Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(・ω・)「ゆるくやるからゆるインテル。それでも、勝負事である限り、栄光への興奮と失望はつきものなのだ」


川 ゚ A゚ノ|「やっぱり、負けても平気だなんて人はあまりいませんものね」


(・ω・ )「本編に入ろう。1月の移籍期間に入ったが、まずは選手層の再構築だ。今季絶望のラカゼットの代わりのストライカーが必要だ。しかし穴埋めなので、うっかり強すぎる選手とキープレイヤー契約など結んでしまおうものなら後々困る。ラカゼットが復帰するまでのつなぎでしかないからな。そこで、トヒル会長からもらった30億のうち、16億を使って、アトレティコ・マドリーから彼を獲得した」


01_20150820180237d12.png


(・ω・)「Leo Baptistao。ブラジル人だがスペイン国籍を持つ。なかなかまとまった能力を持ち、ローテーション契約でOKしてくれた選手だ。困った時は彼を使う予定で、不満が出ないようにたまに使う予定だった。しかし結果的には非常にがっかりな結果になる。恐ろしく枠内シュート率が低く、今回紹介する後半戦ではストライカー陣が不振に陥るのだが、代わりに使おうにもちっともテコ入れにならんのだ。フィットしてないせいか? とにかく試合を見ていても全然パッとしない。能力的にはもっと出来そうなんだが」


( ・ω・)「そして、不満がたまっていた選手層を少々入れ替えようと、移籍させてくれと言っていた中盤のクズマノヴィッチとジョエル・オビをレンタルでひとまず放出。代わりのバックアッパーをレンタル先から呼び戻す」


02_201508201808585f5.png


(´・ω・`)「一人は彼、レネ・クルヒン。クラブ育成選手。しかし彼は後にリザーブの試合でハムストリング断裂で3か月の怪我を負ってしまう。仕方なくもう一人を呼び戻す」


03_20150820181229cfb.png


(・ω・)「ロレンツォ・クリスティグ。クラブ育成選手。レネ・クルヒンと共にまだ両者とも能力に伸び代がある。レンタルで成長を促していた」


川 ゚ Д゚ノ|「まだ結構いたんですね有望なクラブ育成選手が」


(・ ω・)「実はいたんだな最初から。レンタルに出してu20に放り込んでおいたんだが、来季はおそらくバックアッパーとしてトップチームのメンバーに入る。さらにもう一人、」


04_20150820181712b19.png


(・ω・)「トップ下の控えとして、彼、リッキー・アルバレスをレンタル先のHSVから呼び戻す」


川 ゚ A゚ノ|「……? トップ下にはコバチッチ選手とシャキリ選手の二人がいるではないですか」


(・ω・)「ああ、」


05_201508201822309d9.png


( ゚ω゚ )「シャキリならレヴァークーゼンに21億で売った


川; ゚ Д゚ノ|「エエエエェェェェ!? いいんですか? 割と重宝していたじゃないですか! CLグループリーグのリヴァプール戦でも活躍してくれましたのに! しかも相手が憎いEL決勝敗戦相手でCLトーナメント1回戦の相手のレヴァークーゼンだなんて!」


(´・ω・`)「もうね、こいつの出場不満にいい加減うんざりした。断固としてキープレイヤー扱い、常にスタメンでないと納得しないのだ。またも不満を爆発させてチームメイトにチクりチームミーティングを開いてチームが分裂する羽目になったので、別に試合は進めてなかったので一旦リセットして不満爆発前に戻り、売却オファーをして売った。しかしキープレイヤーと見ていたのは本人だけでなくチームメイトも同様だったようで、売ったら売ったで今度は『なぜ売ったんですか』とチームに詰め寄られ、結果ディ・サントとハチェリディにその後ずっと不満マークがついて士気が下がる羽目になった。出て行っても問題を残していくとかほんとうんざりだ」


