Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01_20130710004608.png
02_20130710004621.png
03_20130710004631.png


04a_20130710004735.png


(´・ω・`)「結論から言うと3年目は13位だった」


川# ゚ Д゚ノ|「なんで今までより成績が下がってるんですかー!(激おこぷんぷん丸)」


(´・ω・`)「わかんね。序盤戦とか勝ち負けばかりで引き分けが無かった。速攻で黒星を増やしていってしまったな」



05_20130710010628.png


(・ω・)「前回は人件費の話で終わったが、考えた結果、というか主になりゆき上、人員を整理してウインガーと新たな電柱ストライカーをサブで獲得し、去年使った4-3-3で1年間押し切ってみようとしたんだが、結局それが裏目に出たか。カウンター戦術を選択したんだが、結果が出ず、選手の動きも思ったようにいかなくて、あれこれ選手指示で悪戦苦闘した。相手はサイドをぶち抜いてくるのにこっちのウイングは全然ぶち抜かない。そもそもワントップへの放り込みオンリーで点を取って勝とうなんて幅の無い戦術に無理があったのかも。そんな中、指示をある程度修正した終盤戦のバーリ戦だけは7-3の馬鹿試合スコアになり、いったい何が起きたんだと笑えた(^ω^) しかし、そもそもこのテストプレイの重要な意味は、3年以上プレイしてもエラーが出ないかの確認なのだった。そこが大丈夫だったのは良かったな(・ω・)」


川 ゚ ー゚ノ|「それは確かにテストしたかいがありましたね」


(・ω・)「自分でも初の3シーズンプレイだったよ。これまでのプレイではあれこれ考えすぎたり2年目で目標を達成したり途中で飽きたりで3年目に突入することがなかった。しかし我ながら驚いたのは、慣れもあるしテストだと割り切ってるし試合数の少ないイタリアだからってのもあるんだろうけれど、思いのほかさくさくゲームが進んだことだ。それとも2013になってゲーム進行速度自体が早くなったのかな? ちなみに理事会買収イベントに初めて遭遇したぜ。イタリアは財政が苦しいからどこも理事会がよく買収されていたが、まさかうちにも来るとは。でも新しい会長はイタリアのコンソーシアムで国籍的な面白みは無く、資金投入も0で、代わりに銀行から財務補填で借金だけしてきた。そりゃねーよ。苦しかったとはいえセリエBの分配金で毎シーズン㌧㌧だったのに(´・ω・`) 70Mの緊急投資をしてくれた前のオーナーの方がよかった」


川; ゚ ー゚ノ|「あらら……」


06a_20130710012510.png


(・ω・)「それでは、テストプレイの総括である。結果は以上だ」


川 ゚ 0゚ノ|「だいたい五分五分の成績だったんですね」


(・ω・)「そうだな。一番成績が悪かった3年目が少し足を引っ張ったのだろうが、全体的に勝ち越しである。悪くなかったんじゃないかな」


川; ゚ ー゚ノ|「でも、結局3年プレイして一度も昇格できず、全部中位で終えてしまいましたね」


(´・ω・`)「予算は言い訳にしたくない。選手の能力もだ。自分でもすっかり忘れていたが、実はイタリア人縛りをしていたのだけれど、それでもすべては俺のプレイの下手さが原因である。ただそれを抜いても、今作は昇格が難しいと思う。他の日記のプレイヤーの方たちはさくさく昇格しているが俺には無理だ。じっくりじっくり、長期的な観点から、今回のように3シーズンは昇格できなくて仕方ないというプレイでいかなければいけないだろう。だから次は……」


川; ゚ Д゚ノ|「ああああああああああ!!


Σ(´ ゚ω゚` )「な、なんだよいきなり!」


川; ゚ Д゚ノ|「わたし、3年間も監督業をやって75Mしか稼げなかったんですか?」


(`・ω・´)「舐めんなよ、イタリアの給与の低さを舐めんなよ! だが安心しろ、次に就任するクラブでは給与も多くもらえる。その分選手の給与も馬鹿高いがな!」


川 ゚ ー゚ノ|「えっ、ということは、」










04_20130710014606.png


(`・ω・´)「そうだ! 我らがシェフィールド・ウェンズデイに俺たちは帰還する!


川* ゚ ∀゚ノ|「ついにキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!


(`・ω・´)「そして……そして……!


