレミアでは登録可能な選手も25人と決まっていますしね。多すぎても困ります」


(・ω・)「で、それじゃ現有戦力の穴はどこかと言えば、これらになる。まず1の右サイドバック。ディアザヤカナと、リザーブに若手が一人いるので、あとはヴァンデン・ボーレより頼りになるローテーション要員が必要だった。これを選手検索欄で探してバンダロフスキを見つけた。2は、センターバックの若手は右利きが二人しかいなかったので、左利きが欲しかったのである。しかしこれはツールを使ってもめぼしいのが見つからなかった。即戦力の左利きでは試合に出さねばならず選力が余るので必要ないから最初から探さなかった。だんだん選手選びのコツが分かってきた一例だ。3は、ウチのフォーメーションでは運動量の高いハードワーカーが肝で、現有戦力ではコリーしかいないので探す必要があった。これを選手検索欄から、さっき紹介した彼を見つけた。これは若手でいい。即戦力は、一応チカが控えでいるし、今すぐ獲得する必要は無いからな。4は、左利きのトップ下はマテウスとB・ゴンザレスがいるんだが、B・ゴンザレスがまだ成長過程なので、即戦力のローテーション要員が欲しかったのである。しかしボスマンではいい選手が見つからず、じゃあ来年もラフィーニャのようにレンタルで穴埋めしようと……Σ(´ ゚ω゚` )」


川 ゚ A゚ノ|「どうされたんですか?」


(`・ω・´)「この記事、ゲームを起動させながら書いてるんだけど、今ふと検索欄で探したら、いい左利きのトップ下でしかも安いのがボスマンでいたわ。後でオファー出すわ」


川; ゚ Д゚ノ|「全然ちゃんと探してないじゃないですか」


(´・ω・`)「神経質にいちいち探すのやめようとして、逆に気を抜きすぎたか。最後に5のストライカーだが、サリヒもマイヤーホーファーももう歳だ。特にマイヤーホーファーは、俺が放り込み戦術を確立できていないせいで無用の長物と化している。そこで探したんだが、めぼしいのが見つからなかった。そこでこの冬には無理に獲得しないことにした。今季は中位の成績は上げられそうで、しかもどんどんクラブ利益も増えている。来季は獲得可能な選手も広がるだろう。その時に改めて探せばいいと判断した」


川 ゚ A゚ノ|「……あの、それで、結局このエントリーって何が言いたいんですか?」


(・ω・)「つまりだ。繰り返しになるが、3年目ともなって補強ポイントが明確になると、しっかり広範囲のスカウトと契約しておけば、選手検索欄からのリサーチだけでも十分補強選手が見つかるようになるということだ」


川 ゚ ー゚ノ|「ああ、ツールで探す必要が無くなったという報告だったんですね。ようやくツールプレイから脱却してくださったんですね」


( ゚ω゚ )「というのは嘘で、ちゃんとツールでも選手を探した」


川; ゚ Д゚ノ|「またそういうことを!」


(・ω・)「探し方は以下だ」


10b.png


(・ω・)「これはFM Genie Scoutを使って、潜在能力140以上の『契約切れ』の選手の一覧を表示させている。この『契約切れ』とは、要するに『ユースから引っこ抜ける選手』の一覧である。ここからさっき紹介したトップ下の若手を選び出した。補償金がかかるが、プレミアに上がり移籍金に余裕のある今なら手を出せる。去年は安いアカシオをこれで見つけた。他に『18歳以下の潜在能力140以上』で探しもしたが、やはりこれは多額の移籍金がかかるので、まだウチがビッグクラブでないこともあり、お金が足りず選手も移籍を望んでくれない。初年度のマテウスのように掘り出し物が見つかる時もあるけどね。そして現有戦力の穴埋めをボスマンを表示させて一応チェックする。でも潜在能力140以上とか国内育成目当てに18歳以下とか制限をつけると、ツールに頼りすぎてうっかり見過ごしてしまう選手もいるから注意だよね。さっき紹介したオルセンとか、さっき見つけた左利きのトップ下とか、俺がいつもやるこの条件じゃ引っ掛からないもの。それにしてもブラジル人が多すぎる。労働許可が降りないから検索に引っ掛かっても困るな。それに18歳にならないと移籍できないし」


