Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(・ω・)「今季、チャンピオンズリーグに初挑戦する僕ですが、まずプレイオフの結果のニュースが入ってきました」


川 ゚ ー゚ノ|「グループリーグに入る最後の椅子を決める試合ですね。何か気になったことでも?」


(・ω・ )「ユヴェントスが去年4位でプレーオフから参加になってたから、どうなってるかなとちょっと気にしてたんだけど、」


01_20150529205725af4.png


(^ω^)「ざまあああああぁぁぁぁwwwww レバークーゼンにホームで負けてやんのwwwww」


川; ゚ Д゚ノ|「あらら、やってしまいましたねぇコンテ監督」


(・ω・)「もう解任されればいいのに。8連覇もしただろ? いい加減飽きたよ。他のビッグクラブの監督はそこそこ交代してるのにな」


川 ゚ ー゚ノ|「新鮮味というのもありますしね。実はこのゲーム、『新鮮味が薄れたから解任』というパターンもあるんですよね」


(´・ω・`)「自分がそうなるパターンは知らないが、頑張って残留を繰り返してた下部クラブの監督がそれを理由に解任されてるのを見ると、悲しい気持ちになるんだよな」





(・ω・)「そんなわけでローマでの第2シーズンが始まるわけだが、すでに始まったリーグ戦の経過は後回しにして、まずはお待ちかね、チャンピオンズリーグのグループでどこに入ったかを紹介しよう」


川 ゚ ー゚ノ|「わくわくするなぁ。どうなりました?」


02_201505292106279ce.png


( ・ω・)「俺たちは第三シードで、」


川 ゚ Д゚ノ|「ちょっと待ってください。わたしたちは去年のイタリアチャンピオンですよ? なんで第三シードなんですか。低くありませんか? これってつまり第一シードと第二シードに他のリーグの強いクラブが組み合わされるってことでしょう?」


(´・ω・`)「知らんがな。例の『係数』とかいうのが関係しているのだろう。リアルでもそれに基づいたポッド分けをこれまでしていた。そして君の言う通り、グループリーグで別のリーグのチャンピオン同士がいきなり潰しあいをするという展開がこれまで頻繁に見られ、ついに来季からは『ポッド分けの方法を変更して、リーグチャンピオンはグループリーグでぶつからないようにする』と決められた。しかしFM2014ではまだ古いポッド分けのままである。そして……」


川 ゚ A゚ノ|「なにか嫌な予感が」










03_20150529211219b7b.png


04_20150529211345685.png


(´ ゚Д゚` )「ふざけんな馬鹿! 氏ね!


川: ゚ Д゚ノ|「エエエエェェェェ!? リーグアンのチャンピオンのモナコにバイエルンと同じ組なんですか!?」


06_20150529212346099.png


05_2015052921154529a.png


(´・ω・`)「決勝トーナメントに進出するためには、ここに書かれた通り、モナコかバイエルンを叩く必要になった」


川 ゚ A゚ノ|「これは酷い」


(´・ω・` )「安牌?がスイスのヤングボーイズしかないぞ。そのヤングボーイズもグレーの架空選手ばかりなんてことは全然なくて、実在選手ばかりのチームだ」


川; ゚ A゚ノ|「せっかくセリエを優勝してチャンピオンズリーグに挑戦するのに、グループリーグで消えたくないですよ」


07_2015052921272011e.png


(;`・ω・´)「これぞチャンピオンズリーグという歯ごたえのある組み合わせになったとも言えるがな。当然のようにバイエルンなどのビッグクラブが優勝候補だ。しかし俺たちもそこまで悪くは無い。俺と選手の頑張り次第だ。こうなったら挑戦者の気持ちで、行けるところまで頑張るしかない!」





(・ω・)「それでは、チャンピオンズリーグでの戦いの前に、セリエチャンピオンとして始まった2シーズン目のリーグ戦の結果を紹介しよう」


川 ゚ ∀゚ノ|「セリエチャンピオンとして戦力も戦術も変えずそのまま挑むのですから、当然いい結果でスタートして、」










10_20150529213448c07.png

11_20150529213459b4d.png

12_2015052921351182f.png


川 ゚ A゚ノ|「……なんで早々に4敗もしてるんですか。開幕戦のダービーでいきなり5失点とか」


(´・ω・`)「守備崩壊。去年はリーグ戦の数より失点数が少なかったのに。もったいなかったのがトリノ戦で、もう3敗もしててやばいと2-2から攻撃的に攻めたら逆にロスタイムに失点して4敗目。逆に攻撃的でボローニャに勝てたのは良かったんだが、その攻撃的で点が入らずヴェローナとインテルに敗北。なんか俺去年からインテルと相性が悪いんだよ。インテル自体は低迷しているのにさ」


川; ゚ A゚ノ|「これまずくないですか?」


(´・ω・` )「理事会は去年優勝したものだからまだ浮かれていて解任されそうな様子は無いが、ファンはおかんむりである」


13_20150529214314ede.png


( ´・ω・`)「本田さんを筆頭に7人もの選手が不満を言い出し、全員になだめるために『シーズン終了後には順位は上だから』と約束してしまう。あまりこういう約束はしたくないのだが。去年優勝できたわけだしたぶん大丈夫だとは思うのだが」


川 ゚ A゚ノ|「どこか修正した方がよくないですかね」


(・ω・)「で、実はこれらの試合は深夜に一気にプレイしていたので、もしかすると深夜に一気にプレイしたことで俺の頭が回ってなかったのか、と思い、また戦術も2年目で対策が取られたのかもと、カウンターではなく攻撃的にして、リセットしてやり直してみたのだが、」


川# ゚ A゚ノ|「あーもう、またそういうことを」


(´・ω・`)「自己申告を正直にしているので大目に見てくれ。で、リセットしたのだが、今度はそこそこ勝ち点は増えたものの大して結果は変わらず、それどころか逆に選手のローテーションをミスって出場不満を本田さんなどが言い出したり、リーグ戦全体の流れも変わったものだから、ユーベが一気に首位に飛び出したり、各地で頻繁に監督が解任されたりと、リセット前よりも酷い事態になったので、結局リセットの方はやめて、このまま進めることにした」


川 ゚ ー゚ノ|「若干厳しい状況ですが、あなたが以前言っていたように、リセットはリセット前より悪くなるパターンが多いんですから、それでいいですよ」


(・ω・)「しかしこのままではいかん、と戦術を少し見直した」


14_20150529215516adb.png


(・ω・)「こうだ」


川 ゚ A゚ノ|「何か変わりました?」


( ・ω・)「ディフェンスラインをワンランク下げた。なんか今季はハイラインが通用していない気がしたのだ。というか、押し込まれた時に、ハイライン守備を少し交わされた地点からズドンと強烈なシュートを叩き込まれるパターンが増えた気がした。敗戦のリプレイを見直すとね。守備が崩壊しているというより、なんか上手い具合に強烈なシュートをライン際から叩き込まれたり、中盤のインターセプトでカウンターを食らって守備が整わない間にパスで抜け出されズドン、という感じだ。そんな、崩されているというよりライン際からの強烈なシュートで負けてる感じなのだが、やはりラインは一応今季は少し下げる。そしてもう一つの変更点はタスクだ。ウイングをサポートにし、センターフォワードではなくオールラウンドフォワードにした」


川 ゚ A゚ノ|「なぜです?」


(・ω・ )「誰が点を決め誰がアシストするか明確にするためだ。そういう分業を明確にした方がいいと聞いてね。サイドのウイングは点を取ってくれるにこしたことはないが、基本的には2トップにボールを供給してくれればいいのだ。だからサポートにする。ドリブルでサイドを切り裂いても、ライン際で行き詰ってサイドバックに戻す、というシーンが結構多いからね。サポートでも動きはそこまで変わらないし、攻撃タスクの時よりも無茶なシュートを減らして2トップへのボール供給の意識を高めさせる。あとは分業だから、2トップは二人で打開して点を取ってもらう必要があるので、センターフォワードよりオールラウンドフォワードの方がいいのではないかと。マドルーガとカスティージョ、特にマドルーガはスキルが非常に高い。彼に活躍の機会を増やすための変更と言ってもいい。こいつが覚醒しないと話にならないからな」


川 ゚ A゚ノ|「前から疑問だったんですが、そもそもなぜ2トップの左はトレクアルティスタなんですか?」


(・ω・)「トレクアルティスタはプレイメーカー、すなわち他の選手がボールを集める目標となる選手だからだ。中盤がぽっかり空いているので、奪ったボールを前線に預ける目標としてそうしている。テクニックの無い選手だと機能しないのだろうけれども、うちのリャイッチもディバラもクリロナもテクニックとひらめきが高いので機能する。実際去年はリャイッチがこれで機能した。人によってはセカンドトップとかにするのだろうけれど、俺はセカンドトップの使い方がいまいち分からないんだなぁ。ただこのせいか、GKもロングボールをトレクアルティスタめがけて蹴るので、高さの無い彼らじゃゴールキックはほとんどの場合競り負けてしまうわけだが。中盤の底がダブルリンクマンなのも同様の理由で、リンクマンはプレイメーカーなので、彼らにボールを預けさせることで遅攻の時に安定する。ボールキープの役割をそれぞれに持たせているわけだな」


