Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(・ω・)「問題。現在レアル・マドリーにいるクリスティアーノ・ロナウドは、晩年の選手生活をどこで送るでしょう」


川 ゚ A゚ノ|「そうですね、わたしもだいぶん海外サッカーのニュースは見るようになりましたけど、スター選手のキャリアの終盤の過ごし方にはいろいろありますよね。中国へ行ったドログバ選手、は戻ってきましたけど、カタールへ行くシャビ選手、アメリカへ行くランパード選手とジェラード選手など。日本のJリーグが全盛期だった頃にはリネカー選手やラウドルップ選手がいたそうですが、現在は残念ながら引退間際の行先には選ばれません。ロナウド選手ほどのスーパースターとなると、どこでしょう。マンUに戻ったり母国ポルトガルに帰ったりするのでしょうか」


(・ω・)「正解は、」










01_2015052614450811c.png


(・ω・)「ASローマです」


川; ゚ Д゚ノ|「えっ」





(・ω・)「というわけで始まります、手寅と行くASローマの旅、2年目編です。今季は僕のFMプレイ歴で初めてのチャンピオンズリーグに挑戦します」


川 ゚ A゚ノ|「こんなブログをやっているのに、チャンピオンズリーグに出るのが今になって初めてというのはどうなんでしょう」


(´ω`)「成り上がりプレイばかりやってて、プレイ自体もへたくそで、おかげでこれまで大舞台には全然上がれてなかったものなぁ」


川 ゚ Д゚ノ|「というか、ローマ編は前回で終わりだったんじゃないんですか?」


(・ω・)「誰がそんなこと言った?」


川 ゚ A゚ノ|「あなたが。というかあなた、毎回毎回、もう終わりだ、もうやめる、これでおしまい、そう言ってばかりじゃないですか」


(;´・ω・`)「誤解を招くことばかり言ってきているのは確かに俺が悪いけれど、でも仕方ないだろ? このブログは俺のその時その時の感情ダダ漏れで書いてるんだよ。前回は前回で、もう終わるって気持ちだったんだよ。でもさ、」





川 ゚ Д゚ノ|「これは?」


(・ω・)「現在トッテナムに在籍しているベルギー代表MFのナセル・シャドリのツイッターでの呟きである。適当に翻訳すれば、『みんなー^^ FM2015は何シーズンプレイしたー?^^』となるだろう。このゲーム、現役のサッカー選手も多くプレイしているんだぜ」


川 ゚ ー゚ノ|「まあわたしたちはFM2014をまだ続けているわけですが」


(・ω・)「それで、この呟きへの返信を見てみたら、『僕は30シーズンプレイしたよー^^』『僕は40シーズン!^^』みたいなのがゾロゾロあってね」


川 ゚ A゚ノ|「わたしたちはこんなブログをやっていながら、これから始める8シーズン目が最長です」


(´・ω・`)「ほんと、そんなみんなに比べて、毎度毎度3シーズンや4シーズンで功を焦って終わらせてる自分はどうなのだろう、と思ってね。いや、このローマ編はそうでもないけど、本腰を入れたチャールトン編みたいなプレイとなると、俺の場合、ツールを使ってくまなく選手を探したり、クラブを神経質に管理したりして、ちっともプレイが進まないのでそうなっちゃうんだけれど。っていうか、みんなよく30シーズンも40シーズンもプレイできるな。よっぽどサクサク進めているのだろうか」


川 ゚ ー゚ノ|「それでローマ編も2年目ですか」


(・ω・)「うん。ひとまず続けてみようということになった。このローマ編はチャールトン編と違いサクサク進められるしね。よく海外サッカー関係者が使う言い回しを借りれば、『どうなるか見てみよう』といったところだ。それじゃ今季を戦うメンバーを紹介しよう」





