Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)

(・ω・)「もし別プレイで遊ぶなら、クラブは○○○○。○○・○○○○がいいかなぁと思っている」


川; ゚ A゚ノ|「のっけから何を。チャールトンではもう続けないんですか?」


(・ω・ )「いや、俺はたまに無性に一から別プレイをしたくなる、というか『もっと気楽にプレイ』したくなる時があるんだけれど、そのたびに思い直す。どうせ一からやったって、これまで日記に書いてきたようにそれも神経質にプレイしてしまうだろうし、気楽なプレイなんて出来るほど戦術もプレイも上手じゃないから、きっとまた癇癪を起こしてしまうに決まっているのだ。なので、なんだかんだでこの自分なりに丁寧に育ててきた我らがクラブ、チャールトンのプレイを続けるのがベストなのだろう。ただ、いい加減しみじみ思ったのだけど、俺は戦術でコンピューターとの力量差をひっくり返せる腕前が無い。だからこのチャールトンプレイは、目指せCL優勝と掲げたけど、そこへたどり着くには後10年くらい続けなきゃいけないだろうなぁなんて思ったりして。別にそれもいいかなとも思うんだけど、ブログとしてどうなのと思わなくもないし、さすがに新鮮味も薄れるから、新しいプレイクラブや新しいプレイ目標なんかを一応考えておくのもいいかなぁって」


川 ゚ A゚ノ||「あまり気乗りしないなぁ。でももしそれをやっても、それもFM2014日記になるんですよね? 15はプレイしないと決めてるんでしょう?」


(・ω・)「うん。パワーアップされたゲームに俺のPCの処理がきっと追いつかないだろうからね(それになんかあんまいい評判聞かないし)。だからこのブログは開き直って今後もFM2014プレイが続くよ。15の情報を期待して検索してきたりした人は申し訳ありませんが他のブログを当たってください。そういう人たちのことが気になるので何度も何度もこのお断りは繰り返してしまうな。検索よけに今後は言わない方がいいか」


川; ゚ A゚ノ|「余計な一言が漏れてます。ところでその別プレイの予定のクラブ、なんで伏字なんですか」


(・ω・)「予定で未定だから確定じゃないし。でも海外サッカー知識をかじった人や、FMで海外クラブ名を覚えた人なら、この○に何が入るかなんて一発で分かると思うけどね(^ω^) それじゃ、今回は2017-2018シーズンを終わらせるよ」





2月


01_20141210195916961.png


(^ω^)「リーグ戦ボロ負けwwww勝ち点1wwww


川; ゚ Д゚ノ|「うわぁ、ビッグクラブ相手に見事な連敗……」


(・ω・)「これです。だから、なんで冒頭にあんなことを言ったかというと、もう今後もこういうのが続くだろうなって観念したからなんですよね。僕は自分の力量の無さと、ゲームの難しさと、それを戦術でどうやっても覆せない事実を認めざるを得ません。だから今後もチャールトンのプレイは続けてもダラダラしたものになるだろうって思ったから、別プレイもしようかなぁって考え出したんだよね」


川 ゚ A゚ノ|「終えちゃうんですかチャールトンプレイ。道半ば感が残りますが」


(・ ω・)「いや、来季までは絶対に続けるよ。来季まではね……」


川 ゚ ー゚ノ|「?」


(・ω・)「ちなみにこの2月のプレイメモには試合での選手の動きに対する俺のいら立ちが書きなぐられている。本当に全然選手が思った通りに動いてくれないし、くだらないミスばっかり繰り返すからだ。でももうこれは仕方ないと諦めるよ。プレイも気分のいい時にすることで、そこまでムカツキをためこまなかったし引きずらなくて済んだ。もうどうしようもない。選手の動きがゴミなのはしょうがない。そういうものなんだ。このゲームはプレイヤーとコンピューターとで選手の動きが全く違うし同じ条件で勝負出来ないし、ビッグクラブには必ず有利になるように補正がかかってるし、そして俺がやってるゲームは他の上手なプレイヤーの方々が楽々と優勝をかっさらっていくゲームと同じものではないからね」


川 ゚ A゚ノ|「あっ、またそんな未練がましい負け惜しみの悪口を」


(^ω^)「なんか口汚く進めてしまっているが、そんな悪意があるわけではなくて、日記メモを振り返りってその時の気分を正直に書いてるだけなので、お気に障られたらすみません。それじゃ次に行こう」





3月


02_20141210202331f72.png


(・ω・)「3月はこれだけだ。残念ながらFAカップはここで敗退してしまった。しかしその合間のカップ戦に気を取られて気付かなかったのだが、」


川 ゚ Д゚ノ|「……あれ、今月はリーグ戦全勝ですよね」


( ・ω・)「なので、」


03_2014121020284361a.png


(^ω^)「ねんがんの、げっかんさいゆうしゅうかんとくしょうを、てにいれたぞ!