川 ゚ ー゚ノ|「プレイメーカーはFM2013までは特定の選手に指示できましたけど、FM2014からは役割で自動的に設定されるんでしたっけ」


(・ω・ )「確かトレクアルティスタとリンクマンとレジスタとチャンスメイカーはそうだったと思う。詳しくはたぶんネットのどこかに書いてあるよ」


15_20150529221517a95.png


(・ω・)「そして点が欲しい時の4-2-4も、同様にウイングをサポート、センターフォワードをオールラウンドフォワードにした。これが後に機能することになる。それじゃリーグ戦の残りだ」


16_20150529222312097.png

17_20150529222324762.png


(`・ω・´)「よし」


川 ゚ ∀゚ノ|「持ち直してきたじゃないですか」


(・ω・)「ハイライトはアタランタ戦。0-2で負けていたところから、後半に攻撃的4-2-4で4点を取り逆転勝利。もしかして戦術変更ってハーフタイムにした方が効果的なのかな? ばっちりはまったぜ。スペツィア戦では本田さんの直接FKも決まった」


川 ゚ ー゚ノ|「スペツィア戦ではディバラ選手がハットトリックです。キエーヴォ戦ではクリロナ選手のハットトリック。嬉しいですね」


(`・ω・´)「マドルーガも去年よりずっと点を取りだした。戦術変更は吉と出ていると思う。順位は首位ミランと勝ち点差3の5位まで上がった。得失点差はリーグトップの+14だ。この10月まで進めた。ここから巻き返すぞ」





(・ω・)「それではお待ちかねのチャンピオンズリーグでのグループリーグ戦の紹介に移ろう。一巡して3試合は終わらせた」


08_20150529222745557.png


( ・ω・)「まずはヤングボーイズ戦。グループで唯一楽に勝てそうな相手だったからもっと点差をつけておきたかったが、気付くと相手のシュートを0に抑えていた」


川 ゚ ー゚ノ|「上々の出だしではないでしょうか」


09_201505292229008b2.png


(´・ω・` )「ASモナコ戦。勝ちたかったが追いつかれて引き分け」


川 ゚ A゚ノ|「残念ですがリーグアンチャンピオンのモナコにアウェーで勝ち点を拾えたことで良しとしましょう」


(・ω・)「そしてついに迎えるバイエルン戦だが……」










18_20150529223155726.png


( ゚∀゚ )「きたああああぁぁぁぁぁ!!!!!


川* ゚ ∀゚ノ|「バイエルンに勝利! バイエルンのスタメンは全員本気メンバーです! それを3点取って勝利!」


(^ω^)「CKの流れからレヴァンドフスキに1点取られてクリーンシートとはいかなかったが、行ける行ける! 俺たちやれるよ! この勢いでグループリーグを突破しよう!」


川* ゚ ー゚ノ|「リーグ戦の躓きでどうなるかと思いましたが、ここから巻き返していきましょう!」(続く)

スポンサーサイト

(・ω・)「問題。現在レアル・マドリーにいるクリスティアーノ・ロナウドは、晩年の選手生活をどこで送るでしょう」


川 ゚ A゚ノ|「そうですね、わたしもだいぶん海外サッカーのニュースは見るようになりましたけど、スター選手のキャリアの終盤の過ごし方にはいろいろありますよね。中国へ行ったドログバ選手、は戻ってきましたけど、カタールへ行くシャビ選手、アメリカへ行くランパード選手とジェラード選手など。日本のJリーグが全盛期だった頃にはリネカー選手やラウドルップ選手がいたそうですが、現在は残念ながら引退間際の行先には選ばれません。ロナウド選手ほどのスーパースターとなると、どこでしょう。マンUに戻ったり母国ポルトガルに帰ったりするのでしょうか」


(・ω・)「正解は、」










01_2015052614450811c.png


(・ω・)「ASローマです」


川; ゚ Д゚ノ|「えっ」





(・ω・)「というわけで始まります、手寅と行くASローマの旅、2年目編です。今季は僕のFMプレイ歴で初めてのチャンピオンズリーグに挑戦します」


川 ゚ A゚ノ|「こんなブログをやっているのに、チャンピオンズリーグに出るのが今になって初めてというのはどうなんでしょう」


(´ω`)「成り上がりプレイばかりやってて、プレイ自体もへたくそで、おかげでこれまで大舞台には全然上がれてなかったものなぁ」


川 ゚ Д゚ノ|「というか、ローマ編は前回で終わりだったんじゃないんですか?」


(・ω・)「誰がそんなこと言った?」


川 ゚ A゚ノ|「あなたが。というかあなた、毎回毎回、もう終わりだ、もうやめる、これでおしまい、そう言ってばかりじゃないですか」


(;´・ω・`)「誤解を招くことばかり言ってきているのは確かに俺が悪いけれど、でも仕方ないだろ? このブログは俺のその時その時の感情ダダ漏れで書いてるんだよ。前回は前回で、もう終わるって気持ちだったんだよ。でもさ、」





川 ゚ Д゚ノ|「これは?」


(・ω・)「現在トッテナムに在籍しているベルギー代表MFのナセル・シャドリのツイッターでの呟きである。適当に翻訳すれば、『みんなー^^ FM2015は何シーズンプレイしたー?^^』となるだろう。このゲーム、現役のサッカー選手も多くプレイしているんだぜ」


川 ゚ ー゚ノ|「まあわたしたちはFM2014をまだ続けているわけですが」


(・ω・)「それで、この呟きへの返信を見てみたら、『僕は30シーズンプレイしたよー^^』『僕は40シーズン!^^』みたいなのがゾロゾロあってね」


川 ゚ A゚ノ|「わたしたちはこんなブログをやっていながら、これから始める8シーズン目が最長です」


(´・ω・`)「ほんと、そんなみんなに比べて、毎度毎度3シーズンや4シーズンで功を焦って終わらせてる自分はどうなのだろう、と思ってね。いや、このローマ編はそうでもないけど、本腰を入れたチャールトン編みたいなプレイとなると、俺の場合、ツールを使ってくまなく選手を探したり、クラブを神経質に管理したりして、ちっともプレイが進まないのでそうなっちゃうんだけれど。っていうか、みんなよく30シーズンも40シーズンもプレイできるな。よっぽどサクサク進めているのだろうか」


川 ゚ ー゚ノ|「それでローマ編も2年目ですか」


(・ω・)「うん。ひとまず続けてみようということになった。このローマ編はチャールトン編と違いサクサク進められるしね。よく海外サッカー関係者が使う言い回しを借りれば、『どうなるか見てみよう』といったところだ。それじゃ今季を戦うメンバーを紹介しよう」





選手紹介


02_2015052615183384f.png
03_20150526151859e12.png


(・ω・)「以上の25人がトップチームのメンバーだ。一人一人見ていこう」


04_20150526152138513.png


(・ω・)「バルデス。今年で引退しそう。契約も切れるし」


05_2015052615224444e.png


(・ω・)「ピッリャチェッリ。クラブ育成の控えGK。ホームグロウンの確保に去年ボスマンでとった。出場不満を言うがガン無視」


06_20150526152656584.png


07_201505261527122ec.png


08_20150526152726433.png


09_20150526152739f2a.png


(・ω・)「脂ののったセンターバック陣。ケンプフ以外は就任前からいた。珍しく左利きばかりになった。あまりいないんだけどな左利きセンターバック」


10_20150526153129243.png


11_20150526153142460.png


12_20150526153156081.png


13_201505261532096df.png


(・ω・)「レギュラーと控えのバランスの良いサイドバック陣。ジェジェとクルザワは去年俺がとった」


14_20150526153727914.png


15_20150526153746336.png


16_201505261537590f0.png


17_20150526153813b28.png


18_20150526153826ff7.png


(・ω・)「中盤の底のリンクマン陣。本田さんは去年フィオレンティーナで移籍リスト入りしていたところを買ったわけだが、ヴィヴィアーニはクラブ育成枠の確保に、オーストリアのクラブに流れていたところを買ってきた。ジャリとダンカンがアフリカネイションズカップでいなくなりそうだからね。他3人は就任前からいた選手で、ダンカンとマッローネは国内育成」


19_20150526154654352.png


20_20150526154708f6a.png


21_20150526154720e3b.png


22_201505261547342f5.png


23_20150526154747e32.png


(・ω・)「サイドのウイング陣だ。右のデシュメトとビッテンコートと左の控えのマルキーニョは就任前からいた。マルキーニョは売りたかったんだけどフリー放出も出来なかったんで置いているんだが、一人余ってくれていた方が余裕が持てるかもしれない。左は今季の買い物だ。ミランで移籍リスト入りしてしまっていたかつてのスーパールーキー、エルシャーラウィをウイング要員として買ってみた。値段が800Mだったのにミランが値上げしてきて2倍の1.6Bかかったけどな。しかし今季の注目はクリストファー・スミスだ。去年の冬のボスマンの時から目をつけていたんだが、獲得するか悩んで、結局今夏の加入になった。ところが、今夏だから『国外からのEU外加入選手は2人まで』のルールに抵触しないと思ったら引っ掛かった。昨シーズンはストライカーのチリ人のカスティージョと、遊びでうっかり獲ったオーストラリア人のリアム・ワーンというストライカーの2人でこのルールを満たしてしまっていたわけだが、そいつが今夏のボスマンでも有効だったらしい。元いたオランダのクラブからフリー放出された後にしか獲得できなかったぞ。イタリアは面倒だな」


