Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月続編


(`;ω;´)「諸君らが愛してくれた右サイドバック、バンダロフスキは死んだ。 何故だ!


川; ゚ ー゚ノ|「死んでません死んでません。そこでよく知りもしないガンダムネタなんか入れてどうするんですか」


(;`・ω・´)「答えは『坊やだから』ではなく、レギュラーとしてフル回転してくれていたからだな。大一番を前に彼を使えないのは痛手だが、もう仕方ない」


01_20130420200528.png


(`・ω・´)「このカーディフ戦が事実上、昇格を賭けた最後の試合になる!」


02_20130420201136.png


(`・ω・´)「モディセの言う通りだ。一つ突っ込みどころがあるとすれば、それをキャプテンの瀬戸でも副キャプテンのボッデでもなく、『レギュラーとして使い続けたのにいまいち活躍せず評価点も7点を切っている』彼が言うところだが。代表だけでなくクラブでも結果を出して欲しいよ。獲得時はウチのファンタジスタになることを期待してたんだけどな。知ってるか? こいつアシスト数でさえ2しかないんだぜ?」


川; ゚ ー゚ノ|「せっかく士気が高まっている時にそんな台無しなこと言わないでくださいよ」


(`・ω・´)「カーディフ戦は当然フルメンバーで挑む! モディセ、お前もスタメンなんだからな、言葉通り結果を残してくれよ!」




カーディフ戦


(`・ω・´)「試合開始だ!」


川; ゚ 0゚ノ|「みんな! 頑張って!」


Σ(´ ゚ω゚` )「ああっ! 畜生! 先制された! リードして試合をコントロールしたかったのに!」


川* ゚ 0゚ノ|「ああっ! PK! ウチにPKですよ!


(`・ω・´)「よし! ここで同点にして試合を振り出しに、」


Σ(´ ゚ω゚` )「なにやってんだてめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!


川; ゚ Д゚ノ|「ファビアネシ選手がPK失敗……


(`;ω;´)「これで3回連続でPKを外しやがった! もうお前には2度とPKは蹴らせん!


川; ゚ ∀゚ノ|「あっ! やった! やりました! 瀬戸選手が同点ゴールです!


(`・ω・´)「よくやった瀬戸ぉ! 見たか! これが日本人クオリティだ!


川; ゚ ー゚ノ|「前半終了です……」


(;`・ω・´)「悪くないぞ、ここまでの展開に喜んでいると伝えろ!」


川* ゚ ー゚ノ|「みなが発奮してます!」


(`・ω・´)「よし、行ってこい! 後半で逆転だ!」


川; ゚ ー゚ノ|「……なかなか試合が動きません」


(;`・ω・´)「くっ……! あと1点、あと1点だけでいいんだ!」


川; ゚ 0゚ノ|「あっ……!」


( ゚∀゚ )「アリステギエタの逆転ゴールキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


川* ゚ ∀゚ノ|「さすがウチのエース!」


(;`・ω・´)「よし! 残り10分だ! もう我慢できん! 戦術を守備固めにして逃げ切るぞ!


川; ゚ Д゚ノ|「えっ? 守備固めは不安があるから使わないんじゃ、」


(;`・ω・´)「そんなこと言ってられるか! もう昇格は目の前なんだ! ここで守備を固めなきゃ後悔する! 最後まで全力を尽くすんだ!」


川; ゚ ー゚ノ|「……なんとかしのぎ切っています!」


(;`・ω・´)「90分を過ぎた! おい審判! 早く笛を吹け! ロスタイムなんてとっとと終わらせろ!」


川; ゚ 0゚ノ|「これがきっと相手のラストチャンス! これを防ぎきれば、……あっ!


