Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)

(`・ω・´)「それでは、開幕前の時点での、そしてこれからのシーズンを戦う、われらがウェンズデイのトップチームの選手を紹介したい。ここまで意外と長くなってしまったな」


川 ゚ ー゚ノ|「長過ぎですよ。これからもこんな調子になるんですか?」


(・ω・)「わかんね。その時その時の気分にもよるよ。しかし出来る限り、気付く限り、ゲーム内で起こることは紹介していくつもりだ」


( `・Д・´)「では紹介だ。男の中の男たち、出てこいやーっ!」




GK

01_20130402195110.png

(`・ω・´)「まずは、わがチームの正GKであり守護神のChris Kirkland。1回きりだが、2006年に代表戦の出場経験がある。エディットデータで今年加入した新戦力、つまりリアルでのウェンズデイの12-13シーズンの新戦力だ。プレミア経験も豊富で、かつてはウィガンのゴールマウスを守っていた。アリ・アル・ハブシが加入する前の正GKだな。30歳という年齢はフィールドプレイヤーとしてはベテランだが、GKでは一番脂の乗っている時期だ。まだまだ成長の余地もある。うちのゴールマウスはお前に任せるぞ」


02_20130402200218.png

(`・ω・´)「控えGKのStephen Bywater。同じく新戦力。ダービーカウンティがシーズンを通してわずか1勝しか出来なかったプレミア史上最低の記録を作った時にゴールマウスを守っていた選手だ。そう考えると非常に頼りない。能力も心もとない。しかし給与は高い。悪いが契約の切れる今シーズン限りで出て行ってもらうつもりだ。背番号が43なのは本人がその番号を好きらしいからなのだが、なぜ43なのだろう」


03_20130402201259.png

(`・ω・´)「もう一人の控えGK、Nicky Weaver。まだ金満クラブになる前だった頃のマンCの正GKで、昨シーズンのウェンズデイの正GKだ。何度も言うように、ゲーム内はエディットで12-13のデータに変更されているので、10-11シーズンのデータが昨シーズン扱いになり、11-12シーズンのデータは存在しない。元々Football Manager 2012は11-12シーズンを遊ぶゲームだからね。それでググったのだが、英語wikiでも11-12シーズンの出場記録はわからなかった。なので確認できないのだが、おそらく彼が、ウェンズデイが3部から昇格した時の正GKだったんじゃないかな? しかしカークランドがいるので控えになってもらう。ところで彼とバイウォーターはちょっとした問題児だ」


川 ゚ ー゚ノ|「どうしてですか?」


(´・ω・`)「バックアッパーなのに、試合に出せと不満を言い出してうるさいんだ。カークランドと比べれば見劣りするから、大人しく控えで我慢してくれればいいものを。プライベートチャットで黙らせようとしても無駄で、移籍志願に発展する。望み通り来季には放出してやるつもりだ。よし、次はディフェンダーだな」




右サイドバック

04_20130402202742.png

(`・ω・´)「獲得選手その1。Ivan Bandalovski。ブルガリアのCSKA(Sofia)から、35Mの3年分割払いで獲得した。グラフを見ての通り、プレミアでも通用するだろう選手だが、コーチレポートだとなぜか2部レベルらしい。そんな馬鹿な。ブルガリア代表歴もあるが現在は招集されていない。なぜに。彼は後々まで活躍が望めそうなレギュラーとしてぜひとも欲しい選手だったのだが、しかし契約は非常に難航した」


川 ゚ ー゚ノ|「そんなにいい選手だったらきっと取り合いになったんでしょうね」


(´・ω・`)「いや、競合相手はポルトガルの無名チームだけだった。しかしなぜかそっちへ行ってしまう。それでそれより良い条件で契約しようと思ったら、そのポルトガルのクラブへ移籍するのはなぜか1月になってからで、向こうの条件が確認できない。それがまず理由の一つ。そしてもう一つだが、これが重要で、彼は35Mという、能力に比べれば格安の移籍金で獲得できるのだけれど、そのせいで彼が要求してくる最低移籍金も非常に安いんだ」