川 ゚ ∀゚ノ|「やりました! プレミアで初めての賞ですよ!」


(・ω・)「同時に前回獲得したウイングのベタンが月間最優秀若手選手を受賞しました」


川* ゚ ー゚ノ|「悲観的で口汚いことを言ってましたけど、徐々に結果を出せていることには違いないじゃないですか」


(´ω`)「そうだね。クソゲークソゲーと身勝手に苛立ちつつも、少しずつ戦力を上げて、少しずつ結果を上げて、長く長く続けていれば、こんな俺でもいつかはどこかにたどり着けるかもしれない。10年20年かかるのかもしれないが」


川 ゚ A゚ノ|「そういえば3月はユース選手が加入しますよね。誰かいい選手はいました?」


(・ω・)「十分に確立されたネットワークでも、今作が甘くないせいか、ロンドンという多くのクラブの乱立する本拠地にいるせいか、何度もリセットしないといい選手は出なかったけど、やがて潜在能力値149のFWが一人出たから、そいつを育てることにした」


川 ゚ A゚ノ|「相変わらずのプレイスタイルですね……それじゃ他クラブからのユース引き抜きもかなりやったんですか?」


(・ω・ )「それだが、今シーズンの日記で紹介したけど、ユース引き抜きで育てたアンジャーニ君らが、結果すごく成長しただろう?」


川 ゚ ー゚ノ|「しましたね」


( ・ω・)「なのでその再現を狙おうと積極的にユース引き抜きをしたんだが、ちょっと見境なく調子に乗りすぎてね。よくよく考えればワンダーボーイにはなりそうもない若手や、育てても後々ダブつく若手を取りすぎてしまって、ついには引き抜きのための移籍資金が足りなくなってね」


川; ゚ A゚ノ|「何をやってるんですか」


(・ω・)「後になって冷静になったら、そいつら全員、別に必要無かったと判断して、契約前までリセットした」


川 ゚ A゚ノ|「……どの時点からどの時点までリセットしたんですか?」


( ・ω・)「契約を全部無かったことにした結果、4月の最初の2試合をリセットして、上に見せた3月の結果が出た直後まで戻ることになった」


川 ゚ A゚ノ|「……それをわざわざ言うということは、その4月の2試合の結果というのが、シーズン結果に絡んでくるんですね?」


(・ω・)「いや、終わってみればあまり関係なかった。ただ、そういういきさつで一度リセットしたということは正直に言っておきたくてね。この時に一度冷静になったことが、ちょっと来月以降の展開に関わってくるのだ」


04_2014121020445384e.png


(・ω・)「ところで今月のちょっとしたニュース」


川 ゚ A゚ノ|「……誰ですこの選手は。香港人?」


(・ω・ )「香港人で潜在能力値が高い選手がいたので引き抜いてユースに入れていたんだが、するとこのイベントが起きた。覚えてるか? 前にも一度起きたイベントだ。しかし、このイベントって、生え抜きのユースでなく引き抜いた若手選手でも、ユースチームに置いていたら発生するんだなと知ったよ。ちょっとびっくりだった」