(´ ゚ω゚` )「……な、」


(´ ゚ω゚` )「うわあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」








03_20130420204033.png


(´ ゚ω゚` )「そ、そんな……」


川; ゚ Д゚ノ|「ひ、引き分け……」


(´ ゚ω゚` )「まさかロスタイムにFKを直接叩きこまれるなんて……。今シーズンこれまで一度もそんなことはなかったのに……」





( 、。ω。、)「お、終わった……」


川; ゚ 0゚ノ|「ま、まだです! 確かにウルヴズにこれで並ばれてしまいました。しかし向こうが最終戦で引き分け以下なら、もう一度逆転できます!」


( 、。ω。、)「ウルヴズの最終戦の相手はホームで17位のハダーズフィールドだぞ……あいつらが負けるわけないだろ……」


川# ゚ Д゚ノ|「最後まで諦めないんじゃなかったんですか!? 望みを託しましょう!」


04_20130420204701.png


川# ゚ ー゚ノ|「少なくとも選手は諦めていません!」


( 、。ω。、)「カーディフ戦でも相変わらずの6.9点だったこいつが言うからなんだというんだ……いつもいつも平均的な仕事しかしないくせに……」


川# ゚ Д゚ノ|「わたしは諦めません! 監督のわたしが諦めたら終わりです! 最後まで戦い抜きます!」





05_20130420205149.png


川; ゚ ー゚ノ|「勝ちました! 結果は!? ウルヴズの結果は!? 順位は!?」








06_20130420205413.png

07_20130420205428.png


川; ゚ Д゚ノ|「あああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


( 、。ω。、)「得失点差で3位で終了……」


川; ゚ ー゚ノ|「くっ……! まだです! まだプレーオフで勝ち抜けば昇格できます!」


( 、。ω。、)「もう……好きにしてくれ……


川; ゚ Д゚ノ|「……はぁ?


( 、。ω。、)「俺は気持ちが切れた……後は頼む……」


川; ゚ A゚ノ|「こ、ここに来てそんな無責任な……! いいです! 分かりました! プレーオフはわたしが指揮をとります!」




5月


08_20130420210113.png


川 ゚ ー゚ノ|「プレーオフ初戦は6位ブラックバーンとのホーム&アウェーのアウェー戦。今シーズンの2度の対戦ではどちらも負けなかったのね。これは勝機が高いわ!」






09_20130420210735.png


川; ゚ ー゚ノ|「結果は引き分けかぁ……でも、アウェーで引き分けなら上出来かも。次はウチのホームだし」


10_20130420210833.png


川* ゚ ∀゚ノ|「あっ! 見てくださいよ! ファビアネシ選手が最速ゴールを決めたんですって! 24秒だなんてすごいですね!」


( 、。ω。、)「PK失敗野郎のファビアネシがどうしたって……? こいつがあのPKを決めていれば今頃昇格できてたのに……」


川; ゚ ー゚ノ|「まだ引きずっているんですか……」


11_20130420211044.png


川* ゚ ∀゚ノ|「ほら、これはどうですか? プレーオフ2戦目のホームの試合には、ファンがスタジアム一杯に応援に来てくれるらしいですよ! 財務の助けになる観客収入も見込めます!」


( 、。ω。、)「今更来たって遅いよ……昇格争いをしていた間はみなどこに行ってたんだ……」


川; ゚ A゚ノ|「……駄目だわ。この人はもうあてにならない」


川 ゚ ー゚ノ|「でも、選手たちはきっとやってくれるはず! せっかくここまで来たんだから!」






12_20130420211742.png

13_20130420211800.png


川* ゚ ∀゚ノ|「やった! やったわ! これで決勝進出! あと1試合勝てば昇格よ!


( 、。ω。、)「しょう……かく……?


川 ゚ ー゚ノ|「そうです! 一度は逃げて行った昇格のチャンスが、もう一度めぐってきたんですよ!」


(´ ゚ω゚` )「決勝の……相手は……?」


川 ゚ ー゚ノ|「相手は……」






14_20130420212359.png


川; ゚ Д゚ノ|「カ、カーディフです……


(´ ゚ω゚` )「……」


(・ω・)「……」


(`・ω・´)「俺に策がある。決勝の指揮は俺に任せてくれないか?」


川* ゚ ー゚ノ|「良かった、復活されたんですね!? わかりました、ここまでこのチームを押し上げてきたのはあなたです! 最終戦はあなたに託します!」





川 ゚ ー゚ノ|「プレーオフ決勝までに少し間が空いたので、あの人が策というのを考えている間に、ニュースを紹介しておこうと思います」


16_20130420213220.png

17_20130420213233.png

18_20130420213242.png


川; ゚ ー゚ノ|「まず、降格チームはバーンズリー、チャールトン、ブリストルシティに決定しました。ご愁傷様です」


19_20130420213406.png


川 ゚ ー゚ノ|「プレミアのチーム、ウィガンの降格が決定し、監督のロベルト・マルティネス氏が解任されました。リアルでは、なんでしたっけ、『残留力』? というのでしぶとくプレミアに残っているクラブだそうですが、このゲーム内では落ちてしまいました」


