Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)

01a_20131206192721ccb.png


02a_20131206192846074.png


03a_201312061929364ae.png


05_20131206193148b36.png


(・ω・)「懐かしいな。覚えているか?」


川 ゚ ー゚ノ|「何をですか?」


(・ω・)「この日記の第1回だ。ウェンズデイの歴史を調べた時に、最後の優勝が91年のリーグカップだと話題に出しただろう。プレミア創設前のことだ。奇しくも、そのリーグカップの決勝戦を節目に俺たちは一旦このブログを終える。これもめぐり合わせというものか」


川 ゚ A゚ノ|「……」


(・ω・ )「?」


川; ゚ ー゚ノ|「あの、その第1回にはわたしはまだ登場してません」


(´ ゚ω゚` )「F*ck!」


07_201312061940202b0.png


(・ω・)「そういえばシュマイケルはレスターから引き抜いたのだった」


川 ゚ 0゚ノノ「遠慮することはありませんよ! ガンガンビッグセーブを連発してください!」


(`・ω・´)「実はこの一件がとんでもない伏線になっていたことに気付くのは後のことだ……」


川 ゚ ー゚ノ|「?」


06_201312061932184fd.png


10_201312061943104ab.png


11_2013120619433347f.png


川 ゚ 0゚ノノ「舐めるわけではないですが、戦力はわたしたちの方が上だと思いますし、これまでの戦い方を信じるよりほかありません!」


(`・ω・´)「試合はどうなるか分からない。何せレスターはニューカッスル、アーセナル、ウエストブロムウィッチアルビオン(WBA)のプレミア3チームを倒してきているんだ。確勝できる保証なんてどこにもない」


04a_20131206195011928.png


(・ω・)「ところでこのデータを見てくれ。何気にウチの名前があるだろう」


川 ゚ A゚ノ|「あれ? 最多連続無敗が10でわたしたちですね。去年途中で負けましたよね?」


(`・ω・´)「振り返って確認してみると、去年のリーグカップ敗退はPK戦でだったのだ。PK戦負けは敗北に数えられていないのだな。だから最多無敗は俺たちが記録を伸ばしている。これを11にするべく戦うぞ!」





08_20131206195346900.png


(`・ω・´)「決勝戦のスターティングメンバーを紹介しよう。以上の18名だ」


川 ゚ ー゚ノ|「若いですね。でも、もしもの時のストライカーの控えがいないんじゃないですか? これまでサリヒ選手で戦ってきたじゃないですか。このメンバーを選んだ理由は川 ゚ A゚ノ|?」


(・ω・)「実は、カップ戦の優勝が経歴に残るのは、その決勝戦の登録メンバーだけなのである。つまり、俺なりに選んだ、優勝経歴をつけてあげたいメンバーなわけだ。だから悩んだが、例えば左のセンターバックのレギュラーであるイヴァノフよりも、ここまでウェンズデイを支えてくれたR・ジョンソンやクラーソンを選んだり、あと今後ウチの中心選手になることを期待しているタグリアフィコやB・ゴンザレスをベンチに入れている。他に引退後に経歴が残ることが確定しているレジェンドのランパードを入れたりね」


09_201312062001553d4.png


(`・ω・´)「これが我らがウェンズデイが決勝に臨むメンバーであり、この3年間に俺が作り上げて育てたウェンズデイのベストメンバーであり、今後5年は入れ替えなくても戦えると信じているメンバーである!」


川 ゚ ∀゚ノノ「……いざ、決勝戦へ!





○キャピタル・ワン・カップ決勝戦


19a.png


( `・ω・´)「ホイッスルだ!」


川 ゚ ー゚ノ|「こうして見ると、お互いのフォーメーションがはっきり分かりますね」


(`・ω・´)「レスターは典型的な4-4-2。俺たちはクリスマスツリーの4-3-2-1でサイドに全然選手がいないな」


川 ゚ A゚ノ|「これまでずっとこれで戦ってきたんですね。この試合でもしっかりサイドをケアしてね川 ゚ ー゚ノ|」


○前半5分


20_201312062012265fd.png


(`・ω・´)「マケイブのロングスロータイムだ! これで幾度となくゴールを陥れてきた!」


川 ゚ ∀゚ノ|「決めて!」


21_20131206201439ca3.png


(´・ω・`)「……ディフェンスに跳ね返された」


川 ゚ 0゚ノ|「まだです! マケイブ選手がボールを拾います!」


22_201312062016021c5.png


23_201312062016266b5.png


( ゚ω゚ )「マケイブからカラバにボールが渡った! シュート態勢に入った!」


24_20131206201757a31.png


25_2013120620181733e.png


26_20131206201842861.png


(^ω^)「GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!