選手紹介


02_2015052615183384f.png
03_20150526151859e12.png


(・ω・)「以上の25人がトップチームのメンバーだ。一人一人見ていこう」


04_20150526152138513.png


(・ω・)「バルデス。今年で引退しそう。契約も切れるし」


05_2015052615224444e.png


(・ω・)「ピッリャチェッリ。クラブ育成の控えGK。ホームグロウンの確保に去年ボスマンでとった。出場不満を言うがガン無視」


06_20150526152656584.png


07_201505261527122ec.png


08_20150526152726433.png


09_20150526152739f2a.png


(・ω・)「脂ののったセンターバック陣。ケンプフ以外は就任前からいた。珍しく左利きばかりになった。あまりいないんだけどな左利きセンターバック」


10_20150526153129243.png


11_20150526153142460.png


12_20150526153156081.png


13_201505261532096df.png


(・ω・)「レギュラーと控えのバランスの良いサイドバック陣。ジェジェとクルザワは去年俺がとった」


14_20150526153727914.png


15_20150526153746336.png


16_201505261537590f0.png


17_20150526153813b28.png


18_20150526153826ff7.png


(・ω・)「中盤の底のリンクマン陣。本田さんは去年フィオレンティーナで移籍リスト入りしていたところを買ったわけだが、ヴィヴィアーニはクラブ育成枠の確保に、オーストリアのクラブに流れていたところを買ってきた。ジャリとダンカンがアフリカネイションズカップでいなくなりそうだからね。他3人は就任前からいた選手で、ダンカンとマッローネは国内育成」


19_20150526154654352.png


20_20150526154708f6a.png


21_20150526154720e3b.png


22_201505261547342f5.png


23_20150526154747e32.png


(・ω・)「サイドのウイング陣だ。右のデシュメトとビッテンコートと左の控えのマルキーニョは就任前からいた。マルキーニョは売りたかったんだけどフリー放出も出来なかったんで置いているんだが、一人余ってくれていた方が余裕が持てるかもしれない。左は今季の買い物だ。ミランで移籍リスト入りしてしまっていたかつてのスーパールーキー、エルシャーラウィをウイング要員として買ってみた。値段が800Mだったのにミランが値上げしてきて2倍の1.6Bかかったけどな。しかし今季の注目はクリストファー・スミスだ。去年の冬のボスマンの時から目をつけていたんだが、獲得するか悩んで、結局今夏の加入になった。ところが、今夏だから『国外からのEU外加入選手は2人まで』のルールに抵触しないと思ったら引っ掛かった。昨シーズンはストライカーのチリ人のカスティージョと、遊びでうっかり獲ったオーストラリア人のリアム・ワーンというストライカーの2人でこのルールを満たしてしまっていたわけだが、そいつが今夏のボスマンでも有効だったらしい。元いたオランダのクラブからフリー放出された後にしか獲得できなかったぞ。イタリアは面倒だな」


川 ゚ A゚ノ|「エルシャーラウィ選手の方が知名度的には目玉のような気がするんですが、スミス選手の方に期待されているんですか? 確かに能力値は高いですが、能力値が必ずしも結果につながらないのは、去年のリャイッチ選手とマドルーガ選手のことで証明されているじゃないですか。エルシャーラウィ選手の方が活躍するのでは」


( ・ω・)「理由は一つ、利き足だ。昨冬に獲得をためらった理由でもある。スミスは左サイドの選手なのに右利きで、しかもツールを見ると、『右足20/左足1』という、左サイドの選手にはあるまじき左足の使えなさなのだ。おかげで右足での能力値はご覧の通りなのだが、この極端な利き足の出来不出来がどうなるか予測がつかない。チャールトン編のデータに戻って確認したが、こんな極端な逆足の選手は使ったことが無いので未知数なのだ。はてさてどうなるかな」


24_20150526161132ded.png


25_2015052616114792d.png


26_201505261612012fd.png


27_20150526161214f69.png


01_2015052614450811c.png


(・ω・)「ストライカーを紹介しよう。まずはマドルーガ。去年2.4Bで買った目玉選手なのだが、こいつが本当に点を取らない。今季は昨季のチーム得点王のドゥンビアを年齢的に放出したのでこいつが活躍してくれないと困る。プレイスタイルが『シンプルな短いパスを出す』しかなく、これが邪魔なので消したいのだが失敗している。今季も消そうと練習させているが、もしかすると別のプレイスタイルを何か学ばせるといいのかなぁ。二人目はカスティージョ。去年マンCで移籍リストに入っていたところを1.2Bで獲った。ネットでは不評な『力強いシュートを打つ』のプレイスタイルの持ち主なのだが、去年はそれで豪快なゴールを決めてくれたので惚れた。今季も期待している。この二人が右のセンターフォワードで、残り三人が左のトレクアルティスタ要員だ。リャイッチは去年のサポーター選出年間最優秀選手だが、今年はディバラに期待している。リアルのマーケットではパレルモからユヴェントスへの移籍の話が進んでいるアルゼンチン人の注目選手なのだが、このゲームの箱庭では第2国籍のポーランドを速攻で選んでポーランド代表選手になってしまっている。でもリアルで逸材と言われている彼がゲームでどう活躍するか楽しみなんだ。パレルモ育ちなので国内育成選手なのもいい。リヨンに移籍していたところを1.2Bで獲った。そして最後に紹介するのがクリロナである。レアルで不要扱いにまで能力値が下がったところをボスマンでフリーで獲得した」


