Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(・ω・)「前回見せ忘れたデータがあった」


01a_2013092601092336e.png


川 ゚ ー゚ノ|「これは?」


(・ω・)「見ての通り、時間ごとの得点数と失点数だ。だいたいまんべんなく点を取り点を取られているのだが、」


川 ゚ A゚ノ|「ロスタイムに6点も取られているのが目を引きますね」


(´・ω・`)「終盤に失点して引き分けたり負けたりした勝負弱さがデータ上でもしっかり表れてるな」


02_201309260112506d4.png


(・ω・)「得点と失点のアシスト位置だ。いまだにこのデータの見方に自信が無いのだけど、これは上がウチで下が相手でいいんだよな?」


川 ゚ ー゚ノ|「わたしたちは中央からのパスが断然多いですね」


(・ω・)「うむ。戦術練習の時にトライアングルパスからサイドを突くとか言っておきながら、実際にやってみたらそんなシーンはほとんど無かった。何度か繰り返しているが、本当にあの戦術練習はいったいなんだったんだ(・ω・`)?」


川 ゚ 0゚ノ|「失点の方は、それこそまんべんなく崩されてますね」


(・ω・)「サイドバックの評価点が低いのはサイドを破られているからではないかとコメントをもらったけれど、あまりそういう印象は無かった。でもデータで見ると結構破られてるな。ただ、その2倍以上を中央から崩されているので、やはり印象に残らなかったようだ」


川 ゚ A゚ノ|「来季に向けての修正案は何かないんですか?」


(´・ω・`)「全然思いつかん。あまりに平均的に崩されているので、対策の仕方が分からない。ただ、来季からは、戦術で『柔軟』にしていたスタイルを『バランス』にしようかなと思っている。前に言ったけど、柔軟な動きをさせているのでマークがずれて失点している可能性があるからだ。ただ、そうすることで攻撃時の柔軟性が失われて得点機が減る可能性もあるのだけれど、こちらは試合中に変更して対応できないかなと考えているよ」


川 ゚ ー゚ノ|「フォーメーションの変更は考えていないんですね」


(・ω・)「うむ。そこそこの結果を出したし、順位表の勝ち点差を見ると分かるが、もし序盤の大連敗がなければ、プレーオフ圏内に手が届いてたと思うんだ。来季の補強も、今のフォーメーションを今後も続けることを前提に獲得している」


川 ゚ Д゚ノ|「連携も深まりましたし、来季はスタートダッシュに失敗しなければいいんですけれど」


(・ω・)「それじゃ、今季の表彰とリーグ成績の紹介に移るよ」





フットボールリーグチャンピオンシップ結果


14a.png
15a.png


(・ω・)「昇格チームが決まった。プレーオフの結果、6位のウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズが昇格。リアルでは3部に落ちてしまったがゲーム内ではブラックバーンと共に1年でプレミア復帰だ。ボルトンだけが置いてけぼりを食らった。しかし3位のハダーズフィールドはすごいな。こいつらウチと同じ3部からの昇格1年目だったのに」


17a_20130926021041b1c.png


(・ω・)「チャンピオンシップの選手成績データだ。俺のPCのプレイ環境的に、このサイズと表しか画像切抜きできないが、一応見せておく。得点王はバーンリーのチャーリー・オースティン。年間最優秀選手賞も獲得した。wikiったんだけど、若いのに苦労人というか、アマチュアから自力で這い上がってきた選手みたいだね。能力も高い。現実では今年はQPRに移籍しているらしい。ゲーム内では来年からプレミアでプレイする機会を獲得した」


12_201309260219138fd.png


(`・ω・´)「そして年間最優秀若手選手にマテウスが選ばれたぞ!」


川* ゚ ∀゚ノ|「おめでとうマテウス君!」


(`・ω・´)「『ある程度創造性のあるパフォーマンスだった』って辛口だな。一言多いぞこの野郎」


13_20130926022143765.png


(`・ω・´)「年間ベストイレブンにペチュニクが選ばれた。サブメンバーにもマテウスが選ばれた」


川* ゚ ー゚ノ|「やりましたね!」


(`・ω・´)「出ずっぱりだったからなぁペチュニクもマテウスも。そして高パフォーマンスを安定して見せてくれた。ちなみにマテウスは年間ベストイレブンに選ばれたのでボーナスを払うことになった。サブメンバーでも払わなきゃいかんのか(・ω・`)」


10_20130926022507a29.png


(´ω`)「チームのみんなにボーナスを支払った。今年1年お疲れ様~」


11_20130926022634ea5.png


(`・ω・´)「そしてリーグから約3億の収入をいただいた。うめぇ。これで負債が少し減るぞ」


川 ゚ A゚ノ|「でもまだまだ赤字は多いです」


(´・ω・`)「なんとかせにゃなぁ。それじゃ他リーグの結果を紹介しよう」





プレミアリーグ


03a_20130926023049be2.png


(`・ω・´)「優勝はマンチェスター・シティ。2連覇達成だ。俺はマンCも結構好きなので嬉しい。マンチーニが好きなんだよな。インテルで優勝してくれてたから。降格はウィガンとノリッジとサンダーランドだ。サンダーランドを降格させたオニールが、低迷したWBAの監督の後釜に収まって、ちゃっかり脱出しているのが嫌らしい。そしてスウォンジーが頑張った」


川 ゚ 0゚ノ|「ニューカッスルに何かマークがついていますが」


(`・ω・´)「カップ戦で優勝したのでEL出場権獲得マークがついているんだ。そのカップ戦の結果も見せる」


08_20130926023517fe0.png


(`・ω・´)「リーグカップ。実際にはキャピタル・ワン・カップという名だ。画像が古いのでカップ戦マークは以前の呼び名のカーリング・カップのままだが。ファンとしては喜ばしいことに、これをニューカッスルが優勝した。リアルで優勝したスウォンジーも決勝まで進んだ。リーグ戦成績といいスウォンジー凄いな。ウェールズから初のプレミア参戦で応援されていたのが遠い昔のような定着っぷりだ」


川; ゚ A゚ノ|「見事なまでにベスト8に有名な強豪チームの姿が見えませんね」


(`・ω・´)「トッテナム以外みんな脱落してやんの。そしてそれはFAカップも同様で、ここで番狂わせが起きる」


09_20130926024045d07.png


(`・ω・´)「なんと2部のバーンリーが優勝である


川; ゚ Д゚ノ|「エエエエェェェェ!?」


(;`・ω・´)「すげぇな。ほんとこいつら相手に戦術練習してた俺はなんだったんだ? これで昇格を逃していたら、今年のウィガンみたく、2部からのEL参戦だったな。来季はプレミア昇格と同時にELに参加する。たいしたもんだ。収入もきっと増えるだろうから、うまくいけばバーンリー、プレミア定着するんじゃないか?」


22_20130926024555c2c.png


(`・ω・´)「イングランドの主な表彰である。リーグカップよりFAカップの方がEL出場権が上なんだな」


川 ゚ ー゚ノ|「選手表彰は、さすがのファン・ペルシー選手ですね」


(`・ω・´)「……しかし最優秀GKがシュチェスニーって、いいのか? 俺、アーセナルには詳しくないんだけど、確かあまり評判や評価が芳しくない選手だった気がするんだが。あと、アグエロが最優秀『若手』って酷いだろ。こいつ25歳だぞ? 23歳以下の賞だろこれ」


川 ゚ A゚ノ|「バグですかね?」


(・ω・`)「わかんね。それじゃ他のリーグの結果も見てみよう」





他リーグ結果


04a_20130926025450ffc.png


(`・ω・´)「セリエAはユヴェントスが優勝した。このゲームのユヴェントスって強くないか? ローマは惜しかったな。そしてどうしたACミラン。画像が切れているが最下位はペスカーラだ。コッパイタリアの方はジェノアが優勝した」


18a_20130926025804638.png


(`・ω・´)「リーガの優勝はレアル・マドリー。コパデルレイと2冠達成である。バルセロナはクロップの元でなんとか持ち直したな」


16a_201309260300077c1.png


(`・ω・´)「ブンデスはクロップを失ったドルトムントがそのまま優勝を決めた。後釜にマインツから引き抜かれた若きトーマス・トゥヘル監督がそのまま粘り切った。DFBポカールはシュツットガルトが優勝している」


05a_2013092603034428a.png


(`・ω・´)「やっちまったのがリーグアンのパリ・サンジェルマンである。優勝はボルドー。二つあるカップ戦もどちらも取れず無冠だ。なんかPSGはお笑いクラブになる確率が高いな」


07_201309260305228bf.png


(`・ω・´)「ELはトッテナムが優勝した。逆にトッテナムがELを取る確率は高い気がする。ちなみに前に言った通り、監督はスパレッティである。解任されたビラス=ボアスは何をしているかというと、スペインに渡りバレンシアの監督をしている」