20_20130420213545.png


川 ゚ ー゚ノ|「後任監督はアンディ・ソーンという方だそうです。調べてみましたが、あまり有名ではないようですね。コヴェントリーでの監督経験しかこれまでにはないそうです。失礼ですけど、どうして選ばれたのかしら」


21_20130420213855.png


川# ゚ Д゚ノ|「わたしの嫌いなボウヤー選手が、この大事な時期にこんなことを言い出しました。とことん身勝手で空気の読めない人です。言われなくても来季は放出してあげますよ!」


22_20130420214105.png


川; ゚ ー゚ノ|「実際の11-12シーズンではクラブのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーだったセメド選手ですが、今季は貴重なベンチ要員ではあったものの出場機会は少なく、彼もまた、よりによってこの時期に不満を言い出しました。来季はどうしましょう?」


23_20130420214427.png


川 ゚ ー゚ノ|「先月は戦犯扱いされたデュリー君。プロ契約が結べるようになりました。せっかく指導もして育ててる生え抜きなんだし、プロ契約しておこうかしら」


25_20130420214755.png


川# ゚ Д゚ノ|「ウチの大事な生え抜き選手、ビーヴァーズ君に他クラブが興味を示しているそうです。絶対に渡しません! 提示評価額を最高にして断固拒否します!」


24_20130420214944.png


川 ゚ ー゚ノ|「最後に。ニューカッスルの監督だったカーヴァー氏が解任されました。どうしてオランダからのニュースになっているのかしら?」


(`・ω・´)「ニューカッスルと聞いて」


川; ゚ 0゚ノ|「わぁ! びっくりしたぁ!」


(`・ω・´)「どうしたニューカッスル。パーデューを解任してまた監督を変えるのか? 順位も12位で悪くないじゃないか。せっかくアシマネのカーヴァーを後任に据えたくせに。次は誰を連れてくるんだろう。気になるな!」


川 ゚ ー゚ノ|「そんなことより、策というのは決まったんですか?」


(`・ω・´)「ああ、決勝の作戦は固まった。それじゃ、いよいよ最終決戦だ!」




プレーオフ決勝戦

15_20130420215503.png

27_20130420215537.png


(`・ω・´)「決勝戦はイングランドのフットボールの聖地、ウェンブリーで行われる。名誉なことだ」


川; ゚ 0゚ノ|「7万人もの観客が来るんですか……」


28_20130420215815.png


(`・ω・´)「ブックメーカーはウチがわずかに有利だと書いている。しかし、俺は実際にはウチが不利だと思っている


川; ゚ ー゚ノ|「確かに、過去の対戦はアウェーで1-3、前回もロスタイムに追いつかれて2-2の引き分けでした


(`・ω・´)「そこでだ、この決勝ではフォーメーションをいじる


川; ゚ 0゚ノ|「えっ!?」


(`・ω・´)「これだ!」


29.png


(`・ω・´)「ウイングを上げての4-2-4。絶対に点を取る捨て身の玉砕戦術だ!


川; ゚ Д゚ノ|「い、いいんですか? これじゃ守備がもろくなりますよ? 逆に失点の可能性が広がるんじゃ、」


(`・ω・´)「しかし、普通にやっても失点するのは過去の対戦でわかりきっている。ならば、それ以上にこっちが点を取るより方法は無い!」


川; ゚ ー゚ノ|「……これが、あなたの出した結論なんですね」


(`・ω・´)「……」


川 ゚ ー゚ノ|「わかりました。この戦術で行きましょう! あなたの作戦に、クラブの未来を託します!