川 ゚ A゚ノ|「ゲーム開始時から加入が決まっていたのですからどうしようもないですね。来季は同じく買取義務で左サイドバックのドド選手と中盤のブロゾヴィッチ選手が来るんでしょう? どうなることやら」


(・ω・)「サイドバックといえば、」


06_20150820183450482.png


(´・ω・`)「契約延長していなかった長友のFCポルトへのボスマン移籍が光の速さで決まってしまった」


川; ゚ A゚ノ|「なんで契約延長していなかったんですか。愛着ある日本人選手でしたのに」


(´・ω・` )「仕方ないだろ? 契約延長に応じてくれなかったんだもん。他のクラブで挑戦したいとかいってずーっと。プライベートチャットでその不満って解消できないのかなと思って探したんだけど、出来ないんだなこれ。危うく同じくイカルディもマンUに行きたいと不満を持ち契約延長出来ないところだったが、こちらはマンUが興味を失くしたところで素早く延長したのでなんとかなった。今後要注意だ」


07_20150820184044c54.png


(´・ω・`)「さらにうっかりミス。2年目になり、傘下クラブを選べるようになったのだが、選ぶ直前のセーブデータから再開する時にクラブを選ぶのをすっかり忘れていた。理事会が自動で後に選んできた中から、リセットで、一番マシそうなフランスの2部クラブにした。今度選ぶ時はしっかり強いクラブを指名したい」


川 ゚ A゚ノ|「なんだか全体的にうまくいってなくないですか? 神経質に進めるあなたが珍しい」


(・ω・)「なんか頭が回ってない時に進めちゃった感がある。でも試合結果に関わるしリセットしない。そんなリセットしないで進めた後半戦を紹介しよう。チャンピオンズリーグのトーナメント1回戦の結果までだ」





08_2015082018480309a.png


(´・Д・`)「はぁ……


川 ゚ A゚ノ|「残念です……チャンピオンズリーグは敗退してしまいましたか。結局レヴァークーゼンには、去年のEL決勝戦から3回戦って、1点も取れていません。何か相性が悪いんでしょうか」


0c_201508201956048ee.png


(´・ω・`)「この最後のレヴァークーゼン戦は記念すべき100試合目だったんだけどな。じゃあ、これらのうちに起きたことをいくつか箇条書きする」


●1月最初のカリアリ戦は23本のシュートと12本の枠内シュートを打ちながら敗北
●CBのバランタが今シーズン1人だけで3回もPKを与えている(フィオレンティーナ戦の3失点はその内の一つで負け)
●フィオレンティーナ戦もシュート数と枠内シュート数で大きく、また支配率も上回りながらマリオ・ゴメスのハットトリックで負け
●マリオ・ゴメスにはコッパイタリア戦でもやられて、24本のシュートと13本の枠内シュートを打ちながらコッパイタリア敗退
●ユヴェントス戦はせっかくのリードをジヴコヴィッチの与えたPKで引き分け。今シーズンに与えたPKはこれで6回目
●昨季得点王のイカルディが10試合ノーゴール。前半戦好調だったディ・サントも8時間ノーゴールを記録


(´・ω・`)「なんかうまくいってない。ストライカーは沈黙し、スタッツは上回りながら結果に結びつかず、大事な上位対決で勝利を挙げられず、PKを与える数は多く、シャキリの置き土産で士気の落ちたディ・サントとハチェリディなどの選手がうまく機能しない」


川 ゚ A゚ノ|「……とはいえ、この試合結果表、よくよく見たら、そんなに悪いわけでもないんじゃないですか? リーグ戦では12戦して2敗しかしてませんよ」


(・ω・)「2敗もしてるのが悪い」


川; ゚ ー゚ノ|「高望みしすぎでは」


( ・ω・)「そうは思わないな。優勝を狙うならこの結果は受け入れられん。なにより結果以上に試合での手応えが悪いんだよなぁ」


川 ゚ A゚ノ|「上げた話を聞く限りでは、どうもFM2013編から続く、『パスで上回りゴールで負ける病』が再発しているように思えるのですが」


(´・ω・`)「あの時のようにコントロール戦術を使ってるわけでもないのに似たような結果になってしまっている。なぜか分からん。フィニッシュがどうもうまくない。で、チャンピオンズリーグは残念ながら今年はもうこれで終わり。レヴァークーゼンのレベルに負けるようでは今後に大きな課題が残る。そして試合で残るはリーグ戦だけで、残り9試合なのだが、これが現在の順位表だ」