06_201309260307062df.png


(`・ω・´)「そしてチャンピオンズリーグは現実の通りにバイエルンが優勝した! 同時に現実通りこれで勇退するハインケスが最後の仕事を果たした」


川 ゚ ー゚ノ|「いつか私たちも大陸大会に参加してみたいですね」


(・ω・`)「……道のりは遠く長い」





(・ω・)「では、移籍期間までの主な出来事である」


19_201309260312298e2.png


(`;ω;´)「ファンからの会費収入である。ありがてぇ! ありがてぇ! まあ微々たるものだけど(・ω・)」


川; ゚ Д゚ノ|「そういうこと言っちゃいけません!」


20_201309260313472ca.png


(`・ω・´)「新しいスポンサーがついて、ちょっと収入が増えた。まあ微々たるものだけど(・ω・)」


川; ゚ Д゚ノ|「だから(ry」


(`・ω・´)「少ないから1年契約で切れるのがありがたい! こんなはした金で長期契約なんてされてたまるか!」


川; ゚ ー゚ノ|「この人ひどい」


21_2013092603155521f.png


(´・ω・`)「理事会から来季の予算を前もって知らせてもらったが、やはり減っているな」


川; ゚ A゚ノ|「結局今シーズンの収支はどうだったんですか?」


23a.png


(´・ω・`)「この財務表は6月9日の時点のもので、この昨シーズンの収支がその結果だ。520Mの赤字だった


川; ゚ Д゚ノ|「多いですよね……」


(´・ω・`)「毎年5億の赤字とかきつい。来年もきっと同様だぞ。どうしたもんか」










24_20130926032124a13.png


(・ω・)「それでは、移籍期間に入る。ここからが来シーズンだ」


川 ゚ ー゚ノ|「予算も減りましたし、ここからどこまで戦力を維持できるかですね」


(`・ω・´)「ボスマンで安い選手を獲得したし、選手層もかなり変わる。成績も果たしてどうなるやら。それでは、次回からは2シーズン目です!」


川 ゚ A゚ノ|「長かったですねぇ……初年度を終わらせるまで」


(´ω`)「160本ノックとかいろいろあったからねぇ……しかし来季からはサクサク進めるぞ(`・ω・´)!」(続く)

スポンサーサイト

(・ω・)「インテルのオーナーが変わるようだ」


川 ゚ ー゚ノ|「インドネシアの実業家、エリック・トヒルという方が、クラブの株の70%を買い取るらしいですね」


(´ω`)「名物会長、モラッティ会長の政権も終わりが来たということか。もう歳だし、CLも獲得できたし、ここらで引き時と思ったのかもしれないね」


川 ゚ 0゚ノ|「ヤフーニュースなどのコメントでは、『これでインテルも金満化か』『長友はどうなるんだ』とみなさん心配されていますが」


(・ω・)「インテルが金満だったのなんて昔からじゃないか。モラッティ会長の一家はイタリアの元祖石油王の老舗だ。ブラジルのフェノーメノ、ロナウドを大金をかけて獲得したり、金ばかりかけて肝心のスクデットは取れないクラブとあざ笑われていた時代をみな知らないのか? 長友に関しては、好きな選手だけど、そんなに気にしていない。俺は別に長友がいるからインテルのファンだったわけじゃないからね」


川 ゚ Д゚ノ|「そもそもなんでインテルが好きだったんです?」


(´ω`)「ずいぶん昔、スポーツ紙のNumberでイタリア特集本が出たことがあってさ。そこでACミランとインテルについてイタリア人記者のコラムが載っていて、ベルルスコーニ会長とモラッティ会長のエピソードが書かれていてね。前にも日記で少し書いたけど、そのモラッティ会長のエピソードがとてもキュートだったんだ。石油王の2世で子供のころから金持ちであることに罪悪感があったとか、その反動で金払いがいいとか、父親がインテルの会長だった時代の強いインテルを夢見て息子の自分が会長になったとか。特に印象的だったのは、ルチアーノ・モッジに関する話だ。当時ユヴェントスのフットボール・ディレクターだったモッジのような人物を獲得すべきでは、と記者に問われて、モラッティ会長はこう答えている。『わたしはあの手の人物が好きになれない。インテルは政治ではなく、あくまでピッチで勝利しなければいけないんだ』。これはまだカルチョ・スキャンダルが発覚する前の話だ。そしてその後、皆も知っている通り、モッジは八百長に関わっていたことがバレてイタリアサッカー界から追放される。モラッティ会長の信条通りに潔白だったインテルは、リーグ5連覇にCL制覇に三冠達成にと、再びグランデ・インテルを復活させて、今に至る」


川 ゚ ー゚ノ|「結構前からのインテル好きだったんですね」


(・ω・)「あの頃はカピタン(ハビエル・サネッティ)がビッグイヤーを掲げることになるとは思っていなかった。馬鹿正直でいたって栄冠は勝ち取れる、インテルの栄光はまさにそうして築かれたものだったんだ。でも、そんなモラッティ会長とゆかいな仲間たちの物語も、モウリーニョによるCL制覇で、一つの終わりを見た。いつか来るだろうと思っていた次の時代がやって来たということだろうね」


川 ゚ A゚ノ|「なんだか寂しくなりますね」


(´ω`)「『物語』はいつか終わるものさ。そして新しい『物語』が始まるんだ」


川 ゚ ー゚ノ|「わたしたちウェンズデイの今シーズンの物語も終わりました」


(・ω・)「うむ。4月と5月の結果、シーズンの成績を簡単に紹介しよう」





4月と5月。シーズンの終了

01_20130922225516399.png


(・ω・)「4月は試合が多かったな。それじゃ、もったいぶらずに結果を見せるよ」


02_201309222303379f7.png


川 ゚ A゚ノ|「2勝2分3敗。あまりよくありませんでしたね」


(・ω・`)「前回も言ったけど、どうも攻撃陣に安定した勢いがなくなったんだよね。ちょっと失速しちゃったよ」


順位表


09a.png
10a_201309222311287bc.png


(・ω・)「シーズン結果である。俺たちウェンズデイは最終的に14位。上位半分にはあとちょっとだけ届かなかった。優勝したのはブラックバーン・ローヴァーズだ。首位につけていたカーディフは終盤に失速してしまった。監督だったマーキー・マッケイが、マーティン・オニールを解任したサンダーランドの後釜に引き抜かれたことが関係しているのかな。ちなみに次回に紹介するけど、そのサンダーランドはプレミアから降格し、マッケイはせっかくのプレミア挑戦を数か月で終えることになる。ニューカッスルファンとしてはサンダーランドが降格したのはざまぁといったところだ。来季戦うことになるんでざまぁでは済まないのだが。2部から降格したのはレスターとチャールトンとバーンズリー。昇格の残り一枠は次回に持ち越す」


川 ゚ 0゚ノ|「あっ! 160本ノックの相手のバーンリーが2位昇格してるじゃないですか!


(・ω・`)「順位なんてプレイするたびに上下するんで一概には言えないのだけど、やはり強敵だったんだな。こんなところ相手に必勝の戦術練習をしていた俺はなんだったんだ。ちなみにこれも次回に紹介するが、昇格を決めたバーンリーはもう一つ、でかい仕事をやってのけることになる」


07_20130922232309cf5.png


(・ω・)「今シーズンのチーム成績だ。カップ戦も含む」


川 ゚ ー゚ノ|「きれいに得点と失点が同じでしたね」


(´・ω・)「得点は良しとして、失点が多すぎたな。シーズン序盤の低迷の影響が大きかったか。だけどレッドカードが1枚も出なかったのは良かった。安定して試合を進められたよ。しかしスタジアムには半分も客が入らなかった。もっと見に来て欲しい。収入的な意味で」


03_20130922232915fad.png


川 ゚ ー゚ノ|「おおむね喜ばれてますね」


(・ω・)「うむ」


11_201309222332466a2.png


(´・ω・)「これを見るとそこまで評価が高くはなかったみたいだけどな。ちゃんと理事会に要求された中位の14位につけたのに大会の評価が辛いや。全体的な信用も49%だった」


川 ゚ A゚ノ|「もっと上位に行かなければいけなかったというわけですか」


(´・ω・`)「メディア予想順位の20位やリアルの18位よりはずっと良かったんだけれど。終盤に試合の取りこぼしが多かったのが響いたか」


選手成績


04a_20130922233711a1f.png
05a_20130922233725f10.png


(・ω・)「選手の成績である。最多得点は我らがマスコットのオフェレ。20得点まであと1点足りなかった。前半戦の選手成績と比べてみれば一目瞭然だが、後半戦になってストライカーの得点率が一気に減った。それが終盤の失速にも表れている。アシスト王はマテウス。12アシストはCKも含んでいる。そして結果的にチーム一の41試合に出場した。FMをプレイしててこんなに出場させたのは初めてだ。序盤にアシストを積み上げていたメイヤーは結局あれっきりだった。キラーパスってあまり出ないのかな、せっかく覚えさせたのに。やってるシーンを見なかった。最多MOMは5回のガードナー。FM2013はセンターバックがMOMを取ることが多いと聞いていたけど、実際に終盤になってディフェンスが取ることが多かった。クラーソンとイブラヒムの出場試合数が少ないのは、冬に完全移籍した後の回数だからだ。本当はこの倍以上は出場している」


川 ゚ ー゚ノ|「総括としてはどうですか?」


(´ω`)「みんなよく頑張ってくれたんじゃないかな。こうして見ると、本当に戦術のタスク通りに選手が動いていたのだとよく分かる。中盤があまり点を取っていないところなんかね。サポートタスクだから。しかし、シーズン前は期待してなかったマグワイアがセカンドトップとして結構活躍してくれたのが嬉しい誤算だった。代わりに獲得したボラドがちょっと出場試合数に比べて結果を残せてないかなぁ。まだフィットしていないのかな。あと、アントニオが終盤のダービー戦でようやく得点して、しかもMOMを取ったのがちょっと嬉しかった。得点できていないことを悩んでいたようだったから」


06_2013092223541197c.png


(`・ω・´)「休暇に入った。それでは、ここからは早くも来シーズンに向けて動くことになる。休暇期間はボスマンの選手が加入する7月1日までにした」


川 ゚ ー゚ノ|「来季はもっと上を目指さないとですね!」


(・ω・)ノシ「その前に、次回はリーグの表彰や他リーグの結果なんかを紹介するよ。それじゃ、また今度」


川 ゚ Д゚ノ|「戦術の試行錯誤も含めて、長い長い初年度シーズンがようやく終わったというのに、なんだか淡泊ですね」


(´ω`)「連休中だから俺もまったりモードなのさ。それにリアルの今はすでにその来季の戦力確保の真っ最中だしね」















12_20130922235853d03.png


川; ゚ Д゚ノ|「……それで、どうするんですかこれ。6億近い赤字なんですが」


(´・ω・`)「前途は多難だ」(続く)













(・ω・)「すっかり忘れていた。シーズン終盤のワトフォード戦。面白ゴールが1個生まれていたのだった。追記で紹介しよう」


01a_20130923063249025.png


(・ω・)「ちょうどセンターサークルのど真ん中。センターバックのジェラがフリーキックを蹴る」


川 ゚ ー゚ノ|「そうですね」


02a_20130923063451f06.png


(・ω・)「蹴った」


川 ゚ A゚ノ|「あれ、ここは味方にパスする場所じゃあ」


03a_20130923063631780.png


(・ω・)「綺麗な放物線を描いてどんどん伸びていく」


川; ゚ A゚ノ|「……まさかですよね?」


04a_20130923063824489.png


05a_20130923063932aef.png


06a_201309230640315a0.png


(^ω^)「GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!