川 ゚ A゚ノ|「今のはいつかも聞いた説明ですよ。それに4万人も選手がいると検索制限をつけないときりがないですよ。移籍市場が開くたびに全部チェックするのは無理です。ベストよりベターで我慢しましょう」


(・ω・)「しかし、実は結構簡単に有望選手をここから探し出す方法があるらしいと知った」


川 ゚ Д゚ノ|「そうなんですか?」


(`・ω・´)「このツールを使って選手を探す時に困るのは、これら現在能力(CA)と潜在能力(PA)が、例え数値が高くても能力の数値に必ずしも高く割り振られていないので、いちいちスキルやメンタルの数値やグラフを確認するためにゲームでもチェックしないといけないことだった。これがひどく手間がかかる。しかし、さっき引き合いに出しためざまし日記さんによれば、これはツールの『Rating』の項目をチェックすることで、だいたいのめどがつくらしい。『Rating』とは、この日本語化されたツールでは、おそらく右端の『ベスト評価』『ベスト潜在評価』のことだ。これが高いと有望だし有望に育つということのようだ。詳しくはリンク先のめざましさんの記事を参照して欲しい。最初に『選手探しはある程度ささっと済ませた』と言ったが、この方法で俺は若手を選び出したというわけだ」


川; ゚ A゚ノ|「ツールの使い方もコツがあるということですね。しかしそうまでして損せずいい選手が欲しいのかと」


(・ω・)「欲しいね。誰だってそうだろう? それじゃ獲得選手選びの話は以上だ。次は戦術の話を少ししたい」





戦術(フォーメーション)の話


サッカーフォーメーション研究所


(・ω・)「こんなサイトがある。実は割と前から週末ジレンマさんを通じて知っていたのだけれど、だいたいを読み終わるまで時間がかかって紹介できていなかった。この日記の方は『試合はフォーメーションの使い分けで勝てる』という考察をされている人で、リンク先のページでは、ちょうどその戦術の紹介が軽くなされている。簡単に説明すれば、『相手攻撃陣より人数の多い守備陣、相手守備陣より人数の多い攻撃陣になるように、相手のフォーメーションに応じてフォーメーションを使い分ければ勝つ』という主張だ」


川 ゚ A゚ノ|「……この方、ウェンズデイでプレイされてますけど、『ウェンズデイでブログを書いている人がいて難しいらしいので挑戦してみた』と言われてますが、もしかして……」


(・ω・)「たぶん俺たちのことだろうな」


川* ゚ A゚ノ|「な、なんだか恥ずかしいですね」


(´・ω・`)「そして俺たちとしては悲しいことに、この方はその戦術理論であっという間にCL挑戦まで上り詰めている」


川; ゚ Д゚ノ|「わたしたちがどれだけ下手かという話じゃないですか!」


(・ω・)「ノーリセットではないところが唯一の救いだな。しかし、俺は興味深く拝見した。というのもだ、俺がこれまで見て回ってきたFMブログでは、どこも『一つの決まったフォーメーション』で戦い抜いていたので、『フォーメーションを使い分けて勝つ』という発想が今まで生まれなかったのである。例えばここ」


( ´∀`)ノFM日記さん


(・ω・)「現在、最新のFM2014のプレイ日記をサクサク更新されている方だ。この方は基本的に、アンカーとウイングを置いた4-1-2-2-1でプレイされている。そして、とんでもなく強い。ほぼ無敗である。いったいどうやったらあんなに勝てるんだ。他のFMブログでも、この4-1-2-2-1を採用しているところは多い。だから俺はこのゲームを始めたばかりの頃にそういったブログを見て回って、なるほど、このFMというゲームには必勝のフォーメーションみたいなものがあるんだな、と思っていた。でも俺はプレミア厨だから4-4-2でやってやるぜ、みたいなことを考えつつこのゲームを遊び始めたんだ。このブログが始まったばかりのFM2012のプレイ日記の頃みたいにね」


川 ゚ ー゚ノ|「つまり、新たな知見が広がって、これからはもっとフォーメーションを使い分けると」


(・ω・)「いや?」


川 ゚ A゚ノ|「え?」


(`・ω・´)「フォーメーションを複数使い分けるなんて、俺の貧弱な脳みそが耐えられるわけないじゃないか!


