Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(^ω^)「おいすー^^」


川 ゚ ー゚ノ|「久々の更新ですね……って、なんですかこのタイトルは川; ゚ Д゚ノ|」


(・ω・)「文字通りだ。このブログはそろそろ最終回を迎える」


川 ゚ A゚ノ|「終わっちゃうんですか?」


(´ω`)「あくまで『一旦』最終回にしよう、ということだ。俺たちって、もうすぐリーグカップ優勝かもしれないってところに来てるじゃない? 前に言った通り、何かタイトルを獲得できれば区切りにしようとは思っていた。そもそも俺はゲームが下手なので、勝ち上がることが出来ないし、ゲームを進めるのも遅いから、さくさく先へ進むことも出来ない。新作であるFM2014も発売されて1か月くらい経つ。最近ちらほら更新が止まっているFMブログがあるけれど、あれはFM2014の肩慣らしの最中だからだと思うんだよね。そんな感じで、俺みたいに、ろくに勝ち進めもせず、だから他人の攻略の役にもあまり立たず、おまけに更新も遅いなんてFM2013日記ブログが続く価値は、もうあまり無いと思ったんだ」


川 ゚ ー゚ノ|「ウチもFM2014を始めればいいじゃないですか」


(・ω・)「そのつもりは無い。FM2013でおしまいだ。というのも、どうもFM2014ってさらに難しいらしいんだよ。このブログで何度か名前を出した、FMプレイをしているニコ生主のばんぐさんが、『昇格とか無理><』とツイッターで悲鳴を上げている。だから俺にとってはゲームというより苦行になるはずだ。とても日記を書ける余裕は無いだろう。このFM2013プレイだって軌道に乗るまでたくさんの悪戦苦闘の数々があって、勝てるようになるまで本当に長かっただろう? あれを繰り返す気はさすがに起きないよ。だいたいこのウェンズデイプレイはどうなる。まだ3年目だぞ。俺はまだ続けるつもりだし、実はさらに、ちょっと別のクラブでプレイしてみたくもなってきてるんだ」


川; ゚ A゚ノ|「FM2014をみんな遊んでいるのに、FM2013でまた別のプレイをしようとしているんですか」


(´ω`)「俺にとっては、新作より、まだFM2013を遊び足りない感じなんだよ。だから俺はこのままFM2013を続けるつもりだ。しかし需要が無いのは分かっている。そこで、リーグカップのタイトルの獲得を目指すこの段階を区切りに、一旦最終回という形でこのブログにも区切りをつけたい」


川 ゚ A゚ノ|「じゃあこのブログの更新はおしまいですか」


(・ω・)「いや、今後もブログタイトル通り、FM2013を遊んだら、たまにそのプレイ日記を書きたいなとは思っている。今回久々にゲームを遊んで、やっぱり楽しいな、それを日記に書くのも楽しいな、と思ったので、ブログは続けたい気持ちだ。ただ、それはもう完全に俺の自己満足になるはずだ。みんな欲しいのはFM2014の日記や情報のはずだからね。だから、今後続くのは、あくまで俺の自己満足ブログですと割り切る意味で、リーグカップ戦を区切りに最終回にしたい」


川 ゚ ー゚ノ|「なるほど。……でも、そこまで言うからにはリーグカップを優勝出来るんですよね川 ゚ A゚ノ|?」


(´・ω・`)「ウウッ。有終の美と行きたいが、果たして……」





前半戦の個人成績

01a_20131126093255368.png
02_201311260933088a7.png


(・ω・)「リーグ前半戦の個人成績だ。獲得時に『こいつに賭けている』と言ったイヴァノフが最多の4回のMOMの活躍で嬉しい。そして得点だが、意外なことにコリーがA・B・ジョンソンと同じ6点だ。セットプレー、特にロングスローをこいつがよく叩き込むのである。おかげで助かっている。他にもランパードが3得点だが、いい時に点を取ってくれてる印象だ。イングランド屈指の得点力は衰えていない。まだまだやれるな」





1月の移籍


03_201311260949380c9.png


(・ω・)「ボスマン移籍の時期になった。というわけで、どう選手補強するかで悩んで、ちょっと億劫でゲームに手が伸びなかったよ(´ω`)」


川 ゚ ー゚ノ|「あっ、強いと評判のボニー選手が獲得可能なボスマン選手のトップにいるじゃないですか」


04_20131126095318c94.png


川 ゚ ∀゚ノ|「FMブログのめざまし日記さんが大金をかけて獲得されてた選手が今なら移籍金無しのボスマンで獲れますよ!」


(・ω・)「ああ、彼はスルーした


川; ゚ Д゚ノ|「そんな!? どうして!?」


(・ω・`)「理由は三つある。一つ。まず、このフィジカルばかりに特化した彼が、ウチの戦術の『センターフォワード』で機能するか自信が無かったからだ。というのもこいつの適正はスカウトによると『ポーチャー』なのである。微妙にパス能力が低いだろう? 試合の組み立てに参加せず、ボールをゴールへ押し込む仕事だけしかしないポーチャーを1トップで使うのは怖い。年齢と潜在能力を比べれば優位なのは分かってるんだが、コストパフォーマンス的にまだサリヒを使う方がいいかなと思って。そもそもウチの1トップはA・B・ジョンソンをスタメンで使うと縛って決めているわけだしね。買っても後半からの出場になるし、それにしては勝利意欲が物足りない。ビハインド時の頑張りがサリヒより低そうだ。二つ。やはり年俸が高くつく(といっても、めざましさんがかけたほどじゃない。2億くらい)。トッテナムが目をつけているんだが、一番目の理由で、獲得競争で金を積むほどじゃないかなと思って。そして三つ目の理由だが、他の人が使っている選手を使うなんてなんだか面白くないじゃないか(`・ω・´)」


川 ゚ A゚ノ|「もったいないなぁ。こんないい選手が移籍市場に出る機会はめったにないと思いますよ」


(・ω・)「まあいいさ。結局ウチは、現在使っているフォーメーションに適した若手を3人ほど他クラブのユースから引っこ抜いて、あと右サイドバックがヴァンデン・ボーレでは不安だったので代わりをボスマンで獲得するに留めた」


05_20131126101125fd8.png


(・ω・)「ユースから引っこ抜いたのは、右のトップ下でカラバの後釜に座って欲しい彼と、」


06_201311261012170fe.png


(・ω・)「貴重な『左利きのトップ下』として青田買いした彼と、」


07_20131126101308e91.png


(´・ω・`)「貴重な『左利きで運動量が高い』、将来のハードワーカー候補の彼なんだが、この最後の彼は失敗だったかなぁ。グラフが青田買いするには小さすぎる。いや潜在能力はPA150以上あるんだが、そこまで育てるのに何年かかるんだ、俺は何年プレイする気なんだ。でもなぁ、左利きのハードワーカーでそこそこの若手が他にいたんだけどさ、そいつは獲得交渉に5億近くかかって手を引いたんだよね。じゃあ青田買いでこいつを安くキープしておいて良かったかなとも思う。思うんだけど、でもこんなに現在能力が低いんじゃなぁ、育つかなぁ、育てるまで何年かかるやら」


川 ゚ A゚ノ|「愚痴が多いですよ。そんなに買ったことを後悔してるんですか」


(´・ω・`)「うーん、うーん、買って正解だったか失敗だったか、うーん」


08_201311261024337be.png


(・ω・)「ヴァンデン・ボーレの代わりにボスマンで来季加入するのが彼である。久しぶりの再会だ」


川 ゚ A゚ノ|「……? 誰でしたっけ?」


(`・ω・´)「覚えてないのか。このブログが始まったばかり、あのFM2012時代に最初に獲得したバンダロフスキだよ」


川 ゚ Д゚ノ|「ああ! あのとても安かった彼ですか! 顔写真が変わっているので気づきませんでした」


(・ω・)「見つけた時に、よし、彼を使ってもう一度プレイしよう、と決めたよ。懐かしの彼を最低でも1年は使おう。こんなのもFMプレイの醍醐味の一つだね」


09_201311261051590a2.png


(・ω・)「最後に、移籍市場が開く前から交渉して獲得が決定していて冬から加入するのが彼だ」


川* ゚ ー゚ノ|「すごく能力が高いですね!」


(`・ω・´)「彼とタグリアフィコがいれば、もう左サイドバックは極端な話10年は補強の必要が無いだろう。彼はヨーロッパリーグをスカウティングさせていて見つけた。イブラヒモビッチを輩出したスウェーデンのマルメFFで若くして年間最優秀選手に選ばれている。掘り出し物だった。ツールではピンポイントで見つけるなんて難しかっただろう。スカウトの活用の重要性を再確認するね。19歳で国内育成にならないのがちょっと残念と言えば残念だが、確かな実績を積み成長してくれていたので良しとしよう」


川 ゚ A゚ノ|「残念と言えば、サイドバックなのにクロスがとても低いのが残念ですね」


(・ω・)「ウチは戦術的に放り込みをしないので、そこまで困らないだろう。しかし出来るにこしたことはないので、重点的に練習させてみるよ。そして彼を獲得していたおかげで、1月は助かることになる。マシレラがアフリカネイションズカップに出かけてしまって左サイドバックがタグリアフィコしかいなくなってしまったからだ。アフリカンの選手はやはり迂闊に手を出すもんじゃないかな(・ω・`)」





選手獲得過程


(・ω・)「で、毎回そうなんだが、移籍期間に誰を獲得するかは毎度毎度悩む。しかし3年目ともなって既存の戦力も若く安定してきたし、フォーメーションも決まってきたので、今回はある程度ささっと済ませた」


川 ゚ ー゚ノ|「自分は神経質だと繰り返しおっしゃっていましたけど、やはり選手選びに時間をかけてるんですね。それが今回は手早く済んだと」


(・ω・)「うむ、3年目ともなって、必要な選手もめどが付き、フォーメーションも固定されてきたから必要な選手と必要な能力というのも分かってきた。つまり選手を選別する基準が出来たので、逆にそこまでいちいち細かく選手を探しても疲ればかりがたまると思ったんだ。それでも効率的に選手はゲットしたいので、時間はかかったし、労力を思うと気が重くてなかなか手をつけられなかったけどね」


1○右サイドバックのローテーション要員
2○左利きの若いセンターバック
3○左利きの若いハードワーカー
4○左利きのトップ下
5○もっといいストライカー


(・ω・)「探したのはこんな選手だ。まず、ゴールキーパーは補強の必要が無い。シュマイケルにマカランバイに若手のターナーがいたしね。なんでもかんでも有望選手をかき集めたところで使いきれなければ意味が無い。FM2012時代あたりはそのへんが分からず、安くて潜在能力の高い若手は無条件でかき集めようとしていた。今更ながら少しは俺も成長したというか、見切る決断力がついてきた」


川 ゚ ー゚ノ|「プレミアでは登録可能な選手も25人と決まっていますしね。多すぎても困ります」


(・ω・)「で、それじゃ現有戦力の穴はどこかと言えば、これらになる。まず1の右サイドバック。ディアザヤカナと、リザーブに若手が一人いるので、あとはヴァンデン・ボーレより頼りになるローテーション要員が必要だった。これを選手検索欄で探してバンダロフスキを見つけた。2は、センターバックの若手は右利きが二人しかいなかったので、左利きが欲しかったのである。しかしこれはツールを使ってもめぼしいのが見つからなかった。即戦力の左利きでは試合に出さねばならず選力が余るので必要ないから最初から探さなかった。だんだん選手選びのコツが分かってきた一例だ。3は、ウチのフォーメーションでは運動量の高いハードワーカーが肝で、現有戦力ではコリーしかいないので探す必要があった。これを選手検索欄から、さっき紹介した彼を見つけた。これは若手でいい。即戦力は、一応チカが控えでいるし、今すぐ獲得する必要は無いからな。4は、左利きのトップ下はマテウスとB・ゴンザレスがいるんだが、B・ゴンザレスがまだ成長過程なので、即戦力のローテーション要員が欲しかったのである。しかしボスマンではいい選手が見つからず、じゃあ来年もラフィーニャのようにレンタルで穴埋めしようと……Σ(´ ゚ω゚` )」