川; ゚ Д゚ノ|「エエエエェェェェ!?


(・ω・)「いやー、FMは時にありえないゴールが生まれるところに賛否両論あるみたいだけど、こんなゴールならたまに見れてもいいかなと思うよ」


川; ゚ ー゚ノ|「でも結局この試合は負けてしまったんですね」


(´・ω・`)「残念。月間ベストゴールにも選ばれなかった。いくらなんでもネタゴールすぎたか。それじゃ、また次回(・ω・)ノシ」


3月

01_2013092018463410e.png


(・ω・)「3月の日程である。しかしそんなことはどうでもよい」


川; ゚ Д゚ノ|「どうでもよくはないですよ」


(`・ω・´)「今月のメインイベントはユース選手の加入である」


07_20130920184848f1d.png


(・ω・)「画像は、この後の話になるが、ユースが発表された後に、今後も直前の目印をつけておこうとノートに書いたアラームだ。ユースって3月中に突然加入するから、セーブを忘れると取り返しがつかないんだよな」


川 ゚ A゚ノ|「今回もFM2012の日記の時のように、有望選手が入るまでやり直すんですか?」


(`・ω・´)「もちろんだ。我らがウェンズデイのユースリクルートは『平均的なネットワーク』である。『平均的なネットワーク』の段階でも、リセットを繰り返せば結構な確率でプレミアレベルの選手が加入することはFM2012で確認済みだ。そしてFM2013でも同様のようである。リセットするぞ!」


川; ゚ ー゚ノ|「いいのかなぁ、FM日記でユースをリセットしてる人なんてたぶん他にいませんよ」


(`・ ω・´)「しかし、FM2012の時の川俣君のように、面白味があり潜在能力の高い若手が加入すれば、日記の面白さも増す。そうだろう? これは読者サービスなのだよ」


川 ゚ Д゚ノ|「本音は?」


    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( `Д´) < ヤダヤダ! いい選手が出なきゃヤダヤダ!
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ジタバタ


       ∩
     ⊂⌒(  _, ,_) < 有望な若手がホスィ…
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ヒック...ヒック...


川; ゚ Д゚ノ|「わ、わかりました、わかりましたから」


(`・ω・´)「というわけでリセットの作業に入ったわけだが、ここで俺がユース選手につけた条件がある」


・ストライカーであること(得点数で活躍が読者に分かりやすいし俺も楽しい)
 ・日本人であること(日本人頑張れ)
 ・あるいはシェフィールド出身であること(地元生え抜きは嬉しい)



(`・ω・´)「こんな条件の有望なユース選手が入団するのを期待した」


川 ゚ ー゚ノ|「もうリセットの是非は問いません。存分に気の済むまでやってください」


(´・ω・`)「期待したのだが」


川 ゚ A゚ノ|「あれ、どうかされたんですか?」


(´・ω・`)「FM2012では監督が日本人だとユースにも日本人が登場したのだが、FM2013では何度かリセットしても登場する気配が無い。ごくたまにセルビア(マンダリッチ会長の国籍)とか、その他の国の選手は入ってくるのだが。どうも今作では、母国以外のユース選手が登場する確率はかなり低いっぽい。日本人でしかもストライカー、という以前に、日本人が登場しないのだ。そして、そもそも有望な若手が加入するパターンがFM2012よりも減っている気がする。さっきFM2013でもプレミアレベルの若手は出ると言ったが、確かに出るものの、その確率は前作より若干低い感じだ」


川 ゚ ー゚ノ|「やはりリセットなんて邪道なんですよ」


(・ω・`)「試合だけでなく、こんなところでも厳しくなってるっぽいんだよなぁ。というわけで、上の条件でリセットすると言ったが、実は早々に諦めた」


川 ゚ Д゚ノ|「あら、じゃあ今回は有望なユース選手はいないんですか?」


(・ω・)「そうじゃない。上の条件の選手が出るまでリセットを延々繰り返すのを諦めた、という話だ。実は1回目のリセットで、さっそくいい選手が加入してきていたのである。そのセーブデータは上の条件に当てはまらなかったので、控えとして取っておいたのだが、結論としてそれを使うことにした」


02_20130920195023834.png


03_20130920195113af6.png


(・ω・)「これだ」


川; ゚ A゚ノ|「なんだか一人すごい子がいるみたいなんですが」


(・ω・)「それでは、妥協したものの、今回のプレイでの初ユース選手を紹介しよう」


04_201309201955044b2.png


(・ω・)「Adam Johnson君だ。日本人でもないし地元シェフィールド出身でもないが、ストライカーである。しかも今の戦術にフィットするセンターフォワードだ。潜在能力は、現段階の能力からも明らかなように、ツールで確認するまでもなくプレミア上位レベル。だからこそ日本人でも地元出身者でもないことが残念でならない。そんな彼の出身はブラッドフォード。あの去年リーグカップ決勝まで勝ち進んだ4部のクラブの地元だ。唯一救いがあるとすれば、彼は我らがウェンズデイをサポーターとして好きなクラブに挙げてくれていることだ。いいのか? 地元のブラッドフォードのサポーターじゃなくて。しかもなぜかもう一つ、カンファレンスナショナル(イングランド5部)のバローのサポーターでもあるらしい。なんだそりゃ? 変な子だな」


川; ゚ Д゚ノ|「ちょっと待ってください、15歳でこの能力ですか? 妥協ってレベルじゃないですよ!


(・ω・`)「しかし、第一志望は日本人かシェフィールド出身の子だったからなぁ。ちなみに彼はすでに『スライディングタックルをしない』と『ダイレクトシュートを狙う』のプレイスタイルを持っている。最初からプレイスタイルを持っているところなんかは好印象だな。スライディングをしないのは助かる。カードもあまりもらわないだろうし」


川* ゚ ー゚ノ|「十分すぎますよ! これで妥協だなんて高望みしすぎです! 彼で行きましょう!」


(・ω・)「だが、この子で行くのをためらった理由はもう一つあるのだ」


川 ゚ A゚ノ|「なんですかまだあるんですか?」


(・ω・)「名前である」


川 ゚ ー゚ノ|「? アダム・ジョンソンという名前に何か問題でも?」


(´・ω・)「このあまりに平凡な名前と同姓同名の選手が、現役でサンダーランドにいる。しかもイングランド代表経験者だ。だから紛らわしいんだよ。生成選手は変な名前の選手が多いのに、なんでよりによってアダム・ジョンソンなんて個性のかけらもない名前なんだ」


川 ゚ Д゚ノ|「そんなのどうでもいいじゃないですか。どうせニックネームをつけるんでしょう?」


(・ω・`)「しかし同姓同名だぞ? どう変える? そもそもウチにはキャプテンのレダ・ジョンソンがいるんだ。ジョンソン多すぎだろ」


川 ゚ ー゚ノ|「何か適当な名前にすればいいでしょう」


(・ω・)「適当な名前ねぇ……じゃあこうしよう」


08_20130920203334eab.png


(`・ω・´)「Adam Johnson君、君は今日から『A・B・ジョンソン』と名乗りなさい」


川 ゚ Д゚ノ|「? Aというのはアダムですよね? そのBというのはどこから来たんですか?」


(・ω・)「防波亭手寅のB」


川 ゚ A゚ノ|「えっ」


(・ω・)「防波亭のB」


川* ゚ ∀゚ノ|「……や、やだなぁ。いいんですか? わたしの名前をつけていただいちゃって」


(・ω・)「考えてみれば、このプレイの監督は君なのに、監督らしいことは何もさせてないからね。FM2012の時は君が獲得選手を選ぶって話の展開をするつもりがセーブデータの破損でおじゃんになっちゃったし、今回はそういう茶番を作る余裕も無さそうだから、せめて名前だけでも使ってあげようと思って」