川 ゚ ー゚ノ|「最低移籍金?」


(`・ω・´)「『その移籍金で他クラブからオファーをされたら、無条件で契約交渉が行える』という契約条項のことだ。これが安いと、せっかく契約した選手が他クラブに安く引き抜かれてしまう。この契約条項を外して契約してもらうために、かなりの給与とエージェント料とロイヤリティボーナスを払う羽目になった。同時に『毎年の昇給○○%』という契約条項も外させた。俺はこの昇給の要求は容赦なく拒否するタイプだ。金を握らせて黙らせる。翌年度の人件費の計算が立たないからな。では次だ」


05_20130402205824.png

(`・ω・´)「Kieran Lee。新戦力。マンU出身で、所属時代に1試合だけプレミア出場経験がある。右サイドバックの控えだが、一応左サイドもできるので、バンダロフスキがスタメンの時にはベンチにも入ってもらう。左右両サイドの負傷交代要員としてだが、なにより彼は前回説明した国内育成枠だからね。彼で1枠埋めてしまおう。次はその左サイドバックだ」




左サイドバック

06_20130402210551.png

(`・ω・´)「Joe Mattock。新戦力。左サイドバックのレギュラー。レスター出身で、WBAからあちこちにレンタルされていたのだが、このゲーム内では昨年所属したチームがシェフィールドUになっていて、レンタルとはいえライバルクラブからの加入という形になる」


川 ゚ ー゚ノ|「ライバルクラブからだと何か問題があるんですか?」


(`・ω・´)「リアルでもそうだが、このゲームでも、ライバルクラブとの選手のやりとりにはクラブのサポーターが過敏に反応する。あまり彼らを刺激したくないね。だから選手獲得でも選手放出でも、ライバルクラブのことはちょっと注意が必要だ。俺も自然と避けるようにしている」


07_20130402211501.png

(`・ω・´)「Julian Bennett。彼はエディットではなく11-12シーズンからの新戦力だ。なので、本来の3部でならレギュラー格だったのだろうが、エディットでマトックが加わった2部の今じゃ控えだな。その割には給与が高い。もし本来の3部でのプレイだったらきっとこの年俸はネックになったんじゃないだろうか。サイドは以上だ。ではセンターバックの紹介へ行こう」




センターバック

08_20130402211906.png

(`・ω・´)「Mark Beevers。ウチのクラブ生え抜きの若手選手だ。こういうクラブ出身の選手は、国内育成選手ではなく、クラブ内育成選手になる。扱いは国内育成選手と同じだが、違う」


川 ゚ ー゚ノ|「生え抜きってなんだかいいですね! やっぱり何か特別だったりとか?」


(`・ω・´)「下部クラブなら特に問題ではないが、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグといった大陸大会に出場するような上位のクラブになると、彼のようなクラブ内育成選手の存在は不可欠になる。選手登録の際、クラブ内育成選手を4人登録しなければならないという規定があるからだ。ちゃんと自国の若手を育てろよ、クラブで自前の若手を育成しろよ、アフリカンなんかを使って強くなっても無駄だぞ、と釘を刺されているわけだ。だからクラブとして上を目指すのなら、彼のようなクラブ内育成選手は絶対に必要だし、ゲーム開始時に1人いるかいないかでも大きく違う。国内育成選手とは違って他クラブから持ってくるわけにはいかないからね。もし誰もいなければ、ユースを育てるか、有望な若手を獲得して3年間も保有しなければならなくなり手間がかかる。その点、彼はプレミアレベルまで伸びる潜在能力を持っている。まさにクラブの宝だ。契約も延長したし、彼は優先的に試合に出してガンガン成長させるつもりだ」


川 ゚ 0゚ノ|「頑張れビーヴァーズ君!」


(´・ω・`)「ところで彼はバーンズリー出身で好きなクラブもバーンズリーで、生え抜きなのにウェンズデイのことを好きになってくれていない。悲しい。しかし記者会見によると、彼もまた地元出身選手扱いのようだ。バーンズリーってシェフィールドと同じ地域にあるのか? イングランドの地理はよくわからん。ウェンズデイの期待を担う若手として、背番号は俺の好きな番号である14番にした」


川 ゚ ー゚ノ|「どうして14番が好きなんですか?」


(・ω・)「小学校の時にサッカー部だったんだけど、そこで練習の時に生まれて初めてつけたビブスの背番号が14番でさ。今でも選んだ時のことは覚えてるよ。それはさておき、2chの日記スレで見たんだけど、好きな選手やエースや重要な選手には14番をつけるっていうプレイヤーは多いみたいだね。かつて14番をつけて大活躍したオランダの名選手、ヨハン・クライフの影響かと思ったけど、理由は人それぞれ様々だった。リアルでも14番には個性的な有名選手が多いし、なかなか興味深い現象だね」