川 ゚ A゚ノ|「エルシャーラウィ選手の方が知名度的には目玉のような気がするんですが、スミス選手の方に期待されているんですか? 確かに能力値は高いですが、能力値が必ずしも結果につながらないのは、去年のリャイッチ選手とマドルーガ選手のことで証明されているじゃないですか。エルシャーラウィ選手の方が活躍するのでは」


( ・ω・)「理由は一つ、利き足だ。昨冬に獲得をためらった理由でもある。スミスは左サイドの選手なのに右利きで、しかもツールを見ると、『右足20/左足1』という、左サイドの選手にはあるまじき左足の使えなさなのだ。おかげで右足での能力値はご覧の通りなのだが、この極端な利き足の出来不出来がどうなるか予測がつかない。チャールトン編のデータに戻って確認したが、こんな極端な逆足の選手は使ったことが無いので未知数なのだ。はてさてどうなるかな」


24_20150526161132ded.png


25_2015052616114792d.png


26_201505261612012fd.png


27_20150526161214f69.png


01_2015052614450811c.png


(・ω・)「ストライカーを紹介しよう。まずはマドルーガ。去年2.4Bで買った目玉選手なのだが、こいつが本当に点を取らない。今季は昨季のチーム得点王のドゥンビアを年齢的に放出したのでこいつが活躍してくれないと困る。プレイスタイルが『シンプルな短いパスを出す』しかなく、これが邪魔なので消したいのだが失敗している。今季も消そうと練習させているが、もしかすると別のプレイスタイルを何か学ばせるといいのかなぁ。二人目はカスティージョ。去年マンCで移籍リストに入っていたところを1.2Bで獲った。ネットでは不評な『力強いシュートを打つ』のプレイスタイルの持ち主なのだが、去年はそれで豪快なゴールを決めてくれたので惚れた。今季も期待している。この二人が右のセンターフォワードで、残り三人が左のトレクアルティスタ要員だ。リャイッチは去年のサポーター選出年間最優秀選手だが、今年はディバラに期待している。リアルのマーケットではパレルモからユヴェントスへの移籍の話が進んでいるアルゼンチン人の注目選手なのだが、このゲームの箱庭では第2国籍のポーランドを速攻で選んでポーランド代表選手になってしまっている。でもリアルで逸材と言われている彼がゲームでどう活躍するか楽しみなんだ。パレルモ育ちなので国内育成選手なのもいい。リヨンに移籍していたところを1.2Bで獲った。そして最後に紹介するのがクリロナである。レアルで不要扱いにまで能力値が下がったところをボスマンでフリーで獲得した」


川 ゚ Д゚ノ|「能力値はすっかり下がってしまいましたが、クリロナ選手を使えるというのはなかなか楽しみですね」


(`・ω・´)「衰えてもさすがクリロナ、親善試合での動きがいい。期待している」


28_20150526162938a21.png


(・ω・)「戦術は昨シーズンと同じこの4-2DM-2-2である。これでスクデットを獲ったわけだし、変える理由が無い。さて今季はどうなるかな」


29_20150526164044695.png


川 ゚ A゚ノ|「お金がとんでもなく余ってますよ。いいんですか?」


(´・ω・`)「だって金使うところが無いぞ? ローマ編は神経質にならず、むしろ逆にほとんど頭を使わずサクサク進めてしまっているせいもあるが、この選手層のどこを入れ替える? そりゃ人によってはスーパーな選手を獲得しまくるかもしれないが、俺は現状に満足している。それにだ、」


30_20150526164624ff9.png


(´・ω・` )「ローマの財務だが、何気に悲惨なんだよ。予算は出るが、理事会は去年と今年と連続で30億円もの補填をしている。どうも予算を使い切った場合に赤字になっているらしい。だから今年はため込んでおいた方がいいんじゃないかと思うわけだな」


川 ゚ ー゚ノ|「あなたがそれでいいならいいですが。ただ今季もローマは選手平均年齢が28歳でセリエで一番高いです」


(・ω・)「チャールトン編みたく成り上がりで、リザーブやユースなど全選手を神経質に管理していたら、自然と若手中心になるんだろうけどなぁ。昨季優勝チームのトップチームと控えのバランスを大きく崩したくないし、今回はツールで若手を探しまくったりもしてないし。しかし誰か若手に切り替えた方がいいのかなぁ」





(・ω・)「それじゃ、開幕前までに起きたことを」


31_20150526164919471.png


(^ω^)「セリエの最優秀監督賞と共に、監督選出年間最優秀賞ももらった。これは監督の投票で決まる。ちなみに俺は去年頑張ってたサンプドリアのミハイロビッチに入れた」


32_201505261651344c0.png


(・ω・)「そして、去年は4枠だったCL権が、今年いきなり元の3枠に戻った。なんだったんだ去年は。これで救われているのがユヴェントスだな。去年も3枠だったら4位だったからCL権を逃して、たぶんコンテは解任されてただろうなぁ」


33_201505261654370c8.png


(`・ ω・´)「シェフィールド・ユナイテッドでプレイ日記を書かれているAkakiriさんに朗報です。僕の箱庭でもシェフィールドUはプレミアに昇格しました」


川 ゚ ー゚ノ|「プレーオフ決勝まで勝ち残っていたので、あとはリセットで勝ち上がらせました」


(´ω`)「どうなるか見てみよう。あ、チャンピオンズリーグはチェルシーがバルセロナを倒して優勝してました。2連覇で4度目です。すっかりビッグクラブと化したモウチェルシー。ヨーロッパリーグは、またもCLから落ちてきたビッグクラブのパリサンジェルマンが優勝。俺たちの時はそういうことが無くてほんと運が良かった(マルセイユとかアーセナルとかはCL脱落組だった気もするけど)。ちなみに決勝で敗れたのはノリッジ。頑張った」


34_20150526170011e77.png


(・ω・)「今季の目標。ついに優勝が当然みたいなところまで来てしまった」


川 ゚ A゚ノ|「……長々と日記を書いてますけど、もしかして今季はすぐに解任されたりするんじゃないですか?」


(´・ω・`)「せめてチャンピオンズリーグのグループリーグくらいは遊ばせて欲しい」


35_20150526170223b0e.png


(・ω・)「なんの縁か、イタリアに来た途端に、ユーロでイタリアが優勝。おめでとう。残念なのは元ローマの選手が二人ほどいることだ。なんで俺が就任する前に売っちゃってるかなぁ。そしてイタリア国内の選手が割と少ない。結構パリサンジェルマンやモナコに流れてる。金のあるところに選手が流れるリーグになっちゃって悲しいものがあるな」


36_201505261708138b6.png


(・ω・)「そしてドルトムントからオファーが来ました。断ったけど」


川; ゚ Д゚ノ|「えっ!?」


(・ω・ )「チェックしてみると、ユーロ終了と同時に代表監督の辞任が続いていて、スペイン代表監督だったグアルディオラが辞任し後任にバイエルンのアンチェロッティが就任。そしてグアルディオラは空いたバイエルンに再就任。ドルトムントはクロップがドイツ代表監督になり、辞任した元ドイツ代表監督のよく知らないドイツ人監督がその後釜にドルトムントに就任という、ブンデスの二大巨頭が代表監督と入れ替わるというわけわからん展開になった。ちなみに言うとだ、実はチャールトン編をあのまま進めていた場合、クロップがペジェグリーニが引退した後のマンCに引き抜かれ、初の引き抜きオファーがドルトムントから来るという展開だった。ドルトムントからオファーが来るのは2度目ということになる。気に入られてるな。しかしこのローマ編では開始前に、リセットを繰り返してクロップはマンCに行かないようにしていた。どうやったかというと、ちょうどクロップの監督契約が残り1年だったので、マンCからクロップにオファーが行くタイミングで、リセットの嵐でクロップに契約延長をさせて留意させるという手を使ったのだった。クロップのいないドルトムントなんて魅力が薄いからね。しかしそのかいなくクロップは結局ドルトムントを去る結果になった。俺が何を言ってるかちょっと分かりにくいかな?」


川 ゚ A゚ノ|「せっかくオファーが来たのに受けなかったんですか? 前回ローマ編は終わりみたいなことを言っていたのに。チャンスだったじゃないですか。その話を聞く限りでは、タイミング的にはバイエルンの席も滑り込めたんじゃないかと。強いクラブで楽にチャンピオンズリーグを取るんだと言っていたのに」