川; ゚ Д゚ノ|「ちょっと待ってください今回はわたしに人事権をくださらないんですか?」


(´ω`)「今回の君は完全にお飾りの監督だ。名前だけで我慢しろ」


川; ゚ Д゚ノ|「そんな!」


(`・ω・´)「というわけで名前も決まったところで、A・B・ジョンソン君にはさっそく公式戦デビューしてもらう」


川 ゚ A゚ノ|「もうデビューさせるんですか? 早すぎませんか?」


(・ω・)「ちょっとこの画像を見て欲しい」


05_201309202050474f4.png


(・ω・)「これはチャンピオンシップの歴代個人記録である。注目して欲しいのは最年少出場記録と最年少得点記録だ」


06a_201309202059226ca.png


(・ω・)「こちらはクラブの歴代個人記録。同様に注目は最年少出場記録と最年少得点記録だ」


川 ゚ ー゚ノ|「なるほど、この更新をA・B・ジョンソン君に狙わせようというわけですね」


(`・ω・´)「せっかく15歳という若い年齢なのだからね。チャンピオンシップの最年少出場記録は15歳と45日ですでに無理だが、他は更新可能だ」


18_20130920210234900.png


(`・ω・´)「出場させるのはアウェーのミルウォール戦。A・B・ジョンソン君にとっては、ユース契約を交わした翌日の公式戦デビューとなる」


川 ゚ Д゚ノ|「入団したばかりですけれど、体調は大丈夫なんですか?」


(・ω・)「生成された時からすでに万全である。なので、彼はすぐにトップチームに上げた。ユース候補である彼らは、仮入団の時点で、直後にユースチームとのテストマッチが控えているのだが、これに出場させないようにするためだ。万全のコンディションをユースとのテストマッチで消費しないようにして、ミルウォール戦に挑む」


川 ゚ ー゚ノ|「しっかり対応しているわけですね。なんだ、妥協と言いつつ、彼を使う気まんまんじゃないですか」


(`・ω・´)「問題はここからだ。果たして彼はトップチームで通用するのか? その試合結果は……」










11_201309202111241d4.png


09_2013092021125019c.png


10_20130920211419efc.png
A・B・ジョンソン「ニッコリ」


(* ゚∀゚ *)「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


川* ゚ ∀゚ノ|「キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n゚∀゚)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!


15_20130920212236950.png


14_20130920212258f09.png


12_20130920212450d54.png


13_20130920212553fb7.png


(`・ω・´)「記録更新達成である


川 ゚ ー゚ノ|「ユース選手選びのことがあるので、一応訊きますけど、リセットは……」


(`・ω・´)「していない。A・B・ジョンソン君が自力で一発で勝ち取った栄誉である」


川 ゚ ∀゚ノ|「キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!」


(`・ω・´)「妥協だなんだと言って渋っていたが、ここまで来たらもう確定である。彼を未来のウチのエースとして育てよう!」


川 ゚ ー゚ノ|「じゃあ、今後も試合に出すんですか?」


(・ω・)「いや、まだ今シーズンは彼を使って戦う余裕は無いので、本格的に使うのは来シーズンからになるな。この後に1試合だけ途中出場させて、今シーズンの彼の仕事は終わりだ。ユースに一旦戻らせる」


川 ゚ A゚ノ|「? そのもう1試合はなんのために出したんですか?」


(´・ω・)「出場試合1に得点2では見栄えが悪いので、試合2に得点2とゾロ目にするためだ。俺はそういうところが気になって仕方ない性格なんだ」


川; ゚ A゚ノ|「あなたってこういう細かいゲームには向いて無いんじゃないですか? 神経質すぎますよ」


(`・ω・´)「しかし来シーズンからはどんどん試合に出すつもりだ。というのもだ、もう一度、クラブの歴代個人記録の画像を見て欲しい。注目はクラブ最多リーグ戦得点記録である」


川 ゚ A゚ノ|「ええと……アンドリュー・ウィルソンという選手が199点取っているのが最高記録ですか」


(`・ω・´)「現在俺たちが敷いている戦術では、センターフォワードの得点率が高い。オフェレとマディンは共に10点以上を取っている。来季、そこにA・B・ジョンソン君を使えば、同様にシーズン10点以上取る可能性はかなり高いと思う。1シーズン10点ずつ取れば、20シーズンで200得点ということになる。彼は現在15歳だ。20年後の彼は何歳だ?」


川 ゚ ー゚ノ|「35歳。まだ戦力として計算できている可能性が高い年齢です」


(`・ω・´)「そうだ。調べたところ、この記録は第二次世界大戦前のものらしい。この更新を彼に狙わせてみたい」


川; ゚ Д゚ノ|「20年後って、20シーズンもこのゲームをプレイし続けられるんですか? 3年以上プレイしたことのないあなたが?」


(´・ω・`)「そんなに長くブログを続けるとも思えないしなぁ。セーブデータだっていつ破損するか分からない。しかし……」


川* ゚ ー゚ノ|「……この可能性には、夢がありますね」


(`・ω・´)「その通りだ。ぶっちゃけ20シーズンもプレイなどしないだろう。でも、A・B・ジョンソン君、君はこの大記録達成の可能性を持つ人間なんだ。途中でこのプレイを俺がやめても、その可能性だけは確かに今ここに存在している」


川 ゚ ∀゚ノ|「わたしたちがプレイと日記をやめても、それだけは本当だからね!」





16_2013092021552854b.png


(・ω・)「それでは、3月の結果である。5戦3勝1分1敗。まずまずといったところだな」


川 ゚ ー゚ノ|「もうシーズン開幕直後のような大連敗はしなくなりましたね」


(・ω・)「うむ。このペースが来季も最初から続けば、もっと上を狙えるね。それじゃ最後に順位表を見せて今回の日記は終わろう」


17_201309202200375c4.png


(・ω・)ノシ「それじゃ、また次回」


川; ゚ Д゚ノ|「ちょっと待ってください! 右! 右! 財務収支!


(;`・ω・´)ノシ「また次回!」(続く)


(・ω・)「お久しぶりです」


川 ゚ ー゚ノ|「意外と早く戻ってきましたね。また1か月くらい失踪するのかと」


(・ω・)「時間が出来たんで。ところでセーブデータの日付を見直してて思ったんだけど、俺ってこのゲーム、1年進めるのに1か月かかってるぞ(一度やり直した時点から計算して)。終わりがいつかは決めてないけど、いつ終わるんだよ(・ω・`) ペースが遅いよ。FM2014も発売間近だってのにさぁ。まあどうせ後からパッチで修正とかされるんだろうし、ウェンズデイでのプレイを途中で切り上げるつもりは無いから、発売されても無視してFM2013を続けるけどね(・ω・) 人柱はきっと他のFM日記さんがやってくれるだろう。この日記の需要もしばらくはあるだろうさ」


川 ゚ 0゚ノ|「13-14シーズンの移籍反映エディットデータもダウンロードが始まったみたいですが」


(´ω`)「今年の夏は大物移籍が多すぎた。FM的に有名選手だったカバーニとファルカオも移籍して、ベイルまでいなくなった。むしろ移籍反映データで遊ぶ方が楽しみが減るんじゃないか? 俺は手を出さないよ。それにせっかくここまで進めたのに最初からやり直すわけがないだろう」


川 ゚ A゚ノ|「ところで今、『1年進めるのに1か月かかっている』と言いましたけど、まだ1年進んでないですよね?」


(・ω・)「いや、実は合間合間にゲームはプレイしてて、すでに1年目は終えたのである」


川 ゚ Д゚ノ|「そうなんですか?」


(・ω・)「というわけで、振り返りつつ日記を進めていくことになる。久々で書き方を忘れたんで、ちょっと淡泊になるよ。それじゃ、1月と2月のプレイを紹介しよう」





1月


01_20130918213544aab.png


02_20130918213619e52.png


(`・ω・´)「1月の冬の移籍期間に入ったが、まずはオグレディを契約の相互打ち切りで放出した。降格圏に低迷していた時に泥船から逃れるように移籍志願して練習ボイコットまでしたくせに、駄々をこねるんじゃない、この薄情ものめ。彼はFM2012でのプレイでも冬に相互打ち切りしたな。そうなる運命なのか。ちなみに彼は速攻で3部のドンカスターに再就職先を見つけていた。ある意味世渡り上手だな」


川 ゚ A゚ノ|「塩をまいておきましょう」


03_20130918214339abf.png


(・ω・)「理事会からクラブの財務補填に現金が投入された。理事会といってもウチのクラブに経営陣のスタッフはマンダリッチ会長しかいないので、実質マンダリッチ会長からのポケットマネーだが」


川; ゚ Д゚ノ|「……この展開、もしかして」


(´・ω・`)「勘づいているだろうが、FM2012でのプレイの時と同じ状況である。詳しくは後で述べる」


04_201309182148405e8.png


(・ω・)「1月の試合結果である。チャールトン戦は前回すでに終えていたので、実質1勝3敗である。ワトフォードとのカップ戦は、理事会から最低限4ラウンドには進出して欲しいと言われていたのだが、無視して捨て試合にしてリザーブの弱面でとっとと負けておいた。下手に勝ち進んで日程をタイトにしても残留を目指すウチにとってはマイナスでしかないからな」


川 ゚ A゚ノ|「なんだか不安な結果ですね。大丈夫なんですかこれで」


(・ω・`)「ちょっと攻撃陣に勢いがなくなってきたんだよなぁ。終盤になって対策されたのか、こちらが息切れしたのか。シーズン後半戦や終盤戦はいつでも正念場だな」





冬の移籍


(・ω・)「前回、ボスマンでの獲得選手に悩むと言ったが、じっくり選んで契約を交わした。では駆け込み移籍の時間だ」


05_20130918220008229.png


川 ゚ ー゚ノ|<なぜ最終日という遅いタイミングで動いたのですか?