川 ゚ A゚ノ|「どうされたんですか?」


(`・ω・´)「この記事、ゲームを起動させながら書いてるんだけど、今ふと検索欄で探したら、いい左利きのトップ下でしかも安いのがボスマンでいたわ。後でオファー出すわ」


川; ゚ Д゚ノ|「全然ちゃんと探してないじゃないですか」


(´・ω・`)「神経質にいちいち探すのやめようとして、逆に気を抜きすぎたか。最後に5のストライカーだが、サリヒもマイヤーホーファーももう歳だ。特にマイヤーホーファーは、俺が放り込み戦術を確立できていないせいで無用の長物と化している。そこで探したんだが、めぼしいのが見つからなかった。そこでこの冬には無理に獲得しないことにした。今季は中位の成績は上げられそうで、しかもどんどんクラブ利益も増えている。来季は獲得可能な選手も広がるだろう。その時に改めて探せばいいと判断した」


川 ゚ A゚ノ|「……あの、それで、結局このエントリーって何が言いたいんですか?」


(・ω・)「つまりだ。繰り返しになるが、3年目ともなって補強ポイントが明確になると、しっかり広範囲のスカウトと契約しておけば、選手検索欄からのリサーチだけでも十分補強選手が見つかるようになるということだ」


川 ゚ ー゚ノ|「ああ、ツールで探す必要が無くなったという報告だったんですね。ようやくツールプレイから脱却してくださったんですね」


( ゚ω゚ )「というのは嘘で、ちゃんとツールでも選手を探した」


川; ゚ Д゚ノ|「またそういうことを!」


(・ω・)「探し方は以下だ」


10b.png


(・ω・)「これはFM Genie Scoutを使って、潜在能力140以上の『契約切れ』の選手の一覧を表示させている。この『契約切れ』とは、要するに『ユースから引っこ抜ける選手』の一覧である。ここからさっき紹介したトップ下の若手を選び出した。補償金がかかるが、プレミアに上がり移籍金に余裕のある今なら手を出せる。去年は安いアカシオをこれで見つけた。他に『18歳以下の潜在能力140以上』で探しもしたが、やはりこれは多額の移籍金がかかるので、まだウチがビッグクラブでないこともあり、お金が足りず選手も移籍を望んでくれない。初年度のマテウスのように掘り出し物が見つかる時もあるけどね。そして現有戦力の穴埋めをボスマンを表示させて一応チェックする。でも潜在能力140以上とか国内育成目当てに18歳以下とか制限をつけると、ツールに頼りすぎてうっかり見過ごしてしまう選手もいるから注意だよね。さっき紹介したオルセンとか、さっき見つけた左利きのトップ下とか、俺がいつもやるこの条件じゃ引っ掛からないもの。それにしてもブラジル人が多すぎる。労働許可が降りないから検索に引っ掛かっても困るな。それに18歳にならないと移籍できないし」


川 ゚ A゚ノ|「今のはいつかも聞いた説明ですよ。それに4万人も選手がいると検索制限をつけないときりがないですよ。移籍市場が開くたびに全部チェックするのは無理です。ベストよりベターで我慢しましょう」


(・ω・)「しかし、実は結構簡単に有望選手をここから探し出す方法があるらしいと知った」


川 ゚ Д゚ノ|「そうなんですか?」


(`・ω・´)「このツールを使って選手を探す時に困るのは、これら現在能力(CA)と潜在能力(PA)が、例え数値が高くても能力の数値に必ずしも高く割り振られていないので、いちいちスキルやメンタルの数値やグラフを確認するためにゲームでもチェックしないといけないことだった。これがひどく手間がかかる。しかし、さっき引き合いに出しためざまし日記さんによれば、これはツールの『Rating』の項目をチェックすることで、だいたいのめどがつくらしい。『Rating』とは、この日本語化されたツールでは、おそらく右端の『ベスト評価』『ベスト潜在評価』のことだ。これが高いと有望だし有望に育つということのようだ。詳しくはリンク先のめざましさんの記事を参照して欲しい。最初に『選手探しはある程度ささっと済ませた』と言ったが、この方法で俺は若手を選び出したというわけだ」


川; ゚ A゚ノ|「ツールの使い方もコツがあるということですね。しかしそうまでして損せずいい選手が欲しいのかと」


(・ω・)「欲しいね。誰だってそうだろう? それじゃ獲得選手選びの話は以上だ。次は戦術の話を少ししたい」





戦術(フォーメーション)の話


サッカーフォーメーション研究所


(・ω・)「こんなサイトがある。実は割と前から週末ジレンマさんを通じて知っていたのだけれど、だいたいを読み終わるまで時間がかかって紹介できていなかった。この日記の方は『試合はフォーメーションの使い分けで勝てる』という考察をされている人で、リンク先のページでは、ちょうどその戦術の紹介が軽くなされている。簡単に説明すれば、『相手攻撃陣より人数の多い守備陣、相手守備陣より人数の多い攻撃陣になるように、相手のフォーメーションに応じてフォーメーションを使い分ければ勝つ』という主張だ」


川 ゚ A゚ノ|「……この方、ウェンズデイでプレイされてますけど、『ウェンズデイでブログを書いている人がいて難しいらしいので挑戦してみた』と言われてますが、もしかして……」


(・ω・)「たぶん俺たちのことだろうな」


川* ゚ A゚ノ|「な、なんだか恥ずかしいですね」


(´・ω・`)「そして俺たちとしては悲しいことに、この方はその戦術理論であっという間にCL挑戦まで上り詰めている」


川; ゚ Д゚ノ|「わたしたちがどれだけ下手かという話じゃないですか!」


(・ω・)「ノーリセットではないところが唯一の救いだな。しかし、俺は興味深く拝見した。というのもだ、俺がこれまで見て回ってきたFMブログでは、どこも『一つの決まったフォーメーション』で戦い抜いていたので、『フォーメーションを使い分けて勝つ』という発想が今まで生まれなかったのである。例えばここ」


( ´∀`)ノFM日記さん


(・ω・)「現在、最新のFM2014のプレイ日記をサクサク更新されている方だ。この方は基本的に、アンカーとウイングを置いた4-1-2-2-1でプレイされている。そして、とんでもなく強い。ほぼ無敗である。いったいどうやったらあんなに勝てるんだ。他のFMブログでも、この4-1-2-2-1を採用しているところは多い。だから俺はこのゲームを始めたばかりの頃にそういったブログを見て回って、なるほど、このFMというゲームには必勝のフォーメーションみたいなものがあるんだな、と思っていた。でも俺はプレミア厨だから4-4-2でやってやるぜ、みたいなことを考えつつこのゲームを遊び始めたんだ。このブログが始まったばかりのFM2012のプレイ日記の頃みたいにね」


川 ゚ ー゚ノ|「つまり、新たな知見が広がって、これからはもっとフォーメーションを使い分けると」


(・ω・)「いや?」


川 ゚ A゚ノ|「え?」


(`・ω・´)「フォーメーションを複数使い分けるなんて、俺の貧弱な脳みそが耐えられるわけないじゃないか!


川; ゚ A゚ノ|「自慢げに言うことじゃないですよ」


(・ω・)「そうではなく、フォーメーションにはいろんな組み合わせがあるということだ。それぞれに意図があるのである。ところで俺たちはクリスマスツリーの4-3-2-1を使っているな?」


川 ゚ ー゚ノ|「そうですね。紆余曲折の末にそうなりました。今のところプレミアでも、他のプレイ日記のみなさんほど強くはないですが、そこそこ通用しています」


(`・ω・´)「では俺たちの戦術にはどんな意図があったのか、その再確認をさせてくれるのがこのブログである」


サッカー店長のつれづれなる日記 ~戦術は浪曼だ!~


(・ω・)「上に紹介したサッカーフォーメーション研究所の方が日記内でリンクを貼られていたので知った。実際の試合の展開を解説され、何が良くて何が駄目だったのか分かりやすく説明してくれる。面白いぞ。しかしだ、いくつか記事を読んだところ、結局この方が試合展開で解説するところは大きく分けて二つである。それは『プレス』と『ビルドアップ』だ」


川 ゚ A゚ノ|「『プレス』と『ビルドアップ』?」


(`・ω・´)「相手にボールを前へ運ばせないための『プレス』と、自分たちがボールを前へ運ぶための『ビルドアップ』である。詳しくは実際に日記を読んでいただきたい。そしてそれはまさに、俺たちが試行錯誤の末にたどり着いたクリスマスツリー戦術を採用する意図そのものだったのだ」


戦術の遍歴


11_201311261814265e0.png


(・ω・)「これまでの戦術の試行錯誤を振り返ろう。まず、これはFM2013ウェンズデイプレイの最初に採用したフォーメーションである。今見ると、とりあえず並べてみましたという感じで、全然意図や試合でのイメージを考えていないことが分かる」


12_201311261818085d3.png


(;`・ω・´)「そしてそれが通用せず、必死になってバーンリー戦160本ノックで作ったのがこの戦術だ。しかしこれまた160回も試合をしたかいがなく通用しなかった。今見ると、いかにゴリ押しな戦術か分かる。唯一、今に至るまで有益だった発見は、相手を崩すにはコントロール戦術が有効なのだと気付いたことだったな」


13_20131126182429419.png


(・ω・)「これは過去の日記から引っ張り出してきた画像だが、これがこの戦術の問題点だった『プレス』と『ビルドアップ』の説明である。『ボールを敵陣に持ち込もうとサイドバックがウイングにパスしたらすぐに寄せられてボールを奪われる』という、『敵のプレス』で『味方のビルドアップ』を阻止される図だ。サッカー店長のつれづれなる日記では、これこそが現代サッカーの攻防だと解説されている。そうなのだ、俺も同じ問題点にぶちあたっていたのである。そこで俺は解決策として、『サイドハーフのドリブルは捨ててパスで崩す』ことを選択する。サイドハーフやウイングを一切信用しないことに決めたのだ」


川 ゚ A゚ノ|「他のFM日記の方たちがウインガーで勝っているというのに、真逆の発想をしたわけですね」


(´・ω・`)「160回も試合を重ねて作った戦術でこのシーンをやたら見た結果、俺はほとほとドリブラーの採用に嫌気がさしたのである」


14_20131126183355bc0.png


(・ω・)「そして俺はこのサイトからダウンロードした戦術を元にアレンジしたショートパス戦術を採用し、マケイブというレジスタの存在を発見する。中盤の底でボールを散らすリンクマンの存在に気付くわけだ」


16_201311261852181f3.png


(`・ω・´)「パス能力の高い彼を中盤の底に置くことで、ショートパスで『ビルドアップ』するパターンが出来上がったわけである


15_20131126185638f63.png


(・ω・)「さらに、このゲームでは選手の動きは与えた役割の説明文に従うという発見を元にさらにアレンジし、」


17_20131126185920af2.png


(`・ω・´)「中盤の底から前線へとボールを渡すために、クリスマスツリーを採用した」










19_20131126190845edd.png


(`・ω・´)「結果、出来上がったのが、現在採用しているこの4-3-2-1クリスマスツリーである。レジスタをリンクマンとしてここから『ビルドアップ』を図り、中盤のボールを前線へ渡すためにチャンスメイカーに動き回らせ、ハードワーカーにBox to Box、いわゆる味方のペナルティエリアから敵陣のペナルティエリアまで駆けずり回らせて攻撃と守備とボールのつなぎを同時に担当させる。この結果、『ビルドアップ』の最中に敵の『プレス』でボールを奪われるというシーンは、ノーマルで試合観戦している限り、まず見なくなった。俺は現代サッカーに勝利した! 第三部完!」