09_20130402213319.png

(`・ω・´)「Martin Taylor。新戦力のベテランセンターバック。出場試合数は少ないものの、プレミアに長く所属していた選手だ。足の遅さをその経験でカバーしてほしい。彼がビーヴァーズとコンビを組むレギュラーだ」


10_20130402213542.png

(`・ω・´)「Anthony Gardner。同じくプレミア経験の長い新戦力のベテランセンターバックで、2003年に代表戦にも出場している。年齢の割には足が速いのがいいね。彼はビーヴァーズテイラーコンビのターンオーバー要員として、センターの左を担当てもらう。やはり左利きの選手に左を担当してもらいたいものだ。足の速さでのカバーリングに期待しているよ」


11_20130402214145.png

(`・ω・´)「Miguel Llera。スペイン人。新戦力のベテランセンターバック3人目。新戦力が続くな。リアルを反映したエディットで新戦力が多いということは、実際のウェンズデイも3部からの昇格にあたり戦力を一新したということなのだろう。ベテランらしくメンタルはいいものを持っているんだが、足が遅い。ガードナーにカバーリングを任せ、彼はストッパーとして相手アタッカーに立ち向かってほしい。よし、ディフェンダーは以上だ。次は中盤、右サイドハーフを紹介しよう」




右サイドハーフ

12_20130402215037.png

(`・ω・´)「獲得選手その2。Iván Moreno y Fabianesi、という長く変わった名前を持つ選手。アルゼンチンのColonから50Mの2年分割払いで獲得した。アルゼンチン人だが生まれはスペインで、スペイン国籍も持つので労働許可の必要はない。南米はスペインやイタリアの移民が多いので、この二重国籍選手が多く存在している。探すと掘り出し物が見つかるので要チェックだな。彼の獲得の決め手になったのは、そのバランスのいい守備能力だ。俺はサイドの選手にもある程度の守備能力を要求する。実際に戦術でどう指示すればいいのかはいまだによくわからないのだけれど、少なくとも能力的には出来てほしい。ベテランだがまだまだやれるはずだ」


13_20130402215816.png

(`・ω・´)「Michail Antonio。新戦力。いったいどこの陸上選手だ。ロングスローの能力も高い。デカスロンにでも出るつもりか。サイドの担当として足が速いのはいいのだが、スキルが追い付いていない。扱いに困るな。若手でまだまだ伸び代はあるらしいが、現状はファビアネシの控えだ」


14_20130402220058.png

(`・ω・´)「Danny Mayor。新戦力。こちらは対照的に足はそこそこだがスキルの高い若手だ。俺の好みとしては彼のほうを控えの一番手にしたいところだが、ポジション適正が右ウインガーで、コーチレポートによるとアントニオよりも一枚落ちる。まあ気にしなくてもいいらしいのだが、俺は気になる。というわけで、ファビアネシの控えは彼とアントニオで併用していくつもりだ。次に左サイドハーフを紹介する」




左サイドハーフ

15_20130402220427.png

(`・ω・´)「Joel Lindpere。獲得選手その3。アメリカのサッカーリーグであるメジャーリーグサッカーのニューヨーク・レッドブルズから、80Mの3年分割払いで獲得した。現役エストニア代表選手。彼を獲得できたのはマンダリッチ会長のスカウト知識のおかげだ。守備能力にも期待できるサイドの手頃な即戦力を探していたんだが、ツールでは俺が慣れていないこともあってか、いまいちこれという選手がいなかった。そこで選手検索欄から正攻法で探してみたら、会長の持つアメリカのスカウト知識のおかげで彼が見つかったというわけだ」


川 ゚ ー゚ノ|「やっぱりズルなんてしなくてもいいんですよ」


(`・ω・´)「(無視)ちなみにメジャーリーグサッカーには木村光佑という日本人選手が在籍しているぞ。詳しいことはGoogle先生に聞いてみよう!」


16_20130403070138.png

(`・ω・´)「左サイドハーフの控えはレンタルで補った。Alex Kacaniklic。スウェーデンの選手だが、リヴァプールで育成されたので国内育成選手だ。前に言った18歳以前から有望な若手を獲得しておいて国内育成枠にするパターンだな。右サイドも出来るので、彼を左右のサイドハーフの負傷交代要員としてベンチに置いておけば、試合規定の国内育成枠も一つクリアされるという一石二鳥の選手だ。wikiにも日本語記事があるような期待の若手選手なのだが、彼が試合に出始めたのは11-12シーズンからで、このゲーム内ではまだ一度もトップチームデビューしたことがない。まっさらな経歴にウチのクラブでのデータを書き込むのは、誰にも踏まれていない新雪を汚すような妙な背徳感があるな!」