川; ゚ A゚ノ|「自慢げに言うことじゃないですよ」


(・ω・)「そうではなく、フォーメーションにはいろんな組み合わせがあるということだ。それぞれに意図があるのである。ところで俺たちはクリスマスツリーの4-3-2-1を使っているな?」


川 ゚ ー゚ノ|「そうですね。紆余曲折の末にそうなりました。今のところプレミアでも、他のプレイ日記のみなさんほど強くはないですが、そこそこ通用しています」


(`・ω・´)「では俺たちの戦術にはどんな意図があったのか、その再確認をさせてくれるのがこのブログである」


サッカー店長のつれづれなる日記 ~戦術は浪曼だ!~


(・ω・)「上に紹介したサッカーフォーメーション研究所の方が日記内でリンクを貼られていたので知った。実際の試合の展開を解説され、何が良くて何が駄目だったのか分かりやすく説明してくれる。面白いぞ。しかしだ、いくつか記事を読んだところ、結局この方が試合展開で解説するところは大きく分けて二つである。それは『プレス』と『ビルドアップ』だ」


川 ゚ A゚ノ|「『プレス』と『ビルドアップ』?」


(`・ω・´)「相手にボールを前へ運ばせないための『プレス』と、自分たちがボールを前へ運ぶための『ビルドアップ』である。詳しくは実際に日記を読んでいただきたい。そしてそれはまさに、俺たちが試行錯誤の末にたどり着いたクリスマスツリー戦術を採用する意図そのものだったのだ」


戦術の遍歴


11_201311261814265e0.png


(・ω・)「これまでの戦術の試行錯誤を振り返ろう。まず、これはFM2013ウェンズデイプレイの最初に採用したフォーメーションである。今見ると、とりあえず並べてみましたという感じで、全然意図や試合でのイメージを考えていないことが分かる」


12_201311261818085d3.png


(;`・ω・´)「そしてそれが通用せず、必死になってバーンリー戦160本ノックで作ったのがこの戦術だ。しかしこれまた160回も試合をしたかいがなく通用しなかった。今見ると、いかにゴリ押しな戦術か分かる。唯一、今に至るまで有益だった発見は、相手を崩すにはコントロール戦術が有効なのだと気付いたことだったな」


13_20131126182429419.png


(・ω・)「これは過去の日記から引っ張り出してきた画像だが、これがこの戦術の問題点だった『プレス』と『ビルドアップ』の説明である。『ボールを敵陣に持ち込もうとサイドバックがウイングにパスしたらすぐに寄せられてボールを奪われる』という、『敵のプレス』で『味方のビルドアップ』を阻止される図だ。サッカー店長のつれづれなる日記では、これこそが現代サッカーの攻防だと解説されている。そうなのだ、俺も同じ問題点にぶちあたっていたのである。そこで俺は解決策として、『サイドハーフのドリブルは捨ててパスで崩す』ことを選択する。サイドハーフやウイングを一切信用しないことに決めたのだ」


川 ゚ A゚ノ|「他のFM日記の方たちがウインガーで勝っているというのに、真逆の発想をしたわけですね」


(´・ω・`)「160回も試合を重ねて作った戦術でこのシーンをやたら見た結果、俺はほとほとドリブラーの採用に嫌気がさしたのである」


14_20131126183355bc0.png


(・ω・)「そして俺はこのサイトからダウンロードした戦術を元にアレンジしたショートパス戦術を採用し、マケイブというレジスタの存在を発見する。中盤の底でボールを散らすリンクマンの存在に気付くわけだ」