川; ゚ Д゚ノ|「いやいやいや何を言ってるんですか」


(・ω・)「つまりだ、こうして紆余曲折の末に作り上げたこのクリスマスツリーは、戦術的に、現代サッカー的に、『理に適っている』のである。そのことに気付いた時、俺は自分でも知らないうちに、『自分の戦術を作り上げる』という一つの達成を成し遂げていたことを知った。3年目にして、気付けば俺は『監督』になれていたのだ(`;ω;´)」


川 ゚ A゚ノ|「よく分かりません」


(´・ω・`)「……人がせっかく自分に酔ってる時に水を差さないでくれる?」


川; ゚ A゚ノ|「自分に酔ってたんですか。結局どういう話なんです?」


(`・ω・´)「今まで、俺は試合に勝利するにはどうすればいいか、それだけを気にして右往左往していた。しかし実は、俺は新たなステージに進んでいた。自分の戦術を手に入れていた。そして自分の戦術を生かす選手を揃えていたんだ。そのことに気付いて、俺はこのゲームが以前よりもっと楽しくなった。『効率のいい攻略法』や『強い能力の選手を揃える』といったゲーム的要素より一歩深い、『自分らしさ』の発見があったんだ。この戦術は別に最強のフォーメーションでもなんでもない。普通に負ける。他にFM日記でクリスマスツリーを使ってる人なんて見たことない。でもこの戦術には俺の試行錯誤の跡がある。俺自身の『やりこみ』の跡がある。これをもっともっと『やりこみ』たい。強くしてみたい。通用しなくなる時も来るだろう。そしたら、もっと別の形も『やりこみ』たい。そう思えるようになったんだ」


川 ゚ ー゚ノ|「前回の日記で言っていた、楽しくなってきたというのはそういうことですか」


(`・ω・´)「このゲームの『やりこみ』の先にあるものが見えたんだ。俺は今回の記事で、何度も『今の戦術に当てはめて選手を獲得する』と言っている。それはこの戦術をもっと『やりこみ』たいからだ。そして最初に『他のクラブでもプレイしてみたい』と言った。『FM2013をまだ続けたい』と言った。それは他の戦術でも同様に『やりこみ』たいからだ。一度捨てたウインガー戦術だって、今なら『やりこみ』たい気持ちがある。ただ勝つ以外の楽しみが見えてきたんだ。このゲームはまだまだ、面白い!


川 ゚ ∀゚ノ|「でもその楽しさも、プレミア昇格の苦しみからリセットで解放されたからですよね?


(´;ω;`)「せっかくいい話をしてるのになんでそこでそんな台無しなことを言うわけ君は?













(・ω・)「……言いたいことは言えたかな。それじゃ今回の日記はこれで終わりだ」


川 ゚ A゚ノ|「日記って、1試合も進んでないじゃないですか」


(´・ω・`)「いやー、なんか言いたいこと言ってたら試合まで進まなかったよ」


川 ゚ ー゚ノ|「しかし今回の記事って、きっとFMをやりこんでいる方たちからすれば分かりきったことばかりなんじゃないですか?」


(´・ω・`*)「きっとそうだろうね。恥ずかしいなぁ」


川 ゚ A゚ノ|「……でも、リーグカップが終わればこのブログも最終回ですか」


(・ω・)「あくまで一旦、だけどね。たまには普通に更新するよ。特に何も変わらないと思うよ。ただ、いつまでも続ける気も無かったしね。それをちゃんと言っておきたいと思ってた。いい頃合いじゃないかな」


川 ゚ ー゚ノ|「チャンピオンズリーグには全然及びませんが、ついに手が届きかけているタイトルです。勝ちたいですね、リーグカップ」


(´ω`)「下手くそな俺にしてはそれでも十分上出来だよ。それじゃ、また次回!(^ω^)ノシ」


スポンサーサイト

01_20131115204946286.png


(・ω・)「12月の頭に行われるリーグカップの準々決勝の組み合わせだ」


川 ゚ A゚ノ|「アウェーのチェルシー戦ですから、私たちはここで敗退ですね」


(・ω・)「出場させるのもサブの予定で、その通り諦めていた。しかしだ。試合日はばらけていて、俺たちの試合が一番最後になった。そして先を進めていたら、マンUがWBAに大量得点で敗北していた」


川 ゚ 0゚ノ|「おおー。やりますねWBA。アウェーでマンU相手に」


(`・ ω・´)「そこでだ。俺は閃いた。実はこの組み合わせ、ベスト4で『ある形』が出来るのではないか?」


川 ゚ A゚ノ|「?」


(`・ω・´)「というわけでリーグカップ準々決勝は結果を調整し、アウェーのチェルシー戦は勝てるまでリセットした


川; ゚ Д゚ノ|「ええっ!? 何してるんですか! 駄目ですよそんなことしちゃ!」


(`・ω・´)「まあいいから、とにかく話を進めるぞ」


キャピタル・ワン・カップ準々決勝チェルシー戦(アウェー)

 ・1試合目 0-3 敗北
 ・2試合目 0-2 敗北
 ・3試合目 0-1 敗北
 ・4試合目 0-1 敗北
 ・5試合目 0-1 敗北

 ・6試合目


02_201311152059575af.png


(´ω`)「6試合目でようやく点が入り延長の末に勝てた。5試合目まではどうやってたかもう忘れたのだが、この6試合目では最初から超守備的で試合を進めた。それほどチェルシーは強いのだ。カップ戦なのでチェルシーは2軍という感じなのだがそれでも個々の能力は強く、ケーヒル、アレックス・ソング、ラミレス、ドグラス・コスタ、オスカル、ルカクと、これでローテーション要員だってんだからたまったもんじゃない。あと、この試合は6回もしたのではっきり実感したのだが、なぜか妙に攻守の入れ替わりのスピードが速かった。レギュラーより一枚落ちるサブではがっぷり四つでまともに戦うのは厳しい。ビッグクラブとの差を痛感した。しかし収穫とは言わないまでも、強豪相手のアウェーなら最初から超守備的もありかなとは思った」


川# ゚ ー゚ノ|「それで、そうまでして勝ったのはなんのためですか」


(・ω・)「この結果と調整による、ベスト4の組み合わせがこれである」


03_20131115211250d76.png


川 ゚ 0゚ノ|「あっ!」


(`・ω・´)「ベスト4のホーム&アウェーでスティールシティ・ダービーが実現した


川 ゚ Д゚ノ|「なるほど、これをやりたかったんですね」


(`・ω・´)「シェフィールド・ユナイテッドと2回も勝ち残りをかけて戦える。これは俺的にも日記的にも盛り上がりを作れておいしい」


川 ゚ A゚ノ|「でもリセットですよね?」


(´・ω・`)「まあね。俺もぶっちゃけ心にわだかまりが結構残った。しかしせっかくここまであっちも勝ち上がってきていたのだから、この機会を作らないのももったいないじゃないか。前回の記事のトーンで分かる通り、ここから先は見どころの薄い日記になるなぁと自分で思っていたところだったんだ。そこへこのイベントである。少なくとも来月は見どころがあるぞ。我らがウェンズデイのダービー戦にご期待ください(`・ω・´)!」


川 ゚ Д゚ノ|「それどころか、これって優勝も十分に狙える組み合わせなんじゃないですか? もうビッグクラブはいませんよ」


(`・ω・´)「早くも訪れたゲームの一区切りの目標であるカップ戦優勝の機会である」


川 ゚ A゚ノ|「ダービーを勝ち上がると、相手はWBAかレスター……ぬるすぎませんか」


(´・ω・`)「WBAに関しては俺に責任はないぞ。リセットしても高確率でマンUが普通に負けてたんだもん。しかしレスターをアーセナルに勝たせたのはやりすぎだったかなぁ。これで一気に優勝の難易度が下がった。とはいえそのWBAは侮れない相手だ。繰り返すが、アウェーでマンUをフルボッコにできるチームなのである。リーグ戦の対戦でも俺たちは負けている。負けが濃厚な相手ではないが、厳しい相手であることに違いは無い」


川 ゚ ー゚ノ|「他のFM日記さんだったらこの時点で優勝は確実と見るでしょう。プレイヤーとして、私たちも読者に優勝を求められる状況ですよ。むしろこの組み合わせで優勝できなかったらいい笑い者だと思いますが」


(・ω・`)「そうなんだよなぁ。だから実はこの時点で焦点は『優勝できるか否か』になっているといって過言じゃない」


川 ゚ Д゚ノ|「ゲーム3年目、昇格1年目にして早くも目標達成が見えてきてしまいましたが、勝てますかね?」


(・ω・)「FM2013をプレイしていて初めて訪れたタイトル獲得の機会……ものにしたいが、果たして……(`・ ω・´)」


川 ゚ ー゚ノ|「リセットで得た機会ですけどね


(´・ω・`)「そこやっぱり引っ掛かるよねぇ。勝てても完全な自力優勝じゃない。できればタイトルはきれいな形で取りたいよね」


川 ゚ 0゚ノノ「これで優勝できてもわだかまりは残ります。これからも、もっと先を目指していきましょう」


(´・ω・)「なんかもうすでに優勝したかのような流れだが、別に勝てると決まったわけじゃないからな? 読者の皆様には今後の展開を楽しみにしていただければ幸いです。果たしてこのゲームが下手くそなわたくしめがタイトルを獲得できるのかどうか……(`・ω・´)!」





12月


04_20131115214537ffe.png


(・ω・)「アウェーのリーズ戦。こちらのゴールはロングスローとCKをコリーがヘッドで叩き込んだだけ。失点はゴール前でサイドの裏を突かれて45度の角度から決められ、2失点目はまたディアザヤカナのボールロストから、ロングボールの抜け出しでやられた。なんか昇格組との戦いがうまくいってないな(・ω・`)」


05_201311152154206ec.png


(´ω`)「マンC戦については語ることは無い。チェルシー戦を踏まえて超守備的で挑んだがこれだ。以上」


川; ゚ Д゚ノ|「シュート数30本だなんて初めて見ましたよ


(´・ω・`)「こっちにもチャンスが全く無かったわけじゃないんだが決めきれなかったなぁ」


06_201311152156489ae.png


( ゚∀゚ )「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


川* ゚ ∀゚ノ|「リヴァプールに勝利!」


(*`・ω・´)「相手CKをシュマイケルがキャッチし、そこから早いリスタートですぐさまロングポール、これをカラバが落としてマテウスが前線へロングパス、抜け出したA・B・ジョンソンがゴール。さらにロングスローからコリーが追加点。ロスタイムにロングパスからスアレスに一発で抜け出されて失点したが、時すでに遅し。アーセナルに続いてリヴァプールも倒すことが出来た。俺たちは弱くない! 結構いける!」


07_201311152204359bc.png


(´・ω・`)「ローテーションでサブメンバーで挑んだホームのフラム戦はドロー。なんか普通に崩されて引き分けた。やはりサブメンバーでは戦力が落ちるかなと再確認した試合となった。現時点で最下位の相手にホームでしっかり勝ち点3を取ることもままならない。選手層の充実が望まれる」


08_20131115220700895.png


川 ゚ A゚ノ|「でもメディア曰く大敗が予想されていたらしいですよ?」


(・ω・)「これどのへんまで鵜呑みにしていいのかなぁ。そんなに俺たちって劣ってる? 俺は勝つべき試合だったと思うね。さて、次は現時点で2位につけているトッテナム戦だ。ベストメンバーで挑むがどうなるか……(`・ω・´)」


09_20131115221021955.png


( ゚∀゚ )「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


川* ゚ ∀゚ノ|「完勝ですね!」


(`・ω・´)「ディアザヤカナからの中へのパスを受けてA・B・ジョンソンがゴール、相手CKからのカウンターでA・B・ジョンソンがGKとの1対1で弾かれたところを、トップ下で交代出場していたサリヒが詰めてゴール。ここまでの戦績でアーセナル、リヴァプール、トッテナムをホームで倒している。つまり、俺たちはその程度には強い!