(・ω・)「うーん、俺も悩んだが、もう補強も終わって親善試合も終わった後っていう微妙な時期だったし、選手を見るとどうも馴染めないし、また戦術構築から始めなければならないし、ローマと違って『強い若手を獲れ』『攻撃的戦術をしろ』とポリシーの要求があるし、立つ鳥跡を濁すでクロップが有望な選手をばんばん売りやがった後だったし、一応この時のセーブデータだけ残して、ひとまずローマで進めてみることにしたよ。その後でやり直しに戻ってもいいだろう。チャールトン編の続きでオファーが来た時の方に戻ってもいいしさ」


川 ゚ ー゚ノ|「まだローマでやり残したことがあるということですね」


(´ω`)「バランスいい4-2DM-2-2を構築した選手層に愛着もちょっと湧いたしね。まずはローマで初チャンピオンズリーグさ」





37_201505261802394c3.png


(・ω・)「親善試合の結果だ。コンディションは整った。クリロナの得点率がやばい。さすが」


川 ゚ ー゚ノ|「それではローマの2シーズン目がスタートですか」


(・ ω・)「待て待て、その前にカップ戦がある。セリエ優勝クラブとコッパイタリア優勝クラブがぶつかるスーペルコッパ、すなわちスーパーカップだ」


川* ゚ Д゚ノ|「一応それもタイトルですよね? 欲しいですね!」


(`・ω・´)「相手はACミラン。昨シーズンの対戦成績は1勝1分け。勝算はあるぞ。調子のいいクリロナ、ミランから獲得したエルシャーラウィを使い、センターフォワードには不安のあるマドルーガではなくカスティージョを使おう。勝てるはずだ。行ってこい!」










38_20150526180848c55.png


(^ω^)「八百長、乙!


川; ゚ A゚ノ|「ちょっとちょっと、負けたからってそんな言いぐさはないでしょう」


(´・ω・`)「ハァ? なんだよあのPK。ペナルティエリア内でボールの取り合いしてたら、別に転ばしたわけでもない接触プレーでファウル取られたぞ。ばっかじゃねーの? これだから八百長クラブは嫌いなんだよ」


川; ゚ A゚ノ|「ミランファンが聞いたら気を悪くしますよ」


(・ω・)「ハァ? しらんがな。ミランとユヴェントスは八百長で降格したようなゴミクラブだろ? 1000年後も残る汚点だぞ。恥ずかしくないの^^? 八百長クラブで恥ずかしくないの^^? 八百長クラブなんか応援してて恥ずかしくないの^^? 俺なら恥ずかしくて応援できないね^^」


川; ゚ ー゚ノ|「インテルファンだからって煽るのはやめてくださいよ」


(´・ω・`)「というわけでせっかくのタイトル獲得のチャンスを逃した。すっきりしなかったので、衰えたクリロナを外し、逆足の弱さで使うのを躊躇ったクリストファー・スミスを入れるなど、スタメンを入れ替えてリセットしてみたら、今度は0-0でPK戦で勝てたものの、すっきりしない」


川 ゚ A゚ノ|「点の取れなかったわたしたちが悪かったのでしょう。カウンター戦術ですもの。一発勝負には弱いということでしょう。ここは大人しく引き下がりましょう」


(´・ω・` )「ショボーン。まあいいか、殿堂データにはスーパーカップのタイトルは計算に入らず残らないみたいだし」


39_2015052618171649c.png


(´ω`)「まあ、俺は紳士だから、しつこく訊かれても、慎重に答えるにとどめるよ(あれは八百長だよ」


40_201505261818406b3.png


(・ω・)「もっと強く抗議しておけばよかった。審判団の言い訳を聞きたかったものだ」


41_20150526182040b48.png


(´゚Д゚`)「とぼけんじゃねーよアッレグリの八百長野郎が!


川; ゚ A゚ノ|「またキレた」


(´ ゚Д゚` )「リアルでも八百長クラブのユヴェントスで調子に乗りやがって! 三冠達成しようがお前らの八百長の過去は消えないからな! 恥知らずが!」


川*゚ ー゚ノ|≡⊃)`Д)、;'.・





(@ω・)「というわけでローマ編、2年目をプレイしていきます」


川 ゚ A゚ノ|「スーペルコッパで得点できなかったのが気になるなぁ。去年もロースコアゲームばかりだったし。得点力不足に陥らなきゃいいけど」










(・ω・)「おまけ。なんかゲームがカクカクしてきた。試合画面は変わらないけどゲームを起動させたり進めたりする時にカクカクする。俺のノートPCが大きくなったセーブデータを動かすのに耐えられなくなってきたのかもしれない」


川 ゚ A゚ノ|「エラーや打ち切りにならないといいですねぇ」


(´・ω・`)「俺も10シーズンくらいはプレイしたいんだけどなぁ」


(・ω・)「みなさんウェブ拍手のご用意はよろしいですか」


川 ゚ 皿゚ノ||「あっ、またそんな催促するようなことを。以前それでえらく後悔したじゃないですか」


(^ω^)「祝福のコメントのご用意はよろしいですか」


川# ゚ Д゚ノ|「やめてくださいよ、みっともな……え、それって……川 ゚ A゚ノ|?」


(・ω・)「手寅と行くローマの旅・終着編です。それではセリエA2019-2020シーズンの結果をご紹介します」





01_20150515144351fbc.png


(・ω・ )「1月からの後半戦からですが、まずは4か月の長期離脱をしたセンターバックのゴディネスの代わりに、バイエルンから480Mで彼を補強しました」


川 ゚ Д゚ノ|「よくこんな能力値の高い選手がたった480Mでとれましたね」


( ・ω・)「彼は昨シーズンにチャールトンをやっていた時から狙っていたフランクフルトの生え抜きなんだが、気付いた時にはボスマンでバイエルン入りが決定していた。それが今シーズン、バイエルンの守備陣の壁が相当に厚かったのか、速攻でリザーブに落とされてたおかげで、やたら安い金額で譲ってもらえたよ」


(`・ω・´)「それでは彼を加えての1月の結果だ」


02_2015051514492949f.png


(`・ω・´)b「首位サンプドリアを完膚なきまでに粉砕。ACミランも破る」


川 ゚ A゚ノ|「ですがコッパイタリアはカリアリに負けてしまいました。ユヴェントスとのアウェー戦も今回は完敗です」


(´・ω・`)「理事会からは何も期待されていなかったけれど、コッパイタリアは勝ち上がりたかったな。リーグ戦がうまくいかない以上、このタイトルはかなり本気で欲しかったんだが。ユーベもさすがにホームでは強かった」


川 ゚ A゚ノ|「リーグ戦がうまくいかないと言われましたが、この時点で順位は?」


(・ω・)「首位と勝ち点差3の4位。実はそんなに悪くない。だから、何気にこの1月の最終節、エンポリ相手にロスタイムの本田さんのPK弾で奪った勝ち点3が、どこかで効いてくるのではないかと思っていた。もしかすると最後に効いてくるのではないかと……そして迎える2月以降の結果だが……」


川* ゚ ー゚ノ|「……(ソワソワ」










04_201505151503027c6.png


(;`・Д・´)ノ「うおおおおぉぉぉぉぉ!!!!!


川; ゚ ∀゚ノ|「なんと! エンポリ戦から8連勝! 13戦無敗!」


(;`・ω・´)「大敗したボローニャにもやり返し、徹底したロースコアゲームで勝利を重ねていく! ウノゼロの美学ここに極まれり!」


川; ゚ ー゚ノ|「も、もしかしてこれで順位も……?」


(`・ω・´)「首位! 2位との勝ち点差は7!  全然落ちなかった2位サンプドリアを突き放すことに成功する! そして残り試合は4! まずチャンピオンズリーグ出場権は獲得が決定する!」


川; ゚ A゚ノ|「ええと、残りが4試合で勝ち点差が7ですから、2敗しても首位からは落ちないわけで、残り4試合で勝ち点6を取れば優勝確定、……優勝確定!? あと2勝で確定ですか!?」


(`;ω;´)「ついに! ついにこんな俺にも訪れた! 欧州のトップリーグで優勝するチャンスが!


05_2015051515161511d.png


(`・ω・´)「残る日程には強豪もいない! 行ける! 俺たちは優勝できる! 優勝できるんだ!」


川 ゚ ∀゚ノノ「2連勝すればホームで優勝決定です!」


03_20150515151804e82.png


(・ω・)「ところでunder19がなにかよく知らない国際大会で優勝してきました」


川* ゚ ∀゚ノ|「そんなことは今はいいですから、早く歓喜の瞬間を!」


(`・ω・´)「うむ!」










06_201505151524515f4.png


(・ω・)「あれっ


川; ゚ A゚ノ|「……ほんと、わたしたちっていっつもこうですよね


(´;ω;`)「なに!? なんなの!? これ俺が悪いの!? なんでいきなりこのタイミングで連勝が止まっちゃうわけよ!? せめて引き分けろよ!」


川 ゚ Д゚ノ|「というわけで、優勝は次のサンプドリアとの2位直接対決に持ち越しです。ドラマティックと言えば聞こえはいいですが、完全にわたしたちの足踏み。これで優勝を逃したら自滅でしかありません」


(`;ω;´)「勝ち点差が流動し、サンプドリアとの試合は引き分けでも優勝が決まる! なんかグダグダしたが、ここでこそ決めてやるぞ!」










07_201505151531145c8.png










11_20150515153347ba2.png


08_20150515153502925.png


09_20150515153533b5c.png


10_2015051515355443c.png


12_20150515153612bdc.png


13_20150515153835ead.png


セリエA 2019-2020シーズン 優勝!