川* ゚ ∀゚ノ|「やりました! 幸先よく試合早々に先制点ですよ!」


(`・ω・´)「よーしお前らこのままどんどん行け!」


○前半36分


30_20131206202154b3b.png


(`・ω・´)「ディフェンスから中盤の底のマケイブを通してコリーにパスが渡った! 戦術意図通りの組み立てだ!」


31_20131206202246e63.png


(`・ω・´)「コリーがドリブルで持ち上がる! イブラヒムがボールを受けに走っているぞ!」


32_201312062023378d7.png


Σ( ゚ω゚ )「イブラヒムにボールが渡った、っておい! A・B・ジョンソンの前がポッカリ空いてる!」


川; ゚ Д゚ノ|「そこよ! パス! パス!」


33_20131206202546f70.png


34_2013120620262618c.png


( ゚ω゚ )「絶好のチャンスだ!」


川; ゚ Д゚ノ|「シュートを! 早く!」


35_20131206203124643.png


( ゚ω゚ )「ディフェンスが二人も戻ってきた上にGKも前に出てきたが構わずA・B・ジョンソン打つ!」


36_20131206203315cd9.png


(^ω^)「GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!


川* ゚ ∀゚ノ|「やりました! 2点差ですよ!」


(`・ω・´)「よし、このままゲームを支配しろ! 前半は現状維持のプランで進めて点差を守ってみせろ!」


○後半


(`・ω・´)「よし! 2点差で折り返したな! 戦術は変更しない! このままゲームを支配し続けろ!」


川; ゚ A゚ノ|「いいんですか!? 少し守備的に進めるべきなんじゃ、」


(`・ω・´;)「これまでリーグ戦で何度それで失敗したか! シャウトでボール回しするだけで十分だ! レスターに俺たちを崩す力は無い! このまま押し切れるはずだ!」


川; ゚ Д゚ノ|「あっ! 退場です! レスターの選手が一人レッドカードで退場しました!」


(;`・ω・´)「行ける! フォーメーション変更による選手チェックの見直しはしたな? このまま押し切れ!」










37a.png










ヽ(゚∀゚)ノ


川 n゚∀゚ノη










41a.png


40_201312062056545c7.png


44_201312062057586d3.png


42_20131206205823cec.png

―― 一生懸命努力すれば不可能なことはないことをサポーターに示した













(ヽ'ω`)「……」


川 ゚ ー゚ノ|「ついにやりましたね……」


(ヽ'ω`)「……」


川 ゚ ∀゚ノ|「ここまで長かったですね……感傷に浸るのも分かります」


(ヽ'ω`)「……優勝後の記者会見が無かった……」


川; ゚ Д゚ノ|「何を落ち込んでいるのかと思えばそれですか!」


(・ω・)「最後に補足を加えたい」


48.png


川 ゚ A゚ノ|「無事に出場選手のバイオグラフィーに優勝経歴が……あら? 二つ記録されてますよ?」


(・ω・)「その理由はこれだ」


49.png


(´・ω・)「イブラヒムはレンタル買い取りで加入した選手なので、経歴でウチに2度入団した扱いになっているんだ。同じくレンタル買い取りしたクラーソンも同様で、彼らは今後もタイトルを獲得するたびにダブることになる。これはどうしようもないゲームの仕様だろう」


川 ゚ ー゚ノ|「ちょっと残念ですが、ここまで精密に作られたゲームにこれ以上の注文は罰が当たりますよ」


(´ω`)「せっかく細かく作られたデータ至上主義のゲームなんだから、ここもきれいにしてもらいたかったけど、仕方ないね」


43_201312062116281eb.png


(・ω・)「ここで一旦最終回だが、もちろんこの後も彼らの戦いは続くのだった」


川 ゚ ー゚ノ|「『さらなる挑戦に向けたチーム作り』ですか」


(`・ω・´)「『常にリーグカップの優勝を目指しており』って、そうだったのか、ウチがそんなに野心的だったなんて初めて知ったよ」


川 ゚ ∀゚ノ|「言われなくてもそのつもりなくせに」


(`・ ω・´)「まあね」


45.png


50_20131206212159e51.png


(`・ω・´)「念願の初タイトルにいつまでも酔っている場合じゃない。来季はELに参戦だ! それも3次予選からだから、3次予選とプレーオフ、2回勝ち抜かないと本大会には進めない。そこで負けたら全然意味が無いぞ!」


川 ゚ ∀゚ノノ「わたしたちの戦いはまだ始まったばかりです!」


(・ω・)「と、ここで今回の決勝戦のネタばらし」


川 ゚ A゚ノ|「えっ」


47.png


川; ゚ A゚ノ|「……誰ですかこの酷く弱い選手は」


( ゚ω゚ )「決勝で戦ったレスターのGKはこいつでした


川; ゚ Д゚ノ|「こんなの勝って当たり前じゃないですかぁ!