16_201311261852181f3.png


(`・ω・´)「パス能力の高い彼を中盤の底に置くことで、ショートパスで『ビルドアップ』するパターンが出来上がったわけである


15_20131126185638f63.png


(・ω・)「さらに、このゲームでは選手の動きは与えた役割の説明文に従うという発見を元にさらにアレンジし、」


17_20131126185920af2.png


(`・ω・´)「中盤の底から前線へとボールを渡すために、クリスマスツリーを採用した」










19_20131126190845edd.png


(`・ω・´)「結果、出来上がったのが、現在採用しているこの4-3-2-1クリスマスツリーである。レジスタをリンクマンとしてここから『ビルドアップ』を図り、中盤のボールを前線へ渡すためにチャンスメイカーに動き回らせ、ハードワーカーにBox to Box、いわゆる味方のペナルティエリアから敵陣のペナルティエリアまで駆けずり回らせて攻撃と守備とボールのつなぎを同時に担当させる。この結果、『ビルドアップ』の最中に敵の『プレス』でボールを奪われるというシーンは、ノーマルで試合観戦している限り、まず見なくなった。俺は現代サッカーに勝利した! 第三部完!」


川; ゚ Д゚ノ|「いやいやいや何を言ってるんですか」


(・ω・)「つまりだ、こうして紆余曲折の末に作り上げたこのクリスマスツリーは、戦術的に、現代サッカー的に、『理に適っている』のである。そのことに気付いた時、俺は自分でも知らないうちに、『自分の戦術を作り上げる』という一つの達成を成し遂げていたことを知った。3年目にして、気付けば俺は『監督』になれていたのだ(`;ω;´)」


川 ゚ A゚ノ|「よく分かりません」


(´・ω・`)「……人がせっかく自分に酔ってる時に水を差さないでくれる?」


川; ゚ A゚ノ|「自分に酔ってたんですか。結局どういう話なんです?」


(`・ω・´)「今まで、俺は試合に勝利するにはどうすればいいか、それだけを気にして右往左往していた。しかし実は、俺は新たなステージに進んでいた。自分の戦術を手に入れていた。そして自分の戦術を生かす選手を揃えていたんだ。そのことに気付いて、俺はこのゲームが以前よりもっと楽しくなった。『効率のいい攻略法』や『強い能力の選手を揃える』といったゲーム的要素より一歩深い、『自分らしさ』の発見があったんだ。この戦術は別に最強のフォーメーションでもなんでもない。普通に負ける。他にFM日記でクリスマスツリーを使ってる人なんて見たことない。でもこの戦術には俺の試行錯誤の跡がある。俺自身の『やりこみ』の跡がある。これをもっともっと『やりこみ』たい。強くしてみたい。通用しなくなる時も来るだろう。そしたら、もっと別の形も『やりこみ』たい。そう思えるようになったんだ」


川 ゚ ー゚ノ|「前回の日記で言っていた、楽しくなってきたというのはそういうことですか」


(`・ω・´)「このゲームの『やりこみ』の先にあるものが見えたんだ。俺は今回の記事で、何度も『今の戦術に当てはめて選手を獲得する』と言っている。それはこの戦術をもっと『やりこみ』たいからだ。そして最初に『他のクラブでもプレイしてみたい』と言った。『FM2013をまだ続けたい』と言った。それは他の戦術でも同様に『やりこみ』たいからだ。一度捨てたウインガー戦術だって、今なら『やりこみ』たい気持ちがある。ただ勝つ以外の楽しみが見えてきたんだ。このゲームはまだまだ、面白い!


川 ゚ ∀゚ノ|「でもその楽しさも、プレミア昇格の苦しみからリセットで解放されたからですよね?


(´;ω;`)「せっかくいい話をしてるのになんでそこでそんな台無しなことを言うわけ君は?