ヽ(* ゚∀゚ *)ノ


ヽ川* ゚ ∀゚ノノ













(・ω・)「最終成績」


14_20150515154410503.png
15_2015051515442404a.png
16_20150515154436dbd.png


川 ゚ A゚ノ|「最終節も負けてるじゃないですか。結局優勝までリーチがかかってから勝ち点が1しか取れないなんてかっこ悪いなぁ」


(・ω・)「まあいいじゃん。最終節とか消化試合だからサブメンバーで適当に終わらせたよ」


17_20150515154850f17.png


川 ゚ Д゚ノ|「終わってみれば、よくわたしたち10敗もして優勝できましたね。もしかして今季はレベルが低かった……?」


( ・ω・)「まあ確かに強豪がコケてラッキーなところもあったのは認めるけど、そんなこともないぜ。ゲーム内の過去には2014-15シーズンにユーベが10敗で優勝してるし、過去のシーズンを見るとセリエで勝ち点74ってのは優勝クラブとして平均的のようだ。リアルではもっと高いけどさ。最後まで食い下がってきたサンプドリアは結局3位で2位がナポリ。そしてなんだかんだでユヴェントスが4位でCLに滑り込んだな。逆にミランがコッパイタリアを優勝したのにELじゃ駄目だったようで監督が解任されてたよ」


川 ゚ ー゚ノ|「もしかして、本当はもっと楽に優勝できる戦力だったんじゃないですか? わたしたちって。この優勝はローマというクラブのおかげじゃあ」


(・ω・)「まあ半分くらいはそうだろうけど、もう半分はどうなんだろうね」


18_20150515155854e0f.png


( ・ω・)「年間最優秀監督は君だからね。このタイトルって優勝監督は基本もらわないみたいだから、これをもらえたってことは、俺たちは必ずしも優勝できる戦力ではなかったってことじゃないかな。気になるなら戦力を見直してみる? データを見せよう」


19_201505151602582a6.png
20_20150515160310200.png


(・ω・ )「カップ戦数試合を含めた今季のデータだ。2トップのドゥンビア、リャイッチ、カスティージョが二けた得点をしてくれたので、2トップ戦術は機能したと言えるだろう。これまでずっと1トップ戦術ばかりしてきたからな。期待外れだったのが大金積んで獲得したスーパーな生成選手のマドルーガで、こいつがほんとパッとしなかった。やっぱり能力グラフがでかいだけじゃ駄目なんだな。リャイッチの方がよっぽど活躍してくれた。こいつ枠内シュート率がリーグトップだったんだぜ」


川 ゚ ー゚ノ|「どんな選手だったんですか? 今回はプレイ前に日記で全選手を紹介してくれませんでしたよね」


(・ω・)「せっかくだから、紹介しなかった選手でレギュラーだった選手を簡単に見せておこう」


21_201505151613068ee.png


(・ω・ )「センターバックに左で出ずっぱりだったヴィマー」


22_20150515161416580.png


(・ω・ )「左サイドバックで出ずっぱりだったクルザワ。彼は俺が今季補強した選手だった。リヨンから1.8Bで獲った」


23_20150515161643b0b.png


24_20150515161703a7a.png


(・ω・ )「中盤の底でダブルリンクマンをやってくれたジャリとダンカン」


25_20150515162035cd2.png


26_20150515162056812.png


(・ω・ )「左サイドで頑張ったベテランのマルキーニョと両サイドで頑張ったビッテンコート」


27_20150515162327fcf.png


(・ω・ )「長期離脱しながらも、その力強いシュートでゴールにボールを叩き込んでくれたカスティージョ」


28_2015051516242584f.png


(・ω・)「そしてこいつがこの優勝の立役者だと思う俺の中でのMVP、そしておそらく今季のサポーターのMVPにもなるであろう、リャイッチだ」


川 ゚ Д゚ノ|「13ゴール8アシスト6MOM。でもこんなに勝利意欲の無い選手、本来のあなたなら絶対に戦力に入れなかったでしょう」


( ・ω・)「そうだ。しかしこいつが本当に、ここぞというところで活躍してくれた。左のトレクアルティスタで使ってたんだが、マドルーガよりよっぽど安定した結果を残してくれたよ。分からないもんだね。能力グラフだけじゃ活躍度は決まらない。それを改めて実感したよ。イタリアの国内育成選手で、イタリアの水に慣れきっていたのも大きかったのかな。ひらめきとテクニックの高さが生きたのかな」


(・ ω・)「で、どうなんだろう。俺たちは優勝して当たり前の戦力だったのだろうか」


川 ゚ A゚ノ|「必ずしもそうとも見えないですね。チャールトンの時と比較すると、安定した円熟期の選手が多かったのが良かったかもしれませんが、優勝が当然のビッグクラブのようにスーパーな選手がゾロゾロいるわけでもなし」


29_201505151637560d1.png


(・ω・)「結論として、この戦術がしっかり効果的だったんだろうな。中盤に選手の多いフォーメーションのセリエを戦うことを見越した、前任監督から引き継いだ戦力を計算して立てたこのフォーメーション。ど真ん中をぽっかり空けた4-2DM-2-2。『相手から離れろ』で守備ブロックを敷いて守ったハイラインカウンター。これがばっちりはまってのロースコア勝利の積み重ねだったのだろう。38試合戦っての34失点はリーグトップだった。このローマ編で俺はまた一つ、このゲームの奥深さを学んだのだった。これまではプレス戦術こそが正義だと思い込んでいたからね」





(´ω`)「……こうして、ローマを就任1年目で優勝に導くことに成功した俺たちだった」


川* ゚ ー゚ノ|「欧州のトップリーグでの優勝をついに成し遂げましたよ」


(・ω・)「2部からの成り上がりで、2部優勝、2部最優秀監督、EL優勝、そしてセリエ優勝、セリエ最優秀監督」


30_20150515170903bac.png


(・ω・)「監督プロフィールでの知名度も大陸全土」


川 ゚ ー゚ノ|「感想はいかがですか?」


(´ω`)「終わってみれば、あっけなかった。しかし欧州トップリーグ優勝を達成できて、このゲームをようやくやりきった感じがある。クリアだ」


川 ゚ A゚ノ|「……まだチャンピオンズリーグ優勝という課題が残っていますが。当然このローマで挑戦するんですよね川 ゚ ー゚ノ|」


(・ω・)「もうどうでもよくね?」


川; ゚ A゚ノ|「えっ」


(´ω`)「なんかマジでこのゲームをクリアした感がある。成り上がりでは目指すのが遥か彼方だった欧州トップリーグ優勝が、クラブを移ったら1年で達成だもんな。チャンピオンズリーグを目指すっていうんなら、もう苦労せずに優勝できるクラブにまた移りたいよ。バイエルンあたり席空かねーかな。プレミアは魔境だしな。イタリアはリーグ戦しかほぼ無くてほんと楽だった。っていうか、このローマはコートジボワールだとかガーナだとか南アフリカだとかアフリカ人選手がキープレイヤーにいて、来季はアフリカネイションズカップでいなくなるから苦しくなって面倒だよ。補強もまた考え直す必要があるし、チャールトンの時のように一から育てたわけじゃないから愛着も薄いし」


川; ゚ A゚ノ|「せっかくの優勝記念なのになんという愚痴ばかり」


(・ω・)「ノーリセットでセリエを優勝できたことは自分を褒めたい。ELも決勝リセットだったからなー」


川 ゚ A゚ノ|「ではここからは何を?」


(´ω`)「ブログ再開早々すみませんが、モチベーション的に、一つやりきった感があるので、またしばらく充電期間に入ります。続きはどうするか未定です」


川; ゚ ー゚ノ|「またですか」


(・ω・)「ローマでCL、辛いと思うんだよね。この戦術がCLで通用するか分からないし。全然舐めてないからねCLの難しさは」


川 ゚ Д゚ノ|「でも……」


(^ω^)「確かに、いつかそれも優勝してみたいね」


川* ゚ ー゚ノ|「今はセリエA優勝の余韻に浸って、それからまたにしましょう」





(・ω・)「おまけ。一方チャールトンでは」


31_2015051517532423c.png


( ・ω・)「あっぶね。CL権取られてたら俺の立つ瀬が無かった。それでもクラブ歴代最上位の5位だけど。今年のELは準々決勝でリヴァプールに負けてました」


川 ゚ ー゚ノ|「わたしたちもセリエを優勝できたのですからいいではないですか」


32_20150515175610997.png


33_20150515175622ea4.png


(・ω・ )「そしてラウドルップ監督のもと、4-2-3-1の2で使われて才能が開花したソルジッチが年間最優秀若手。全試合で13得点17アシスト12MOM」


川 ゚ Д゚ノ|「すごい選手に成長しましたねぇ」


34_20150515175907e86.png


( ・ω・)「一方、惜しかったのがセレンターノ」


川 ゚ A゚ノ|「? 誰です? ニックネーム化してますが」


(・ω・)「俺がチャールトンで青田買いしてユースに入れてクラブ育成にした若手だ」


35_20150515180000991.png


( ・ω・)「ワンダーボーイとなり、フィオレンティーナにレンタルに出て、得点王と同得点を挙げる23得点と8アシストで6MOMという見事なトップチームデビューを果たしていた」