09_20150820193625b1d.png


(・ω・)「3位のナポリが1試合少なくて、たぶんあいつら次に勝つと思うので、ユヴェントスとナポリを勝ち点2の差で追いかけている格好になる」


川 ゚ Д゚ノ|「まだ望みはあるんじゃないですか?」


(´・ω・`)「どうかなぁ。ここまでの手応えからして、たぶん残り9試合のどこかで取りこぼす。ユヴェントスは言わずもがな、今年はナポリが強い。この2チームを残り9試合で追い抜けるかというと、どこかできっと俺たちが自滅する。あまり期待は持てないよ」


10_201508201940311a9.png


(・ω・)「最後に。今年はユースがもう来たので、あまり何度もリセットせず、トップ下の彼を加入させた。今年は有望株は彼だけだ。また、今年は弱小クラブとかにいい選手が湧かなかった。まああまりここらへんで神経質になってもね。ところでちょっと気になったんですが、僕のブログは小さい画像をクリックしても大きくなるような仕様になってませんので、あしからず」


11_2015082019432494f.png


(^ω^)「ただ、去年ユースに加入した彼の方は、なかなか楽しみに育ってきた。来季はレンタルに修行に出そう」


川 ゚ ー゚ノ|「やっぱり有望な若手は楽しみですね」


(・ω・)ノ「それじゃ今回は以上です。チャンピオンズリーグの壁はまだまだ高い。今年はここで脱落です。次回はセリエ優勝を目指してなんとか踏ん張ってみます」(続くかな)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
以前の記事で人に勧めるなら2015より2014と書かれてましたけど2014のほうがいいですか?

個人的には2015は有望な若手とか中堅レベルの主力でも移籍金がうん十億とか100億要求されるのが不満なんですが、ぶるべあさんは移籍周りは不満はないですかね
2015/08/23(日) 01:18:33 | shl | #195Lvy4Y[ 編集]
こんばんわ
僕は「初めてこのゲームを遊ぶ人なら」FM2015よりFM2014の方がいいと今でも思います(・ω・)
理由は、FM2014の方が分かりやすいからです
選手の役割の名称がセンターフォワードやチャンスメイカーなど、FM2014の方が馴染みやすく分かりやすいですし、
各国のリーグの情報などを見て回ったり、ゲーム内の情報を見て回る仕様も、FM2014の方がFM2015より直感的に掴みやすい
初めてFootball Managerを遊ぶなら、やっぱりFM2014の方がいいと思います。FM2015はこれまでのシリーズに慣れた人用だと感じています
FM2015だとデフォルトスキンが黒で見辛いとも個人的に思いますし(・ω・)