10_201311152215174ac.png


(・ω・)「12月の結果だ。これで前半戦の20試合が終了した」


川 ゚ ー゚ノ|「順位はどうなりました?」


11_20131115221656876.png


(`・ω・´)「8勝6敗6分の8位だ」


川 ゚ ∀゚ノ|「EL圏を目指すのは高望みですかね?」


(・ω・)「勝ち点をこの時点で30も稼げれば残留はもう出来るだろう。確かにせっかくならEL圏に入りたいところだが、まあそれは欲張りすぎというものだろうな。とりあえず5位を目指してはみるが、無理だったら途中から若手に切り替えて試合するのも手かなと思うよ」


川 ゚ ー゚ノ|「開幕当初は不安でしたけれど、結構いい成績を出せてますね」


(`・ω・´)「うむ。俺たちはなかなかやれる。次回は前半戦の総括になる。これまでのおさらいだ。そしてこれからの強化目標を考える回になる」








12_201311152244558d9.png


(´・∀・`)「もうあいつ一人でいいんじゃないかな


川; ゚ A゚ノ|「止まりませんねぇメッシ無双」






川 ゚ A゚ノ|「ところで今回の記事のタイトルはなんですこれ?」


(・ω・)「うむ。これはアニメ『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』のパロである」


川; ゚ A゚ノ|「ひどいタイトルだなぁ」


(・ω・)「このアニメはラノベ原作で、実の兄を溺愛しているブラコンの妹が、兄を好きすぎるあまり変態的に暴走したり、それを周囲に邪魔されたりするバカコメディでね、」


川 ゚ A゚ノ|(えっ、語るの?)


(´ω`)「このアニメの見どころはなんといってもそのヒロインの姫小路秋子のアホかわいさである。キャラデザも非常にかわいらしい。しかし何より注目すべきところは、姫小路秋子役の声優の木戸衣吹ちゃんの演技だった」


川; ゚ ー゚ノ|(オタクの喋りって長くて一方的で面倒なのよね)


(・ω・)「姫小路秋子の演技は、ぶっちゃけかなり一本調子だった。しかしこれは姫小路秋子というキャラがそもそも感情的にあまり深みや振れ幅が無いので仕方ないところもある。だが驚くべきことに、この典型的な萌えアニメの典型的な萌えヒロインを、『典型的なアニメ声』で演じてみせた木戸衣吹ちゃんは、放送当時若干14歳だった」


川; ゚ Д゚ノ|「14歳!?」


(´ω`)「とんでもない若手声優がまた出てきたなぁとびっくりしたよ。俺は単なる一視聴者だけど、そんな俺でも分かる。アニメ声って難しいんだ。吹き替えや声優の演技で一番分かりやすい違和感や指摘というのは、たいていこの『アフレコ用の声作り』なんだ。あるんだよ、吹き替えやアニメに合った声と合わない声というものが。素人演技だとか棒演技だとか吹き替えに芸能人を使うことの是非だとかは、たいていこの『声作り』が問題になっている。アニメにはアニメに合う声というものが技術的に存在するんだ。それを14歳の女の子がすでに身につけていたことは大きな驚きだった。俺の浅いアニメ視聴歴では、意味合いは違えど、悠木碧ちゃんの登場以来の驚きだったな。あおちゃんはあおちゃんで、出てきた時には、高校生でこんなに演技がうまいのかと感心したもんだ」


川* ゚ ∀゚ノ|「山本希望さんはどうですか?」


(・ω・)「えっ」


川* ゚ ∀゚ノ|「山本希望さんはどうですか?」


(;´・ω・`)「……い、いいんじゃない?(注釈:山本希望とは防波亭手寅を演じた声優)」


川* ゚ ー゚ノ|「山本希望さんはこれから期待の若手声優さんだと思うんですよね!」


(・ω・`;)「お、おう」








(・ω・)「と、くっそどうでもいいアニオタ話をしたところで今回はおしまい」


川; ゚ ー゚ノ|「ほんとにどうでもいい話でしたね」


(`・ω・´)「次回はさっき言ったように、今後のチーム強化の方針などについてだ。もうFM2014も発売されたし、FM2013の日記なんて意味ないよな、と思っていた俺なのだが、今ちょっとFM2013が楽しくなってきている。FM2013をやりこんだ人やFM2014をすでにやっている人には関係ないだろうが、俺はなんだかもっとFM2013を楽しめそうになってきたのだ。そんなことを書ければいいなと思っている。それじゃ(`・ω・´)ノシ!」(続く)


(・ω・)「さて、6試合もある11月だ。ここからは試合の重要度を見極めて選手をローテーションしていこう」


川 ゚ ー゚ノ|「負けて仕方ない試合はサブを、そうでない試合はレギュラーですか」


(・ω・)「大まかに言えばそんな感じだ。日程表を見た感じだと、ちょうどアウェーの試合にサブを出せば、いい感じに回せそうだ」


川 ゚ 0゚ノ|「11月の初戦はアーセナルとのホームですね」


(´ω`)「その次のアウェーのチェルシー戦は負けてもともとだからサブを出す。だからここはレギュラーで行く」


川 ゚ ー゚ノ|「アーセナルをホームに迎えて、私たちのベストメンバーがどこまで行けるか腕試しですね」


(`・ ω・´)「実はアーセナルって結構勝ち目がある気がしてるんだよな。テクニシャンばかりでパワーが無い印象でさ。さてどうなるか……」


01_201311132201455db.png


( ゚∀゚ )「なんかキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


川* ゚ ∀゚ノ|「完勝じゃないですか!」


(*`・ω・´)「ショートパス回しからコリーがゴールし、ゴール前に詰めかけたところをファウルをもらってPK職人のランパードがぶちこみ、浮き球のパスを受け取ったA・B・ジョンソンが叩き込み、完全にゲームをものにした。ロスタイムにグリーズマンにサイドをぶちぬかれてジルーに1点返されたのがもったいなかったが、みんな疲れてただろうし、ここはガナーズの意地を褒めよう」


02_201311132211107d0.png


川* ゚ ー゚ノ|「歴史的大勝……ウフフ」


(^ω^)「フヒヒ……」


川 ゚ 0゚ノノ「これはいけます! わたしたちはいけますよ! 次のチェルシー戦もこの勢いで、」


03_201311132215183ae.png


(´ω`)「はいはい撤収撤収


川; ゚ Д゚ノ|「シュート23本……」


(´・ω・`)「やっぱりまだまだウチは弱いよ。前半だけで勝負ありだ。選手への厳しいチェックだけでは防げないな。後半に1点返せただけでもよしとしよう」





(・ω・)「特に特筆することもないかなと思うので、残り4試合は画像だけサッサと見せる」


06_20131113222330335.png


(・ω・)「この試合はストライカーのアグボンラホーに厳しいチェックを指示してしっかり完封したのが良かったかな。以前ふとリーグデータをチェックしたら、その時点で得点王だったので、それを前もって気付いていた分厳しく当たった。これ以降、俺はストライカーには容赦なく厳しいチェックを指示している」


07_20131113222827cf0.png


(´・ω・`)「サブメンバーで完敗である。チェルシー戦でも思ったが、やはり左サイドバックにレダ・ジョンソンは厳しい。足が遅いのでよくぶち抜かれるのだ。早くマシレラ戻ってこないかなぁ。2失点目はスンズが敵クロスをヘディングしようとして届かなかった。そもそもその前にブリューがディフェンスからのパスに気付かずボールをロストしたのが悪い。サブメンバーは能力もそうだけど、まだ連携がいまいちかなぁ」


08_20131113223545e22.png


(・ω・)「ウェストハム戦。相手監督は元レディングのマクダーモットなのだが、4-2-4とかできてビビった。ホームだし勝ちたかったのだが、あと1点を取りに行く戦術が今のところ作れていない(´・ω・`)」


09_201311132239507a8.png


(・ω・)「ニューカッスル戦。相手監督はスチュアート・ピアース。ここへきて結構監督の首があちこちで飛んでいる。いきなりセレロという選手にサイドをぶち抜かれてそのままゴールを決められて、あれ、こいつ中盤の選手じゃなかったっけ、とチェックを確認したらポジションチェンジしてやがった。ほんと賢いAIだな。ホームで2引き分けは地味に痛い。しっかり勝ちたかった。繰り返すが膠着状態になった時の攻撃のオプションが今のところマイヤーホーファーを入れての放り込みしかなく、それが上手くいってない。どうしたもんかね。これからの課題だな」





10_201311132244484fc.png


(・ω・)「11月の結果だ。まさかアーセナルに勝てるとは思わなかったものの、終盤のホームの2引き分けがもったいない。しかし勝ち点の稼ぎとしては合格点かな」


川 ゚ ー゚ノ|「この勢いなら残留は大丈夫なんじゃないですか?」


(・ω・`)「どうだろうね。油断は禁物だぞ。ここまでホームの試合が多い。アウェーで勝てたのは初戦のフラム戦だけだ」


川 ゚ A゚ノ|「まだ安心できませんか」


(´・ω・)「うーん。15試合終わって勝ち点22の9位だが、早く36くらい稼いで安心したい。今年は良くて中位かな」


川; ゚ ー゚ノ|「なんだか早くも今年の結果が見えてきてしまってる感じですね」


(´ω`)「でも順調と言えば順調だ。なにしろ2部で戦っていた時のように、上位を目指してピリピリしなくていいわけだからね。ゲームをするのも気楽なもんさ。じっくりじっくりやっていこう」


川 ゚ 0゚ノ|「でも早く強くなりたいですよ。タイトルも欲しいです。リーグカップは準々決勝まで来たんですし、狙えませんか?」


11_201311132254355d0.png


(´・ω・`)「狙えません


川; ゚ Д゚ノ|「えーっ、よりによってチェルシーのアウェー戦ですか」


(´ω`)「撤収撤収。今シーズンはこのままのんびりいこう。FM2013の日記と開き直ったわけだしさ。FM2014のブログもそろそろ出始めた。最新作はそちらに任せて、需要の無くなってきたこのブログではのんびりFM2013を続けていきます」


川 ゚ ー゚ノ|「のんびりと言っても、最終的な目標は決めてるんですか?」


(・ω・`)「チャンピオンズリーグは俺の下手さでは難しいと思う。リーグ優勝もまだまだ遠い。リーグカップかFAカップを取れたら一区切りかなぁなんて考えてるよ」


川 ゚ A゚ノ|「じゃあ次回のチェルシー戦に全力でぶつかるとか」


(´ω`)「ローテーション的に無理。またサブメンバーを充てる。サブまで戦力を充実させられていない昇格したばかりの今は欲張れないよ。これからしばらくはのんびりした日記が続くと思います。みなさんもネットサーフの片手間にのんびりお付き合いいただければと思います」