川; ゚ ー゚ノ|「あなた、チャールトン時代にどれだけ有望株をかき集めていたんですか」


(´ω`)ノシ「もはや懐かしい。いつかチャールトンの続きもするかな。でも今は休もう。それでは。ありがとうございました」


川 ゚ ∀゚ノノシ「ありがとうございました」


(・ω・)「こんにちわ」


川; ゚ ー゚ノ|「失踪シリーズとか更新頻度が下がるとか言っておきながら、もう第2回目ですか」


(`・ω・´)「いつでも終わると予防線を張っておかないと、チャールトン編を続けてた時みたいに自分が辛くなるからな。ところでこいつを見て欲しい」


01b_20150509013623f5e.png


川 ゚ Д゚ノ|「これは?」


(・ω・)「このゲームのスタート時、チャールトンに就任した時点での君の監督能力である。ツールのFM Genie Scoutで検索すると、ゲーム内の選手やスタッフと同様に自分の能力値を知ることができる。FM2015ではゲーム開始時に能力値を設定できるらしいが、FM2014までではできない。しかしできなくとも、能力値はちゃんと設定されているのだ。たぶんこの調べ方で合ってると思うのだが。ユニークIDは特に深い意味は無いのだが隠した」


川 ゚ A゚ノ|「酷く劣ってますね」


(・ω・ )「というか、ド素人の状態からスタートしているのが分かる。俺がアマチュア経歴でいつもスタートさせているせいだと思うが。そしてFM2014で、一度辞任すると再就職が難しいと言われる理由は、だいたいこの監督能力が低いせいだろうと思われる。では次に、俺たちがチャールトンを6年間指揮し、ヨーロッパリーグ優勝を達成した時点での能力値を見せる」


02b_20150509014515911.png


川* ゚ Д゚ノ|「うわぁ、かなり成長してるじゃないですか!」


(`・ω・´)「6年間の積み重ねがしっかり能力値に反映されている。これで俺たちはローマから就任オファーを受けられるまでになったのである」


川 ゚ A゚ノ|「戦術知識がMAXの20というのが意外ですね」


(´・ω・`)「あれだけ迷走したプレイのどこに20になる要素があったのか」


川 ゚ ー゚ノ|「でも、自分のプレイが能力値の成長に反映されているというのは嬉しいですね」


(・ω・)「FM2015ではゲームスタート時の設定や、監督ライセンスの勉強で上がるらしいけどね。隠しデータでゲーム内では自分で確認できないとはいえ、自分のプレイで自分の能力値が変化するのは楽しいね。それじゃ、ローマでのプレイ日記に移るよ」





リーグ戦開始


03_20150510121510732.png


(・ω・)「セリエではトップクラブだとカップ戦が始まるのも年明けからなので、それまではリーグ戦オンリーである」


川 ゚ Д゚ノ|「『手寅の戦術は速さで前線を突破する能力が鍵であるため』……こんなことこれまで言われてましたっけ?」


( ・ω・)「記憶にないなぁ。初めてだと思う。バイオグラフィーにも同じことが書かれている。今回採用しているハイラインカウンター戦術のせいだろうか」


04_2015051012204794a.png


(・ω・ )「あと、移籍市場で任せてたら全然仕事しなかった、今年で契約の切れるゲーム開始時からのフットボールディレクターを解雇して、フランスの2部クラブで仕事をしていたレオナルドを引き抜いた。ACミランにゆかりがあり、ミランとインテルで監督を歴任し、PSGでディレクターをしていた、かつては日本でもプレイしていたレオナルドである。これはアシマネにしたトッティやu19のアシマネにしたデ・ロッシと同様に、一緒に仕事をしてもらうスタッフ雇用というより、俺たちが辞任した後のことも考えたローマのスタッフ集めであるよ。うーん我ながらなんと親切な。レオナルドほどの人物がフランスの2部クラブで仕事してるなんてもったいないもんな。ローマでよろしく頼む」


川 ゚ ー゚ノ|「では、まずは8月の結果です」


8月


05_201505101228165f2.png


( ・ω・)「初戦はいきなりACミランとのアウェー戦だったのだが、こちらが圧倒しつつも0-0の引き分けに終わった」


川 ゚ Д゚ノ|「まさかミラン相手にアウェーで押せるとは思いませんでしたね。点を取れなかったのがもったいなかったです」


(`・ω・´)「このハイラインカウンター守備ブロック戦術は、なかなかいけるのではないかと手応えを掴む。8月の試合はこの1試合だけだ。次に9月の試合結果に移る」


9月


07_201505101239542ae.png


( ゚∀゚ )「キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!


川* ゚ ∀゚ノ|「ユヴェントスに勝利!」


(^ω^)「いきなり2試合目がユヴェントス戦だったのだが、コンテの5-3-2を打ち破り勝利! この中央を固めたフォメを破るために採用した、中央ガラ空きの4-2DM-2-2が結果を出す!」


08_201505101244596a7.png


(・ω・)「しかし次の3試合目、エンポリ戦で負けてしまい……」


09_20150510124709d79.png


(´・ω・`)「5試合目のボローニャ戦でまさかの5失点大敗。ここに移籍していた香川にまで点を取られてしまった」


川 ゚ A゚ノ|「やはりそうそううまくいきませんね、わたしたちって」


10_20150510124915e54.png


(´・ω・`)「そして理事会が速攻でキレた。おい待ってくれよ、まだ5試合目だぞ? ユヴェントスに勝ったことなんてなんの評価にもつながっていない。このローマでのプレイでは、ビッグクラブ以外に負けると、ものすごく試合の評価が悪くなる。というか、このローマはライバルクラブに設定されているクラブが非常に多い。ボローニャもそうだし、まさかリヴァプールまでライバルクラブに設定されているとは思わなかった。選手を売却した時に評価が低いのでなぜだろうと確認して気付いたよ」


川; ゚ A゚ノ|「これがビッグクラブの指揮を執ることの難しさですか」


11_20150510125437a48.png
12_20150510125455300.png


(´・ω・`)「理事会に次の試合で埋め合わせをすると約束する。回答の選択肢に『来月の成績で埋め合わせをする』というのが出たが、そんな危険な保証は出来ないので次の試合でと答えた。いきなりクビの危機である。そしてその次の試合は……」


13_20150510125857c6f.png


(´ω`)「なんとか勝利。これで『非常に不安定』まで一気に落ちていた雇用情勢が安定に戻った」


川; ゚ ー゚ノ|「なんとか首の皮一枚残りましたね。それでは次は10月です」


10月


16_20150510130547174.png


( ゚∀゚ )「キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!


川* ゚ ∀゚ノ|「4連勝!」


(^ω^)「ラツィオとのデルビー・デッラ・カピターレ(首都ダービー)も大勝! 当たりの出なかったマドルーガとドゥンビアにも得点がついた」


14_20150510130845c1a.png


15_20150510130902eee.png


(´・ω・`)「しかし徐々に怪我人が増えていく。控え左SBのドドは2か月、ここまで4得点でチームを引っ張っていたカスティージョはよりによって代表戦で怪我をして3か月の離脱。23人のトップチームには自由移籍でオーストラリア人のスピードスターのストライカーを遊びで一人補強してるんだが、リザーブには誰もおらず、この24人のトップチームの選手だけでローテーションをまかなわないといけないため、長期離脱されるとサイドなど途端にサブがいなくなるのだ。これがボディブローのように効いてくる」


川* ゚ ー゚ノ|「でもこの時点でわたしたち首位ですよ! これはひょっとするとひょっとするのでは……」


11月と12月


17_20150510131559f8e.png


18_201505101317380e4.png


(´;ω;`)「点が……入らない……っ! 中位や下位のクラブに取りこぼし……っ!」


川; ゚ A゚ノ|「ナポリとのアウェーのデルビー・デル・ソーレ(太陽のダービー)は大勝できましたのに……」


(´・ω・` )「肝心のダービーでは大勝出来てるんだから、戦術は問題ないと思うんだけどなぁ。アタランタとペスカーラにはCKの1発だけで負け、カターニア戦は怪我人続出の荒れた試合に、ヴェローナ戦はPK献上にGKのバルデスが相手にパスして失点といいとこ無しだった」