(^ω^)「シュマイケルを引き抜かれた後に誰も補強しないでユース上がりを使ってやがったwwww誰かもっとまともなやつ補強しとけよwwww」


川; ゚ A゚ノ|「最初に言っていた伏線ってこれのことですか」


(・ω・)「彼をレギュラーにレスターはここまで勝ち上がってきた。真の勝者は彼らかもしれないね」





(´ω`)「それでは、FM2013ウェンズデイプレイはこれで一旦最終回になります」


川 ゚ ー゚ノ|「今後は周囲がFM2014を遊ぶ中、気ままに時たま進めるということですね」


(・ω・)「ゲームをする時も気分次第だから、更新は本当に気まぐれになると思います。ちなみにその通り気まぐれに進めて現在はリーグ戦終了まで進めました。その後の更新とプレイは未定です」


川 ゚ ∀゚ノ|「最後に気の利いた一言を!」


(´・ω・`;)「え? ええと……」













(´ω`)「あれから~僕たちは~何かを信じてこれたかな~あの頃の~未来に~僕らは立っているのかな~♪」


川; ゚ A゚ノ|「なんで最後にSMAPなんですか」


(・ω・)「すべてはこの動画のロン毛の兄ちゃんの一言から始まったんだぜ」


川 ゚ A゚ノ|「なるほど、『あれから』と『未来』ですか」


(´ω`)「夜空の~むこうには~明日がもう~待っている~♪」


川 ゚ ー゚ノ|「それはまさにすべてのFootball Managerのユーザーですね。プレイを終わらせてもまた次のプレイに向かってしまいます」


(`・ω・´)「そしてすべてのリアルのフットボール関係者だ。試合を終わらせてもまた次の試合が待っている。フットボールは永遠に続く!


川 ゚ ∀゚ノ|「第三部!


(^ω^)「完!」(/ご愛読ありがとうございました。今後また気ままに更新した際にはお付き合いいただければ幸いです)

スポンサーサイト


川 ゚ A゚ノ|「また変なタイトルを。そろそろ『一旦最終回』だというのに今度はなんですか?」


(´・ω・`)「これを見てくれ……」


01_20131204183326e7c.png


川 ゚ ー゚ノ|「あっ、いい選手ですね。彼が前々回に言っていた『安い左利きのトップ下』ですか?」


(´・ω・`)「そうだ。ポルトガルのベンフィカのBチームに眠っていた。発見時の契約交渉画面を見せよう」


02_20131204183538e3d.png


川* ゚ ∀゚ノ|「すっごく安いじゃないですか! 契約したんですね!?」


(´・ω・`)「……」


川 ゚ A゚ノ|「……えっ」


(・ω・`)「冬の移籍市場が閉じる前だったからさぁ、様子見しちゃったんだよ」


川 ゚ A゚ノ|「なんですか様子見って。何を様子見する要素があったんですか」


(´・ω・)「あまりに安かったものだから、『他クラブが手を出さないならこのまま放置しててもいいな』とニヤニヤ様子見してたんだ」


川; ゚ A゚ノ|「よく分かりません。すぐに契約すればいいじゃないですか。なんですかその心理。理解できません」


(・ω・`)「俺も自分で自分の心理を説明できない。こんな安い選手が転がってるなんておかしい、他クラブが手を出してくるまで、俺だけが見つけてる気分を楽しもう、と契約を焦らず放置していた、と言えばいいのだろうか」


川 ゚ A゚ノ|「たまに変なこと考えますよねあなたって」


(´・ω・`)「そしたらだ、」


04_201312041843438c7.png


(´;ω;`)「気づいたら要求年俸が3倍になっていた


川; ゚ Д゚ノ|「ああああ!!!! もったいない!!!!