川* ゚ ー゚ノ|「目指せプレミアビッグクラブ! ですよね!」










(´・ω・`)「解任されないように気を付けながら、気長にプレイしていこう


川; ゚ Д゚ノ|「エエエエエェェェェェェ……。昇格を目指すんじゃないんですか?」


(´・ω・`)「まあ無理だろ。このテストプレイの結果と手ごたえからして、今作はそんな甘いゲームじゃない。少なくとも俺に甘いゲームじゃない


川; ゚ A゚ノ|「そんなぁ」


(・ω・)「次からはシェフィールド・ウェンズデイプレイ日記になります。しかし上手なプレイや昇格プレイの日記にはならないでしょう。あくまで、『ただただ平凡にシェフィールド・ウェンズデイをプレイする日記』にとどまると思います。何年も2部でくすぶるプレイになるでしょう。それでよろしければおつきあいください」










(´・ω・`)「解任されないといいけどなぁ」


川 ゚ ー゚ノ|「そんなに初回プレイで解任されたのがトラウマなんですか?」


(´・ω・`)「というか、初回プレイで解任された時のフォーメーションが4-4-2だろ? たぶんウェンズデイでも4-4-2を使うことになると思うんだよ。だから心配でさぁ」


川 ゚ A゚ノ|「ははぁ、なるほど」


(・ω・)「もっと戦術を研究しないとなぁ」





(・ω・)「これ、俺が入ってるニコ生コミュニティなんだけど、最近ここの生主のばんぐさんが戦術論を放送しててね。4-2-3-1におけるセンターハーフの役割というもので、俺がやるつもりの4-4-2とは直接関係ないんだけれど、選手にどういう役割とタスクを振ればどう動くか、攻撃と守備の面から解説していて、なるほどなぁと勉強しているよ。ほんとに現実のサッカーみたくイメージしないといけないんだな。ニワカでダイジェスト厨な俺にはなかなか難しいよ」


川 ゚ ー゚ノ|「このばんぐさんという方はどういうプレイをする人なんですか?」


(・ω・)「なんというか、ゴリ押しってイメージかな。あくまでイメージね。実際には、試合中の戦術変更指示が臨機応変で、選手の扱いもスカウティングもうまいって人だ。なのにゴリ押しのイメージがあるのは、欲しい選手や若手をぶんどってくるところがあるからかなぁ。ちなみにこの人はイングランド2部のミドルスブラを2年? で昇格させたんだったっけ。そして最終的にはプレミアで優勝させていたよ」


川 ゚ 0゚ノ|「ぜひ手本にしましょう!」


(´・ω・`)「でもチェンバレンだとかスターリッジだとかバロテッリだとかいった選手をかき集めるところはマネしたくない。俺の趣味じゃないなぁ。そうしないとプレミア優勝なんて届かないのだろうけれど。今、ウェンズデイ日記はのんびりになると言ったけれど、俺は性格的に安い手頃な選手や若手を使うのが好きなんだよな。そういう性分が足を引っ張っているのかもしれないな」


川; ゚ ー゚ノ|「ほんとに器が小さい人なんですねぇ」


(`・ω・´)「ゲームには性格が出るということだね。そしてここは俺の日記帳だ。だから俺は俺のプレイをする。次回からはそんなウェンズデイ日記が始まります!」

スポンサーサイト

01a_20130705223628.png


(・ω・)「まさかのチャイナマネーである」


川 ゚ ー゚ノ|「なんですかこれは?」


(・ω・)「イタリアのクラブはどこも財政が厳しく、特にセリエAの上位クラブ、インテルやACミランあたりは借金が凄くて、おまけに選手の給与も高く、にっちもさっちもいかないという話をよく聞いていたんだけれど、世界の移籍市場を見てみたらインテルが割とよく補強していて、あれっ、お金が無いんじゃなかったの? と見てみたらこれだ。名物会長マッシモ・モラッティが退いて元祖オイルマネーが無くなったかと思えば中国資本が入っていた」


川; ゚ A゚ノ|「ゲームの中でも中国ですか」


(・ω・)「ところで昔読んだ本で、マッシモ・モラッティ会長は自分の邸宅に金をせがみにくる貧乏人に、札束入りの封筒を配り恵んでやっているという話が実話として紹介されていたんだけれど本当なんだろうか? 取材に来る記者をたかりに来た貧乏人と間違えてコインを窓からばらまいたりするそうだ。あの人はイタリアの石油王の2世で、生まれた時から自分が金持ちであることに負い目を感じていて、その反動でかつてのインテルのクラブ運営のごとく金の使い方がいちいち太っ腹なのだと。もういい歳なのに、なんだかマンガのキャラみたいな人だな。そこが愛らしくて好きだ」


02a_20130705230631.png


(・ω・)「そしてナガトーモさんが見当たらないのでどこへ行ったのかと思えば、これまた俺のひいきクラブのニューカッスルに移籍していた。そういえばFootBall Manager 2013では日本代表が架空ではなくなってるんだね。それとも初期設定で、ググった通りにフェイクファイルとかを排除してスタートしたせいかな? これならイングランドでプレイする時に労働許可で日本人を取ることも可能だね。ゆっくり動画のえふえむさんも清武を獲得する予定みたいだしね」


03a.png


(・ω・)「実際、本田さんも自由移籍でマンCに移籍していた」


川 ゚ ー゚ノ|「それで、今回の記事は?」


(`・ω・´)「うむ、チッタデッラでのテストプレイの2年目を速攻で終わらせたので報告だ。テストプレイの記事なんて書いたって仕方ないのかもしれないが、まさか前回の記事でWEB拍手を3回もしていただけるとは思っていなかったのだ。2か月も間が空いていたのに、こんなヘッポコブログを読んでいただきありがとうございます!