川 ゚ Д゚ノ|「能力値はすっかり下がってしまいましたが、クリロナ選手を使えるというのはなかなか楽しみですね」


(`・ω・´)「衰えてもさすがクリロナ、親善試合での動きがいい。期待している」


28_20150526162938a21.png


(・ω・)「戦術は昨シーズンと同じこの4-2DM-2-2である。これでスクデットを獲ったわけだし、変える理由が無い。さて今季はどうなるかな」


29_20150526164044695.png


川 ゚ A゚ノ|「お金がとんでもなく余ってますよ。いいんですか?」


(´・ω・`)「だって金使うところが無いぞ? ローマ編は神経質にならず、むしろ逆にほとんど頭を使わずサクサク進めてしまっているせいもあるが、この選手層のどこを入れ替える? そりゃ人によってはスーパーな選手を獲得しまくるかもしれないが、俺は現状に満足している。それにだ、」


30_20150526164624ff9.png


(´・ω・` )「ローマの財務だが、何気に悲惨なんだよ。予算は出るが、理事会は去年と今年と連続で30億円もの補填をしている。どうも予算を使い切った場合に赤字になっているらしい。だから今年はため込んでおいた方がいいんじゃないかと思うわけだな」


川 ゚ ー゚ノ|「あなたがそれでいいならいいですが。ただ今季もローマは選手平均年齢が28歳でセリエで一番高いです」


(・ω・)「チャールトン編みたく成り上がりで、リザーブやユースなど全選手を神経質に管理していたら、自然と若手中心になるんだろうけどなぁ。昨季優勝チームのトップチームと控えのバランスを大きく崩したくないし、今回はツールで若手を探しまくったりもしてないし。しかし誰か若手に切り替えた方がいいのかなぁ」





(・ω・)「それじゃ、開幕前までに起きたことを」


31_20150526164919471.png


(^ω^)「セリエの最優秀監督賞と共に、監督選出年間最優秀賞ももらった。これは監督の投票で決まる。ちなみに俺は去年頑張ってたサンプドリアのミハイロビッチに入れた」


32_201505261651344c0.png


(・ω・)「そして、去年は4枠だったCL権が、今年いきなり元の3枠に戻った。なんだったんだ去年は。これで救われているのがユヴェントスだな。去年も3枠だったら4位だったからCL権を逃して、たぶんコンテは解任されてただろうなぁ」


33_201505261654370c8.png


(`・ ω・´)「シェフィールド・ユナイテッドでプレイ日記を書かれているAkakiriさんに朗報です。僕の箱庭でもシェフィールドUはプレミアに昇格しました」


川 ゚ ー゚ノ|「プレーオフ決勝まで勝ち残っていたので、あとはリセットで勝ち上がらせました」


(´ω`)「どうなるか見てみよう。あ、チャンピオンズリーグはチェルシーがバルセロナを倒して優勝してました。2連覇で4度目です。すっかりビッグクラブと化したモウチェルシー。ヨーロッパリーグは、またもCLから落ちてきたビッグクラブのパリサンジェルマンが優勝。俺たちの時はそういうことが無くてほんと運が良かった(マルセイユとかアーセナルとかはCL脱落組だった気もするけど)。ちなみに決勝で敗れたのはノリッジ。頑張った」


34_20150526170011e77.png


(・ω・)「今季の目標。ついに優勝が当然みたいなところまで来てしまった」


川 ゚ A゚ノ|「……長々と日記を書いてますけど、もしかして今季はすぐに解任されたりするんじゃないですか?」


(´・ω・`)「せめてチャンピオンズリーグのグループリーグくらいは遊ばせて欲しい」


35_20150526170223b0e.png


(・ω・)「なんの縁か、イタリアに来た途端に、ユーロでイタリアが優勝。おめでとう。残念なのは元ローマの選手が二人ほどいることだ。なんで俺が就任する前に売っちゃってるかなぁ。そしてイタリア国内の選手が割と少ない。結構パリサンジェルマンやモナコに流れてる。金のあるところに選手が流れるリーグになっちゃって悲しいものがあるな」