(・ω・)「……言いたいことは言えたかな。それじゃ今回の日記はこれで終わりだ」


川 ゚ A゚ノ|「日記って、1試合も進んでないじゃないですか」


(´・ω・`)「いやー、なんか言いたいこと言ってたら試合まで進まなかったよ」


川 ゚ ー゚ノ|「しかし今回の記事って、きっとFMをやりこんでいる方たちからすれば分かりきったことばかりなんじゃないですか?」


(´・ω・`*)「きっとそうだろうね。恥ずかしいなぁ」


川 ゚ A゚ノ|「……でも、リーグカップが終わればこのブログも最終回ですか」


(・ω・)「あくまで一旦、だけどね。たまには普通に更新するよ。特に何も変わらないと思うよ。ただ、いつまでも続ける気も無かったしね。それをちゃんと言っておきたいと思ってた。いい頃合いじゃないかな」


川 ゚ ー゚ノ|「チャンピオンズリーグには全然及びませんが、ついに手が届きかけているタイトルです。勝ちたいですね、リーグカップ」


(´ω`)「下手くそな俺にしてはそれでも十分上出来だよ。それじゃ、また次回!(^ω^)ノシ」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どもどもはじめまして。
いつもこっそり拝見して楽しませて頂いてます。

各クラブの快進撃や四苦八苦する様子も面白いですが、戦術トークもまた面白いですな!
うちの4-1-2-2-1も典型的な電柱を生かしつつ、どこでボールを奪うかと、どうやって組み立てるかという点かららちまちま調整して行き着きました。
あとうちの初期戦力は元々上位半分を狙えるレベルなのでちょっと補強するだけで上手く波に乗れちゃうんですよ。

2014はドリブルがやや弱体化したのに対してクロスが強化されてるので、パッチで調整来るまでは2013で十分だと思いますよ。
しかも1対1を異常に外すので中央突破は不利そうですしおすし。

個人的にはどのFM日記も楽しませてもらってますよ!
うちもきっかけは「選手の成長記録を残そう!」ってのが始まりで、詳細な試合レポート書こうとしたら頓挫して今の形に落ち着きましたし、
見てくれる人がいるってのは最低限念頭におきつつ、やりたい&できる範囲で無理なく続けられればいいんじゃねって思って適当にざっくりやってます!
不思議なもんで、どこかの更新止まると他のどこかが更新しだしたりするんですよね。

なので無理のない範囲でこの先もSheff Wedの活躍が見れればいいなー(チラッ
2013/11/27(水) 02:05:11 | ( ´∀`)ノ | #cRy4jAvc[ 編集]
こんばんわ
はじめまして。( ´∀`)ノさんのブログは、確か僕がFMを始める前から参考に読ませていただいてました
ありがとうございます

> うちの4-1-2-2-1も典型的な電柱を生かしつつ、どこでボールを奪うかと、どうやって組み立てるかという点かららちまちま調整して行き着きました。

うーむ(・ω・) 4-1-2-2-1にも理に適った狙いがあるのですね
僕はようやくこの4-3-2-1で自分の形が作れたばかりなので、他の戦術はまだよく分かりません
( ´∀`)ノさんのJames Constableはすごく活躍してますよね
ウチも未来のツインタワーをどう生かせばいいんだろうと今から悩んでいます
彼らが使い物になるのはだいぶ先でしょうし、そこまでゲームを続けるか分かりませんが
高さを生かす放り込みをするにはサイドアタッカーを使うのが必須なのかなぁ(・ω・`)

> 2014はドリブルがやや弱体化したのに対してクロスが強化されてるので、パッチで調整来るまでは2013で十分だと思いますよ。
> しかも1対1を異常に外すので中央突破は不利そうですしおすし。

やはりまだ2014は調整過程なのですね(・ω・)
でもシャウト制になったとのことなので、試合中に今まで以上に気が抜けそうにないのが辛そうです(・ω・`)

> うちもきっかけは「選手の成長記録を残そう!」ってのが始まりで、詳細な試合レポート書こうとしたら頓挫して今の形に落ち着きましたし、

確かに( ´∀`)ノさんは画像比較で選手の成長度を紹介されてますね(`・ω・´)