川 ゚ ー゚ノ|「……いつかタイトルを取れるようになれるといいですね」(続く)





04_20131113231122798.png


05_20131113231147581.png


(・ω・)「地味にプレイスタイルを習得していく選手たち」


川 ゚ 0゚ノ|「もっとあれこれ習得させたほうがいいんじゃないですか?」


(・ω・`)「コーチには『サイドチェンジパス』とか『チャンスに前に上がる』とかを勧められてるんだが、いじるのって結構怖いんだよな。試合でどう変化するか分からないから。だから無難なのしか覚えさせていない。俺の性格的に大改革は無い」


川 ゚ A゚ノ|「なんだかもったいないなぁ……」


('A`)「カーチャン、カーチャン」


J('ー`)し「どうしたんだい?」


('A`)「あのね、買いたい選手がいるの」


01_20131112220633540.png


('∀`)「ふらんく・らんぱーど、って選手。ちぇるしー君がもういらないんだって」


J('ー`)し「うーん、いくらするんだい?」


('A`)「あのね、あのね……120M、なんだけど……」


J('A`)し「120Mかい。貯金を崩せば買えるけれど、そうだねぇ……」


('A`)「あのね、ほんとは160Mしたの。でもここまで値下がりしたの」


J('ー`)し「それはお買い得だねぇ。でもねぇ……」


('A`)「あすとんびら君と、スペインのおさすな君とまじょるか君も欲しいって言ってるから、もしかしたら取られちゃうかも」


J('ー`)し「それなら、取られないようにもっとお金を出さないといけないんじゃないかい?」


('A`)「……そしたら、諦めるから」


J('A`)し「タカシ……」


('A`)「120Mで買えなかったら、諦めるから……」


J('ー`)し「……わかったよ、120M、出してあげるよ」


('∀`)「カーチャン……!」





02_20131112221934e6a.png


(`・ω・´)「というわけで天下のフランク・ランパード様をゲットした」


川; ゚ A゚ノ|「なんですか今の寸劇は」


(・ω・)「いやー、チェルシーから放出された時から目をつけてたんだけど、先月までそのことをすっかり忘れていて、アストン・ヴィラがオファーを出してきたニュースで思い出して契約交渉してみた。値切って120Mならいいかな、別に駄目でもいいや、と軽い気持ちでオファーしたら、なんかすげーあっという間に契約が成立した。まさかランパードをこんなあっさり獲得できるとは思いもしなかった」


川 ゚ ー゚ノ|「こんな有名選手が来てくれるなんて嬉しいですね!」


(*´・ω・`*)「すべてはプレミア昇格のおかげやで。リセットだけど」


川 ゚ A゚ノ|「さすがにフィジカルは衰えてますね」


(`・ω・´)「しかしスキルとメンタルは一級品だ。まだまだやれると思って2年契約を結んだ。というか、たぶん今シーズン終了時くらいに引退するんじゃないかと思う。若手の模範になれる選手だから、さっそくエアースのメンタル指導を頼んだぞ!」


03_201311122229247b6.png


( ゚ω゚ )「おお、これがビッグネーム効果か。もしかするとFMやってて初めてお目にかかったかもしれん」


川 ゚ ー゚ノ|「現実の今季のアーセナルのエジル選手みたいなものですかね」


(`・ω・´)「ウェンズデイのファンが『ランパード17』のユニフォームを買っていくわけだな」


川 ゚ A゚ノ|「背番号は17で良かったんですか?」


(・ω・)「俺もそこ悩んだんだけどさ、8はイブラヒムがつけてるし、空いてる7は違う気がするし、ここはレジェンドでも特別扱いしないと17をつけさせた。別に本人も好みを指定してこなかったしな。去年の時点でもチェルシーではほぼ戦力外で3試合しか出場していないし、ウチでまた一から這い上がって欲しいね!」


川 ゚ 0゚ノ|「去年、って、現実の今シーズンのことですよね? 実際には毎試合出ているようですが」


(´・ω・`)「ゲームではデータ上で見切られていたようだ。シビアだなぁ」





10月


(`・ω・´)「さあいよいよバーンリー戦だ!」


川 ゚ ー゚ノ|「わたしたちの進化を見せつける時ですね!」


( `・Д・´)ノ「160本ノックの恨みを晴らす! 絶対勝つ!」


04_20131112223928780.png


( ´ ゚Д゚` )「くそがああああぁぁぁぁ!!!!!


川; ゚ Д゚ノ|「惜しかったですね……ロスタイムに同点ですか」


( ´ ゚Д゚` )「せっかく前半2-0で折り返したのに! ボールキープでリードを粘って終盤に超守備的で逃げ切ろうとしたのに!」


川; ゚ ー゚ノ|「得点シーンはどんな感じでした?」


(´・ω・`)「マケイブのロングスローをヘッドで落としたところをマテウスがミドル。ゴールキックをヘッドで落としたところをA・B・ジョンソンがミドル。これで2-0になったわけだ。しかし後半にこちらのCKが跳ね返されたところをディアザヤカナが拾ったんだが、これをディアザヤカナがプレスにボールを奪われて一気に持ち込まれ失点。同点弾はサイドでパス回しされたところからミドルを叩き込まれた。結果論だが、ディアザヤカナのボールロストが痛かったな。まだ若いしそんなこともあるさとまだ余裕で見てたんだが、ロスタイムに同点という結果ではあれが分水嶺になった」


川 ゚ A゚ノ|「リベンジマッチ第1戦は決着つかずですか。しかしこれでこそ倒しがいがあるというもので川 ゚ ー゚ノ|」


(´・ω・`)「と言いたいところだが、マテウスが4週間、マシレラが2か月の離脱だ」


川# ゚ Д゚ノ|「絶対に許しません。次こそ勝ちましょう」


(・ω・`)「マシレラの2か月が痛い。左サイドバックは層が薄いんだ。タグリアフィコとレダ・ジョンソンをローテーションしないと。厳しいなー」


05_2013111222532090a.png


(´ω`)「マンU戦については語ることはない。以上」


川 ゚ A゚ノ|「完敗ですねぇ」


(・ω・)「唯一良かったことは、初出場のランパードがさっそく点を取ってくれたことだな。ロングスローをヘッドで折り返してのクロスをボレーで叩き込んだ。先制点が取れた時はいけるかもと思ったんだけどな。やはり甘くなかった(´ω`)」


06c.png


(・ω・)「ホームのエヴァートン戦は無事にリードを守りきれた。A・B・ジョンソンがプレミアでも点を取れるようになってきた感じなのが助かる」


川 ゚ A゚ノ|「……今気づいたんですけど、もしかしてわたしたちってまだ無失点に抑えたゲームが無いんじゃないですか?」


(´・ω・`)「実はそうなんだよなぁ。毎試合しっかり失点する。どうにかならんもんか」


07_20131112231029827.png


(・ω・)「今月の成績だ。リーグカップ戦でようやく初のクリーンシートだ。リーグ戦の勝ち点の稼ぎは合格点ではなかろうか」


川 ゚ ー゚ノ|「何気にリーグカップ戦を勝ち進んでますね」


(・ω・)「サブに総入れ替えして使ってるんだが、今のところ強豪と当たってないこともあって順調である。しかしそろそろ厳しいだろう。ベスト8までは来れたが、ここらへんで敗退かなぁ。出来ればタイトルを狙いたいんだが」





08_20131112231359d57.png


(`・ω・´)「来月の日程だ。試合が多いぞ。そろそろレギュラー組だけで回すのはきつくなってくる。サブも試合に出さなければいけない」


川 ゚ A゚ノ|「アーセナルとチェルシー戦がありますし、勝ち点の計算はどこでしましょう」


(´・ω・`)「最初の2戦は負けても仕方ない。後半の4試合はホームが多いし、ここで2勝はしておきたいな。選手のローテーションを考えなきゃ」(続く)


01_20131111213029c4f.png

02_20131111213054a90.png


(・ω・)「今更だが、改めてイングランドプレミアリーグの大会規定を見せておく。FM未経験者の人でもこのブログを見ているそうだから、ちゃんとこれも紹介しておこう。何よりポイントなのは選手登録の規定だ。21歳までの3年間にイングランド国内で育成された選手、いわゆる国内育成枠、ホームグロウンステータスの選手を8人登録しなければいけない。このブログを始めたばかりの時に長々と解説したやつだ。我らがウェンズデイの場合は、GKのシュマイケルとマカランバイ、CBのハンリーとウートン、中盤のパルマーとイブラヒムとマケイブ、そこへリザーブのGKのエザリッジを加えて8人となる。これ以外は労働許可さえ下りればどこの国の誰でもいいし、登録した8人は別に必ず使う必要もないので、試合では全員外国籍選手でも構わない。労働許可の説明は面倒なので省く。基準がゲームでも現実でも曖昧だからだ。許可されればもうけものである」


川 ゚ ー゚ノ|「ブログのタイトルも変えたんですね」


(・ω・)「そろそろFM2013の日記であることをはっきりさせておこうと思ってね。これ、俺だけかもしれないけど、Football ManagerとかFootball Manager日記で検索すると、このブログってかなり上位に引っ掛かるんだよ。FMブログとしては他と比べて圧倒的に遅れてて下手で進捗状況では見劣りするはずなのに、引っ掛かりやすいんだ。これはいかん、と思ってさ(・ω・`)」


川 ゚ ∀゚ノ|「それだけ多くの人に見ていただいている証拠ですよ」


(*´・ω・`*)「なんだかよく分からないけどいつの間にか読者が増えてしまった。ありがとうございます」


川* ゚ ∀゚ノ|「ありがとうございます!」


(`・ω・´)「それで9月なわけだが、」





9月

03_2013111121442268f.png


(`・ω・´)「よし、いい感じに勝ち点を稼げたぞ」


川 ゚ ∀゚ノ|「結構いけるじゃないですか」


(`・ω・´)「うん。なんかプレミアでもやっていけそうな気がしてきた。1試合1試合解説しよう」


04_20131111214724ced.png


(`・ω・´)「まず、アウェーのストーク戦である。マテウスからのパスをオーバーラップしてきたディアザヤカナが抜け出して受け取ってシュートを叩き込んだ。データ上では押されているが、実はかなりこのまま勝てる気がしていた。しかしCKから同点にされてしまった。致し方なし」


川 ゚ ー゚ノ|「前回の日記では不安視していたディアザヤカナ君ですが、見事に仕事をしてくれましたね」


05_20131111215351c02.png


(・ω・)「そして、全然気づかなかったのだが、これによりディアザヤカナがプレミア最年少得点記録を更新した」


川* ゚ 0゚ノ|「おおー!」


(*・ω・*)「まさか右サイドバックの彼が得点するなんて思わなかったから、最年少記録の更新が可能だなんて考えもしなかったよ。嬉しいね」


06_20131111215823a4e.png


(´・ω・`)「ところでオニールがウザい。こいつウチが降格すると喧嘩を売ってきたのがこれで2回目だ」


川# ゚ A゚ノ|「嫌われても構いませんから言い返しましょうよ」


(・ω・`)「もちろん言い返しているんだが、オニールってなんとなく仲が悪くなりたくない監督なんだよなぁ。俺の中では結構名将なんだよね。今はアイルランド代表監督なんだな」


07_20131111220250393.png


(・ω・)「スウォンジー戦はCKからコリーが得点。さらにサリヒが叩き込んで2-0となり勝ったと思ったところを、相手のミドルシュートがディフェンダーに当たりコースが変わって失点。ここでスウォンジーが4-2-4にフォーメーションを変えてたことに気付いて相手選手のチェックをしっかりして守りきった。リードを守りきるって難しいよね。今のところはそれ以上にビハインドを追いつく方法の方が問題なんだけどさ」