36_201505261708138b6.png


(・ω・)「そしてドルトムントからオファーが来ました。断ったけど」


川; ゚ Д゚ノ|「えっ!?」


(・ω・ )「チェックしてみると、ユーロ終了と同時に代表監督の辞任が続いていて、スペイン代表監督だったグアルディオラが辞任し後任にバイエルンのアンチェロッティが就任。そしてグアルディオラは空いたバイエルンに再就任。ドルトムントはクロップがドイツ代表監督になり、辞任した元ドイツ代表監督のよく知らないドイツ人監督がその後釜にドルトムントに就任という、ブンデスの二大巨頭が代表監督と入れ替わるというわけわからん展開になった。ちなみに言うとだ、実はチャールトン編をあのまま進めていた場合、クロップがペジェグリーニが引退した後のマンCに引き抜かれ、初の引き抜きオファーがドルトムントから来るという展開だった。ドルトムントからオファーが来るのは2度目ということになる。気に入られてるな。しかしこのローマ編では開始前に、リセットを繰り返してクロップはマンCに行かないようにしていた。どうやったかというと、ちょうどクロップの監督契約が残り1年だったので、マンCからクロップにオファーが行くタイミングで、リセットの嵐でクロップに契約延長をさせて留意させるという手を使ったのだった。クロップのいないドルトムントなんて魅力が薄いからね。しかしそのかいなくクロップは結局ドルトムントを去る結果になった。俺が何を言ってるかちょっと分かりにくいかな?」


川 ゚ A゚ノ|「せっかくオファーが来たのに受けなかったんですか? 前回ローマ編は終わりみたいなことを言っていたのに。チャンスだったじゃないですか。その話を聞く限りでは、タイミング的にはバイエルンの席も滑り込めたんじゃないかと。強いクラブで楽にチャンピオンズリーグを取るんだと言っていたのに」


(・ω・)「うーん、俺も悩んだが、もう補強も終わって親善試合も終わった後っていう微妙な時期だったし、選手を見るとどうも馴染めないし、また戦術構築から始めなければならないし、ローマと違って『強い若手を獲れ』『攻撃的戦術をしろ』とポリシーの要求があるし、立つ鳥跡を濁すでクロップが有望な選手をばんばん売りやがった後だったし、一応この時のセーブデータだけ残して、ひとまずローマで進めてみることにしたよ。その後でやり直しに戻ってもいいだろう。チャールトン編の続きでオファーが来た時の方に戻ってもいいしさ」


川 ゚ ー゚ノ|「まだローマでやり残したことがあるということですね」


(´ω`)「バランスいい4-2DM-2-2を構築した選手層に愛着もちょっと湧いたしね。まずはローマで初チャンピオンズリーグさ」





37_201505261802394c3.png


(・ω・)「親善試合の結果だ。コンディションは整った。クリロナの得点率がやばい。さすが」


川 ゚ ー゚ノ|「それではローマの2シーズン目がスタートですか」


(・ ω・)「待て待て、その前にカップ戦がある。セリエ優勝クラブとコッパイタリア優勝クラブがぶつかるスーペルコッパ、すなわちスーパーカップだ」


川* ゚ Д゚ノ|「一応それもタイトルですよね? 欲しいですね!」


(`・ω・´)「相手はACミラン。昨シーズンの対戦成績は1勝1分け。勝算はあるぞ。調子のいいクリロナ、ミランから獲得したエルシャーラウィを使い、センターフォワードには不安のあるマドルーガではなくカスティージョを使おう。勝てるはずだ。行ってこい!」










38_20150526180848c55.png


(^ω^)「八百長、乙!


川; ゚ A゚ノ|「ちょっとちょっと、負けたからってそんな言いぐさはないでしょう」


(´・ω・`)「ハァ? なんだよあのPK。ペナルティエリア内でボールの取り合いしてたら、別に転ばしたわけでもない接触プレーでファウル取られたぞ。ばっかじゃねーの? これだから八百長クラブは嫌いなんだよ」


川; ゚ A゚ノ|「ミランファンが聞いたら気を悪くしますよ」


(・ω・)「ハァ? しらんがな。ミランとユヴェントスは八百長で降格したようなゴミクラブだろ? 1000年後も残る汚点だぞ。恥ずかしくないの^^? 八百長クラブで恥ずかしくないの^^? 八百長クラブなんか応援してて恥ずかしくないの^^? 俺なら恥ずかしくて応援できないね^^」


川; ゚ ー゚ノ|「インテルファンだからって煽るのはやめてくださいよ」


(´・ω・`)「というわけでせっかくのタイトル獲得のチャンスを逃した。すっきりしなかったので、衰えたクリロナを外し、逆足の弱さで使うのを躊躇ったクリストファー・スミスを入れるなど、スタメンを入れ替えてリセットしてみたら、今度は0-0でPK戦で勝てたものの、すっきりしない」


