Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(・ω・)「インテルのオーナーが変わるようだ」


川 ゚ ー゚ノ|「インドネシアの実業家、エリック・トヒルという方が、クラブの株の70%を買い取るらしいですね」


(´ω`)「名物会長、モラッティ会長の政権も終わりが来たということか。もう歳だし、CLも獲得できたし、ここらで引き時と思ったのかもしれないね」


川 ゚ 0゚ノ|「ヤフーニュースなどのコメントでは、『これでインテルも金満化か』『長友はどうなるんだ』とみなさん心配されていますが」


(・ω・)「インテルが金満だったのなんて昔からじゃないか。モラッティ会長の一家はイタリアの元祖石油王の老舗だ。ブラジルのフェノーメノ、ロナウドを大金をかけて獲得したり、金ばかりかけて肝心のスクデットは取れないクラブとあざ笑われていた時代をみな知らないのか? 長友に関しては、好きな選手だけど、そんなに気にしていない。俺は別に長友がいるからインテルのファンだったわけじゃないからね」


川 ゚ Д゚ノ|「そもそもなんでインテルが好きだったんです?」


(´ω`)「ずいぶん昔、スポーツ紙のNumberでイタリア特集本が出たことがあってさ。そこでACミランとインテルについてイタリア人記者のコラムが載っていて、ベルルスコーニ会長とモラッティ会長のエピソードが書かれていてね。前にも日記で少し書いたけど、そのモラッティ会長のエピソードがとてもキュートだったんだ。石油王の2世で子供のころから金持ちであることに罪悪感があったとか、その反動で金払いがいいとか、父親がインテルの会長だった時代の強いインテルを夢見て息子の自分が会長になったとか。特に印象的だったのは、ルチアーノ・モッジに関する話だ。当時ユヴェントスのフットボール・ディレクターだったモッジのような人物を獲得すべきでは、と記者に問われて、モラッティ会長はこう答えている。『わたしはあの手の人物が好きになれない。インテルは政治ではなく、あくまでピッチで勝利しなければいけないんだ』。これはまだカルチョ・スキャンダルが発覚する前の話だ。そしてその後、皆も知っている通り、モッジは八百長に関わっていたことがバレてイタリアサッカー界から追放される。モラッティ会長の信条通りに潔白だったインテルは、リーグ5連覇にCL制覇に三冠達成にと、再びグランデ・インテルを復活させて、今に至る」


川 ゚ ー゚ノ|「結構前からのインテル好きだったんですね」


(・ω・)「あの頃はカピタン(ハビエル・サネッティ)がビッグイヤーを掲げることになるとは思っていなかった。馬鹿正直でいたって栄冠は勝ち取れる、インテルの栄光はまさにそうして築かれたものだったんだ。でも、そんなモラッティ会長とゆかいな仲間たちの物語も、モウリーニョによるCL制覇で、一つの終わりを見た。いつか来るだろうと思っていた次の時代がやって来たということだろうね」


川 ゚ A゚ノ|「なんだか寂しくなりますね」


(´ω`)「『物語』はいつか終わるものさ。そして新しい『物語』が始まるんだ」


川 ゚ ー゚ノ|「わたしたちウェンズデイの今シーズンの物語も終わりました」


(・ω・)「うむ。4月と5月の結果、シーズンの成績を簡単に紹介しよう」





4月と5月。シーズンの終了

01_20130922225516399.png


(・ω・)「4月は試合が多かったな。それじゃ、もったいぶらずに結果を見せるよ」


02_201309222303379f7.png


川 ゚ A゚ノ|「2勝2分3敗。あまりよくありませんでしたね」


(・ω・`)「前回も言ったけど、どうも攻撃陣に安定した勢いがなくなったんだよね。ちょっと失速しちゃったよ」


順位表


09a.png
10a_201309222311287bc.png


(・ω・)「シーズン結果である。俺たちウェンズデイは最終的に14位。上位半分にはあとちょっとだけ届かなかった。優勝したのはブラックバーン・ローヴァーズだ。首位につけていたカーディフは終盤に失速してしまった。監督だったマーキー・マッケイが、マーティン・オニールを解任したサンダーランドの後釜に引き抜かれたことが関係しているのかな。ちなみに次回に紹介するけど、そのサンダーランドはプレミアから降格し、マッケイはせっかくのプレミア挑戦を数か月で終えることになる。ニューカッスルファンとしてはサンダーランドが降格したのはざまぁといったところだ。来季戦うことになるんでざまぁでは済まないのだが。2部から降格したのはレスターとチャールトンとバーンズリー。昇格の残り一枠は次回に持ち越す」


川 ゚ 0゚ノ|「あっ! 160本ノックの相手のバーンリーが2位昇格してるじゃないですか!