(´・ω・`)「うっせーハゲ。最終日でないとウチへの移籍に興味を持ってくれなかったからだよバカヤロー。しかしずっと前から目をつけていた選手だったので、代理人から売り込まれて交渉可能と知った時には正直やったぜという感じだった(`・ω・´) ちなみに彼はボスマンだ。ボスマンでのオファーでも移籍最終日に質問されたりするんだな」


06_201309182207342a4.png


07_201309182207594a3.png


(`・ω・´)「イブラヒムとクラーソンを、レンタルの買い取りオプションを行使して完全移籍で獲得した」


川* ゚ ー゚ノ|「大成功と喜ばれてますね!」


(´・ω・`)「しかし時期的に失敗だったかな。イブラヒムはまだしも、クラーソンは年俸が一気に高くなった。もうちょっと早く、要求年俸が低いうちに契約にのぞんでおけばよかったよ。ただ、予算に余裕のあるうちに獲得しておきたかったんで、ここが最後のタイミングだったと思う。シーズン終了後の来季予算はどうなるか不透明だったから


川; ゚ A゚ノ|「あの、それってやっぱり……」


(・ω・`)「うむ。後で話そう」


08_2013091822160530e.png


(・ω・)「ヨーロッパでの冬の移籍市場の動きはこんな感じだ。ベンフィカとポルトが頑張ったな。ゆっくりFM動画でえふえむさんが獲得したポーリがベンフィカに移籍している。ところで、夏にユヴェントスに残留した俺のお気に入りのジャッケリーニは、冬でも買い手がつかず現在リザーブで絶賛監禁中である。まったく試合に出ていない。なんで? と思ったら、ユヴェントスでコンテが敷いている戦術は両サイドにウイングバックを用いた3センターバックで、サイドミッドフィルダーの彼の出番が無いのである。こんなことなら夏にどこでもいいから移籍した方が彼のためだった(´・ω・`)」


川 ゚ A゚ノ|「なんだかもったいないですね」


(´・ω・`)「ウチが金持ちプレミアクラブなら俺が救出するのになぁ」





2月


(・ω・)「それでは2月だ。ここで、先月の理事会評価を見せる」


09_201309182231035c7.png


川; ゚ Д゚ノ|「財務状態は悪く、緩和のために選手売却を欲している……


(´・ω・`)「財務状態はこんな感じだ」


10_20130918223241b5d.png


(´・ω・`)「3億以上の赤字である


川; ゚ A゚ノ|「これってやっぱり例の……」


(´・ω・`)「その通りだ。FM2012でのプレイ日記を読まれた方はお分かりだろうが、このブログはFM2013からの日記しか読まれていない方もいると思うので、説明しておく。我らがウェンズデイはヒルズボロという約4万人収容可能な歴史あるビッグスタジアムを本拠地にしているのだが、このヒルズボロをクラブが所有しているために、スタジアムのグラウンド整備費などで、毎年3億以上の出費がかかっているのである。このために毎年毎年負債が膨らんでいく仕組みになっている


15_201309182240139cf.png


(´・ω・`)「またもマンダリッチ会長からのポケットマネーでの現金投入である。しかし焼け石に水だ」


川; ゚ Д゚ノ|「どうしましょう、今年の昇格はもう絶望的ですよね? FM2012の時には初年度にプレーオフまで行って、2年目に昇格できたからよかったものの、今回は事情が違いますよ」


(´・ω・`)「どうなるかさっぱりわからん。少なくとも来年度予算は削られるはずだ。とりあえず経過を見守るしかないだろう。願わくは、豊富な資金力を持っていることがFM2012でのプレイで分かっているマンダリッチ会長がクラブを見捨てないでいてくれることを祈ろう。そしてそのためには人件費の削減のために高給取りの選手を放出するしかないわけだが、何せ年俸が高いから放出先が見つかるかが不安で仕方ないよ」


11_20130918224641dd6.png


(・ω・)「2月のニュース。クラブで試合に出ていたおかげで代表に復帰したボラドが、ボツワナ戦で代表初ゴールを決めた」


川 ゚ ー゚ノ|「おめでとうございます!」


(`・ω・´)「これからの成長にも期待しているぞ!」


12_20130918225109e7f.png


(・ω・)「ペイントシルがイングランド国籍を取得した。事務手続きに結構時間がかかったな。これで弱った時に放出しやすくなるのではないかと期待している(`・ ω・´)」


川; ゚ A゚ノ|「期待するポイントが間違ってますよ」


13_20130918225326318.png


(`・ω・´)「ノッティンガムとのアウェー戦で、後半から出場したオフェレが後半だけでハットトリック達成。これで今シーズンは3度目のハットトリックだ! まさにエース!」


川* ゚ ∀゚ノ|「素晴らしいです!」


(`・ω・´)「完全にうちの主力と化したな。年俸も低いし、これからもずっとずっと期待しているぞ我がマスコット!」


川; ゚ Д゚ノ|「ところで、ニュースの『クラブの財政危機』という記述が気になって仕方ないんですが」


(´・ω・`)「言うな。今の俺たちにはどうしようもない」


14_201309182258214cc.png


(・ω・`)「とりあえず、評価点が低くプライベートチャットでは口答えする役立たずで金食い虫のリーを、年俸負担が半額以下とはいえレンタルで放出した。これで少しは出費が減るといいのだが」


川; ゚ A゚ノ|「この人って年俸を50Mももらってるんですよね……」


(´・ω・)「本当は冬に放出したかったんだけど、その50Mという高給がネックになって、移籍しても減俸での年俸負担が残り契約期間の3年間に30Mもかかるので出来なかったんだよなぁ。あと、オグレディを契約の相互打ち切りで放出できた件を踏まえて、試しにリーと共にGKのカークランドをプライベートチャットで移籍リストに入れてリザーブに監禁してみている。彼はクラブでもっとも高い77.5Mもの年俸を消費しているのだが、契約が来年まで残っているんだ。放出できないと非常にマズい。なにせもう衰える一方なのが分かっているからね。リザーブに押し込めておけば、ヘイトがたまって自分から出て行きたくなってくれないかなと。そんなこと出来るのかどうか分からないのだが」


川 ゚ A゚ノ|「うまく来季は選手層を一新できればいいんですけど」


(´・ω・`)「FMではだいたいどのクラブでプレイしても初年度の課題はそれさ」


16_20130918230819bf7.png


(・ω・)「というわけで、2月の試合結果はこんな感じである。ハイライトは首位カーディフを叩けたことだ。前半にCKのこぼれ球をガードナーが押し込んだ1点を守りきった。ちなみに後半戦からは、コメントで助言してもらった通りに、戦術を超守備的にするのではなくて、シャウトやコントロール戦術でボールをキープすることでリードを守りきる戦法をとっている。とはいえこれも毎回成功するわけではないのだが。バーンリー戦ではロスタイムに同点に持ち込まれてしまった。リードを守るって本当に難しいな(・ω・`)」


川 ゚ Д゚ノ|「順位はどうなりました?」


17_20130918231233810.png


(`・ω・´)「15位だ。しかし順位よりも重要なのは降格圏との勝ち点差だ。11ある。もう残留は出来るだろう!」


川 ゚ ー゚ノ|「よかった。それじゃ問題は……」


(´・ω・`)「……財務と来季の展望、だな」


川; ゚ Д゚ノ|「財務を好転させる一番の方法は昇格なんでしょうけれど、来季にそれが狙える戦力が整うんですか?」


(´・ω・)「どちらかというと安い年俸で契約できる選手や若手を中心にボスマンで取ったから、……うーん」


川; ゚ A゚ノ|「期待薄だと」


(`・ω・´)「とりあえず今は目先の目標をこなしていこう。まずは出来るだけいい順位でのフィニッシュ。そして来月は楽しい楽しい3月だ!」


川 ゚ A゚ノ|「3月? 何かありましたっけ?」


(^ω^)「ユース選手の入団だ!」(続く)







(・ω・)「解説されて、より一層分かるサッカーの面白さ」


川 ゚ ー゚ノ|「この解説者のお二人は誰ですか?」


(・ω・)「マンチェスター・ユナイテッドの黄金時代にサイドバックだったギャリー・ネヴィルと、リヴァプールのセンターバックだったジェイミー・キャラガーだ。二人とも現役を通して生涯同じクラブに所属し続けた。元イングランド代表で、どちらもチャンピオンズリーグ優勝経験がある。耳を傾けるに値する人物だ。どうだい?」


川 ゚ 0゚ノ|「面白い解説編集ソフトですね!」


Σ(´ ゚ω゚` )「そこかよ!」


川 ゚ ー゚ノ|「冗談です。勉強になる解説ですね。ゲームでも再現されてるんでしょうか」


(・ω・)「さすがにここまでリアルを反映されてはいないと思うなぁ。ちなみにこの動画をアップしてくれている人は、どうもイングランド在住の方らしい。キャラガーの英語は現地でも聞き取り辛いほど訛っているらしいけれど、的確にニュアンスを訳されているそうだ。どっちにしろ俺にはちっとも分からんが。個人的に『やっぱりそうなんだ』と思ったのは、パート2の最初のハンドに関する解説だ。ニコ動のサッカー動画でハンドのシーンが映ると、まあどのシーンでもそうなんだが、必ずハンドかそうでなかったかコメントで言い争いが起きる。しかし俺は前々から、『普通に体を動かしていたら手が出たり残ったりするのは自然じゃないか』と思っていたのだ。ネヴィルとキャラガーも同意見で、やはり運動をしていると手は体のバランスを保つために自然と動くのである。それをいちいち反則に取っていたら選手がかわいそうだ。そこを判断して流す審判は正しいと俺は思う」