(´・ω・`)「やっちまった……気づいたらさ、移籍リストから外れてた。それで向こうが強気になって要求年俸を引き上げやがった」


川# ゚ Д゚ノ|「どうして見つけた時にすぐに契約しなかったんですか! しない理由が分かりませんよ!」


(´;ω;`)「ほんとどうして俺はこんなことやらかしちゃうんだろう。リアルでもそうなんだよ。買い物する時にすぐに買わずにじっくり時間を置いて慎重になっちゃうタイプなんだよ。そう、まさにリアルでの性格そのままに、買い控えしちゃったんだよ。そしたらご覧のありさまだよ」


川; ゚ A゚ノ|「神経質さといい、どこまでリアルの自分をゲームに反映させてしまってるんですか」


(・ω・`)「ryokuさんだったらこういう時に『ネタが出来ておーいしーい^^』と喜んだりするのかもしれないが、俺はとてもそんな気分になれない。最善手を取りたいんだ。リセットしたくてリセットしたくてたまらない」


川 ゚ A゚ノ|「別にいいんじゃないですか? リセットしても」


(´・ω・`)「それが、すでにリーグ戦を2試合進めた後に気付いてさぁ」


川 ゚ ー゚ノ|「リセットは駄目ですね


(・ω・`)「で、まあ悩んだんだけど、契約交渉をしてみたら、少なくとも67.5Mまでは年俸を下げて契約できることが分かったから、そのくらいの年俸ならやり直ししなくても納得できるな、と思って、このまま進めることにしたよ」


川 ゚ A゚ノ|「……ちょっと待ってください、じゃあもしかして」


(・ω・)「うん、まだ契約してない」


川; ゚ Д゚ノ|「早くしてくださいよ!」


(・ω・`)「なーんかこう、焦らず買い控えしようって気になってしまってるんだよな。我ながらよく分からん」


07_201312041906098c1.png


(・ω・)「で、この話のおまけなんだけどさ。このニュースを見てくれ。候補リストに入れていたからニュースが来たんだけど、これ『移籍リスト入りの報告』になってるけど、実際にはこの時点で、逆に移籍リストから外れてるんだよね。これってあべこべじゃないかなぁ。元からおかしいのかな。翻訳で間違えてるのかな」


川; ゚ ー゚ノ|「やめましょうよ、翻訳神様に文句をつけるようなことは。感謝こそすれケチをつけることじゃないですよ」


(`・ω・´)「まったくだな! 翻訳神様ありがとうございます!」


川 ゚ ∀゚ノ|「ありがとうございます!」


(`・ω・´)「僕らがFMをプレイできるのは無償で翻訳してくれる神様のおかげです。FM2014の翻訳作業もお疲れ様です!」


川 ゚ ー゚ノ|「Q:神はいると思う?」


(^ω^)「A:ネットで見た」





03_20131204191355ef9.png


(・ω・)「というわけで、リーグカップ決勝前の最後のリーグ戦である。注目試合にはバーンリー戦を挙げたい。彼らは現在リーグ降格圏に沈んでいるんだ。160本ノックの好敵手と戦える最後の機会になるかもしれない。しっかり決着をつけておきたい(`・ω・´)!」


川 ゚ ー゚ノ|「マンU相手にホームでどこまで戦えるかも見どころですね!」


05_201312041917414f5.png


(・ω・)「QPR戦は楽勝だった。後半途中で3-0だったからな」


川 ゚ A゚ノ|「でも相手に退場者が出てるのに結果的に2点も取られてるじゃないですか」


(´・ω・`)「MOMをローン移籍している2得点のアンディ・キャロルに持ってかれた。盤石とはいかん。COMの戦術手腕はやはり俺より上だ」


06_20131204192429a82.png


(・ω・)「ストーク戦はパッとしない試合展開のところをようやく得点したんだが、まーた試合を終わらせるのに失敗して同点で終わった(´・ω・`)」


川; ゚ A゚ノ|「こんなのばっかりですねわたしたち」


(・ω・)「好材料だったのは、サブメンバーがそこそこ使えたことだ。この冬の移籍期間に、中盤のフォーサイスと右サイドバックの若手のグラウスがレンタルを希望して、バックアップだからとチャットでなだめる一幕があった。そこで同じく若手CBのペルコビッチと共にこの試合に使ったんだが、大崩れもせず無難にこなしてくれたよ。ちなみに試合後にグラウスはディアロと共にレンタルに出した。二人とも20歳を超えていたので、クラブ育成枠を気にしなくていい選手だったからね。レンタルで伸びて欲しいね」


川 ゚ A゚ノ|「報告です。そのディアロ選手がレンタル先で2か月の怪我をしています」


(´;ω;`)「だからレンタルは嫌なんだよ!ウウウーッ!」





08_201312041932215b3.png


09_201312041932427bb.png


(・ω・)「冬の移籍市場が閉じた。今回は面倒だったので冬の駆け込み移籍に関する取材を受けなかったせいか、さっさと市場が閉じたな。サウサンプトンのクラブ育成選手であるシュナイデルランがPSGへの移籍で母国凱旋だ。2chのマンUスレでよく不安要素として名前の挙がるクレバリーとスモーリングとバレンシアが移籍した。ちなみにファーガソンはベンゲルと共に今年で監督引退である。ファーガソン最後の在庫整理かな? 来季は誰が就任するかな。他には、せっかくアーセナルに移籍したカドレツが早々にリヴァプールに移籍したり、大金でビッグクラブに移籍したものの出場機会がほとんどなく、また移籍した選手というのが結構いる。もったいない。FMらしいビッグクラブの使い捨て現象だな(´・ω・`)」