川 ゚ ー゚ノ|「ピッチ外の出来事ってなんでしょうね」


(^ω^)「彼女にでもフラれたんじゃね?w」


川; ゚ A゚ノ|「なんか今回の日記のあなたって淡々と口が悪いですよね」





4月


(・ω・)「さて4月だ。さっき、俺は選手の取りすぎで冷静になってリセットしたと言ったが、その冷静になったついでに、戦術をいじってみることにした」


川 ゚ ー゚ノ|「ハハーン、そのリセットした2試合というのの結果が悪かったからでしょう」


(・ ω・)「それもあるが、2月にビッグクラブ相手に歯が立たなかっただろう? だからこの頭打ちの状態をなんとかしようと思ったのだ」


05_20141210205631a73.png


(・ω・)「そして試作してぶっつけで挑んだのがこの戦術である。のちに微調整するが」


川 ゚ A゚ノ|「何か変わりました?」


(・ ω・)「よく見ろ。『スペースにパスを出せ』を採用した。これにより、ボールをコントロールして失わない試合運びから、どの選手も積極的にスルーパスを出すようになった」


川 ゚ ー゚ノ|「何か変わりました?」


(´・ω・`)「恐ろしい勢いでパスミスが増えた


川; ゚ A゚ノ|「コントロールのメンタリティを採用しているのに本末転倒じゃないですか」


(・ω・)「でもさ……他の上手なFM日記さんやプレイヤーの人を見ると、みーんな採用してるんだよ、この『スペースにパスを出せ』を。だから、これが、マンネリ化して頭打ちになった俺たちのプレイのなんらかの突破口になるんじゃないかと思ったんだ」


川 ゚ A゚ノ|「でもパスミスばかりするんでしょう?」


(´・ω・` )「本当に恐ろしい勢いでパスミスして、他のプレイヤーの人たちがこれでどういう試合運びをしているのか見当もつかないのだが、しかしやはり試合の選手の動きが変わった。積極的にポジションを動き、積極的に味方からのパスを避ける


川; ゚ A゚ノ|「だからやっぱり駄目じゃないですか」


(・ω・)「しかし、ストライカーの裏抜けを狙う動きとそこへのパスなどが生まれるようになった。『あっ! これはコンピューターが俺にやってくる戦術そのものだ!』と分かった。コンピューターは基本的にみんなこの戦術を採用してるんだなとわかった。あと、上の新戦術では、『エリア内に持ち込め』を外しているんだが、これまで俺を散々悩ませていた、ウイングがゴールに近づいたらストライカーへパスせずひたすらサイドネットにシュートを外す奴、あれはこれが原因だったのではないかと気付いた。なんだかこれを外してから、ウイングがちゃんと中へ……」


川 ゚ ∀゚ノ|「パスやクロスを!」


(´・ω・`)「別に上げてくれないんだけれど」


川; ゚ A゚ノ|「あ、あれ?」


(・ω・)「ただウイングのサイドネットへのシュートのシーンが減ったのは確かな気がする。というか、それ以前に、『スペースにパスを出せ』を指示することで、ウイングがボールを持ち込むこと自体が減った感じなんだ。ストライカーの裏抜けは増えたのだけれど」


川 ゚ A゚ノ|「ウイングは裏抜けしないんですか? コンピューターと同じ動きに近づいたんでしょう?」


(´・ω・`)「は? そんなシーンねぇよ。ウイングへのパスはインターセプトしかされねーよ。だからこのゲームはプレイヤーとコンピューターとで同じ条件で動かないっつたろ?」


川; ゚ A゚ノ|「また口が悪くなってますよ」


(・ω・)「でもやっぱりどうしても同じにならないんだなぁ。FM2013のレーゲンスブルク編で『条件は同じだった』と結論づけたが、すまん、ありゃ嘘だった。やっぱ同じ条件でプレーしてないだろこのゲーム」


川; ゚ ー゚ノ|「愚痴が続いてますけど、それでこの戦術で結局どうなったんです」


(・ω・)「あ、すまん。その前に、セットプレイのパターンも見直したんだった」


06_20141210212704f15.png


( ・ω・)「ショートコーナーにしてクロスの得意な奴に上げさせてるんだが、これは確実にこっちの方が入る。ここまでシーズン通して1回たりとも入らなかったCKからの得点が、この設定にしたとたんに3点くらい入った」