> 見てくれる人がいるってのは最低限念頭におきつつ、
> 無理のない範囲でこの先もSheff Wedの活躍が見れればいいなー(チラッ

そうですね(・ω・) そろそろ別のクラブのプレイにも浮気したいのですがw
ウェンズデイプレイが4-3-2-1に行き着いたように、他クラブで一からまた戦術をやりこんでみたいんです

どちらにせよ、やはり僕としては、2013プレイの需要に限界が来てることを勝手に感じてることと、
あとは、やっぱり僕は更新以前に、ゲームをプレイする日が飛び飛びなんですよね
毎日プレイしないというか、どうも気軽に出来ないんです
このウェンズデイプレイは慎重に思い入れをこめていることもあって、
ネットで良く見かける某グルメ漫画のセリフを借りれば、結構神経を使うので、
プレイしているときは「救われてなきゃ駄目なんだ」状態なんですよね
じっくり腰を据えて没入できる時でないと出来ない

それらがあって、今後は更新も確約できないし、
ちゃんと「ここから先は完全にマイペースだよ」と言い切っておきたかったんです
やっぱり人に見せる形を取っている以上、どこか義務感が発生しますから

今後はまったりと気が向いた時に適度な感じで更新できればいいなと思っています
ありがとうございました(^ω^)ノ
2013/11/27(水) 22:22:28 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
初めまして
挨拶がちょっと遅くなりましたが、今回の記事で紹介していただいたブログ「サッカーフォーメーション・・・」の主です。こんにちは。

ぼくがブログを書くきっかけは、ぶるべあさんのこのブログだったので、取り上げていただいて感無量です。

うちの戦術のキモは、相手FWに対しこちらのDCを一枚余らせるという策にあります。守備の時にも、攻撃にの時にも、DCが敵FWより一枚多くないとどうにも不都合なんです。これは、FM2013だと、選手がフォメで決められた通りのポジショニングしかしないから有効というか、仕方なくそうしているんですよね。

FM2014では、選手の位置取りがやや柔軟になっているとのことなので、この戦術は意味がなくなっているかもしれません。機会があればそれも検証したいと思ってます。
2013/12/02(月) 11:21:06 | ootani | #-[ 編集]
はじめまして
> 挨拶がちょっと遅くなりましたが、

いえ、こちらこそ挨拶に向かわず申し訳ありません、こんばんわ
僕の方こそ、週末ジレンマさんを通してootaniさんのブログを知ったので、週末ジレンマさんに感謝です

> ぼくがブログを書くきっかけは、ぶるべあさんのこのブログだったので、取り上げていただいて感無量です。

(´ ゚ω゚` )「いつの間にウチはこんなことを言ってもらえるサイトに……」
川 ゚ ∀゚ノ|「こちらこそありがとうございます!」

> うちの戦術のキモは、相手FWに対しこちらのDCを一枚余らせるという策にあります。守備の時にも、攻撃にの時にも、DCが敵FWより一枚多くないとどうにも不都合なんです。これは、FM2013だと、選手がフォメで決められた通りのポジショニングしかしないから有効というか、仕方なくそうしているんですよね。

(`・ω・´)「ありますあります、2トップだけで2CBが崩されることが」
川 ゚ A゚ノ|「160本ノックのバーンリー戦の時に嫌というほど見ましたもんね」

ootaniさんがブログトップに追加してリンクを貼っている記事の方が戦術意図説明として詳しいですね
補足ありがとうございます

> FM2014では、選手の位置取りがやや柔軟になっているとのことなので、この戦術は意味がなくなっているかもしれません。機会があればそれも検証したいと思ってます。

ニコ生主のばんぐさんのFM2014プレイ放送を見た限りでは、選手の役割とシャウトが豊富になっていて、
あれをフォーメーションの組み合わせで攻略しようとするのは挑戦しがいがあるかもしれません

お互い、無理なく楽しんでいければいいですね(^ω^)
コメントありがとうございました
2013/12/02(月) 21:56:19 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する