川 ゚ ー゚ノ|「うちもいつかやってみたくないですか? 無駄な買い物」


(´ω`)「俺の性格的にしないね。選手が出場機会を求めて不満をためるのとか見たくないもんね。あと、使えなかった時に確実に売却できるように年俸は抑えたい。それだけに最初に紹介したSimaoの年俸が上がったのが残念で残念で(´・ω・`)」


川 ゚ A゚ノ|「この失敗を教訓に忘れないようにするしかないですね。失敗を無かったことにしては前に進めませんよ」


(`・ω・´)「クッ、そうだな!」





10_20131204194446bdd.png


(・ω・)「もしかしたら最後になるかもしれないバーンリー戦。きっちり決着をつけておきたかったが、CKからスンズがファーからニアへの見事なポジション移動で叩き込んだだけで終わってしまった。最後は華々しい試合を期待したんだが、これもまた勝負のあやか」


川 ゚ ー゚ノ|「さよならバーンリー。またいつか会いましょう」


(´・ω・`)「まだ降格が決まったわけじゃないけどね。でももう厳しいだろうね。かつてのライバルが落ちていくのを見るのは残念だ。昇格初年度にELに出場して残留を果たしたクラブでも2年目は厳しかったか。明日は我が身だな。しかしラストマッチがこんな淡泊な試合に終わってしまったことはやはり寂しいものがある……さよならバーンリー」


11_20131204194907a3d.png


(`・ω・´)「このエヴァートン戦は頑張った! CK2連発でビハインドを背負った時には、セットプレーだけで負けるほど悔しいことないな、と思いつつ半ば諦めていたんだが、シャウトで攻撃的にさせたところから見事に追いついた! 逆のパターンで追いつかれることが多かった俺たちからすれば、ざまぁといったところだ! 戦術を超攻撃的にするよりも、シャウトでエリア内に攻め込ませるよう指示した方がいいのかもしれないな」


12_2013120419562369b.png


(・ω・)「で、俺たちの真価が問われたホームのマンU戦なわけだが……」


川; ゚ A゚ノ|「枠内シュート10本を打っておきながら敗戦ですか」


(´・ω・)「前半からゴール前に押し込んで怒涛の攻めを見せたんだが、マンU固い! こじあけられず、中盤のボール争いをしていたところからクロスをエリア内に上げられ、なんとこれをCBハンリーがヘッドミス。待っていたファン・ペルシーに渡りゴールを叩き込まれた。ファン・ペルシーが『嘘、なんかボール来たぞ』と一瞬動きが止まったのがちょっと笑えた。そこからシャウトでサリヒが持ち込んで同点にするも、またファン・ペルシー一人にドリブルからゴールされた。何このFCファン・ペルシー。ふざけてんのか。まるで去年のプレミアでのマンUを見ているかのようだった。あいつ一人に負けちゃうんだもん。そりゃ他のクラブはやってらんないよ」


川 ゚ ー゚ノ|「ウチもいいストライカーが欲しいですね」


(`・ω・´)「きっといつかA・B・ジョンソンがそうなってくれるさ!」





13_201312042008058cb.png


(・ω・)「リーグカップ決勝前までの結果である。まあぼちぼちかな。順位は9位だ。勝ち点的に順位で大陸大会出場権は無理だろう」


川 ゚ ー゚ノ|「しかしリーグカップで優勝すれば、ELに3次予選から参加できます!」


(`・ω・´)「初のタイトル、初の大陸大会参加のチャンスだ! それでは次回はいよいよ(一旦)最終回! 決勝のレスター戦に挑みます!」(続く)



(・ω・)「前回、冬の移籍であれこれ語ったが、肝心なポイントを見逃していたことに気付いた」


01_20131128081517d2d.png


川 ゚ ー゚ノ|「あっ、若いのにすごく強い選手じゃないですか」


(・ω・)「彼はFMをイングランドでプレイしてる人ならほとんどが知っているだろうワンダーボーイ、Will Hughesだ。あれっ? こいつダービーカウンティの選手じゃなかったっけ? と思って調べてみたら、この冬にWBAへ6億という、能力からすればほとんどバーゲンみたいな価格で移籍していた」


川 ゚ A゚ノ|「なぜでしょう」


(・ω・`)「実は、いつまでも2部のクラブでくすぶっていることに嫌気がさした本人が、今年で契約が切れるので自由移籍での退団を希望し、本人の希望か、少しでも金の欲しいクラブの都合か、移籍リストに入っていた。それで6億という安値でWBAに移籍していたのだった」