川; ゚ ー゚ノ|「なに言ってんのこの人」




センターハーフ

17_20130403071222.png

(`・ω・´)「センターハーフの紹介をしよう。お待ちかねの日本人選手、瀬戸貴幸だ。詳しくはGoogle先生に任せるが、日本のプロを経ずに自力で海外のクラブに移籍した人だ。彼のような選手はもっと評価されていい。獲得選手その4。24Mの2年分割払いでルーマニアのAstraから獲得した。そう、彼はルーマニアでプレーしているんだ」


川 ゚ ー゚ノ|「知りませんでした。でも、どうして日本人なのに獲得できたんです? 労働許可は?」


(`・ω・´)「その秘密は個人情報欄にある」

17a.png

川 ゚ 0゚ノ|「あれっ、ルーマニア国籍?」


(`・ω・´)「下の方に『国籍取得に必要な日数』という項目があるだろう。ヨーロッパでは一定の期間その国に住んでいた人間には、その国の国籍が与えられるケースがある。正しくは市民権なのかな。アメリカの市民権なんかは有名だね。この条項を用いて、ヨーロッパ国籍外の選手がヨーロッパの国籍を取得することは、フットボールの世界では非常によく活用されている。そうすれば、ヨーロッパ国籍外の選手の規定に厳しいリーグでも、ヨーロッパ国籍の選手扱いで試合に出れるからだ。例えばスペインの場合、元植民地だった南米の選手は、通常より早い2年でスペイン国籍を取得することができる。これを使って南米から来た選手はスペイン国籍を取得し、リーガの外国籍選手枠を減らすわけだ。そして瀬戸の場合は、ゲーム開始時点でルーマニア在籍期間が4年を超えていて、それはルーマニアの国籍取得に必要な日数ぴったりなのだ。なのでゲーム開始からしばらくするとルーマニア国籍を取得し、ヨーロッパ国籍選手になる。これが日本人選手をこのゲーム内で獲得できるカラクリだ」


川; ゚ ー゚ノ|「でも、日本は二重国籍を認めていませんよね?」


(`・ω・´)「もちろんそうだ。だから現実にはこんなことはありえない。しかしFootball Managerを作ったゲームスタッフはそのことを知らなかったのか、あるいは個別に対応するのが面倒だったのか、日本人選手でも二重国籍選手になれる。他には松井大輔も、フランスでの滞在日数が国籍取得日数を超えているので、フランス国籍を取得する可能性がある。可能性があるというのは、このエディットされたゲーム内ではリアルを反映して現在ブルガリアリーグに所属しているためだ。国籍を取得するためにはその国に在住していなければいけないからな」


川 ゚ ー゚ノ|「これってズルなんじゃあ……」


(´・ω・`)「これまでズル扱いされるとこっちが困る。元からゲームがこういう仕様で、こっちは何もいじっていないんだからな。まあ日本人選手を使える機会がこれのおかげで生まれるわけで、良しとしようじゃないか。彼はもちろんファーストチョイスで使っていくぞ。それじゃ他のセンターハーフだ」


18_20130403082201.png

(`・ω・´)「獲得選手その5、Teko Modise。南アフリカのクラブSundownsから80Mの4年分割払いで獲得した。彼は正真正銘、労働許可によって獲得した選手だ。現役南アフリカ代表で、南アフリカW杯にも出場していた、らしい」


川 ゚ ー゚ノ|「らしい、って?」


(´・ω・`)「南アフリカ代表選手なんてスティーヴン・ピーナールしか知らんがな。わしにわかやから。こいつなんて南アフリカのクラブから外に出たことないんやで。知らんがなそんな選手」


川; ゚ ー゚ノ|「はぁ……」


(`・ω・´)「彼はそのスキルと創造性で、チャンスメーカーとして攻撃の核になってほしい。うちの10番を背負う。ただ、自力で見つけ出した労働許可の下りる即戦力なので嬉しくて、2016年まで契約してしまった。これが吉と出るか凶と出るか」