(・ω・`)「順位なんてプレイするたびに上下するんで一概には言えないのだけど、やはり強敵だったんだな。こんなところ相手に必勝の戦術練習をしていた俺はなんだったんだ。ちなみにこれも次回に紹介するが、昇格を決めたバーンリーはもう一つ、でかい仕事をやってのけることになる」


07_20130922232309cf5.png


(・ω・)「今シーズンのチーム成績だ。カップ戦も含む」


川 ゚ ー゚ノ|「きれいに得点と失点が同じでしたね」


(´・ω・)「得点は良しとして、失点が多すぎたな。シーズン序盤の低迷の影響が大きかったか。だけどレッドカードが1枚も出なかったのは良かった。安定して試合を進められたよ。しかしスタジアムには半分も客が入らなかった。もっと見に来て欲しい。収入的な意味で」


03_20130922232915fad.png


川 ゚ ー゚ノ|「おおむね喜ばれてますね」


(・ω・)「うむ」


11_201309222332466a2.png


(´・ω・)「これを見るとそこまで評価が高くはなかったみたいだけどな。ちゃんと理事会に要求された中位の14位につけたのに大会の評価が辛いや。全体的な信用も49%だった」


川 ゚ A゚ノ|「もっと上位に行かなければいけなかったというわけですか」


(´・ω・`)「メディア予想順位の20位やリアルの18位よりはずっと良かったんだけれど。終盤に試合の取りこぼしが多かったのが響いたか」


選手成績


04a_20130922233711a1f.png
05a_20130922233725f10.png


(・ω・)「選手の成績である。最多得点は我らがマスコットのオフェレ。20得点まであと1点足りなかった。前半戦の選手成績と比べてみれば一目瞭然だが、後半戦になってストライカーの得点率が一気に減った。それが終盤の失速にも表れている。アシスト王はマテウス。12アシストはCKも含んでいる。そして結果的にチーム一の41試合に出場した。FMをプレイしててこんなに出場させたのは初めてだ。序盤にアシストを積み上げていたメイヤーは結局あれっきりだった。キラーパスってあまり出ないのかな、せっかく覚えさせたのに。やってるシーンを見なかった。最多MOMは5回のガードナー。FM2013はセンターバックがMOMを取ることが多いと聞いていたけど、実際に終盤になってディフェンスが取ることが多かった。クラーソンとイブラヒムの出場試合数が少ないのは、冬に完全移籍した後の回数だからだ。本当はこの倍以上は出場している」


川 ゚ ー゚ノ|「総括としてはどうですか?」


(´ω`)「みんなよく頑張ってくれたんじゃないかな。こうして見ると、本当に戦術のタスク通りに選手が動いていたのだとよく分かる。中盤があまり点を取っていないところなんかね。サポートタスクだから。しかし、シーズン前は期待してなかったマグワイアがセカンドトップとして結構活躍してくれたのが嬉しい誤算だった。代わりに獲得したボラドがちょっと出場試合数に比べて結果を残せてないかなぁ。まだフィットしていないのかな。あと、アントニオが終盤のダービー戦でようやく得点して、しかもMOMを取ったのがちょっと嬉しかった。得点できていないことを悩んでいたようだったから」


06_2013092223541197c.png


(`・ω・´)「休暇に入った。それでは、ここからは早くも来シーズンに向けて動くことになる。休暇期間はボスマンの選手が加入する7月1日までにした」


川 ゚ ー゚ノ|「来季はもっと上を目指さないとですね!」


(・ω・)ノシ「その前に、次回はリーグの表彰や他リーグの結果なんかを紹介するよ。それじゃ、また今度」


川 ゚ Д゚ノ|「戦術の試行錯誤も含めて、長い長い初年度シーズンがようやく終わったというのに、なんだか淡泊ですね」


(´ω`)「連休中だから俺もまったりモードなのさ。それにリアルの今はすでにその来季の戦力確保の真っ最中だしね」















12_20130922235853d03.png


川; ゚ Д゚ノ|「……それで、どうするんですかこれ。6億近い赤字なんですが」


(´・ω・`)「前途は多難だ」(続く)













(・ω・)「すっかり忘れていた。シーズン終盤のワトフォード戦。面白ゴールが1個生まれていたのだった。追記で紹介しよう」


01a_20130923063249025.png


(・ω・)「ちょうどセンターサークルのど真ん中。センターバックのジェラがフリーキックを蹴る」


川 ゚ ー゚ノ|「そうですね」


02a_20130923063451f06.png


(・ω・)「蹴った」


川 ゚ A゚ノ|「あれ、ここは味方にパスする場所じゃあ」


03a_20130923063631780.png


(・ω・)「綺麗な放物線を描いてどんどん伸びていく」


川; ゚ A゚ノ|「……まさかですよね?」


04a_20130923063824489.png


05a_20130923063932aef.png


06a_201309230640315a0.png


(^ω^)「GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!


川; ゚ Д゚ノ|「エエエエェェェェ!?


(・ω・)「いやー、FMは時にありえないゴールが生まれるところに賛否両論あるみたいだけど、こんなゴールならたまに見れてもいいかなと思うよ」


川; ゚ ー゚ノ|「でも結局この試合は負けてしまったんですね」


(´・ω・`)「残念。月間ベストゴールにも選ばれなかった。いくらなんでもネタゴールすぎたか。それじゃ、また次回(・ω・)ノシ」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。