川 ゚ A゚ノ|「それより、現実のサッカーの話もいいですけれど、ゲームのサッカーはどうなったんですか? 前回の続きが気になるんですが」


(`・ω・´)「うむ。まずは戦術の話をしよう。少し変更したぞ」


川 ゚ ー゚ノ|「やっぱりいじったんですね。あのままで成績が上がるはずありませんし」


(・ω・)「いや。変えたと言っても、フォーメーションになんら変化は無い」


川 ゚ Д゚ノ|「え? じゃあ何を変えたんですか?」


(`・ω・´)「前回、修正点としてサイドバックのタスクが怪しいという話で終わっていただろう。そこで前半戦折り返しからはこの戦術で挑んだ」


ホーム戦術

02_2013083105553497e.png


アウェー戦術

01_201308310556016cd.png


(`・ω・´)「ホームとアウェーの戦術とスタメンだ」


川 ゚ Д゚ノ|「ええと……サイドバックと、他のいくつかのポジションのタスクがサポートになっていますね。最初は攻撃のタスクの選手が多かったと思うんですが」


(`・ω・´)「そうだ。パス交換や点を奪いに行くことを狙って、特にサイドバックをウイングバック攻撃にしていた。それをサイドバックのサポートにした。同時に中盤の選手もサポートで固定することにした」


川 ゚ A゚ノ|「こんなにサポートの選手が多くて点を取れるんですか? 『そもそもサポートって、誰が誰をサポートするんです?』」


(・ω・)「そこだよ」


川 ゚ ー゚ノ|「?」


(・ω・)「俺も同じ意見だった。『サポート』と名付けられているんだから、その選手は他の選手をサポートするのだと思っていた。しかしそういうことではないみたいなんだ。重要なのは名前ではなく、どういう動きをするのかだ。戦術画面の選手指示の説明文を見て欲しい」


03_20130831061046508.png


(・ω・)「まず、これは以前まで指示していたウイングバック攻撃の説明文だ。『攻撃ではマッチアップする選手をかわして』『マッチアップする相手を抜いたり』と書いてある。しかし別にそんなことにトライしてもらう必要はないのだ。俺がやろうとしているのはショートパスによる連携でのボール運びなのだから。ドリブル突破は期待していないのである。そこで、サイドバックのサポートの説明文を見てみよう」


04_20130831061353a26.png


(・ω・)「『サポートタスクのサイドバックは中盤のプレイの幅を広げ、チャンスがあればクロスやスルーパスを出します』。これだ。これで十分なのである。他のポジションも見てみよう」


06_201308310624386be.png


(・ω・)「アウェー戦術では攻撃にしていた攻撃的ミッドフィルダーのタスクを、どちらもサポートにした。『守備を補助し』という一文があるからだ。アウェーでは攻撃も大事だが、ホームアドバンテージで押されるわけだから守備にも参加して欲しい」


05_201308310618009eb.png


(・ω・)「そしてセンターミッドフィルダーは、ぶっちゃけよく考えずにサポートで固定した」


川 ゚ A゚ノ|「160本ノックの時もそうでしたけど、この説明文を頼りに戦術変更したということですか」


(`・ω・´)「そうだ。俺がこれに最初に気付いたのは、以前、ニコ生主のばんぐさんが生放送で戦術解説をしていた時のことだ。ばんぐさんは説明文を元に、『ボールゲッターはこういう説明なので~』『レジスタは~』と解説していた。しかしである。ばんぐさんには悪いが、俺はそれをあまり信用していなかった。だって、役割やタスクを変更すると、個別指定のゲージがそれに合わせて動くだろう? チーム戦略も同様だ。だから、これらの説明文はあくまで、『この説明文のように動くのがこういうゲージの指示です』という意味だと思っていたのだ。しかし実際は違った。160本ノックの時にコントロール戦術で結果が出たように、ゲージの強弱ではなく、この説明文が選手の動きを決めているのだ。ゲージの強弱は、その説明文の通りに動く上での細かい指示なのである。このブログはFM2013をやりこんだ人だけではなく、初心者の人も見に来ているらしいので文字に色をつけて強調する。戦術を考える時には説明文をよく読もう。選手やチームをどう動かしたいかは説明文を参考にして決めよう。試合ではそれに従って動くから


川 ゚ ー゚ノ|「そしてわたしたちはサイドバックの評価点の低さと試合結果の悪さを、この説明文を参考に修正したというわけですね」


(`・ω・´)「そうだ」


川 ゚ ∀゚ノ|「そして解消されたんですね!?」


(`・ω・´)「……試合結果を見せる!」





07_20130831065401016.png


(`・ω・´)「前回、後半戦の13試合を行うと言ったが、直後の1月1日にも試合があったので、計14試合を行った。元旦からリーグ戦なんてイングランドの日程は鬼畜だな。日本だって試合はするものの天皇杯しかしてないぞ」


川 ゚ ∀゚ノ|「新戦術の成果が今ここに!


(`・ω・´)「……これだ!」










08_20130831065801dac.png


川 ゚ ∀゚ノ|「……」


(`・ω・´)「……」


川 ゚ ー゚ノ|「……」


(`・ω・´)「……」


川; ゚ A゚ノ|「あの、非常に反応に困る結果なんですが


(´・ω・`)「(劇的な効果を期待させておいて)すまんな


川; ゚ ー゚ノ|「もっと連勝とか、はっきりと上向いた成績が見られるものかと」


(´・ω・)「俺も最初の2試合を大勝した時はそうなるかと思ったんだけどなぁ。やはりこのゲームは甘くはなかった。試合ごとの短評を。まず初戦のバーンズリーは弱くて話にならなかった。レジスタのマケイブが逆サイドでフリーだったサイドバックのブリッグスに渡して、こいつが一人でドリブル突破してゴールしたのにはびっくりしたけれど。サイドバックのサポートでもそんな攻撃が出来るのかと収穫になったな。いつかのアーセナルのサントスみたいだった。この試合はライバルマッチで、試合後のファンが100%の喜びを表していたのも嬉しかった。2戦目のミルウォールも細かく相手選手をチェックしたのが生きたのか、ほぼ完勝。オフェレが2度目のハットトリックを決めた。ピーターバラ戦は得点しては追いつかれのどつき合いになったがなんとか振り切って、クラブの最多得点試合の記録に残る計7点の試合を勝利で飾り、この4点すべてをマディンが叩き込んだ。評価点は9.8だ! 一方、一番神経を使ったのはブライトン戦で、前半17分で2-1でそこから試合が動かず、どう指示を変えればいいか迷った。もったいなかったのはワトフォードとダービーの引き分けで、どちらも守備的にしてから同点ゴールを食らった。相変わらず俺は守備的に試合を終わらせるのが下手だ。負けた試合に関しては、まあ、とにかく上手くいかなかった、そんな時もあるさって感じだな。バーミンガムにまたもやられてしまった。相性の悪いチームってやっぱりあるよな。しかし、ここまでの成績が悪かったので試合前戦術強化は守備時のポジショニングばかりしていたせいか、セットプレイがなかなか決まらない。チャールトン戦でようやくマケイブのロングスローが炸裂した(`・ω・´)」


川; ゚ A゚ノ|「これじゃあ、戦術変更の結果なのか、連携が深まった結果なのか、単純に前半戦が悪すぎただけなのか、判断に困りますよ」


(・ω・)「しかし、試合を見た限りでは、やはり戦術変更の効果はあったと思うぞ。前の戦術よりもパスの連動性がいいように思う」


川 ゚ ー゚ノ|「変わった点があったと?」


(´・ω・)「というか、そもそも、練習試合と本プレイの今回とは、選手の動きと結果が結構違うんだよ。これは練習試合で決めたはずの前の戦術からそうだ。あんなに長々と解説したはずなのに、トライアングルパスからサイドを突くシーンが無いに等しい。実は得点は中盤やサイドからのシンプルなパスが多い。ホーム戦術ではサイドハーフが中央に持ち込むし、アウェー戦術では中央に選手が多いしで、シンプルなアシストが一番よく見られる。そして戦術解説の時と違い、AMよりもセンターフォワードが的確に点を取っていくんだ。失点シーンも、サイドバックの評価点が低いのはサイドを突破されているからではないかとコメントをもらったけれど、サイドからのクロスの失点は逆にほとんど無い。普通にセンターを抜け出されたりゴールエリアに持ち込まれる感じかな」


川 ゚ 0゚ノ|「その肝心のサイドバックの評価点は?」


(・ω・`)「若干安定したけど、1度、試合中に5点台だったり、試合後に5点台だったり、完璧とは言い難い。ただ、トライアングルなパス回しは以前より見られるようになったので、この修正で間違ってはいないと思うんだが」


川; ゚ ー゚ノ|「う~ん」


(;´・ω・`)「う~ん」


川 ゚ A゚ノ|「でも、折り返し前は2勝2分で勝ち点は8しかありませんでしたよね?」


(`・ω・´)「その通りだ。それが折り返し後では7勝2分である。勝ち点を23稼いだ」


川; ゚ 0゚ノ|「23……! そう考えるとかなり稼ぎましたよね。順位はどうなったんですか?」


05a_201308310726407ea.png


(`・ω・´)「17位だ」


川; ゚ ー゚ノ|「……もしかして、160本ノックの時と同じ順位じゃないですか?