移籍の仕様に関してですが、これは僕がまだこの日記通りインテルで潤沢な資金で遊ぶのしか経験していないので、なんとも(´・ω・`)
ただ、移籍交渉や契約延長で、誰も彼もがむやみやたらにキープレイヤー契約を要求してこないのは助かります
それがFM2015の新たな仕様なのか、インテルだからかは分かりませんが(・ω・)
この回の日記で「イカルディの契約を延長した」と書きましたけど、彼、昨季のセリエA得点王だしうちのエースなのに、トップチーム契約しか要求してこなかったんですよね
少なくともインテルのようなビッグクラブで遊ぶ限りでは、FM2015はむしろFM2014より良心的になった気がしています
ただ、それは僕がインテルで遊んでいるからで、中堅クラブや成り上がりプレイだと、また違ってくると思います
相互リンクで交流させていただいているAkakiriさんは、成り上がりプレイですが、獲得選手の多くがキープレイヤー契約で困ると言われていましたし
移籍金は、スカウトの報告で移籍金予想額が表示されている選手の中から、予算と照らし合わせて獲得していますが、特に不満は無いです
おそらくですが、「スカウトの報告で移籍金予想額が表示されていない=そのクラブに放出の意思が無い」選手だから、数十億も要求されるのではないでしょうか(・ω・)
そういう選手の移籍金が非常に高くなるのはFM2014でも(たぶんそれ以前でも)同じでしたので、僕は最初から獲得を狙いません
話がすれ違ってたらすみません
FM2015で一気に要求移籍金が高くなったという感覚は、こうしてインテルでプレイしている限りでは僕はあまり感じないです(・ω・)
でもネットで「高くなった」という意見も見た覚えもあるので、やはり高くなっているのかもしれません。わかりませんw
shlさんのプレイされているクラブと、僕のプレイしているインテルとでは、たぶん相当に条件が違うのでしょう
僕は今回は楽をしようと決めていたのでインテルで始め、そして今のところかなり楽に進められています
ビッグクラブで遊ぶ限りでは、移籍金で問題が起こることは無い感じですよ(・ω・)
2015/08/23(日) 21:00:51 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
なるほど。
2015はドイツ2部のRBLとニューカッスルでそれぞれ3,4年プレイしたんですが、本格的に1シーズン以上プレイしたのが2015が初めてで特に22歳以下の能力の高い若手はほとんど手がだせなかったのですが、2014ならどうなのかなと思っていたのですが、それほど変わらないのですね。

別の日記で前に比べて選手が獲得しにくくなったとの記事を見た記憶があったので、2014をやりこまれたぶるべあさんの感想を聞いてみて2014プレイしようか検討しようかと思ったんですが、用語とかUIだともうなれてるので移籍にあまり違いがないなら2015でプレイしようと思います。(ぶるべあさんがインテルなんでミランの再建でもしようかなw←そんなこといって外国人枠とか労働許可がいやでだいたいドイツでプレイしようとするんですが)
2015/08/23(日) 23:58:10 | shl | #mQop/nM.[ 編集]
こんばんわ
そうですね、移籍金に関して、FM2014の方がFM2015よりずっと安い、ということは無いと思います(・ω・)
ちょっとFM2014の頃の日記を見返しましたけど、やはりFM2014でも、いかに安く有望な選手を取るかで苦労しています
移籍リストに入った選手を獲ったり、ローテーション契約の選手を獲ったり、フル契約前の若手を強奪したりで、安く済ませています
他クラブのキープレイヤーや、他クラブが絶対手放さないと決めている若手は、FM2014でも非常に高いです
たとえば、FM2014の時に、とある中東のクラブのマレーシア人の17歳の若手を獲得しようとしましたが、10億円以上要求された記憶があります
「うっそ、マレーシア人なんてマイナーな若手に中東のクラブが10億要求かよ……( ゚ω゚ )」とがっくりきました
なので、FM2015にすっかり慣れているということでしたら、FM2014を買う必要はないのではないでしょうか

ドイツのプレイはむしろ僕からすれば大変そうだなぁと(・ω・) 外国籍選手の制限は無いですけど、ドイツ人枠がありますよね?
そっちの方が僕は嫌ですね(´・ω・`)
ガリガリ熱中できる環境にあれば、僕はやっぱりイングランドが好きですね(^ω^)
逆に言えば労働許可さえ下りれば、どの国の選手もいくらでも取り放題ですからね。ホームグロウンの制限はあれど
労働許可の障害を乗り越えてバラエティ豊かな多国籍軍を作り上げる!(`・ω・´)萌える!
そしてアフリカネイションズカップやアジアカップで苦労する(;^ω^)
ドイツなら確かに今はRBライプツィヒがホットですね(・ω・) 今回の箱庭でいきなり躍進したのにはびっくりしましたよ(^ω^)
2015/08/24(月) 20:10:01 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。