19_20130403083451.png

(`・ω・´)「獲得選手その6。Ferrie Bodde。彼はフリーだったところを獲得した。なぜこれほどの選手がフリーだったのか、それにはそれ相応の理由がある。なんと彼は、十字じん帯損傷の大怪我で、19か月もの間プレーできていなかったのだ。プレミアに駆け上がる前のスウォンジーを支えた選手だったのだが、これにより放出されてしまっていた」


川 ゚ ー゚ノ|「かわいそう……」


(`・ω・´)「しかしゲーム開始時には回復間近なので、ウチでもう一花咲かせてもらおうと契約した。ちなみにリアルでの彼はまだ選手としてリハビリ中で、話に聞くところによるとウィガンのテストを受けたりしているらしい。現実世界でも頑張ってほしいね!」


20.png

(`・ω・´)「獲得選手その7。Lee Bowyer。フリーだったところを獲得した。かつて問題児だらけながらも躍進して輝いていた栄光の時代のリーズで活躍していた選手で、2002年に代表経験もあるが、ご多分に漏れず彼もかなりの問題児として名を馳せた。マリファナに手を出したとか乱闘騒ぎを起こしたとか留学生に暴行したとか試合中に選手を蹴ったとか、」


川; ゚ 0゚ノ|「嫌ですよそんな選手を獲るのは!」


(´・ω・`)「しかし衰えてもなお能力は本物だ。彼に中盤の守備を担当してもらわなければウチのゲームプランが狂う。年齢を考えて1年契約にしておいたから我慢してくれ」


川 ゚ ー゚ノ|「それならまあなんとか……」


21_20130403090654.png

(`・ω・´)「センターハーフのバックアッパーとして、エヴァートンから若手をレンタルしてきた。Ross Barkley。実はゲーム開始の最初からウチにレンタルで来ていたのだが、契約が1月までだったので、一度返却した後にもう一度レンタルで契約し直した。試合出場の機会は少ないだろうが、それでもレンタルの選手は特に不満を漏らさないので控えとしては最適だ。ただFootball Manager 2013からはレンタルの選手でも試合に出さないと文句を言い出すらしいので、それも今作までだが」


22.png

(`・ω・´)「最後に、11-12シーズンからの新戦力、José Semedo。リアルのウェンズデイの11-12シーズンのプレイヤーオブザイヤーに輝いた選手、なのだが、能力的に……うーんという感じだ。ただ、センターバックも出来るので、中盤とディフェンスラインの控えとしてベンチに置くことにはなるだろう。そういう意味では使い勝手がいい選手だ。ベンチ枠が5人しかなく、ポジション適正の多い選手は貴重だからな。残るはストライカーの紹介だ。行ってみよう」




ストライカー

23.png

(`・ω・´)「獲得選手その8。Fernando Aristeguieta。ちょっと覚えにくいな。ベネズエラのクラブ、Caracasから87.5Mの4年分割払いで獲得した。すでにベネズエラ代表経験もある期待の若手だ。スペイン国籍を持っているので労働許可の必要がなく、しかもなぜか英語も話せるのですぐにチームに馴染んでくれるだろう。まだまだ能力的には物足りないが、プレミアレベルの潜在能力があるので、将来のうちのエースとして戦いながら育てていくつもりだ。適正はセンターフォワード」


24.png

(`・ω・´)「獲得選手その9。Todor Chavorski。ブルガリアのLevskiから14Mの移籍金をケチケチと2年分割払いにして獲得した。彼は18歳なので、このままクラブに置いておけばやがてはクラブ内育成選手になれる。潜在能力が高いので、アリステギエタと共にファーストチョイスで使いながら育てる。適正は守備を免除される代わりに何でも屋をこなすトレクアルティスタ。コーナーキックも彼に蹴ってもらおう」


25.png

(`・ω・´)「獲得選手その10。Vyacheslav Hleb。なぜフレブ弟なんてニックネームにしているかというと、彼はかつてアーセナルに所属していてにわかの俺でも聞き覚えのある選手、アレクサンドル・フレブの弟なのだ。兄弟そろってベラルーシ代表なんてかっこいいな。ベラルーシはEU圏の国ではないので、獲得には労働許可が必要なのだが、現役の代表選手で代表キャップ数も十分なので下りた。ちなみにフリーでの獲得だ。これは代理人の売り込みのおかげで存在を知ったので代理人GJというところだ。勝利意欲が高いので、彼には劣勢の時のスーパーサブとしての役割を期待している。適正は本来は攻撃的ミッドフィルダーなのだが、ストライカーとしても使えて、センターフォワードとして機能してくれる」