川 ゚ A゚ノ|「4-3-1-2の超攻撃的が機能してないとのことですね。難しいところですね」


08_2013111122103561c.png


(`・ω・´)「QPR戦。早々にマシレラがサイドをえぐりクロスを上げてカラバが押し込み、さらにショートパスのつなぎからA・B・ジョンソンがプレミア初ゴールを決めた。データ上では完勝だし、試合展開も『ずっと俺のターン!』だったわけだが、実はかなり不安に見ていた。前半17分の時点で2-1でそこからスコアが動かなかったので、どれだけ攻めていてもいつ同点弾を食らうか心配だったのである。しかし超守備的にしたところで無事にサリヒが決定弾を決めてくれてやっと安心できた。相手はアンディ・キャロルだとかジョーイ・バートンだとかスコット・パーカーだとかがいたので、構いやしねぇとマークもプレスもタックルも全開で指示したのだが、それも良かったかな」


川 ゚ ー゚ノ|「ホームとはいえ、プレミアの舞台でシュート数19というのはかなりいいですよね」


(・ω・)「やはりこのクリスマスツリーは結構いいのかな? このフォーメーションにしてからシュート数20が出るようになったんだよね」


川 ´ A`ノ|「感傷に浸るには早すぎますけど、ここまで長かったですねぇ」


(´ω`)「攻撃的サッカーをしろと理事会に要求されたゲーム開始当初、そこからの必死の悪戦苦闘。あれからここまでこれたんだねぇ」





09_20131111222324276.png


(`・ω・´)「さて、10月はいよいよ強豪と当たる。マンU戦だ。そして俺たち的ライバルのバーンリー戦があるぞ」


川 ゚ ー゚ノ|「あの160本ノックから私たちがどれだけ進化できたのか。ここはぜひ勝ちたいところですね」


(・ω・)ノシ「それではまた次回」(続く)

防波堤
イングランドプレミアリーグ<2014-2015>開幕!


04_20131107182021c47.png


(・ω・)「で、これがその結果なわけだが」


川; ゚ Д゚ノ|「ちょっとちょっと! もっと前ふりを盛り上げていきましょうよ!」


(´・ω・`)「知らんがな。サクサクいこうや。更新できる時に更新やで」


川; ゚ A゚ノ|「サクサクしすぎです。あんなに苦労してリセットまでして昇格したプレミアなのにこの扱いはないでしょう」


(・ω・)「なんかあんまそんな気分じゃない。残留さえすればいいってことが気を抜かせているのかな」


川# ゚ ー゚ノ|「たるんでますよ」


(´ω`)「まあとにかく初戦から勝てたからいいじゃない」


川 ゚ 0゚ノ|「ちょっと意外でした。初勝利まで時間がかかったりするかと思ったんですが」


(・ω・`)「しかしやはり前途は多難かなぁと思うよ。ホームのWBAと昇格組のブライトンの試合を落としたからね」


05_20131107183639645.png


(・ω・)「プレミアデビュー戦のアウェーのフラム戦は、前半終了前にサイドをえぐられてグラウンダークロスを押し込まれるというよく見るパターンで失点したけど、ゴール前のパス回しからラフィーニャがミドル、そしてゴール前のパス回しでファウルをもらってPKと、クリスマスツリーのショートパスのいいところが出た試合だった」


川 ゚ ー゚ノ|「データで見ると、フラムはこれで負けたのは悔しいでしょうね」


06_20131107184109290.png


(´・ω・`)「一方、ホームであるヒルズボロでのデビュー戦では、マケイブのロングスローで先制するも、またもサイドをえぐられてのクロスを競り合ったところをマケイブが押し込んでしまいオウンゴール、さらにPKで負けてしまった」


川 ゚ A゚ノ|「なんだかもったいないですね。十分勝てた相手で勝てた試合だったんじゃないですか?」


(・ω・`)「ロングスローでしか点を入れられなかったこちらが悪かったのだろう。追いつくための超攻撃的戦術もあまり機能してない感じだ」


07_20131107184726b44.png


(・ω・)「ブライトン戦は前半を2-1で折り返したものの、そこから後半に3失点してしまった」


川 ゚ A゚ノ|「結果的には完敗に近いですね。昇格組に勝てないと残留は厳しいと思いますが」


(・ω・`)「コーナーキックのごちゃつきでオウンゴールで同点になったところまでは仕方なかったと思うんだけれど、その後、ちょっと舐めてしまって、相手が後半途中に4-4-2に変更して選手交代したのに、相手選手へのチェックをしっかりしてなかったんだよね。4-4-2ならクリスマスツリーと比べて中盤の数的優位が作れるぞと思って放置しちゃった。後で見たら相手選手のチェックが外れてんじゃねーか。ミスったよ。逆転の2点を決めたDavid Jonesは後半から入ってきた選手なんだ。俺のミスで負けた試合だったかもしれない」


川# ゚ ー゚ノ|「やっぱりプレミア昇格で気が抜けてたるんでますよ」


(・ω・)「そうかもね。しかし3試合連続でPKってどうなんだろうな。あと、気がかりなのは、実はA・B・ジョンソンよりも、後半に交代で入れてるサリヒの方が評価点がずっと低いんだよ。まだ慣れてないのかな(・ω・`) それにこのブライトン戦は右サイドバックのディアザヤカナの評価点がなんと3.5点だった。3失点目は彼がマークについてたところをヘッドで押し込まれ(ニュースでミスと書かれたが、これは身長が無いから仕方ない)、4失点目のPKは彼がペナルティエリア内でスライディングしたのを取られた。能力があるとはいえ、16歳の子にプレミアでレギュラーを張らせるのは厳しいか」


川 ゚ A゚ノ|「でも彼をレギュラーで使うと決めたんでしょう? ヴァンデン・ボーレ選手はメンタルに不安がありますよ。そもそもそれを言い出したら、同じ若手のアカシオ選手やB・ゴンザレス選手は使うのを控えているのに、能力値が高いからと彼らより若い16歳のディアザヤカナ君を使う計算をしてしまったところからミスですよ。去年からイングランドに来ていたアカシオ選手やB・ゴンザレス選手とは違って、フランスの2部で数試合しか出たことのない選手をいきなりプレミアで起用しているわけですから」


(´・ω・`)「まあねぇ……使いながら育てて所有選手初のワンダーボーイを作るという狙いがあったのだが」


川 ゚ ー゚ノ|「今からでも遅くはないのでレンタルで穴埋めしては?」


(・ω・`)「それがもういい選手はいないっぽいんだよね。彼がまだ能力的にはマシだ。なんとか使いつつ慣れていってもらうしかないな」


川 ゚ A゚ノ|「大丈夫かなぁ……」





(・ω・)「次の試合は9月半ばだ。そこまで進めた。その間のニュース」


01_201311071923168c8.png


Σ(´ ゚ω゚` )「覚えるの早ぇよ! 練習から2か月足らずで習得するのなんて初めて見たぞ」


川; ゚ Д゚ノ|「よっぽど素質があったんでしょうか」


(`・ω・´)「よし、残留に失敗してリセットする時はこのセーブデータからにしよう」


川# ゚ Д゚ノ|「またそんなことを!」


02_20131107192704bf3.png


(・ω・)「たまに起きる買収ニュースは特別な場合を除き紹介していなかったのだが、天下のマンU様が買収である」


川 ゚ A゚ノ|「マンUのオーナーが地元実業家って、なんだかスケールダウンした印象がありますね」


(・ω・)「俺もそう思ったのだがスタッフを見ると、」


03_2013110719301118e.png


Σ(´ ゚ω゚` )「取締役11人って多すぎだろ!」


川; ゚ Д゚ノ|「うわぁ、これはコバンザメというか、船頭多くして船山に登るのにおいがプンプンします」


(´・ω・`)「さすがマンU様は経営規模が大きいですね(棒読み)」





(・ω・)「さて、9月半ばまで進めたと言ったな。だから夏の移籍市場は閉じた。画像で紹介しよう」


08_201311071937008d7.png


(・ω・)「6月。ベンテケがチェルシーに、シルバがPSGに移籍した」


09_2013110719383015d.png


(・ω・)「7月。ゆっくりFM動画さんで名前を覚えたグリーズマンがアーセナルに、チチャリートがレアルに、コウチーニョがアトレティコに、ベゴヴィッチがポルトに、とあちこち移籍している」


10_20131107194115595.png


(・ω・)「8月。あっ、FM的に有望選手で有名なラファエル・トロイがフィオレンティーナに移籍してら」


11_20131107194511cb2.png


(・ω・)「最後に、9月の駆け込み移籍。バーンリーが大枚をはたいて右サイドバックを補強している」


川 ゚ ー゚ノ|「プレミア2年目ともなって、手強くなっていそうですね」


(`・ω・´)「望むところだ。今から対決が楽しみだな」





( ゚ω゚ )「さ~て、次回のサ○エさんは?」


12_20131107194810a20.png


(^ω^)「ストーク戦、スウォンジー戦、QPR戦、その他の4本です」


川; ゚ ー゚ノ|「ふざけてますけど、このあたりで勝ち点を稼がないと残留は厳しいですよ」


(`・ω・´)「うむ。3連敗だけは避けないとな」(続く)



(・ω・)「それでは、プレミアに挑戦する我らがウェンズデイのトップチームの選手たちを紹介しよう」


GK


01_201311061800305ed.png


(`・ω・´)「Kasper Schmeichel。前に紹介したピーター・シュマイケルの実子だ。レスターシティからボスマンで獲得した。彼を擁して戦う」


02_20131106180435c3e.png


(`・ω・´)「初年度からのメンバー、マカランバイ。今季はサブGKを務める」


右サイドバック


03_20131106180631188.png


(`・ω・´)「Biyoko Diazayakana。フランス2部のStade Malherbe Caenからボスマンで獲得した。彼が右サイドバックのレギュラーだ」


川; ゚ Д゚ノ|「16歳!? すごい能力じゃないですか!」


(`・ω・´)「獲得交渉時点では15歳だった。他のFM日記さんたちのところでは、よくとんでもない能力の生成選手が出てきているが、俺はそんな選手をさっぱり見たことがなかった。しかしウチの箱庭でもついにそんな選手が現れた。実を言うと、こんな能力の若手なんてリアルでは嘘臭いので、獲得するか迷ったのだが、せっかくなのだし確保することにした。あと名前の読み方が分からなかったことも迷った理由の一つだったな。カタカナではこれでいいのかな(・ω・`)?」


04_201311061813450ce.png


(`・ω・´)「頭蓋骨骨折で能力が下がったが、ヴァンデン・ボーレが右サイドバックのサブを務める」


左サイドバック


05_20131106181512514.png


(`・ω・´)「南アフリカのカイザーチーフスからボスマンで獲得したTsepo Masilela。彼が左サイドバックのレギュラーだ」


06_20131106181734397.png


(`・ω・´)「サブはアルゼンチンのBanfieldからボスマンで獲得したNicolas Tagliafico。潜在能力の高い若手だが、一つ大きな特徴があるのに気付かないか」


川 ゚ A゚ノ|「……なんでしょう」


(`・ ω・´)「ロングスローが14ある」


川 ゚ Д゚ノ|「あっ!」


(`・ω・´)「能力が発揮される境目は14だ。14もあればロングスローも機能する。さっそくプレイスタイルを覚えさせていくぞ」


センターバック


07_20131106182345045.png


(`・ω・´)「右のセンターバック1番手は、ブラックバーンから625Mという大金をかけて獲得したGrant Hanley。ブラックバーン生え抜きの若手だったのだが、クラブが2部に降格したので移籍志願していたところを獲得した。右のセンターバックは物足りないと思っていたし、一度こういうグラフの選手を獲得してみたかったからちょうどいい。問題はスライディングタックルをするところなんだが、さてどうなるか……」