川 ゚ ー゚ノ|「あ、これはちゃんと機能したんですね」


(・ω・ )「ショートコーナーが強いとは前から聞いてたけど、これは本当にちゃんと入るな。これでコーナーキックのたびにうんざりせずに済む。じゃあ4月の結果だ」


09_20141210214006ff4.png


川# ゚ ー゚ノ|「あっ、この最初の2試合をリセットしたと言ってましたね? さてはリセット前は2連敗してましたね?」


(・ω・)「いや、リセット前は1勝1敗だった。というか別に勝てなくても良かったんだよ。もう大陸大会は諦めてたから。リセットリセットと言ってるけど、実は今回のリセットは俺の中で全然ひっかかりになってないんだ。ユース引き抜きのやり直しでリセットしたんだし、新戦術をぶっつけで試したように、試合に勝つためのやり直しでもなかったし。結果的にこの勝ち点ってシーズン結果にそこまで関わっても来なかったし」


川 ゚ A゚ノ|「大陸大会出場権は諦めてたんですか」


(´・ω・`)「だって諦めるだろう、あの2月のビッグクラブへの連敗で」


川 ゚ ー゚ノ|「じゃあまあリセットの件はいいです。それで新戦術の手応えは?」


(・ω・ )「すごい勢いでパスミスするわりにはシュート打てるなぁ。やっぱりみんなが採用するだけはある。負けたサウサンプトン戦と引き分けたマンU戦は勝てはしなかったけどシュート数がかなり多いんだよ。でも試合がずっとドタバタ慌ただしくて守備のミスもよく出て、それで負けちゃう。トッテナム戦は完敗で、やっぱりビッグクラブには勝てない(´・ω・`) トッテナム戦は大陸大会出場権を取るには負けられないと挑んだ相手だったんだが」


川 ゚ A゚ノ|「上手くいきませんねぇ」


(・ω・)「ちなみにこの月はロジェリオが月間最優秀若手選手に選ばれました」


川 ゚ ー゚ノ|「それでも地味に選手成績は上がってるようですし、続けていけばなんとかなりますよ」


(´ω`)「長い道のりだ」


07_201412102150254c5.png


08_20141210215052cd9.png


(・ω・)「アンダーは結果を出すんだけどね……それじゃ、最後の5月だ」





5月


10_20141210215230a8d.png


(´ω`)「新戦術もむなしく、最後までビッグクラブには勝てなかった。これにてシーズン終了である」


川 ゚ A゚ノ|「残念です……」


(・ω・)「それじゃ今シーズンの結果だ」





シーズン総括


14_20141210215647987.png










12_20141210215722743.png


(・ω・)「というわけで来季はヨーロッパリーグに参戦します


川; ゚ Д゚ノ|「ええっ!? ちょっと待ってください! 出場権取れたんですか!? 取れそうにないみたいなこと言ってたじゃないですか!」


(^ω^)「なんか取れました。2月の大連敗とかあったけど、前半戦の貯金が効いた」


11_20141210220019279.png


(・ω・)「年間最優秀監督の2位にも入りました。プレミアの場合ほぼ確実に優勝チームの監督が受賞するので、これで2位ということは他のリーグなら俺たちが監督賞をもらえるレベルの成績だったということだ」


13_20141210220148625.png


(・ω・)「年間最優秀若手の2位にもサヴィツキーが入り、また彼は5月の月間最優秀選手にも選ばれた。5月の月間最優秀若手はホルヘ・アジャラがもらったよ」


川* ゚ ∀゚ノ|「今回の日記はなんだかやさぐれてて暗いトーンだと思ってたのに、これまでで一番の成績を上げられたじゃないですか!」


(´・ω・`)「そうなんだけど、あんまり手放しで喜べないんだよなぁ。まあその話は後にして、選手成績でも見よう」


15_2014121022134236b.png
16_20141210221359adc.png


(・ω・)「申し訳ないが今回は手抜きだ。リーグ戦とカップ戦を合わせた公式戦の成績である。意外だったのがイリ・サラヒが5回もMOMを取ったこと。左SBなのに成績いい。他に印象に残っているのは、シーズン通して低調だったソルジッチ君が、スペースへパスを出す戦術にしてから活躍しだしたこと。何か向き不向きがあるのかな。あと気がかりなのは、今シーズン一度もベルフォディルがヘッドで得点しなかったこと。なんのためのターゲットマンだ。いや俺の戦術が悪いのか。しかしそもそも誰も彼の頭めがけてクロスを上げてくれないのだった」


