Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01_20131111213029c4f.png

02_20131111213054a90.png


(・ω・)「今更だが、改めてイングランドプレミアリーグの大会規定を見せておく。FM未経験者の人でもこのブログを見ているそうだから、ちゃんとこれも紹介しておこう。何よりポイントなのは選手登録の規定だ。21歳までの3年間にイングランド国内で育成された選手、いわゆる国内育成枠、ホームグロウンステータスの選手を8人登録しなければいけない。このブログを始めたばかりの時に長々と解説したやつだ。我らがウェンズデイの場合は、GKのシュマイケルとマカランバイ、CBのハンリーとウートン、中盤のパルマーとイブラヒムとマケイブ、そこへリザーブのGKのエザリッジを加えて8人となる。これ以外は労働許可さえ下りればどこの国の誰でもいいし、登録した8人は別に必ず使う必要もないので、試合では全員外国籍選手でも構わない。労働許可の説明は面倒なので省く。基準がゲームでも現実でも曖昧だからだ。許可されればもうけものである」


川 ゚ ー゚ノ|「ブログのタイトルも変えたんですね」


(・ω・)「そろそろFM2013の日記であることをはっきりさせておこうと思ってね。これ、俺だけかもしれないけど、Football ManagerとかFootball Manager日記で検索すると、このブログってかなり上位に引っ掛かるんだよ。FMブログとしては他と比べて圧倒的に遅れてて下手で進捗状況では見劣りするはずなのに、引っ掛かりやすいんだ。これはいかん、と思ってさ(・ω・`)」


川 ゚ ∀゚ノ|「それだけ多くの人に見ていただいている証拠ですよ」


(*´・ω・`*)「なんだかよく分からないけどいつの間にか読者が増えてしまった。ありがとうございます」


川* ゚ ∀゚ノ|「ありがとうございます!」


(`・ω・´)「それで9月なわけだが、」





9月

03_2013111121442268f.png


(`・ω・´)「よし、いい感じに勝ち点を稼げたぞ」


川 ゚ ∀゚ノ|「結構いけるじゃないですか」


(`・ω・´)「うん。なんかプレミアでもやっていけそうな気がしてきた。1試合1試合解説しよう」


04_20131111214724ced.png


(`・ω・´)「まず、アウェーのストーク戦である。マテウスからのパスをオーバーラップしてきたディアザヤカナが抜け出して受け取ってシュートを叩き込んだ。データ上では押されているが、実はかなりこのまま勝てる気がしていた。しかしCKから同点にされてしまった。致し方なし」


川 ゚ ー゚ノ|「前回の日記では不安視していたディアザヤカナ君ですが、見事に仕事をしてくれましたね」


05_20131111215351c02.png


(・ω・)「そして、全然気づかなかったのだが、これによりディアザヤカナがプレミア最年少得点記録を更新した」


川* ゚ 0゚ノ|「おおー!」


(*・ω・*)「まさか右サイドバックの彼が得点するなんて思わなかったから、最年少記録の更新が可能だなんて考えもしなかったよ。嬉しいね」


06_20131111215823a4e.png


(´・ω・`)「ところでオニールがウザい。こいつウチが降格すると喧嘩を売ってきたのがこれで2回目だ」


川# ゚ A゚ノ|「嫌われても構いませんから言い返しましょうよ」


(・ω・`)「もちろん言い返しているんだが、オニールってなんとなく仲が悪くなりたくない監督なんだよなぁ。俺の中では結構名将なんだよね。今はアイルランド代表監督なんだな」


07_20131111220250393.png


(・ω・)「スウォンジー戦はCKからコリーが得点。さらにサリヒが叩き込んで2-0となり勝ったと思ったところを、相手のミドルシュートがディフェンダーに当たりコースが変わって失点。ここでスウォンジーが4-2-4にフォーメーションを変えてたことに気付いて相手選手のチェックをしっかりして守りきった。リードを守りきるって難しいよね。今のところはそれ以上にビハインドを追いつく方法の方が問題なんだけどさ」


川 ゚ A゚ノ|「4-3-1-2の超攻撃的が機能してないとのことですね。難しいところですね」


08_2013111122103561c.png


(`・ω・´)「QPR戦。早々にマシレラがサイドをえぐりクロスを上げてカラバが押し込み、さらにショートパスのつなぎからA・B・ジョンソンがプレミア初ゴールを決めた。データ上では完勝だし、試合展開も『ずっと俺のターン!』だったわけだが、実はかなり不安に見ていた。前半17分の時点で2-1でそこからスコアが動かなかったので、どれだけ攻めていてもいつ同点弾を食らうか心配だったのである。しかし超守備的にしたところで無事にサリヒが決定弾を決めてくれてやっと安心できた。相手はアンディ・キャロルだとかジョーイ・バートンだとかスコット・パーカーだとかがいたので、構いやしねぇとマークもプレスもタックルも全開で指示したのだが、それも良かったかな」


川 ゚ ー゚ノ|「ホームとはいえ、プレミアの舞台でシュート数19というのはかなりいいですよね」


(・ω・)「やはりこのクリスマスツリーは結構いいのかな? このフォーメーションにしてからシュート数20が出るようになったんだよね」


川 ´ A`ノ|「感傷に浸るには早すぎますけど、ここまで長かったですねぇ」


(´ω`)「攻撃的サッカーをしろと理事会に要求されたゲーム開始当初、そこからの必死の悪戦苦闘。あれからここまでこれたんだねぇ」





09_20131111222324276.png


(`・ω・´)「さて、10月はいよいよ強豪と当たる。マンU戦だ。そして俺たち的ライバルのバーンリー戦があるぞ」


川 ゚ ー゚ノ|「あの160本ノックから私たちがどれだけ進化できたのか。ここはぜひ勝ちたいところですね」


(・ω・)ノシ「それではまた次回」(続く)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。