Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)

(・ω・)ノ「おいすー」


川 ゚ ー゚ノ|「ちょっと間が空きましたが、ついにプレミア初挑戦の3シーズン目ですね」


(・ω・)「うむ。どんな結果になるかさっぱり予測がつかないが、俺なりに万全を期した。リセットしたりリセットしたりリセットしたり」


川; ゚ Д゚ノ|「開幕前のどこにリセットする要素があったんですか」


(・ω・)「いやまあ、選手獲得で節約したり、選手売却で移籍金を取ったり? なんか終わってみると確かに何をそこまでリセットしてたんだと自分でも忘れてしまうんだが、毎度毎度シーズン前は慎重に慎重に進めてしまうのだな(・ω・`)」


川 ゚ ー゚ノ|「まあ試合のリセットでないので大目に見ましょう。それじゃ開幕前のニュースを」


01_20131105214141d70.png


(・ω・)「新スポンサーがついた。同等とか言ってるが大幅アップだな。1年契約だし来年も(^ω^)ウヒヒ」


川; ゚ A゚ノ|「なるほど、こういうところでリセットしてたわけですね」


(・ω・`)「記憶にございません(国会答弁的に」


02_201311052146135c0.png


(`・ω・´)「Mandaric is GOD


川* ゚ ∀゚ノ|「Q:理想の上司は? A:ミラン・マンダリッチ」


03_20131105214915fec.png


川; ゚ A゚ノ|「黒字だと言ってますが、それはそうですよ、9億も会長から投資してもらってちゃ」


(・ω・)「プレミアに上がったら収益も増えるだろうから、来季からが本当の決算だな」


04_20131105215120415.png


(・ω・)「ファンによる年間最優秀選手はレダ・ジョンソンだった。プレミアでも期待している(`・ω・´)」


05_20131105215228679.png


(・ω・)「ベストイレブンはこんな感じだ。特に言うことは無いかな?」


06_20131105215338693.png


(´ω`)「ほとんどの選手が年俸25%アップになったけど、プレミアに上がって予算も増えたし大丈夫だろう」


川 ゚ ー゚ノ|「元の給与も低く絞ってましたしね」


07_20131105215459d71.png


(・ω・)「日程が発表された。最終節がマンCだから、その前にしっかり残留を決めておかないとまずいな(・ω・`)」


00.png


(・ω・)「ちなみにこれがプレミアを戦う面子である」


川 ゚ A゚ノ|「……しかし、どこを相手に勝ち点を稼げばいいのか測りかねますね」


(`・ω・´)「俺としては、バーンリー、よくぞプレミア残留してくれた、といったところだ。160本ノックの宿敵と戦えるのを楽しみにしている」


08_201311052201248fd.png


(^ω^)「放映権料うめぇwwww」


川 ゚ 0゚ノ|「去年はいくらでしたっけ?」


(・ω・)「忘れた。しかし確か10億もなかったはずだ。これはおいしい(^ω^)」


09_201311052202440cc.png


(・ω・)「シーズンの目標だが、もちろんここは『降格を回避する』だ」


川 ゚ ー゚ノ|「ここで高望みなんてできません。地道に一つ一つ頑張っていきましょう」


10_20131105220441be2.png


(・ω・)「さすがプレミアといったところか。昇格しただけで世界60位のクラブになれた」


川 ゚ 0゚ノ|「いえ、満足してはいけません。まだ60位ですよ。もっと上を目指しましょう」


(´・ω・`)「君ついさっき地道に行こう言うてたやん」


11_20131105220633b7a.png


(・ω・)「と、ここで、ウチのユースにいたHore君という子がリヴァプールに引き抜かれた」


川; ゚ Д゚ノ|「何をやってるんですか! いいんですか渡してしまって?」


(・ω・)「え、いいんじゃない? こいつ潜在能力値が120までしかないもん。むしろなんでこんな子をリヴァプールが引き抜いていったのか謎だ。移籍契約条項がたくさんついたし、むしろおいしかった」


川; ゚ ー゚ノ|「ツールプレイが幸いした、と言っていいんでしょうかね」


(´ω`)「ツールで潜在能力値を知っていなかったら、リヴァプールが目をつけたんだからすごい子だ! と無駄な引き止めをしたかもしれないな。どうぞどうぞ、引き取って行ってください(余裕」


12_201311052213554a6.png


(・ω・)「さて、今年に入って、俺たちは初めて新傘下クラブと提携することにした。すると3年目と在籍期間も長いので理事会に自分で選んでいいよと言われたので、このクラブと提携することにした。University College Dublin。和訳するとダブリン大学AFC。つまり大学のサッカーチームである」


川 ゚ A゚ノ|「大学サッカーチーム? なぜこんなところと?」


(・ω・)「一つ一つ説明していこう。まず、3年目でプレミアにも昇格したので、レンタルで選手を送り込める傘下クラブがそろそろ欲しいなと思った。もちろん欲しかったのは労働許可の回避のためのクロアチアのクラブだ。しかしこれはまだ無理だった。たぶん傘下クラブと提携できる基準はクラブ知名度だと思うのだが、驚くなかれ、実は我らがウェンズデイは、プレミアに上がったにもかかわらず、ライバルであるシェフィールド・ユナイテッドより知名度が下なのだ(´・ω・`)」