川 ゚ A゚ノ|「点の取れなかったわたしたちが悪かったのでしょう。カウンター戦術ですもの。一発勝負には弱いということでしょう。ここは大人しく引き下がりましょう」


(´・ω・` )「ショボーン。まあいいか、殿堂データにはスーパーカップのタイトルは計算に入らず残らないみたいだし」


39_2015052618171649c.png


(´ω`)「まあ、俺は紳士だから、しつこく訊かれても、慎重に答えるにとどめるよ(あれは八百長だよ」


40_201505261818406b3.png


(・ω・)「もっと強く抗議しておけばよかった。審判団の言い訳を聞きたかったものだ」


41_20150526182040b48.png


(´゚Д゚`)「とぼけんじゃねーよアッレグリの八百長野郎が!


川; ゚ A゚ノ|「またキレた」


(´ ゚Д゚` )「リアルでも八百長クラブのユヴェントスで調子に乗りやがって! 三冠達成しようがお前らの八百長の過去は消えないからな! 恥知らずが!」


川*゚ ー゚ノ|≡⊃)`Д)、;'.・





(@ω・)「というわけでローマ編、2年目をプレイしていきます」


川 ゚ A゚ノ|「スーペルコッパで得点できなかったのが気になるなぁ。去年もロースコアゲームばかりだったし。得点力不足に陥らなきゃいいけど」










(・ω・)「おまけ。なんかゲームがカクカクしてきた。試合画面は変わらないけどゲームを起動させたり進めたりする時にカクカクする。俺のノートPCが大きくなったセーブデータを動かすのに耐えられなくなってきたのかもしれない」


川 ゚ A゚ノ|「エラーや打ち切りにならないといいですねぇ」


(´・ω・`)「俺も10シーズンくらいはプレイしたいんだけどなぁ」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おぉ、ローマ編2年目来ましたか!

CLを戦うブルベアさんの姿を見るのを密かに楽しみにしていたので、これはかなり嬉しいですね。

続報待ってます!

ついでに、プレミアでボコボコにやられる(と思う)Sheff Utdの続報もよろしくお願いしますw
2015/05/26(火) 22:05:40 | Akakiri | #-[ 編集]
こんばんわ
なんか今季は昨季に頑張ったカウンター戦術でのロースコアゲーム勝利がうまくいかない感じで不安です(´・ω・`)
解任されたくない(´;ω;`)! せめてCLグループステージは遊ばせて!
せめてCLのグループリーグは突破させて(´;ω;`)!
せめてCLの決勝トーナメントの準々決勝くらには(ry
が、がんばります(・ω・;)

シェフィールド・ユナイテッドには期待ですね。どうなるだろう。活躍にご期待ください(^ω^)ニヤニヤ
2015/05/26(火) 23:02:52 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
自分は会見でしつこく質問してきたら即キレて退室するようにしてますね~
そしてクラブに戻ったら選手が不満タラタラでリザーブ送り

そんな作業が1クラブ1回は必ず起きてる気がw


とにもかくもローマでのCL挑戦楽しみにしております!
2015/05/27(水) 23:33:45 | ダイス | #-[ 編集]
クリロナキタ━━━ヽ(´ー`)ノ━━━!!
衰えたとはいえビッグネーム獲得はなんかテンション上がりますね!
CLの組み合わせが気になります・・・!
2015/05/28(木) 20:30:40 | 通りすがりのFM素人 | #-[ 編集]
>ダイスさん
キレて退室ってそういえばまだやったことないですね(・ω・)
テストプレイの時に就任記者会見をキレてすっとばしたことはありますが
本プレイだと記者への対応も基本マメにしてしまいます。おかげでいつも「メディア好きの監督」になります

> とにもかくもローマでのCL挑戦楽しみにしております!

監督の首的に雲行き怪しいですが、頑張ります(`・ω・´)
2015/05/28(木) 23:28:50 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
>通りすがりのFM素人さん
全盛期ではないとはいえ、クリロナみたいな選手を使えるのは楽しみです
実はルーニーも衰えて自由放出されています。拾うか迷います。おじさんストライカーはクリロナで充分だし……
メッシもゆくゆくは放出されるのかな(・ω・) 前に10年時を進めた時はまだ現役バリバリだったけれど。恐ろしい

> CLの組み合わせが気になります・・・!

酷い組み合わせになりましたよ(´・ω・`) でもガンバルモン!
2015/05/28(木) 23:32:11 | ぶるべあ(・ω・) | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。