08_20131106182805145.png


(`・ω・´)「左のセンターバック1番手は、セルビアのパルチザン・ベオグラードからボスマンで獲得したIvan Ivanov。給与が1億もかかったので俺は彼に賭けている。ところでブルガリアはイングランドではEU圏外扱いじゃなかったのか? 普通に労働許可の必要なく獲得できてしまったな」


09_2013110618313286c.png


(`・ω・´)「他はザンビア代表のスンズ」


10_20131106183220e14.png


(`・ω・´)「初期メンバーでありキャプテンでもあるレダ・ジョンソン」


11_20131106183346b48.png


(`・ω・´)「控えのウートンだ」


センターミッドフィルダー


12_20131106183518a25.png


(`・ω・´)「センターミッドフィルダーの1番手はなんといってもキープレイヤーとなるマケイブだ。レジスタとして中盤の底でボールを受け渡す。そしてロングスローを投げる。契約更改を済ませたがタフだった。結局、年俸160Mにエロイヤリティボーナス160Mにエージェント料160Mもかかった(´ω`) それだけの働きを期待しているぞ!」


13_2013110618383906b.png


(`・ω・´)「中盤の右はフィジカルに頼れるイブラヒム」


14_20131106183930445.png


(`・ω・´)「そしてクラブ育成選手であるパルマーだ」


15_201311061840190c6.png


(`・ω・´)「中盤の左は模範的プロフェッショナル、ただしユニコーンが実在かも知らないアホな子コリー」


16_20131106184149cc4.png


(`・ω・´)「ここからが獲得選手。フランス2部のFC Istresからボスマンで獲得したKevin Bru」


川 ゚ ー゚ノ|「左利きのミッドフィルダーが欲しかったんですね。でも能力が物足りなくないですか?」


(^ω^)「モーリシャス国籍とかマイナーでサイコー!


川; ゚ Д゚ノ|「あーっ! またマイナー国籍持ちだから獲得したんですね!? 真剣に戦力を考えてくださいよ!」


17_2013110618454604a.png


(`・ω・´)「セリエBのチェゼーナからボスマンで獲得したTibor Cica。どこかで見たことあるなと思ったら、FM日記のryokuさんが獲得していた選手だった。成長に期待だ」


川 ゚ ー゚ノ|「逆に言えばモーリシャス国籍持ちというだけで獲得したブリュー選手は成長が見込めないということですね」


( ゚3゚ )~♪


川; ゚ Д゚ノ|


18_2013110618504911e.png


(`・ω・´)「最後は中盤の便利屋クラーソンだ。あまり成長してないような気がするのが引っ掛かる。途中出場ばかりだからかな」


攻撃的ミッドフィルダー


19_2013110619074130d.png


(`・ω・´)「トップ下を紹介しよう。右は編成会議の回で紹介した通り、ザンビア代表のRainford Kalaba」


20_20131106190900070.png


(`・ω・´)「そして若手のアカシオ。能力はいいが若いのが不安であまり使いたくないな。少しずつ出場させよう」


21_201311061910517ce.png


(`・ω・´)「左はマテウスと、」


22_20131106191208e60.png


(`・ω・´)「そしてバルセロナで戦力外だったところをレンタルしたRafinhaだ。当初は獲得予定ではなかったんだが、マテウスが親善試合で怪我をしたので検索欄で代わりを探してみたところ見つけた。バルセロナから選手を借りれるところまで来たなんて胸が熱くなるな。彼は同じくバルセロナ出身でリアルではバイエルンにいるチアゴの弟だ。ゲーム内では去年マンUに移籍して年間最優秀選手になったあのチアゴだ」


川 ゚ Д゚ノ|「弟の彼も優秀なんですか? サッカー選手では兄弟揃っていいパターンとどちらかだけのパターンがありますよね」


(´・ω・`)「残念なことに、彼はせっかく非常に高い潜在能力を持っているのに、野心とプロ意識がとても低い。能力の開花がどうも見込めないのだ。だからバルセロナでも戦力外にされていた。本来なら絶対手放されないだろう潜在能力の持ち主なのに」


川 ゚ A゚ノ|「うーん。あくまでゲームでの設定とはいえ残念ですね」


(´・ω・`)「指導でなんとかならないかと思ったが、すでに現在能力が結構あるので誰も指導できなかった。矯正できればよかったんだが。来季ボスマンで獲得できるが、とりあえず今季で様子見かな」


23_20131106192315db9.png


(`・ω・´)「攻撃的ミッドフィルダーの最後はB・ゴンザレスだ。しかし彼はプレミアではまだちょっと使うのが不安だ。アカシオ同様にね。それもあってラフィーニャをキープしたのは良かったと思う」


ストライカー


24_20131106192554abe.png


(`・ω・´)「ストライカーの1番手は宣言した通りA・B・ジョンソンだ」


川; ゚ Д゚ノ|「本気で彼を使う気ですか? プレミアで通用するとは思えませんよ」


(;`・ω・´)「ぶっちゃけ俺もそう思う。だから彼を使うのは前半だけだ。後半からは、」


25_20131106192800a20.png


(`・ω・´)「編成会議で決めた通り獲得した、Hamdi Salihiを使う。そして放り込み要員として、」


26_20131106193101c10.png


(`・ω・´)「Stefan Maierhoferを使う。以上だ」


川; ゚ A゚ノ|「……3人だけですか? 後の二人が怪我をすると終わる気がするんですが」


(´・ω・`)「可能性は否定できないが、その時は代わりにクラーソンやラフィーニャを使えないかなと思っている」





(`・ω・´)「選手紹介は以上だ。彼らトップチーム26人を元にプレミア初年度を戦う」


川 ゚ A゚ノ|「大丈夫かなぁ。なんだか不安です。特にフィニッシャーが」


(´・ω・`)「同感だ。というか、ストライカー以外だってこれで通用するか分からん。戦術もクリスマスツリーでどこまで行けるやら。もし何か思うところがあればコメント欄で意見をいただきたい」


トップチーム


31_20131106194229fb8.png
32_2013110619424620a.png


リザーブチーム


33_20131106194337ae2.png


(^ω^)「最後に選手一覧を見せるが、イングランドのクラブなのにイングランド人が2人しかいねぇwwww」


川; ゚ Д゚ノ|「これ、国内育成枠は足りてるんですか? プレミアでは8人必要ですよね?」


(・ω・)「足りてる足りてる。リザーブのエザリッジを入れてちょうど8人いる。さらに21歳以上の登録は25人までのところを21人で済ませている。そういえばプレミアの大会規定を貼るのを忘れてたけど、まあいいか。そんな特別な規定もないし広く知られてるだろうし」


川 ゚ A゚ノ|「多国籍だなぁ。ちょっと他のクラブを見て回りましたけど、イングランド人が2人なんてニューカッスルくらいしかありませんでしたよ。どこも自国選手を確保していました」


(`・ω・´)「多国籍上等である。俺は幅広い国籍の選手を獲るのが好きなんだ。それにかつてヴェンゲルが言った通り、イングランド人は高いんだ。規定に反してなければ良し!」


川 ゚ ー゚ノ|「それでは、次回からいよいよプレミア開幕ですね」


(`・ω・´)「もう考えるの面倒臭いからクリスマスツリーで突き進むぞ。駄目だったら開幕前までリセットしよう。それじゃ!(`・ω・´)ノシ」


川; ゚ Д゚ノ|「今から予防線を張るのはやめてください!」(続く)





(・ω・)「前回から、今までよりブログ記事をサッパリとサクサクと書いて終わらせてるんだけど、これでいいかな」


川 ゚ ー゚ノ|「読まれている方はあまり気にされていないんじゃないですか?」


(・ω・)「そんなもんかな? データが命のこのゲームは細かくレポを書かないと駄目かなと思うんだけど、それやってたらほんと時間がいくらあっても足りないからなぁ(´ω`)」


川 ゚ ー゚ノ|「FM2014が発売された今、そこまでこだわっても仕方ないでしょう」


(・ω・)「そうだね。このゲームはもうお古さ。今後もサクサク行こう」


川 ゚ A゚ノ|「更新頻度もサクサクになるといいんでしょうけれど」


(´・ω・`)「そこは保証しかねます。ご了承ください」


(・ω・)ノ「おいすー」


川 ゚ ー゚ノ|「ちょっと間が空きましたが、ついにプレミア初挑戦の3シーズン目ですね」


(・ω・)「うむ。どんな結果になるかさっぱり予測がつかないが、俺なりに万全を期した。リセットしたりリセットしたりリセットしたり」


川; ゚ Д゚ノ|「開幕前のどこにリセットする要素があったんですか」


(・ω・)「いやまあ、選手獲得で節約したり、選手売却で移籍金を取ったり? なんか終わってみると確かに何をそこまでリセットしてたんだと自分でも忘れてしまうんだが、毎度毎度シーズン前は慎重に慎重に進めてしまうのだな(・ω・`)」


川 ゚ ー゚ノ|「まあ試合のリセットでないので大目に見ましょう。それじゃ開幕前のニュースを」


01_20131105214141d70.png


(・ω・)「新スポンサーがついた。同等とか言ってるが大幅アップだな。1年契約だし来年も(^ω^)ウヒヒ」


川; ゚ A゚ノ|「なるほど、こういうところでリセットしてたわけですね」


(・ω・`)「記憶にございません(国会答弁的に」


02_201311052146135c0.png


(`・ω・´)「Mandaric is GOD


川* ゚ ∀゚ノ|「Q:理想の上司は? A:ミラン・マンダリッチ」


03_20131105214915fec.png


川; ゚ A゚ノ|「黒字だと言ってますが、それはそうですよ、9億も会長から投資してもらってちゃ」


(・ω・)「プレミアに上がったら収益も増えるだろうから、来季からが本当の決算だな」


04_20131105215120415.png


(・ω・)「ファンによる年間最優秀選手はレダ・ジョンソンだった。プレミアでも期待している(`・ω・´)」


05_20131105215228679.png


(・ω・)「ベストイレブンはこんな感じだ。特に言うことは無いかな?」


06_20131105215338693.png


(´ω`)「ほとんどの選手が年俸25%アップになったけど、プレミアに上がって予算も増えたし大丈夫だろう」


川 ゚ ー゚ノ|「元の給与も低く絞ってましたしね」


07_20131105215459d71.png


(・ω・)「日程が発表された。最終節がマンCだから、その前にしっかり残留を決めておかないとまずいな(・ω・`)」


00.png


(・ω・)「ちなみにこれがプレミアを戦う面子である」


川 ゚ A゚ノ|「……しかし、どこを相手に勝ち点を稼げばいいのか測りかねますね」


(`・ω・´)「俺としては、バーンリー、よくぞプレミア残留してくれた、といったところだ。160本ノックの宿敵と戦えるのを楽しみにしている」


08_201311052201248fd.png


(^ω^)「放映権料うめぇwwww」


川 ゚ 0゚ノ|「去年はいくらでしたっけ?」


(・ω・)「忘れた。しかし確か10億もなかったはずだ。これはおいしい(^ω^)」


09_201311052202440cc.png


(・ω・)「シーズンの目標だが、もちろんここは『降格を回避する』だ」


川 ゚ ー゚ノ|「ここで高望みなんてできません。地道に一つ一つ頑張っていきましょう」


10_20131105220441be2.png


(・ω・)「さすがプレミアといったところか。昇格しただけで世界60位のクラブになれた」


川 ゚ 0゚ノ|「いえ、満足してはいけません。まだ60位ですよ。もっと上を目指しましょう」


(´・ω・`)「君ついさっき地道に行こう言うてたやん」


11_20131105220633b7a.png


(・ω・)「と、ここで、ウチのユースにいたHore君という子がリヴァプールに引き抜かれた」


川; ゚ Д゚ノ|「何をやってるんですか! いいんですか渡してしまって?」


(・ω・)「え、いいんじゃない? こいつ潜在能力値が120までしかないもん。むしろなんでこんな子をリヴァプールが引き抜いていったのか謎だ。移籍契約条項がたくさんついたし、むしろおいしかった」