川*゚ ∀゚ノ|「ありがとうございます!


(・ω・)「というわけで2シーズン目の総括である」


08_20130705231343.png

09_20130705231357.png


(・ω・)「2年目の選手をそろえる上で、たまたま成り行きで電柱ストライカーを獲得したので、ためしにターゲットマンのワントップのフォーメーションも使ってみた。他のプレイ日記ではよく見かけていた4-3-3(あるいは4-1-2-2-1。これ、4-5-1かとこれまで思っていた)だ。このフォーメーションを使ったのは実は初めてである」


川 ゚ ー゚ノ|「そもそもなんで上のフォーメーションは中盤を増やした4-1-3-2なんですか? 1年目からこれですよね? これまでは4-4-2だったじゃないですか」


(´・ω・`)「俺も初回プレイでは4-4-2だったんだ。そしたら守備、特に中盤がぼろぼろでさ、その結果があの12月の解任だった。だから中盤に人数を増やそうとこのフォーメーションにして、そうするべく中盤の選手を獲得してサイドの選手をフットボールディレクターに売っぱらってもらったんだ。しかし後々気づいたんだが、あの初回プレイはフォーメーションの問題というより、戦術指示の問題だったのかもしれない。プレスを積極的にしていたせいで、プレスに行った中盤がことごとく交わされていたのが原因だったのかも。印象としてはサイドからの放り込みでやられてたことも多かったんだけど。ただどちらにせよイタリアは中盤に人数のいる戦術が多いので4-4-2だとやはり中盤の支配に負けてしまう気がする。他に相手に多かったのは今回採用した4-3-3だな。あとやっかいだったのは、FMをやってる人なら知ってるだろうけれど、フィオレンティーナの有望若手ストライカーのババカル。彼をレンタルして使っているクラブは、ババカル頼みのワントップ戦術を使ってきて、しかもそれでしっかりやられてしまうもんだから参った」


川 ゚ ー゚ノ|「それで、この4-3-3は機能したんですか?」


(・ω・)「結構使えたね。というか、Football Manager 2013ではターゲットマンが強いと聞いていたけれど、本当にかなり点を取ってくれる」


10a.png


(・ω・)「使ったのは彼だ。これまではストライカーにはスピードを求めるのが俺のやり方だったので、こんなに足の遅い選手で本当に大丈夫なのかと心配だったのだけれど、結局シーズンを通して怪我をすることもなく、チームトップの24得点もしてくれた。あと1点で得点王だった」


川 ゚ ∀゚ノ|「24得点!」


(・ω・)「それともう一つ付け加えると、」


11a.png


(・ω・)「初回プレイでも2回目の1シーズン目でも、2シーズン目の4-1-3-2でもファーストチョイスで使っていた彼。足はあまり早くないが、適正の役割はポーチャーである。実は最初それがよくわからなかった。以前日記にも書いたように、俺はポーチャーとは、カウンターの時などにスピードでロングボールに追いついてそのままゴールを陥れる選手だと思っていたのだ」


川 ゚ ー゚ノ|「違うんですか?」


(・ω・)「違った。ポーチャーというのは、ゲーム内で説明されている通りの選手だったのだ。『得点することにきわめて特化しているので攻撃の組み立てに参加することはめったになく、中央に残ってエリア内やその周辺のチャンスを嗅ぎ付けることを得意とします』。この通りで、カウンターアタッカーではなく、まさしくフィリッポ・インザーギなのだった」


川 ゚ A゚ノ|「よくわかりません」


(・ω・)「実際にゲームの試合を見ていればわかる。ポーチャーの選手は守備にはめったに参加しないし、攻撃の時もとっとと前線に上がってしまってパス回しにあまり参加しない。しかしゴール前まで攻めて押し込めば、ボールを叩き込む役割に徹して結果を残す。純粋なフィニッシャーがポーチャーなんだ。ということはだ。ポーチャーの役割の選手を1人設定するのなら、攻撃と守備は残りの10人でやると考えるべきなんだ。そこで2回目のこのプレイでは、彼をまず戦術上の計算から外して、彼以外でどうやってボールを運ぶかを考えてフォーメーションやタスクを考えることになった。今更そんなことに気付いたのだった」