(´・ω・`)「その通りだ。結果的に同じ位置になってしまったな」


川; ゚ A゚ノ|「う~ん」


(`・ω・´)「しかし好材料なのは、今回の17位は、折り返し後半戦から巻き返してのものだということ。あれだけ連敗していたのにここまで持ち直した。7勝2分5敗は、くしくも前回の5勝2分7敗とは逆転しているのだ」


川 ゚ ー゚ノ|「確かに、今回の戦術は勝ち星の多い勝率を残していますね」


(`・ω・´)「しかもだ。前回とは違い、降格圏とは勝ち点7の差がある。ということは、降格圏と比べて、2敗してもまだ逆転されない。これは大きい!」


川 ゚ 0゚ノ|「確かに!」


(`・ω・´)「好材料はまだある」


06a_20130831074336e40.png


(`・ω・´)「リアルと同じく優勝しそうなカーディフだが、注目は俺たちの得点数だ。47得点はリーグトップである


川; ゚ ー゚ノ|「でも確か、前回も得点数はリーグトップでしたよね?」


(`・ω・´)「しかし今回は意味が違うぞ。なんたって折り返し前半戦はあれだけ0点で負けてたんだからな! そこからこんなに盛り返したのだ!」


川* ゚ 0゚ノ|「確かに確かに! ……って、あれ?」


川; ゚ ー゚ノ|「これ、もしかして今回も失点数はリーグトップなんじゃあ」


(;`・ω・´)「ち、違う! リーグ最多失点は最下位のレスターの53だ! うちは52だからビリじゃない!」


川; ゚ Д゚ノ|「たいして変わりませんよそんなもの!」


(`・ω・´)「しかし、繰り返すが、それもまた、あの折り返し前から比べれば改善されている。なんたって折り返し前の時点で30失点だったんだ。折り返し後では22失点。8失点も減ったぞ! 得点は折り返し前が16得点、折り返し後が31得点。15得点も増えている! これを戦術の成果と言わずしてなんと言おう! この得点の多さが俺たちの強みであり、毎試合期待できる証拠だ!」


川; ゚ ー゚ノ|「……」


(`・ω・´)「なんだよ?」


川; ゚ A゚ノ|「いや、大味な結果ばかりだなぁと思って。得点できるのはいいんですが、失点をもう少し減らせないんですか?」


(;´・ω・`)「確かに。4-3なんて試合もいいけれど、無難に1-0とかでもいいのに。常に失点の気配と隣り合わせの試合ばかりだ。なんで毎度毎度、俺の考える戦術は殴り合いになるんだ?」


川; ゚ ー゚ノ|「何か原因は考えられないんですか?」


(・ω・`)「一つ思ったのは、戦術のチームスタイルを柔軟にしているせいかなぁって。皆が皆、柔軟に動きすぎるせいで、守備にもほころびが出ているのかもしれない。試合を見る限りでは、ズレている感じもそこまでせず普通に崩されているように見えるんだが、データを試合画面に再現した結果、そうなっているだけなのかも」


川; ゚ Д゚ノ|「じゃあそこを元に戻すとか、厳格にするとか」


(´・ω・)「しかし柔軟にしているおかげでこの得点数とも考えられる。失点のリスクも怖いが、俺としては、得点できなくなる可能性の方がもっと怖い。さっき言ったように、折り返し後の得失点差は大きく向上しているんだ。少なくとも今シーズンいっぱいは動かさない方がいいと思う」


川 ゚ ー゚ノ|「折り返し前と後で得失点差、+23もありますものね」


(`・ω・´)「うむ。これなら今年は残留できるのではないだろうか!」


川* ゚ ∀゚ノ|「期待できますかね!


(`・ω・´)「期待してみよう!













(`・ω・´)「というわけで、マンダリッチ会長に契約延長をお願いした」


川 ゚ A゚ノ|「受けてくれるかなぁ」


07a_20130831084751fc9.png


(`・ω・´)「まあ受けてくれなくてもリセットで受けさせるわけだが


川; ゚ A゚ノ|「すみませんマンダリッチ会長」


(`・ω・´)「契約だが、1年契約にするぞ」


川 ゚ Д゚ノ|「あれ? 長く契約しておけば、切られる心配もなく続けられるじゃないですか」


(・ω・)「他のFM日記さんを見ていて知ったんだが、理事会との約束条項は、クラブの立ち位置が変わると取り外されたりするそうなんだ。例えば昇格すると縛りが無くなるとかね。もし長く契約して、ずっと攻撃的サッカーを義務付けられたままプレミアに昇格したりして、残留争いしているのに攻撃的サッカーをしていないからと解任されたらたまったもんじゃないだろう、無茶にもほどがある(´・ω・`)」


川 ゚ ー゚ノ|「そういうのがあるんですか。じゃあいつ昇格してもいいように単年契約にしておきましょう」


(`・ω・´)「うむ。……おや?」


川 ゚ Д゚ノ|「あれ?」










01a_20130831085602442.png


02a_20130831085613c7b.png






ヽ(゚∀゚)ノ「自由キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!」


川; ゚ Д゚ノ「エエエエェェェェ!?」






08a_20130831090221a67.png

09_20130831090303339.png


ヽ(゚∀゚)ノ「俺は自由だああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ」


川; ゚ Д゚ノ|「ま、まさか、あれほど頭を悩まされた攻撃的サッカー縛りが、こんなあっさりと無くなるなんて


(^ω^)「クソワロスwwww攻撃的サッカーを守れとはなんだったのかwwwwもう何をやってもいいwwww勝って残留さえすればいいwwwwなんというイージーモードwwww」


川; ゚ A゚ノ|「いやいやいや、イージーは言い過ぎでしょう。これまでそれすらも危うかったのに」


(・ω・)「確かに(冷静に戻る)。しかしそれも今の戦術なら射程圏内だぞ(`・ω・´)!」


川 ゚ A゚ノ|「こんなことなら長期契約にしておけばよかったですねぇ」


(`・ω・´)「いや、試しにやり直してみたんだが、この約束条項撤廃は、短期契約でなければ無理なようだ」


川; ゚ A゚ノ|「そうなんですか? 何が理由なんでしょう」


(・ω・)「よくわからん。長期的に見るなら攻撃的サッカーでも、短期的には残留すればいいってことなのかな。今の順位が反映されているのかもしれない。縛ってる場合じゃないとか」


川 ゚ A゚ノ|「じゃあもしかして、今はよくても、来年や昇格が見えるような成績を残した後は、また契約条項に含まれるとか……」


(´・ω・`)「……あるかもしれない。嫌だな、ずっとこのままでいさせて欲しい。せっかく悩みの種が無くなったのに後で復活とか勘弁だぜベイビー」













( ゚ω゚ )「はーいみんな席についてー。ここでみなさんに転入生を紹介しまーす」


川; ゚ ー゚ノ|「なんですかいきなり」


(・ω・)「新戦力を2名獲得したのでその紹介である」


川 ゚ Д゚ノ|「? こんな時期にですか? 移籍期間は閉じましたよ」


(`・ω・´)「ところがどっこい、自由移籍期間、すなわちフリーの選手を獲得できる期間は、イングランドでは11月21日まであるのだ」


川 ゚ A゚ノ|「ずいぶん長いんですね。もうすぐ後に冬の移籍市場が開くのに」


(・ω・)「それでは紹介しよう」


10_20130831093115c09.png


(`・ω・´)「右サイドバックのペイントシルだ。代理人に売り込まれて存在を知った。彼は無所属でありながら現役ガーナ代表だったので、EU国籍を持っていないが労働許可が下りた」


川 ゚ ー゚ノ|「労働許可で選手を獲得するのがイングランドの楽しみだと言っていましたね。嬉しいんじゃないですか?」


(・ω・`)「ちょっと残念なことに、彼はプレミア経験があり、イングランドの国籍獲得に必要な累積滞在日数がすでに足りている。そのうちイングランド国籍を取得するだろう。純粋な労働許可選手というわけではない」


川 ゚ A゚ノ|「あらら」


(`・ω・´)「このペイントシルは獲得するか迷った。しかし、あの右サイドバックのリーが評価点が低いくせに口答えするのにむかついたし、なによりあいつよりずっと年俸が低いし、それでいて能力が高いし、ツールで調べたところ、まだちょーっとだけ能力に伸び代があり、衰えが来るのはもう少し先と判断して確保した。ただ現役代表ということで1月はアフリカネイションズカップに出かけてしまう。それにもちろん国内育成選手ではないので、そこがちょっと悩みどころではあるな」


川 ゚ ー゚ノ|「獲得記者会見を見ましたが、3年契約に疑問を持たれてしまってましたね」


(`・ω・´)「実は最初は5年契約をオファーしてしまっていたのである。しかしさすがにヤバいだろうと思って3年契約に変更した。33歳までなら大丈夫だろう。頼んだぞペイントシル!」


川 ゚ Д゚ノ|「あの……」


(・ω・)「ん?」


川* ゚ ∀゚ノ|「さっきからペイントシルペイントシルって、この綴りはパントシルじゃないですか。やだなぁこの程度の英語も読めないなんて、ウフフ」


(・ω・)「いや、彼の名前はペイントシルで合っている」


川 ゚ Д゚ノ|「え?」


11_2013083109482347b.png


(・ω・)「この通り、フルネームはジョン・ペイントシルである」


川; ゚ Д゚ノ|「あれ? なんで名前が違うんですか?」


(`・ω・´)「その理由は、wiki日本語版の彼の記事を見ると分かる」


12_2013083109532409f.png


(`・ω・´)「なんと、実際にパントシルと間違えられた過去がある。そしてFMのスタッフはこれを知っていて、明らかに分かった上でわざと登録名をパントシルにしているんだ


川; ゚ Д゚ノ|「エエエエェェェェ!? これって本人が知ったら怒りますよきっと!」


(;^ω^)「スタッフが仕込んだジョークなんだろうが、ジョークで済んでいればいいけどなぁ」






12a_20130831095957735.png


(`・ω・´)「2人目だ。Ivan Bolado。スペイン生まれのスペイン国籍持ちなので問題なく獲得できた。彼はゲーム開始直後から狙っていたのだが、長期間の怪我をしていたので、ここでようやく獲得できた」


川 ゚ A゚ノ|「? なぜ今になって外国籍のストライカーを? 数は足りていると思うんですが」


(`・ω・´)「見ろよ彼の国籍! 赤道ギニアだぞ赤道ギニア!」


川 ゚ A゚ノ|「それがなにか?」


(^ω^)「めちゃくちゃ萌えるだろう?