川 ゚ A゚ノ|「もったいなかったですね。左利きで、ハードワーカーもトップ下もしてくれそうな国内育成選手だったのに。見逃しちゃったんですか?」


(´・ω・`)「前回長々とツールの説明やボスマンを語ったのに、肝心の移籍リスト入り選手は全くチェックしていなかったので見逃したのだ」


川# ゚ Д゚ノ|「怠慢ですよ!」


(・ω・`)「まったく、何が神経質な性格で~だ。思いっきりチェックミスしてんじゃねーか。しかし時間を巻き戻して移籍オファーを出してみたら、この6億という移籍金を一括払いで要求された。しかも見ろ、この年俸。一括の移籍金にこれだけの年俸を払うだけの余裕は、どっちにしろウチには無かった。結局取れなかったことには代わりなかったよ」


川# ゚ ー゚ノ|「これからは移籍リスト入り選手もちゃんとチェックしてくださいね」


(・ω・)「うむ、イングランドのボスマンは契約の切れる1か月前だが、それより前に、本人が退団を希望している場合は、冬に移籍リスト入りして市場に出るのだな。そういう意味もあって、冬はかなり掘り出し物が出る期間なのだということを知った。いまさらだと言われるだろうが、俺たちは去年まで2部にいたので、そんなマネーゲームに参加する機会が無かったので気づかなかったのだ(・ω・`)」


02_20131128082820d7e.png


(・ω・)「で、他にも掘り出し物はいないかと検索欄で探していたら、彼を見つけた。プレミアでも通用する選手、Craig Cathcartだ。Will Hughes同様、今年で契約が切れるので自由移籍退団を希望して移籍リストに入っていた」


川 ゚ ∀゚ノ|「いい選手じゃないですか!」


(´・ω・`)「俺もそう思うのだが、残念ながらスルーすることにした」


川; ゚ Д゚ノ|「そんな! なんで!?」


(・ω・)「ウチのセンターバックは、ハンリー・イヴァノフ・スンズ・Rジョンソンと4人レギュラーがいて、控えにウートンがいる。彼を獲得してどこで使う? 能力の落ちるRジョンソンの代わりに入れるという手もあるが、右利きだし、スピードが物足りない。かといってウートンの代わりに控えに甘んじて我慢してくれる能力の選手でもない。使いどころが無いんだ。このように、チームの戦力が整ってくると、いい選手でも、よっぽどの選手じゃないと、獲得しても使いどころや入れ替える場所が無い」


川 ゚ A゚ノ|「もったいないなぁ。いい選手はいくらでも欲しいですよ」


(´・ω・`)「まったくだな。前回、必要な選手の基準が分かってきて見切りがついてきたと言ったが、こういう選手を見つけると未練が残る。しかしまあいいだろう。彼はリヴァプールがオファーしているんだ。獲得競争にきっと負ける。ここは諦めよう。現有戦力を信用しようじゃないか」


川 ゚ ー゚ノ|「おさらいすると、冬の移籍リスト入り選手は要チェック! ということですね」


(`・ω・´)「うむ。来年からはここもしっかり探しておくぞ!」





03_20131128084812098.png


(・ω・)「今回の更新で紹介するのはこの6試合だ。まだ1月の半ばだが、ちょうどリーグカップ準決勝のダービーマッチがここで終わる」


川 ゚ 0゚ノノ「ダービーは絶対に負けられません!」


(`・ω・´)「その通りだ! しかしまずはリーグ戦の結果から紹介したい」


04_20131128085431e93.png


(`・ω・´)「よし! 俺の采配がズバリ的中した! 前半にR・ジョンソンが退場を食らったので、考えた結果、相手フォーメーションを加味し、4-3-1-1にして、数的不利でもコントロール戦術をゴリ押ししたのだが、後半に交代で入れた手寅・マイヤーホーファーがリーグ戦初ゴールを叩き込んだ! さらにタグリアフィコのロングスローからゴール前でごちゃついたところをスンズが押し込んで、最後は相手にも退場者が出て試合終了。ローテーションメンバーで勝てたぞ!」


川* ゚ ー゚ノ|「サブメンバーでも勝ち点を取れると計算が立ちますね!」


(`・ω・´)「R・ジョンソンには2週間の罰金を与えた! R・ジョンソンは積極性が下がった!(´・ω・`)」


川 ゚ Д゚ノ|「あちゃあ」


(´・ω・`)「能力が下がるから罰金は怖いって忘れてたなぁ。それはさておき次はWBA戦だ。あいつらがリーグカップ決勝に進んでくることは間違いない。前哨戦としてベストメンバーで挑むぞ(`・ω・´)! 勝つ!」


05_201311280903576d1.png


(´ ゚Д゚` )「クソがああああぁぁぁぁ!!!!