川 ゚ ー゚ノ|「そうまでして使う選手だったんですか?」


(´・ω・`)「だって初回プレイの時は前半戦が終わる前に11ゴールもしたからさぁ。でも得点しても試合に勝れなければ意味がないわけで。初回プレイの時は解任までに2勝しかできなかったわけで


川; ゚ A゚ノ|「これはひどい


(・ω・)「というわけで今回もポーチャーの彼をまず中心に考えたんだけど、結果的に1シーズン目も2シーズン目も10得点前後しかしてくれなかったな。戦術が変われば結果も変わる。初回プレイの時は考えなしの攻撃的戦術だったから彼も生きたんだろうなぁ。そのぶん失点しまくりだったから意味なかったけどさ」


川 ゚ 0゚ノ|「そろそろ2シーズン目の結果を報告しましょうよ」


(`・ω・´)「おっ、そうだな」


05_20130705231301.png
06_20130705231313.png
07_20130705231323.png


04a.png


(´・ω・`)「16勝16分10敗の10位。惜しかった。プレーオフ圏内まで勝ち点4足らなかった。そもそも2月頭までは4位につけていたのである。そこから勝ちきれなかったのが痛かった。ていうか引き分けが多すぎた


川; ゚ A゚ノ|「ほんともったいなかったですね、4位から10位まで落ちちゃったんですか」


(・ω・)「ハイライトは当時首位につけていたチェゼーナとの2月8日のアウェー戦だな。下馬評圧倒的不利の中で、途中からフォーメーションを4-3-3から4-1-3-2に変更しての逆転勝利。しかしそんなうまくいくわけねーよなーと思っていたら案の定で、次節に圧倒的最下位のソレント戦で引き分け。その後も、1点を取れば1点を返され、1点を取られれば1点を返し、のロースコア展開が多く、勝ち星を積み重ねられず順位を落とした。そもそも終盤はどうも最初から得点できる気がしなかったな」


川 ゚ A゚ノ|「うまくいかないもんですね」


(´・ω・`)「まあよくやった方だよ。4位につけてた時は、少なくともプレーオフには! と思ってたけど、その後の試合はどれも試合前オッズが負けてたし。そもそもの戦力で劣ってる。地力の差が出た。しかしやっぱりもったいなかったなぁ。終盤で点が取れる気がしなかったのは、これが例の『相手チームが対策を練ってくる』ってやつなのかな」


川; ゚ ー゚ノ|「でもそれってこっちの戦術次第でしょう?」


(´・ω・`)「そうだな。というか、戦術というより、俺のゲームコントロールがまだまだ下手というのかな。1年目もそうだったけど、守備的に切り替えた途端失点とかよくあった。ただ、超攻撃的ダイレクトサッカーに切り替えてなんとか同点にするっていう場面も多々あった。このへんのゲームメイクをどうするかが来季の俺の課題かな。あ、あと、Football Manager 2013になって、セットプレイの練習をしないとびっくりするくらいコーナーが入らなくなってるな。まったく得点に結びつかない。ここらへんも課題だな」






(・ω・)「なんだか今回の記事は我ながら読みにくい気がする。どうもまだ本調子じゃないのかも」


川 ゚ 0゚ノ|「いよいよ次は3シーズン目なわけですが」


(´・ω・`)「エラーでないといいなぁ。しかしそれもあるけど、来季の人件費が問題だ。契約更改でちょっと人件費が膨らみすぎたからな。さっき紹介したディ・カルミネってゲーム開始時には給与1Mだったんだぜ? ありえないだろ。それが25Mで、順位を上げたおかげで理事会が予算を増やしてくれてなかったらマイナスだった。あと、契約更新も時期によって要求される賃金額が変わると知った」


川; ゚ ー゚ノ|「たぶんそれ気付くの遅いですよ」


(´・ω・`)「だってこれまではずっとイングランドで半年前のボスマンを気にしなくてよかったから。それで1シーズン目はミスってボスマンで一人引き抜かれたんだよなぁ。でもディ・カルミネとベルナールの契約更改が割かし安く済んだのは良かった。彼らがいないと来季の戦力の計算が立たない」


川 ゚ ー゚ノ|「その来季ですが、ここまで着実に順位と結果は向上しています。そろそろ昇格も行けるんじゃないですか?」


(´・ω・`)「他にもレンタル選手をボスマンで獲得したから給与が上がって人件費が……」


川; ゚ A゚ノ|「気になってるのはそっちですか」


(´・ω・`)「貧乏性なんだよ俺は。まあなんとかボチボチやっていこう。今回はここまで(・ω・)ノ」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。