川; ゚ Д゚ノ|「そんな! なんでですか!?」


(・ω・`)「たぶん、ユナイテッドは2部とはいえ、3部優勝にFLトロフィー優勝とタイトルを獲得してるからだろうな。俺たちはいまだにタイトルが無いから。というわけで作戦を変更して、『若手選手や使えない選手を送り込んで傘下クラブを活躍させる遊び』が出来ないかな、と思った。しかし目を付けたクラブを自分で選んでみたがどこも無理だった。若手や使えない選手とはいえ、選手がレンタルを承諾し、しかも戦力になり、かつ俺が擬似プレイを楽しめるクラブとなると候補は少ない」


川 ゚ ー゚ノ|「シェフィールドFCにすればいいじゃないですか。ユースの子ならちょうどいいでしょう」


(´・ω・)「それが無理だったんだよね。すでに提携しているのを解除して再度指定してみたんだが、駄目だった。解除してすぐは無理なのかな。ゲーム開始時からレンタルなしの提携をしていたのがここで裏目ったか。とはいえいつかはシェフィールドFCにも選手を送り込みたいので、今のうちに既存の提携クラブは全部契約解除しておいたが」


川 ゚ A゚ノ|「あら」


(・ω・)「というわけで傘下クラブで遊ぶのは諦めようかなと思ったんだけど、そこで以前、アイルランドリーグにちょっと面白いクラブがあったのを思い出した。それがこのダブリン大学AFCだ。詳しく調べていないので分からないのだが、おそらくマジの大学生チームだ。そして同時に、アイルランドのトップリーグに所属している。さすがに大学生チームということで優勝経験は無いようだが、ここに使えないユース選手(ただし、すでにクラブ育成にはなっている選手)を送り込んで、あわよくば上位を目指す、そんな『君たちはサッカー選手としての将来は無いので大学で勉強してきなさい』プレイを楽しむことにした(^ω^)」


川; ゚ ー゚ノ|「最低のプレイですね


(・ω・)「え、むしろ優しくね? 俺優しくね? ちなみにアイルランドリーグなので、傘下クラブにするための選択肢は『優れたユースシステムの優先交渉権のために探す』だ。そこにはちっとも期待してないけどな。やっぱりクラブの知名度が低いせいか、国外のクラブを探してきてもらっても、アイルランド、スコットランド、北アイルランドの下位チームばかりなんだよね。そりゃクロアチアのクラブなんてまだまだ先だわな。そんな中、大学チームとはいえアイルランドのトップリーグのクラブを傘下クラブに出来たのはファインプレーなんだぞ。上位に入ればCL出場権も手に入る。ユース選手にとってはむしろ夢が広がりんぐだろう(`・ ω・´)」


川 ゚ A゚ノ|「CL出場権を目指せるんですか。プレイオフでしょうけどそれは確かにユースでくすぶっているよりいいのかも」


(・ω・)「ちなみにウチにいるコリーはここ出身だ」


川 ゚ ー゚ノ|「コリー選手ってインテリだったんですね」


( ゚ω゚ )「『ユニコーンってマジでいるの?』」


川; ゚ Д゚ノ|「……は? なんですかいきなり?」


(・ω・)「実はコリーはツイッターをやっているんだが、ある日覗いてみると、そんなことを呟いていた。大学で勉強していたくせにユニコーンが実在か空想の生物か知らなかったらしい。ガチ質問っぽかった。おい大丈夫か、ダブリン大学ってもしかしてレベル低いのか(・ω・`)」


川; ゚ A゚ノ|「……彼が天然なだけだと信じたいです」


13_20131105225305a09.png


(´・ω・`)「最後のニュース。さすがに優勝予想となると圏外だな。メディア予想順位もビリだし」


川 ゚ ー゚ノ|「なにはなくとも今年は残留ですよね!」





(・ω・)「さて、今年はゲーム内でワールドカップが開催された。その結果を紹介したい」


川 ゚ A゚ノ|「……」


(・ω・ )「? どうした?」


川; ゚ ー゚ノ|「いえ、記事の最初にリセットしたと言っていたので、このワールドカップの結果もいじられているのではないかと」


(・ω・)「そんなことはない。いや、かなり頻繁にリセットしてたから結果はそのたびに変わっていただろうが、それをチェックしないようにニュースから目を背けつつ背けつつ進めていた(>ω<)。だから結果は完全にランダムだ」