川; ゚ Д゚ノ|「マイナー国籍選手だから獲っただけですか!


(`・ω・´)「いや、それだけじゃない。彼は潜在能力もまだまだかなりあるんだ。ここからもっと伸びる。怪我明けなので代表からは落ちているが、間違いなく返り咲くだろう。彼はアウェー戦術でのセカンドトップに当てはめる。最低移籍金を設定されてしまったが、ずっと保有したい選手だね!」


川; ゚ A゚ノ|「もう好きにしてください……」





(・ω・)「いくつかニュースをあれこれ」


13_201308311030070ca.png


(´・ω・`)「知ってた


川* ゚ ∀゚ノ|「すごい選手ですよね!」


(´・ω・`)「4年連続とか。たまには別の選手になってよ」


14_20130831103221495.png


(・ω・)「降格圏に沈んでいた時にチームトークでなだめられなかったオグレディが移籍志願したので受け入れた」


川; ゚ Д゚ノ|「そんな!」


(`・ω・´)「まあ今の戦術では使えない選手だったので喜んで受け入れたんだけどな。ちなみに後で機嫌を直して移籍リストから外してくれと言ってきたが拒否した。いらないから。お前売るから」


川; ゚ A゚ノ|「ひ、ひどい……」


(`・ω・´)「だってこいつ、移籍志願した後に練習サボりやがったんだぜ」


川* ゚ ー゚ノ|「いりませんね


15_2013083110362803d.png

16_201308311036544e4.png

18_20130831103710bd8.png


(・ω・)「プレイスタイルを覚えさせていたのはこれで全員かな? みな覚えた。これが今後に役立ってくれるといいけれど」


川 ゚ ー゚ノ|「アントニオ選手は結局どうするんですか? 彼も使えないと最初は嘆いていましたけれど」


(*´・ω・`*)「ストライカー適正が伸びたことで、使いどころが出来てきた。それに得点が無いことで、『自身の決定力の無さで落ち込まないよう決意している』みたいなこと悩んでる様子がさあ、なんだかかわいく思えてきたので保有することにしたよ。国内育成は貴重だしね」


川; ゚ A゚ノ|「ほんとにこのゲームってプレイヤーのさじ加減で選手の運命が全部決まっちゃいますね」


(´・ω・`)「ところでキラーパスを覚えさせたメイヤーとマテウスだが、ここからさらに新しいプレイスタイルを覚えさせようと思ったら選択肢が出ない。キラーパスを覚えると他のプレイスタイルは覚えられないの? たまたま今だけ? そろってこの二人だ。何か原因があるのかな」


17_201308311042139db.png


(`・ω・´)「そしてそのマテウスが11月の月間最優秀選手に選ばれた。ちょっと成長が伸び悩んでるかなぁと思っていたが、また少し伸びてきた」


川* ゚ ∀゚ノ|「おめでとうマテウス君!」


(`・ω・´)「実は彼の働きにはまったく気付いていなかった。左サイドと中盤とで毎試合使っていたのだけれど、チームの勝ち星を上げるのに必死で、個人成績に注意を払っていなかったのである。しかし11月は全6試合に出場して、そのうち3試合で評価点9.0という質の高い働きをしていたのだ。アシストもいつの間にかメイヤーを抜いてチームトップだ。ほんとにいつの間に? って感じだ」


川; ゚ A゚ノ|「せっかく頑張って獲得した選手なんですから、もっと大事に見てあげましょうよ」


(・ω・`)「チームトークで褒めているはずなのに全然覚えてないや。しかしそれより重要な問題がある。今、毎試合使ったと言っただろう? 最初に見せたホーム&アウェー戦術で、マテウスとペチュニクとイブラヒムがどっちにもスタメンにいたことに気付かれただろうか。マテウスは貴重な左サイドも出来る左利きの選手だし、ペチュニクはAMのキーマンだし、イブラヒムはガタイがいいので、中盤でロングボールに競り勝って欲しいのでこうしているのだが、この勤続疲労が選手にたまってきているんだ」


21_201308311055527fa.png
22_2013083110560886f.png


(´・ω・)「1月1日のチャールトン戦の後の状態だ。前半戦の選手成績のついでに見せるが、皆疲労がたまってしまっていて、ついにマテウスには1週間の休暇を与えることになった。これまで俺はいつも選手はローテーションで使ってプレイしていたので、FMをやっていて休暇を与えることになったのはこれが初めてだ」


川; ゚ A゚ノ|「……大丈夫なんですかこれ? せっかく成績が上向いてきたのに、選手の離脱で星を落とすことになりかねないんじゃあ」


(´・ω・`)「GKのカークランドが練習中の怪我で離脱したのが怖いな。GKはやはり第3まで計算できないと。来季の編成が今から悩みどころだ。ボスマン契約期間に入ったので、もっと選手層を厚くすることを考えている。しかしイングランドでは国内育成枠の問題がある。うかつに選手を取れないんだ。イングランドのボスマンが可能になるのは、以前説明した通りに契約の切れる1か月前だ。誰が放出されるか現段階では不透明なので、国内育成枠を考えると、計算がし辛いのである。そして国内育成選手は高い。何より予算の問題もある。じっくり考える必要がある」


川; ゚ ー゚ノ|「ちょっとの間、足踏みですね」


(・ω・)「ただどちらにせよ、しばらくブログの更新は控えるかもしれない。リアルのこちらも立て込みそうなんでね」


川; ゚ Д゚ノ|「エエエエェェェェ? せっかくコメントやリンクやブログ紹介をされるようにまでなったのに」


(´・ω・`)「仕方ないだろう。あと、このブログは戦術の試行錯誤が見どころと言ってもらえたけれど、たぶんこれ以降は今の戦術でしばらくいくだろうから、当分もう戦術の話はしないと思います。淡々と進める感じになるんじゃないかなぁ。わかんないけど」


川 ゚ A゚ノ|「残念ですね」


(´・ω・`)ノシ「モテ期終了のお知らせ。短い夢だった」


川; ゚ Д゚ノ|「そんな言い方はやめてください!」





(・ω・)「おまけのコーナー」


23_20130831112237703.png


(・ω・)「バルセロナの監督がユルゲン・クロップである」


川 ゚ Д゚ノ|「あれ? この人って確か香川選手がドルトムントにいた時の監督さんじゃないですか」


(・ω・`)「なんと、そのドルトムントを首位に走らせていたのを途中で放り出しての監督就任である」


川; ゚ Д゚ノ|「エエエエェェェェ?」


(・ω・)「というのもだ、」


24_2013083111253429f.png


(^ω^)「バルサwwww1月の時点で7位wwwwなにやってんのwwwwこれでビラノバ解任されてやんのwwww」


川; ゚ Д゚ノ|「うわぁ、FM2012のプレイ1年目では1敗しかしなかったのに」


(・ω・)「あと、現在のプレミアの順位だが、」


25_20130831112903f81.png


(・ω・)「こんな感じである。途中までリヴァプールが降格圏ギリギリにいたのだが、ブレンダン・ロジャーズが解任されて上向いたようだ。後任監督はHuub Stevens氏。申し訳ないが存じ上げなかった。wikiの日本語記事も無い。シャルケの監督をしていた人なんだな。ちなみにプレミアで最初に解任されたのはトッテナムのアンドレ・ビラス=ボアスだった。後任監督はルチアーノ・スパレッティが引き抜かれてきた。そんなことより早くチェルシーのラファエル・ベニテスが解任されてくれませんかねぇ(・ω・`) 俺あの人が好きじゃないんだよ。モウリーニョがインテルで三冠を達成した後に就任してグダった人って記憶しかないからインテル好きの俺の中で印象が悪いんだ」


川 ゚ ー゚ノ|「残留力のあるウィガンが落ちそうなんですが。お気に入りじゃないんですか?」


(・ω・)「監督のロベルト・マルティネスは、苦戦するスペインのアスレティック・ビルバオに引き抜かれて母国凱旋してしまっている。マルティネスのいないウィガンなんてどうでもいいや


川; ゚ Д゚ノ|「ほんとに人は思い入れだけでこうも態度が変わるのかと」


(`・ω・´)「極東の縁もゆかりもない人間が遠い欧州サッカーを好きになる理由なんて、一方的な思い入れ以外に何があるっていうんだ!


川; ゚ ー゚ノ|「言い切りましたよこの人」


(・ω・)「もしこのプレイ日記を始めなかったら、ウェンズデイの選手に愛着を持つこともなかっただろう。ゲームを通して世界が広がる。ゲーマーなら誰もが経験することさ」





(・ω・)「今回の日記はこんなところかな? たぶん書きたいことは書いたと思う。それじゃ、言ったように当分ブログはお休みします」


川 ゚ ー゚ノ|「いちいち断らなくても、これまでも平気で1か月以上放置したりしていたじゃないですか」


(・ω・`)「まあね。でもリンクで紹介してもらった直後だからさ。申し訳なくて。以前の閑古鳥とは環境が変わってしまった。毎日チェックされても、しばらくは応えられませんとちゃんと言っておこうと思ってね」





(^ω^)「それまではゆっくりシリーズや、他のFM日記さんをお楽しみください」


川* ゚ ー゚ノ|「面白い動画や日記を皆さん更新されていますしね」


(`・ω・´)ノシ「それじゃ、またいつかの次回で!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。