川 ゚ ー゚ノ|「相変わらず右ウイング、この場合サヴィツキー選手が点を取って、左ウイング、この場合ネデレフ選手がアシストを記録するパターンなのですね」


(・ω・)「それもスペースへパスを出す戦術では動きが変わるから、それを続けるなら来季はたぶん変化すると思うけどね」


17_2014121022254461e.png


(´ω`)「ちょっと先の話になるけど、来季目標の様子を見に行ったら、シーズンレビューで最も期待以上のクラブに選ばれたよ。そう、ベタンは本当に活躍してくれた」


川; ゚ A゚ノ|「ら、来季目標はどうなってます? 年々目標が上がってます。まさか大陸大会出場が必須では……」


18_2014121022292650a.png


(・ω・)「安心しろ。上位半分だ。まだ当分はダラダラプレイできるぞ」


川 ゚ ∀゚ノ|「良かったです。これで来季は安心して楽しめますね!」


(・ ω・)「楽しみなことはまだある」


19_2014121022331613d.png


20_20141210223335bf0.png


21_201412102233563a1.png


22_20141210223419eab.png


(^ω^)「3年目に15歳の時から使ってるアデウォリ・アビ君、そして2年目にセミプロから加入したセルジ・ディアロ君、ファリ・ヒメネス君、ヤニック・アンジャーニ君らが、晴れて肩書きがワンダーボーイになった。イヴォ・ノヴァクも肩書きは攻撃的サイドバックだけどニュースで取り上げられる時はワンダーボーイと言われているし、21歳になった元ワンダーボーイのロジェリオを含めると、現ワンダーボーイのホルヘ・アジャラ、マティヤ・ソルジッチ、ファビオ・サンティッリと、これで我がクラブには総勢9人ものワンダーボーイが揃ったことになった


川; ゚ ∀゚ノ=3「ら、来季は彼らをレンタルから戻すんですよね!?」


(・ω・)「うん。使ってみることにしているよ。ちょっと選手層が多くなりすぎるけど、やっぱり使ってみたいしね」


川* ゚ ∀゚ノ|「いいことづくめじゃないですか! チャールトンプレイも5年プレイして上が見えてきましたよ! 来季の6年目が楽しみです!」


(・ω・)「……」


川 ゚ A゚ノ|「……?」






(・ω・)ノ「それじゃ今回、今シーズンはこれにて終了です。来季はヨーロッパリーグにプレイオフから挑みます。うっかりそこで負けないよう頑張ります」


川 ゚ A゚ノ|「……そろそろ教えてくださいよ。なんであなた今回はそんなに暗いんですか? 明るい兆ししかなかったように思うんですが」


(・ω・)「……戦術練習」


川 ゚ A゚ノ|「えっ」


(´・ω・`)「スペースへパスを出す戦術で、どうすればうまくいくのかを、ニューカッスルとのアウェー戦で練習してね」


川 ゚ A゚ノ|「……なにか嫌な予感が。どれくらい練習したんですか」


(・ω・)「全部で10時間はしたと思うんだけど……」


川; ゚ Д゚ノ|「ああ……またそういうことを……」


(´;ω;`)「うっ……ううっ……それでね……なのに何をやっても10試合に1回くらいしか勝てなくてね……」


川 ゚ A゚ノ|「それでコンピューターと動きが違うとかなんだとか今回は口やかましかったんですか」


(´・ω・`)「でさ、今季のヨーロッパリーグ出場権ってさ、この勝ち星の大半は、普通のコントロール戦術で挙げたものなんだよ。でもこのコントロール戦術にはビッグクラブに勝てない限界を感じるわけだよ。そしてプレイの上手い人はスペース戦術を使ってる人が多いんだよ。だからこれを使いこなして上を目指そうと思ったんだよ。でも俺には使いこなせなくて全く勝てないんだよ。だからさ、だからさ……どうしよう来季。限界を感じるコントロール戦術で挑む? それとも勝ち方が分からないスペース戦術で挑む?」


川; ゚ A゚ノ|「え? え、ええと……」


(´・ω・`)「きっと戦力は、上手い人なら余裕で優勝しちゃえるんだろうものを俺たちは持っている。でも俺はプレイが下手だ。どうすりゃいい?」


川; ゚ Д゚ノ|「じ、次回! 次回までに考えましょう!」


(´・ω・` )「結果は出てきた。問題はただ、俺のプレイの腕……」(続く)

スポンサーサイト