20_20150510132819b46.png


19_201505101328363b7.png


(´・ω・`)「右サイドを切り裂いてくれていたアシスト王のデシュメトが2か月、センターバックで最も頼りになるゴディネスが4か月の離脱……! 戦力をリザーブを含めてしっかり管理してバランスを取っていたチャールトン編とは違い、トップチームオンリーで戦わなくてはいけないこのローマ編では離脱が苦しい。というかなんでみんな揃いも揃って長期離脱なんだ」


川 ゚ A゚ノ|「前半戦は終了しました。順位は?」


21_20150510133141c2f.png


(;`・ω・´)「7位! きっつい! あの11月と12月の4敗が効いてる。そして俺たちはなぜか知らないが得点も失点も低い。ウノゼロの美学のセリエらしい展開を体現している」


川 ゚ Д゚ノ|「サンプドリアが首位ですか。ここまで8連覇中のユヴェントスが大きく転んでいるのが意外ですね。そしてインテルが低い……」


(・ω・)「再就任したマッツァーリが速攻で解任されてジャンフランコ・ゾラが後任になってた」


川; ゚ A゚ノ|「まだ巻き返すチャンスはあるとはいえ、CL圏の4位までに入れるでしょうか」


(´・ω・`)「これから後半戦だが、誰か冬の移籍期間に獲得した方がいいのかな? でも予算はもうあまり残ってない。ちょっと思案のしどころだな。といったところで今回は終わり。次回はローマ1年目の後半戦です」


川; ゚ Д゚ノ|「果たしてわたしたちは解任されずに生き残れるのか。正念場が続きます!」





(・ω・)「おまけ。一方、ミカエル・ラウドルップ率いるチャールトンは、」


06_20150510134002a53.png


(・ω・)「CL優勝クラブとEL優勝クラブがぶつかるUEFAスーパーカップでチェルシーを倒して優勝し、」


22_20150510134052c2d.png


(´;ω;`)「プレミアでも3位。俺の立場が無い。やっぱり俺はこのゲームが下手なんだウウウウーッ!!!!


川; ゚ ∀゚ノ|「そ、そう落ち込まずに。わたしたちもこのローマで一花咲かせましょう! ね?」(続く)


(・ω・)「いつでも失踪シリーズ、始まるよ。このブログの本編のストーリーは前回の記念すべき第100話目、チャールトンを率いてのヨーロッパリーグ優勝にて幕を閉じた。ここから先は手寅のその後を描く。番外編である」


川 ゚ ー゚ノ|「みなさんお久しぶりです、手寅です。結局ブログ完結とか言いつつ2か月でもう復活じゃないですか川 ゚ A゚ノ|」


(・ω・ )「いや、一番最初に言ったように、これはいつでも失踪シリーズとして始める。俺が面倒になったら即やめる。その場で打ち切り、ブログ更新もストップのシリーズである。ゲーム内で起きるイベントや情報を細かく付け足しつつ書く気も無いし、プレイも日記もかなり雑に進める予定だ。いまだにまだFM2014でもあるしな。あくまで番外編である。そこのところをどうかご容赦いただきたく思う」


川 ゚ A゚ノ|「いいんですか? じゃあわたしもそのつもりで、そのノリに乗っかっていきますが」


(・ω・)「どうぞ」


川 ゚ ∀゚ノ|「わーいわーい、チャールトンでヨーロッパリーグも制覇したし、次はチャンピオンズリーグだー(棒)」


( ゚ω゚ )「ああ、チャールトンは辞任したところからの続きだからこれ」


川; ゚ A゚ノ|「えっ、あの辞任は演出じゃなかったんですか? せっかくあそこまで選手も育ててクラブも育てて成り上がったのに」


(´ω`)「俺たちが辞任した後、あそこは代わりにミカエル・ラウドルップが就任して、そんな俺たちが育てた選手やスタッフをバンバンいじってしまっている。チャールトンの未来は彼に任せよう」


川 ゚ A゚ノ|「じゃあわたしは何をすればいいんですか」


(・ω・)「このゲームの本来的な遊び方、すなわち監督キャリアモードで遊ぶ。要するに他のクラブの監督に転職だ。チャールトンを6年率いた君の、監督としての次のキャリアを作っていくというわけだね。そして俺たちが次に挑むのは、」


01_20150505132628ece.png


(・ω・)「ASローマだ」


川; ゚ Д゚ノ|「おお……イタリアのビッグクラブではないですか」


(´ω`)「俺たちがチャールトンを辞任した後に、真っ先に声をかけてくれたクラブである」


川 ゚ A゚ノ|「間違いなくチャールトンからの監督キャリアのステップアップですが、ローマともなると、理事会ノルマの目標も高いのではないですか?」


(・ω・)「監督前任者はDino Pagliariというよく知らない監督さんで、彼は在任中にコッパイタリアを制してローマにこの6年間で唯一のタイトルをもたらしたのだが、セリエでのリーグ順位は7位に終わり、大陸大会出場権を逃した責任を問われて解雇された。俺たちはその後任になる。つまり、」


川 ゚ A゚ノ|「大陸大会出場枠を取るのがノルマだと」


( ゚ω゚ )「いや? チャンピオンズリーグ出場権を取るのがノルマです


川; ゚ A゚ノ|「……出来るんですか? あなたが? 初挑戦のセリエAで?」


(・ω・)「まあ物は試しでやってみようじゃないか。別に1年で解任されてもいい」


川 ゚ A゚ノ|「そうなんですか?」


( ・ω・)「辞任して分かったんだが、俺たちの監督プロフィールは、チャールトンでの6年間とヨーロッパリーグの優勝で、十分にレベルが上がった。FM2014は再就職が難しいと発売当初から言われていたが、十分な監督キャリアがあれば特に難しいこともないみたいだ。このローマ以外からも結構たくさん面接オファー来たんだぜ。だから気兼ねなく、失敗を恐れず挑戦できるし、クラブの選手層を後任で受け持つから好みの戦力なんていないし、好みの選手を集めるほど長く在任できる保証はどこにも無いし、そんな神経質に選手とクラブを管理する必要もないわけだ」


川 ゚ ー゚ノ|「長期政権で成り上がりを目指したチャールトン編とは勝手が違うということですね」


(・ω・)「それじゃ、まずは俺たちが就任する前からいた選手たちを見てみよう」


02a_20150505135222855.png
03_20150505135302a96.png


( ・ω・)「これがトップチームだ。セリエは共同保有などで大量に若手をリザーブにため込んでいるものなのだが、プレイから6年も経過するとかなり整理されている。このローマもリザーブは少ししか選手がいないので、リストラや管理が楽だった」


川 ゚ A゚ノ|「ええと……」


(・ω・)「このデータ画像から分かることが二つあるんだが、なにかな?」


川 ゚ A゚ノ|「……30歳前後のベテラン選手が多くないですか?」


( ゚ω゚ )「その通りだ。トップチームの平均年齢は28歳。セリエで一番の年寄集団である。ついでに言えばどいつもこいつも年俸が高い」


川; ゚ A゚ノ|「うわあ。わたしたちがチャールトンで頑張って若手を集めて、プレミア最年少の平均年齢と平均年俸の選手層を揃えたのとは真逆ですね」


(・ω・)「そしてもう一つ分かることは、分かりにくいだろうが、選手のポジションだ。実はこれ、4-4-2にすると非常にバランスのとれた選手層をしているのである。これは前任監督のDino Pagliari氏が採用フォーメーションが4-4-2なのでそのように補強したのだろう。一方で俺たちが来る前に、生え抜きや有望な若手を結構売ってしまっていて、おかげでクラブ育成選手は少ないという、まったく困った選手管理をしていってくれているのだが。画像に見えるクラブ育成選手の一人、ローマの象徴であるダニエレ・デ・ロッシも、俺たちが就任すると同時に引退でいなくなる」


川 ゚ ー゚ノ|「ということは、ゲーム途中で就任するには、分かりやすいクラブなのですね。4-4-2フォーメーションを採用するならば、後は年齢層を若返らせる補強やリストラを中心に考えていけばいいとはっきりしていますから」


(・ω・ )「うむ。上手い具合に、守るべきポリシーも何もないしな。チャールトンもそうだったが、縛りが無く、これまた難易度の易しいクラブと言えよう」


川 ゚ A゚ノ|「となると問題はCL権を取れるかどうかかぁ。そこが一番難しいわけですけれど。だってあなた、自分で言ってたじゃないですか。トップリーグでの順位成績はサバデルでのテストプレイでの5位が最高だって」


(´ω`)「別に失敗してもいいのさ。1年間もセリエにいれば、少なくともイタリア語は覚えられるだろう。その時は語学学習だったと思ってすっぱり諦めよう」


川; ゚ ー゚ノ|「ほんとに適当だなぁ」


(・ω・)「そういうシリーズの、面倒なことは省いて気楽に進める番外編だから」





04_2015050514362734f.png


(・ω・)「まず就任記者会見がいつものようにあったわけだけど、こんな選択肢があったよ。これ、もっと成績を上げていたら、ここの選択肢に『わたしはスペシャルワンだ』が出るんだろうな」