川; ゚ ー゚ノ|「ツールプレイが幸いした、と言っていいんでしょうかね」


(´ω`)「ツールで潜在能力値を知っていなかったら、リヴァプールが目をつけたんだからすごい子だ! と無駄な引き止めをしたかもしれないな。どうぞどうぞ、引き取って行ってください(余裕」


12_201311052213554a6.png


(・ω・)「さて、今年に入って、俺たちは初めて新傘下クラブと提携することにした。すると3年目と在籍期間も長いので理事会に自分で選んでいいよと言われたので、このクラブと提携することにした。University College Dublin。和訳するとダブリン大学AFC。つまり大学のサッカーチームである」


川 ゚ A゚ノ|「大学サッカーチーム? なぜこんなところと?」


(・ω・)「一つ一つ説明していこう。まず、3年目でプレミアにも昇格したので、レンタルで選手を送り込める傘下クラブがそろそろ欲しいなと思った。もちろん欲しかったのは労働許可の回避のためのクロアチアのクラブだ。しかしこれはまだ無理だった。たぶん傘下クラブと提携できる基準はクラブ知名度だと思うのだが、驚くなかれ、実は我らがウェンズデイは、プレミアに上がったにもかかわらず、ライバルであるシェフィールド・ユナイテッドより知名度が下なのだ(´・ω・`)」


川; ゚ Д゚ノ|「そんな! なんでですか!?」


(・ω・`)「たぶん、ユナイテッドは2部とはいえ、3部優勝にFLトロフィー優勝とタイトルを獲得してるからだろうな。俺たちはいまだにタイトルが無いから。というわけで作戦を変更して、『若手選手や使えない選手を送り込んで傘下クラブを活躍させる遊び』が出来ないかな、と思った。しかし目を付けたクラブを自分で選んでみたがどこも無理だった。若手や使えない選手とはいえ、選手がレンタルを承諾し、しかも戦力になり、かつ俺が擬似プレイを楽しめるクラブとなると候補は少ない」


川 ゚ ー゚ノ|「シェフィールドFCにすればいいじゃないですか。ユースの子ならちょうどいいでしょう」


(´・ω・)「それが無理だったんだよね。すでに提携しているのを解除して再度指定してみたんだが、駄目だった。解除してすぐは無理なのかな。ゲーム開始時からレンタルなしの提携をしていたのがここで裏目ったか。とはいえいつかはシェフィールドFCにも選手を送り込みたいので、今のうちに既存の提携クラブは全部契約解除しておいたが」


川 ゚ A゚ノ|「あら」


(・ω・)「というわけで傘下クラブで遊ぶのは諦めようかなと思ったんだけど、そこで以前、アイルランドリーグにちょっと面白いクラブがあったのを思い出した。それがこのダブリン大学AFCだ。詳しく調べていないので分からないのだが、おそらくマジの大学生チームだ。そして同時に、アイルランドのトップリーグに所属している。さすがに大学生チームということで優勝経験は無いようだが、ここに使えないユース選手(ただし、すでにクラブ育成にはなっている選手)を送り込んで、あわよくば上位を目指す、そんな『君たちはサッカー選手としての将来は無いので大学で勉強してきなさい』プレイを楽しむことにした(^ω^)」


川; ゚ ー゚ノ|「最低のプレイですね


(・ω・)「え、むしろ優しくね? 俺優しくね? ちなみにアイルランドリーグなので、傘下クラブにするための選択肢は『優れたユースシステムの優先交渉権のために探す』だ。そこにはちっとも期待してないけどな。やっぱりクラブの知名度が低いせいか、国外のクラブを探してきてもらっても、アイルランド、スコットランド、北アイルランドの下位チームばかりなんだよね。そりゃクロアチアのクラブなんてまだまだ先だわな。そんな中、大学チームとはいえアイルランドのトップリーグのクラブを傘下クラブに出来たのはファインプレーなんだぞ。上位に入ればCL出場権も手に入る。ユース選手にとってはむしろ夢が広がりんぐだろう(`・ ω・´)」


川 ゚ A゚ノ|「CL出場権を目指せるんですか。プレイオフでしょうけどそれは確かにユースでくすぶっているよりいいのかも」


(・ω・)「ちなみにウチにいるコリーはここ出身だ」


川 ゚ ー゚ノ|「コリー選手ってインテリだったんですね」


( ゚ω゚ )「『ユニコーンってマジでいるの?』」


川; ゚ Д゚ノ|「……は? なんですかいきなり?」


(・ω・)「実はコリーはツイッターをやっているんだが、ある日覗いてみると、そんなことを呟いていた。大学で勉強していたくせにユニコーンが実在か空想の生物か知らなかったらしい。ガチ質問っぽかった。おい大丈夫か、ダブリン大学ってもしかしてレベル低いのか(・ω・`)」


川; ゚ A゚ノ|「……彼が天然なだけだと信じたいです」


13_20131105225305a09.png


(´・ω・`)「最後のニュース。さすがに優勝予想となると圏外だな。メディア予想順位もビリだし」


川 ゚ ー゚ノ|「なにはなくとも今年は残留ですよね!」





(・ω・)「さて、今年はゲーム内でワールドカップが開催された。その結果を紹介したい」


川 ゚ A゚ノ|「……」


(・ω・ )「? どうした?」


川; ゚ ー゚ノ|「いえ、記事の最初にリセットしたと言っていたので、このワールドカップの結果もいじられているのではないかと」


(・ω・)「そんなことはない。いや、かなり頻繁にリセットしてたから結果はそのたびに変わっていただろうが、それをチェックしないようにニュースから目を背けつつ背けつつ進めていた(>ω<)。だから結果は完全にランダムだ」


川 ゚ ー゚ノ|「ならいいんですが」


(`・ω・´)「他のFM日記さんたちは細かくグループリーグの結果から貼っているが、俺は面倒なので決勝トーナメントだけ見せる。これだ!」


14_201311052301013c9.png


( ゚ω゚ )「優勝はアルゼンチンでした


川 ゚ ー゚ノ|「メッシ選手がいますし、妥当な結果なんじゃないでしょうか」


(・ω・)「このゲームはイギリスのゲームなのでイングランドがひいきされて優勝すると聞くが、別にそんなことは無かった。ベスト16で敗退している」


川 ゚ A゚ノ|「……そういえば肝心の開催国のブラジルの姿が見えませんね」


(・ω・)「あいつらはグループリーグで全敗していた


川; ゚ A゚ノ|「何をやっているんですか。リアルだったら暴動が起きてますよ」


(・ω・`)「しかも相手はデンマークとポーランドとオーストラリアだ。起きるな。間違いなく起きる」


川 ゚ ー゚ノ|「日本はどうだったんですか?」


(´・ω・`)「クロアチア、ウルグアイ、ガーナの組み合わせに入って、ガーナにしか勝ててなかったな」


川 ゚ 0゚ノ|「今話題のベルギーはどうだったんですか?」


(・ω・)「さあ? 予選で敗退してて参加してない」


川; ゚ A゚ノ|「うわぁ。ゲームの方がきっと強いんでしょうに」


(`・ω・´)ノシ「というわけで2014年のワールドカップは幕を閉じた。また4年後!」





(・ω・)「さて、開幕前ニュースはサクサク終わったので、次回は選手紹介だけで済ませたい。というわけで、今回のうちに、選手獲得と売却の履歴、そして今季使う戦術などなどを紹介しておくぞ」


15_20131105231820a90.png


(・ω・)「これが獲得選手一覧だ」


川 ゚ 0゚ノ|「一人とても高い移籍金で獲得した選手がいますね」


(・ω・)「補強はもういいかなと思ったら、予算がかなり余ってたんでね。せっかくだから使ってみたよ。ウェンズデイの最高移籍金支払額の記録はパオロ・ディ・カニオの750Mだ。それ以下ならOKかな。それ以上の額となると、よっぽどの選手じゃないと払う気にはなれない。ちなみに全部一括だ。プレミア最高(^ω^)!」


16a_20131105232337403.png
16b.png
16c.png


(・ω・)「放出選手一覧である」


川 ゚ A゚ノ|「ダブリン大学にたくさんユースの子を送り込んでますね……あら、オフェレ選手は売ったんですか?」


(・ω・)「うむ。初年度はマスコットだなんだと言っていたが、さすがに厳しいと思ってね。しかし放出先が今季プレミアに上がったブライトンだから、運が良ければプレミアデビューも出来るだろう」


川 ゚ ー゚ノ|「あとは、A・ムーイ選手とボラド選手をレンタルで放出していますね」


(・ω・)「売るにはちょっとまだキープしておきたいし、でも戦力にはちょっと厳しいし、というわけで2部にレンタルに出したよ。来季にはほんとに売るかなって感じだね」


21_20131105233742011.png


(・ω・)「開幕前の財務だ」


川 ゚ ー゚ノ|「まだ余裕がありますね」


(・ω・)「プレミアレベルとなると、この残り予算でさらに誰かを獲得するには足りないという感じか。でも今の戦力で大丈夫だろう。大丈夫、と思いたい(・ω・`)」


17b.png17a_2013110523301494a.png


18b.png18a_20131105233218fed.png


(・ω・)「今季プレミアに挑戦するにあたって使う戦術である。基本的にはクリスマスツリーのショートパスで攻めて、点が欲しい時には手寅・マイヤーホーファーをターゲットマンにして放り込む。中盤のサイドは選手によってハードワーカーかセンターミッドフィルダーかを使い分ける」


川 ゚ A゚ノ|「うまく通用するでしょうか。……というか、結局その名前で行くんですね川; ゚ ー゚ノ|」


19_20131105233535b21.png


(・ω・)「少し変更点がある。選手への細かい指示は最小限にとどめた。パススタイルなどは制限を持たせていない。ショートパスにこだわりすぎないようにした。さてこれがどう出るかな」


20_20131105234148f5f.png


(・ω・)「親善試合の結果だ。開幕直前に代表戦があったので4試合しかできなかった」


川 ゚ ー゚ノ|「手ごたえはどうですか?」


(・ω・)「選手の動きが結構滑らかになった気がする。戦術というより、単に2部から1部へと上がったのでグラフィックが上がっただけのような気がするけど。あと、この親善試合でよく分かったんだけど、チャンスメイカーのトップ下はやはりボールを受けに下がってくるな。レジスタのボールをトップ下が受けてサイドのハードワーカーが上がるというシーンをよく見かけた。やはり戦術指示と説明文に忠実に動くのだと実感した」


川 ゚ A゚ノ|「残留……できますかね?」


(・ω・`)「やってみないと分かんないな。未知の世界だ。それじゃ、次回はその未知の世界に挑む選手たちを紹介しよう(`・ω・´)ノシ」(続く)





川 ゚ Д゚ノ|「なんだかどこもかしこもFM2014の話題で持ちきりですが」


(´・ω・`)「そろそろブログタイトルに2013って入れるかなぁ」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。