試合中


(;`・ω・´)「……!」


川; ゚ 0゚ノ|「……!」


(`・ω・´)「……!」


川 ゚ ∀゚ノ|「……!」


(`・ω・´)「……!」


川 ゚ 0゚ノ|「……!」


(´ ゚ω゚` )「……!」


川; ゚ Д゚ノ|「……!」








試合結果

30.png


川; ゚Д゚ノ|「ま、負けてしまいました……互角の戦いに持ち込めたんですが、最後にCKからの失点で……」


31.png

32.png


川; ゚ A゚ノ|「結果……わたしたちシェフィールド・ウェンズデイは、来季も2部に残ることが決定しました……


36.png


川; ゚ A゚ノ|「リーグ戦では勝ち点で2位と同じの3位だったのに、最後に昇格したのは5位。なんだか釈然としませんね……」





34.png

35.png


川; ゚ ー゚ノ|「これで……11-12シーズンは終了です。ウェンズデイの昇格への挑戦は失敗に終わりました


(`・ω・´)「……そうか」


川 ゚ ー゚ノ|「? どうしたんですか? 全然落ち込んでいませんね」


(^ω^)「それじゃ、リセットしよう






川 ゚ Д゚ノ|「……は?


(^ω^)「いやー、試しに捨て身の戦術で挑んでみたけどさー、やっぱこういうのはうまくいかないもんだよねー」


川; ゚ Д゚ノ|「あの……」


(^ω^)「いつもと違う戦術で挑んだんだからさー、これはノーカンっしょ。もう一度いつもの戦術でやり直そう。いやー、保険かけといて良かったわー


川; ゚ Д゚ノ|「……まさか策っていうのは、玉砕フォーメーションのことじゃなく……」






(^ω^)「うん。リセットできる言い訳作りのこと






14_20130420225011.png
「……」






川# ゚ Д゚ノ|「あなた最低です!!!!!」


Σ(´ ゚ω゚` )「ヒィッ!」


川# ゚ Д゚ノ|「リセット!? そんなこと許されるわけないじゃないですか!!! 大人しく来季も2部から再挑戦してください!」


(´ ゚ω゚` )「だ、だって、」


川# ゚ Д゚ノ|「この日記を見てくれているわずかな読者の人たちに対しても失礼です! リセットしてプレイしていく日記になんの価値があるっていうんですか!?」


(´ ゚ω゚` )「だ、だってだって! 君もウチの財務事情は知っただろう? 来季は今季よりもきっと厳しくなる。そんな中で昇格を戦うなんて、」


川# ゚ Д゚ノ|「それに挑むのがプレイ日記の醍醐味でしょうが!」


(´ ゚ω゚` )「だってだってだって! 他のFM日記を見てごらんよ! みんなウチより弱い戦力で昇格を勝ち取っているんだぞ? それなのにこっちはツールまで使った盤石な戦力で昇格失敗だ!」


川# ゚ ー゚ノ|「それが何か?」


(`;ω;´)「こんなの格好悪過ぎるじゃないかぁ!


川# ゚ Д゚ノ|「知りませんよそんなこと! このままプレイを続けるんです! いいですね!」


(`;ω;´)「ウッ……ウウッ……今、読者に失礼だって言ったな? それならなおさら申し訳が立たないだろう! ここまで読んできてもらったのに、結果が昇格失敗だなんて!


川# ゚ Д゚ノ|「自業自得です! あなたのプレイが下手なのが原因でしょうが!






(`;ω;´)「ウウッ……ウウウウーーーーッ!!!!!」










川; ゚ A゚ノ|「行っちゃった……」


川; ゚ ー゚ノ|「でも、やり直しなんてしたって仕方ないわ。あの人もそれに気付くはず」


川 ゚ ー゚ノ|「わたしだけでも、来季の準備に取り掛かっておこう」


川; ゚ 0゚ノ|「でも……何から始めればいいのかしら……?」


川 ゚ ー゚ノ|「あっ。そういうわけで、ちゃんとこの日記は続きます。あの人の言う通りにがっかりした読者の方もいらっしゃるとは思いますが、もしよろしければお付き合いください」


42.png
「それではっ」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。