川 ゚ ー゚ノ|「ならいいんですが」


(`・ω・´)「他のFM日記さんたちは細かくグループリーグの結果から貼っているが、俺は面倒なので決勝トーナメントだけ見せる。これだ!」


14_201311052301013c9.png


( ゚ω゚ )「優勝はアルゼンチンでした


川 ゚ ー゚ノ|「メッシ選手がいますし、妥当な結果なんじゃないでしょうか」


(・ω・)「このゲームはイギリスのゲームなのでイングランドがひいきされて優勝すると聞くが、別にそんなことは無かった。ベスト16で敗退している」


川 ゚ A゚ノ|「……そういえば肝心の開催国のブラジルの姿が見えませんね」


(・ω・)「あいつらはグループリーグで全敗していた


川; ゚ A゚ノ|「何をやっているんですか。リアルだったら暴動が起きてますよ」


(・ω・`)「しかも相手はデンマークとポーランドとオーストラリアだ。起きるな。間違いなく起きる」


川 ゚ ー゚ノ|「日本はどうだったんですか?」


(´・ω・`)「クロアチア、ウルグアイ、ガーナの組み合わせに入って、ガーナにしか勝ててなかったな」


川 ゚ 0゚ノ|「今話題のベルギーはどうだったんですか?」


(・ω・)「さあ? 予選で敗退してて参加してない」


川; ゚ A゚ノ|「うわぁ。ゲームの方がきっと強いんでしょうに」


(`・ω・´)ノシ「というわけで2014年のワールドカップは幕を閉じた。また4年後!」





(・ω・)「さて、開幕前ニュースはサクサク終わったので、次回は選手紹介だけで済ませたい。というわけで、今回のうちに、選手獲得と売却の履歴、そして今季使う戦術などなどを紹介しておくぞ」


15_20131105231820a90.png


(・ω・)「これが獲得選手一覧だ」


川 ゚ 0゚ノ|「一人とても高い移籍金で獲得した選手がいますね」


(・ω・)「補強はもういいかなと思ったら、予算がかなり余ってたんでね。せっかくだから使ってみたよ。ウェンズデイの最高移籍金支払額の記録はパオロ・ディ・カニオの750Mだ。それ以下ならOKかな。それ以上の額となると、よっぽどの選手じゃないと払う気にはなれない。ちなみに全部一括だ。プレミア最高(^ω^)!」


16a_20131105232337403.png
16b.png
16c.png


(・ω・)「放出選手一覧である」


川 ゚ A゚ノ|「ダブリン大学にたくさんユースの子を送り込んでますね……あら、オフェレ選手は売ったんですか?」


(・ω・)「うむ。初年度はマスコットだなんだと言っていたが、さすがに厳しいと思ってね。しかし放出先が今季プレミアに上がったブライトンだから、運が良ければプレミアデビューも出来るだろう」


川 ゚ ー゚ノ|「あとは、A・ムーイ選手とボラド選手をレンタルで放出していますね」


(・ω・)「売るにはちょっとまだキープしておきたいし、でも戦力にはちょっと厳しいし、というわけで2部にレンタルに出したよ。来季にはほんとに売るかなって感じだね」


21_20131105233742011.png


(・ω・)「開幕前の財務だ」


川 ゚ ー゚ノ|「まだ余裕がありますね」


(・ω・)「プレミアレベルとなると、この残り予算でさらに誰かを獲得するには足りないという感じか。でも今の戦力で大丈夫だろう。大丈夫、と思いたい(・ω・`)」


17b.png17a_2013110523301494a.png


18b.png18a_20131105233218fed.png


(・ω・)「今季プレミアに挑戦するにあたって使う戦術である。基本的にはクリスマスツリーのショートパスで攻めて、点が欲しい時には手寅・マイヤーホーファーをターゲットマンにして放り込む。中盤のサイドは選手によってハードワーカーかセンターミッドフィルダーかを使い分ける」


川 ゚ A゚ノ|「うまく通用するでしょうか。……というか、結局その名前で行くんですね川; ゚ ー゚ノ|」


19_20131105233535b21.png


(・ω・)「少し変更点がある。選手への細かい指示は最小限にとどめた。パススタイルなどは制限を持たせていない。ショートパスにこだわりすぎないようにした。さてこれがどう出るかな」


20_20131105234148f5f.png


(・ω・)「親善試合の結果だ。開幕直前に代表戦があったので4試合しかできなかった」


川 ゚ ー゚ノ|「手ごたえはどうですか?」


(・ω・)「選手の動きが結構滑らかになった気がする。戦術というより、単に2部から1部へと上がったのでグラフィックが上がっただけのような気がするけど。あと、この親善試合でよく分かったんだけど、チャンスメイカーのトップ下はやはりボールを受けに下がってくるな。レジスタのボールをトップ下が受けてサイドのハードワーカーが上がるというシーンをよく見かけた。やはり戦術指示と説明文に忠実に動くのだと実感した」


川 ゚ A゚ノ|「残留……できますかね?」


(・ω・`)「やってみないと分かんないな。未知の世界だ。それじゃ、次回はその未知の世界に挑む選手たちを紹介しよう(`・ω・´)ノシ」(続く)





川 ゚ Д゚ノ|「なんだかどこもかしこもFM2014の話題で持ちきりですが」


(´・ω・`)「そろそろブログタイトルに2013って入れるかなぁ」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する