川; ゚ Д゚ノ|「ロスタイムに同点に追いついたのに、そこからさらに勝ち越し弾をもらうなんて」


(´ ゚ω゚` )「せっかくシャウトでエリア内に持ち込め放り込めクロスを上げろと指示して、ランパードのミドルで同点に追いついたのに! その直後にWBAがフォーメーションを変えてきたのは分かってたんだよ! だから選手へのチェックもやり直して、後は残り数十秒の試合を終わらせるだけだったのに、そこから失点しやがった! ガッデム!」


川; ゚ A゚ノ|「リーグカップ決勝であたる相手なんでしょう? 大丈夫なんですかこれで」


(´・ω・`)「ちくしょう、不安だ。やはり甘くはないか。とはいえベストメンバーでこれだ。どうするかなぁ」


06_201311280909417fc.png


(・ω・)「スウォンジー戦は特に言うことは無い。アカシオが負傷でカップ戦決勝に間に合わないのがちょっと残念だ」


川 ゚ A゚ノ|「シュート数16本で1点ですか」


(´・ω・`)「まあそんなこともあるさ。しかしマケイブの代わりにレジスタに入れているクラーソンのパス成功率が低いなぁ。ちゃんとマケイブに代わる中盤の底を獲得しないとね」





(・ω・)「ダービーの前に、紹介しておくことを紹介しておきたい。久々の日記なのでまだ構成がうまくいってないな」


07_2013112809224981b.png


(・ω・)「FAカップ初戦の結果だ」


川 ゚ A゚ノ|「……負けてるじゃないですか」


(´・ω・`)「相手は3部だし、リザーブの選手をデビューさせて軽くひねろうと思ったら、逆転負けをしてしまった。放り込み戦術の練習にと、身長2m超えのディアロめがけてクロスを上げさせまくる選手指示設定をしていたのだが、先制点は狙い通りにオルセン(あのクロスのやたら駄目な新人)のクロスをディアロがヘッドで押し込んだ。これぞノッポの有効活用。これまでの試合では見なかったゴールパターンだ。そこまでは良かった。しかしその後が続かない。3部相手だから超攻撃的でいいだろうと攻めさせまくってみたのも悪かったのか、なんか普通に崩されて逆転負けしてしまった」


川; ゚ A゚ノ|「戦術ミスもあったんでしょうけれど、長身選手をうまく使う方法がいまだに見つかりませんね」


(・ω・`)「その片鱗は見えたんだが、後にユースの2m超え選手であるエアースやロワゼルが成長した時にどうするかな。ディアロもある程度使えるようになって欲しいんだが」


08_20131128092905db7.png


(`・ω・´)「で、今のうちに言っておくが、このブリューは使ってみたらクソだったことが判明したので来季には売る!」


川; ゚ ー゚ノ|「マイナー国籍だからと浮かれてたじゃないですか」


(´・ω・`)「コメントでも彼の活躍を期待されていたんだが、こいつは台所事情で中盤の右サイドでローテーションで使ってたんだけど、ディフェンスラインからのビルドアップの単純なパスを、気付かずロストするというチョンボを3回はやらかした。英語が出来るからコミュニケーションと連携は大丈夫なはずなのにこれだ。お前の代わりはいるからもういいよ」


川; ゚ A゚ノ|「ひ、ひどい」


09_201311280936307f1.png


(・ω・)「で、前回は言い忘れていたが、その『右のハードワーカー』の後釜として育てるつもりなのが彼だ」


川 ゚ ー゚ノ|「運動量が高いですね」


(・ω・)「前回、俺は自分の戦術を発見したと言ったな? それに合わせて後の補強を考えていたんだが、そこでこいつがうまい具合に右のハードワーカー候補としてすでに存在していたことに気付いた。すでに手に入れていたんだ。中盤からディフェンスまで出来る選手として獲ったんだが、今までディフェンスとして育てるためにディフェンダーの練習をさせてしまっていた。それをハードワーカー練習に切り替えた。スタミナとドリブルが低いのが問題点だが、まだ若いしこれから伸びてくれるだろう。期待しているぞ(`・ω・´)!」