川; ゚ A゚ノ|「『私はエリートの監督という選ばれた人間であり』……やめてくださいよ人にこんなこと言わせるのは」


( ・ω・)「ちなみに監督契約は年俸2億円の3年契約である。1年で解雇されるかもしれないが、そうでなくても在籍はその3年目までがめどかなと思っているよ」


05_20150505144002818.png


(・ω・ )「スタッフは、トレーニングとかは適当でいいし、スカウト陣は皆優秀だし、と思ったので入れ替えはせず、ただアシマネはこのトッティ様を雇用した。下部クラブでユース育成管理者をやっていたところを引き抜いてきた」


川* ゚ ∀゚ノ|「王子! 王子!」


06_20150505144456d18.png


( ・ω・)「ダニエレ・デ・ロッシも引退即スタッフ入りである。上手い具合に空きのあるu19のアシマネに収まった。リザーブの管理などをしてもらう。これでクラブの伝説的人物が二人ともスタッフに入閣した」


07_2015050514493910e.png


(・ω・)「さて、先に言ったが、俺たちローマの目標はCL権を取ることである。ところで今季のセリエのCL枠なのだが、なんとゲーム内のリーグランクがアップして、4枠に増えた


川 ゚ Д゚ノ|「現実では3枠ですよね? なんだか上手い具合にタイミングよく4枠に増えましたね。じゃあどこが3枠に減ったんですか?」


( ゚ω゚ )「リーガエスパニョーラ。スペインが3枠に減少である」


川; ゚ A゚ノ|「現実と逆行してますねわたしたちの箱庭世界って」


08_20150505145831ddc.png


09_2015050514584233b.png


(・ω・ )「予算が出た」


川 ゚ Д゚ノ|「チャールトンの時より移籍予算が2倍ほどもらえてますね。さすがビッグクラブ」


(・ω・)「ためらわず10億円の買い物がポンポン出来る。基本的には既存戦力で戦おうと思っていたが、結果的にだいたい使い切ることになる。ちなみに、今回はフットボールディレクターに補強と放出をやってもらおうかと最初は思っていたのだが、これがまったくもって使い物にならなかったので、結局は今回も俺が自分でやることになった。しかしユースの若手の契約交渉や若手の獲得などを自動で任せるのには便利だ。若手の管理は面倒なので丸投げする。それが出来るところは楽だね」


10_20150505150239b1c.png


( ・ω・)「というわけで、少し補強した後のノルマ選択肢である。CL権獲得を目指そう」


川; ゚ ー゚ノ|「失敗しそうな気がするなぁ。わたし達の腕前的に」


11_20150505151306771.png


(・ω・)「といっても、メディア予想順位は3位だし、ブックメーカーにも優勝か上位で終わると言われてるんだよなぁ」


川; ゚ A゚ノ|「これで3位以内に入れなければ、完全にわたし達の腕前の責任ですが」


( ゚ω゚ )「はてさてどうなるかな? それでは、そんな『優勝か上位が確実』と評される俺たちの選手層を紹介しよう」





12_20150505151710535.png
13_20150505151725dd2.png


(・ω・)「こんな感じである。総勢23人のトップチーム。セリエはベンチに12人も入れるので、これで全試合を回すことになる。ただ、ウイングとサイドバックというサイドの選手が長期離脱をすると途端に厳しくなるので、誰か後で補強しようかなぁともちょっと悩んでいるよ。では、面倒なので、主な選手だけ紹介する」


14_201505051519213fd.png


(・ω・)「GKのバルデス。バルセロナを早々に放出されたところをローマが拾い、以来不動の正GKである。37歳なのにまだ衰えていない。契約満了までは役に立つだろう。しかしクラブが大陸大会を逃したことで、親善試合の直前に移籍させろとゴネ出して困った。なだめられずに士気は落ちている」


15_20150505152608c71.png


(・ω・)「頼りになる能力のセンターバックのゴディネス。センターバックは元からいた選手たちが十分な能力を持っていたので補強していない。みな彼に似た能力の持ち主だ。頼んだぞ」


16_20150505152755fa7.png


(・ω・)「これまた頼もしい能力のヴルサリコ。彼がいたので、補強は彼の控えを探すことになった。まあそこそこな選手が補強できたかな」


17_201505051529148b6.png


(・ω・)「本田さん」


川* ゚ Д゚ノ|「獲得できたんですか! 年齢は少々厳しいですが、楽しみですね」


(・ω・)「この箱庭の本田さんは、ACミランからわずか1年でフィオレンティーナに移籍してそこでプレイしていたんだが、今季ついに移籍リストに載せられたところを安く買ってきたよ」


18_201505051531205d1.png


(・ω・)「ジェルヴィーニョ。ワールドカップで日本を苦しめたコートジボワール代表。リアルでもローマの主軸。なので最低でも1年は使おうと放出しなかった」


19_2015050515324264f.png


(・ω・)「しかし右の主力扱いは彼だ。俺たちが就任した時はまだ20歳でワンダーボーイだったデシュメト。去年加入したばかりの選手なので国内育成にもなんにもならないが、当分主力として長く活躍してくれそうだ」


20_20150505153407027.png


(・ω・)「リアルでもローマにいるドゥンビア。このゲームでは開始時にはロシアにいるんだが、そこからアストンヴィラを経由して、リアル通りにローマに加入している。サパタがセリエ得点王を取った時に、同じ24ゴールもあげたが、出場試合数が多かったためにタイトルは逃している。高齢だが期待しているぞ」


21_20150505153549514.png


(・ω・)「最後は、俺が今季自分で24億円ほど払ってベンフィカから獲得したマドルーガ」


川 ゚ Д゚ノ|「とんでもない能力じゃないですか!」


(・ω・)「ゲームをしない時でも時々ゲームを起動させて、選手などを漁っていた時に見つけた選手だ。チャールトン編を続けたなら、この選手はちょっと使いどころもピースを埋める空きも無かったのだけれど、このローマ編では使える。ストライカーとして期待している」





(・ω・)「最後に戦術を紹介しよう」


川 ゚ ー゚ノ|「そう、それですよ。戦力を生かすも殺すも戦術次第です。4-4-2なんですよね? うまくいきますかね」


22_201505051543267d0.png


(・ω・)「こんな感じ」


川; ゚ Д゚ノ|「え、4-4-2じゃないじゃないですか!? 4-2DM-2-2ですよこれ!」


( ゚ω゚ )「だって中盤の底に誰もいない4-4-2なんて怖いんだもん。そもそもウチの中盤の選手って皆、本来は守備的中盤の選手ばかりなんだし」


川 ゚ A゚ノ|「中盤がぽっかり空いてしまっていますが。どう対処するんですか」


(・ω・)「むしろ中盤でボール争いなんてするつもりが最初から無い。セリエは、現在8連覇中のユヴェントスを筆頭に、中盤を固めた戦術が多いんだ。だったらむしろ中盤は無視して、サイドを迂回させたり、トップにダイレクトにボールを渡した方がいいと考えた」


川 ゚ A゚ノ|「戦術指示を見ると、厳格でカウンター? 相手から離れろ? これまであなたが使ってきた柔軟プレスのコントロールや攻撃的戦術とは真逆ですね。機能するんですか?」


(・ω・ )「一度、守備ブロックを維持してのカウンター戦術、というものを使ってみたかったんだ。そして意外とこの『相手から離れろ』が効果的だ。親善試合を見るに、相手がボールを持っても、こっちは飛び出さず後ろに下がるので、素早いパス回しが出来ずにチンタラとドリブルで歩くだけ、というシーンをよく見る。うまく守備ブロックで守れているんじゃないかな。実戦になるとどうなるか分からないが」


川 ゚ A゚ノ|「しかしその割に思いっきりラインを上げてますよね? ラインを上げるならプレスなんじゃないんですか?」


(´・ω・)「まあそれが定石なのだろうけれど、弱気にならずラインを上げてショートカウンターで戦いたいんだよね。というわけでこの組み合わせだ」


川 ゚ A゚ノ|「機能するのかなぁ。親善試合の結果はどうですか」


23_20150505155632b2a.png


(・ω・)「フレンドリーカップとかいう休みなしの面倒な親善試合があったが、こんな感じだ」


川 ゚ A゚ノ|「エヴァートンに5点も取られてるじゃないですか。守備ブロックを敷いたショートカウンターといいつつ。これ本当に上手くいくんですか?」


(・ω・`)「むしろその試合は、守備固め用に用意した超守備的戦術が機能しなかった。なんか俺ってずっと逃げ切りが下手なんだよなぁ。まあ機能しなかったらその時は、同時に練習している攻撃的プレス戦術で戦ってみるよ」





(・ω・)「それではいつでも失踪シーズン、手寅のASローマ編。ぼちぼちプレイしていこうと思います。次回更新は1シーズン終えてからかな。分かりません」


川 ゚ ー゚ノ|「アシマネレポートを見ると、セリエのスターと評されてる選手が多い戦力ですし、うまくいけばハマるんじゃないでしょうか」


(^ω^)「それではみなさんも良きFMライフを」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。