26.png

(´・ω・`)「10-11シーズンから加入している、Gary Madine。若くてなかなか有望な選手なのだが、適正がターゲットマンだ。ターゲットマンというのは、味方からのロングパスに競り勝ってボールをキープし、攻撃のリズムを作りつつ攻める選手を言う。プレミアだとよく見る攻撃パターンであり、よく見るタイプの選手だ。しかし俺はこのタイプの選手が苦手だ。ゲーム上でうまく使いきれない。ターンオーバーで使わざるを得ないのだが、どうすればいいかさっぱりわからん。きっとあまり活躍させてあげられないと思う」


27.png

(`・ω・´)「そしてこれが最後の選手紹介になる。Chris Maguire。新戦力。俺の馴染みのあるポーチャータイプの選手、なのだが、それにしては足があまり早くない。つい最近代表にも呼ばれているが、潜在能力もそこまで高いわけでもないから、育てて将来のレギュラーにするのも難しい。現状はマディンと共にターンオーバーでの控えといったところだ」


(`・ω・´)「以上が、リーグ開幕にあたってのわれらがウェンズデイのトップチームになる。他にもリザーブに選手があれこれいるのだが、使えない選手が多いので、出せるだけレンタル移籍に出した。何かイベントがあれば紹介する機会もあるだろう。というか、その機会がやがて訪れるんだけどね」





(`・ω・´)「以上! 選手紹介おしまい!」


川 ゚ ー゚ノ|「ご苦労さまでした」


(;´・ω・`)「ほんとに苦労したよ。なによりミスったのは、書いてる途中で誤ってブラウザのタブを閉じちゃってね。一度書き直す羽目になった。こまめに書いているとはいえ、長々と書いた文章をまた一から書き直すのは骨が折れる。これからはもっと逐一に保存しなきゃな」


川 ゚ ー゚ノ|「ところで、怪我の交代枠がどうのって何度か説明されてましたけど、実際にこのメンバーで怪我人が出た場合、カバーしきれるんですか?」


(´・ω・`)「それをちょっと計算してなくてさ。レギュラーとターンオーバーの選手以外は、元々能力の足りない選手だったこともあるけど、レンタルに出してリザーブに放り込んじゃったんだよね。まあ緊急事態の時には呼び戻せばいいし、なんとかなるだろう」


(`・ω・´)「最後に、このメンバーでの人件費予算の様子を紹介しておく」

50.png

(`・ω・´)「結構余ったな。冬にも一人獲得する予定があるから、ちょうどいいといったところか」


川 ゚ ー゚ノ|「あっ、この収支ってクラブ利益のことですか? 815M、8億円もあるじゃないですか! 今シーズンの利益も1億円以上ありますよ!」


(´・ω・`)「それは開幕前でテレビ放映権料とかが入った直後なだけだ。これだけあれば余裕だと思ったのにそれがみるみる……


川; ゚ ー゚ノ|「えっ、今なんて、」


(`・ω・´)「(すっとぼけ)それじゃ、次回はいよいよリーグ開幕だ。ちなみに選手層を見て、戦術フォーメーションは? と思った人もいるかもしれないが、詳しく紹介するのは次に回すとして、4-4-2のフラットを使う。イングランドといえば4-4-2だろう、常識的に考えて。というか俺はそれしか使ったことがないからな。ではまた次回!(`・ω・´)ノ」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
国籍
>ヨーロッパでは一定の期間その国に住んでいた人間には、その国の国籍が与えられるケースがある。正しくは市民権なのかな。

とありますが、正しくは国籍です。二重国籍者は、二つパスポートを持っています。選挙権を除く市民権は、その国の滞在許可証があればもっていることになります。
2013/09/02(月) 03:44:04 | ootani | #-[ 編集]
訂正ありがとうございます
詳しくなく迂闊なことを書いてしまいすみません。国籍と市民権の違いもよく分かっていませんでした
コメントありがとうございました(`・ω・´)
2013/09/18(水) 23:52:46 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する