スティール・シティ・ダービー


13_20131128095842624.png


(`・ω・´)「さあダービーだ! ホームアンドアウェーとはいえ、ダービーだからな、どちらも落とせん!」


川 ゚ 0゚ノノ「やっつけてやりましょう!」


(`・ω・´)「まずはこちらのホームからだ。ここでしっかり得点差をつけておきたい!」


10_201311280945209d2.png


川 ゚ ∀゚ノノ「『ライバルにほどこしをするつもりはない』!(キリッ」


(`・ω・´)「ベストメンバーで挑む。勝ってこい!」










11_20131128094657882.png


12_20131128094759785.png


(´ω`)「ロングスローからの1点しか取れませんでした……


川# ゚ Д゚ノ|「何をやってるんですか! 相手は2部で下位に沈んでいるチームですよ!? ホームなんですよ!? もっと点差をつけられたはずでしょう!」


(・ω・`;)「ま、まずいぞ。まさかアウェーで逆転されないよな?」


川* ゚ ー゚ノ|「むしろ相手のホームで大量点を取って、敵のファンを絶望のズンドコに落としてあげましょう」


(´・ω・`)「君、結構攻撃的だよね。まあ選手も同様で、シュマイケルとか試合中ずっと攻撃的だったんだけどさ」


川 ゚ Д゚ノノ「選手が気合を入れなくてどうします! それぞダービーです!」


(`・ω・´)「ムムッ、そうだな。1-0とはいえダービーの勝利でサポーターの喜びもMAXだ。監督の俺たちも気合を入れていかないとな! 次はアウェーだ! ここも絶対に勝ちに行く! 勝ちにいかなきゃ点差をひっくり返される! そんなのいやだ! 勝つぞ! 勝つぞ!」


川; ゚ A゚ノ|「強気なんだか弱気なんだか」


14_20131128100431f98.png


15_20131128100454b9b.png


川 ゚ Д゚ノノ「『ライバルにほどこしをするつもりはない』!(キリッ」


(´・人・`)「お願いします勝たせてください勝たせてくださいお願いします」


川# ゚ Д゚ノ|「多少荒くなっても構わないわ! 攻撃的な精神で相手をぶっちのめすのよ!」


(´・ω・` )「なにこの人怖い」


川# ゚ 0゚ノノ「行っけー!!!」










16_2013112810101172c.png


17_20131128101052dc0.png


川* ゚ ∀゚ノ|「キタワァ*・゜・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜・*


(;`・ω・´)「よーし! よくしのぎきった!


川 ゚ A゚ノ|「え? しのぎきる? そういえばこの得点経過……」


(`・ω・´)「前半で2-0だったので、後半は最初から超守備的で試合を潰しに行った。そこから主導権を握られて同点に追いつかれるも、ロスタイム弾で引き離したぜ! いやーあそこで逆転されてたら危なかったよ(´ω`)」


川# ゚ Д゚ノ|「どこまで弱気なんですかあなたは!」


(´・ω・`;)「い、い、いいじゃない勝てたんだから! サポーターも100点満点の満足度だし、終わりよければすべてよしさ!」


川* ゚ ー゚ノ|「まあいいです。これでわたしたちは……」


18_201311281018022c7.png


川* ゚ ∀゚ノ|「ついに決勝進出ですよ!」


(`・ω・´)「とうとうここまで来たな。リセットで調整してチェルシーを倒しているとはいえ、それ以外は全部自力勝利だ」


川 ゚ ー゚ノ|「チェルシー以外は全部2部以下のクラブでしたけどね」


(・ω・)「抽選に恵まれたなぁ。しかしそれもまた勝負だ。さあ決勝はWBAだぞ! 強敵だ! 万全を期して挑んで……(`・ω・´)」










19_20131128102113b4b.png


20_20131128102149915.png


( ゚Д゚ ) 


川 ゚ Д゚ノ 


( ゚Д゚ )「……あれ……決勝の相手はレスター……? WBAは……?」


川# ゚ Д゚ノ|「あーっ! さてはまたリセットしたでしょう!」


(;`・Д・´)「してねーよハゲ! マジでレスターが勝ち上がってきたんだよ!」


川; ゚ A゚ノ|「てっきりマンUを倒したWBAだと思ってたのに、最後まで2部クラブが相手ですか」


(;`・ω・´)「試合結果を見ると、2-3、2-0、合計4-3で勝ち上がってきている。まさかレスターが決勝の相手とは」


川; ゚ ー゚ノ|「この決勝で一旦最終回なんですよね? ぬるすぎませんか」


(´・ω・`)「これで負けたら恥なんてもんじゃないぞ。なんだか逆にプレッシャーがかかってきた」


川 ゚ 0゚ノノ「しかしこれで優勝の可能性がぐっと上がりました! 有終の美を飾りましょう!」


(`・ω・´)「勝てるだろうか。勝ちたい! それじゃ、次回は決勝前まで進めます!」(続く)