Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)

(・ω・)「3年目のシーズンが終わりました」


01_20160719202303c35.png


(・ω・)「その後はこんな感じで終わりました」


川 ゚ Д゚ノ|「昇格組ボーンマス相手に酷い敗戦をしつつも、ワトフォード戦でようやく今季ホーム初勝利。あら、アーセナルにアウェーで勝ってますよ」


(・ω・)「クオリティの低い低調なプレーが続く中での一瞬の光明」


02_20160719202811c0f.png


(・ω・)「戦術はこれ。いただいたコメントを参考に、陣形をフレキシブルにしてテンポを遅くして展開の幅を狭くした。これで2連勝したのでこれでいいのかと思ったのもつかの間、やはり勝てなくなったので、試行錯誤は続く。とにかくプレイのクオリティが低い。シュートを枠内に飛ばしても入らない。相手は打てば入る状態。2-6で負けたボーンマス戦なんてまさにそんな感じだった。ところで、俺は自分で『クオリティが低いクオリティが低い』と繰り返し言ってるけれど、自分で自分は何を指してそう言ってるんだろうとふと省みた。要するにシュートとパスが酷いわけだけど、クオリティが低いと感じる最大の理由は、守備から攻撃に切り替える時のパスが酷いことだ」


川 ゚ ー゚ノ|「『攻守の切り替え』の速さ。現代サッカーの戦術と育成の中核ですね。これを極限までオートマティックに近づけることが現代サッカーでは重要とされています。ゲーゲンプレッシング(もはや死語ですね)やアトレティコ・マドリーの戦術がそうです」


(・ω・)「これが俺たちは恐ろしくクオリティが低い。ボールを奪った後のパスが、ディフェンダーは無理に前線へ一気に渡そうとするので奪われる。結果ずっと相手のターンになる。中盤がボールを持ってカウンターでドリブルするも、隣の選手へのパスがつながらず奪われて逆カウンターを食らう。結果また相手のターン、しかも決定的な場面まで持ち込まれる。で、これが戦術指示でどうにかなる問題とは思えないんだな。なんかもう最初っから俺たちはミスしてコンピューターはミスしないように仕組まれているとしか感じられない。だって何をいじっても続くんだもん。でももういいや。今シーズンは終わった。例え来季もこの症状が続くとしても、別に焦ってプレイすることはない。いつか何か勝ち取れる機会が来るまで、じっくりやっていけばいいのさ」


川 ゚ A゚ノ|「なんだか悟ったようなこと言ってますね」


(´ω`)「今季は選手層のベースとクラブの土台作りが出来れば良かったんだ。今回は功を焦らず長くプレイするつもりだから、解任されない限り、のんびりやっていけばいいと思っているよ」


03_201607192046463a6.png


(・ω・)「ちなみに今季のユース加入選手はタイ人でそこそこの選手が出たので彼にしました。ユースリクルートネットワークは増強してるんだけど、ちっともいい選手がリセットしても出ない。査定がどんどん辛くなる。ところで、これ昔っから続くバグなんだけど、ユース選手が生まれた時の顔が、正式加入した時に変わってしまうのはなんとかならないのかな。お、いい顔と思って契約して進めたら不細工になってたりしてがっかりするよ」


04_2016071920552401a.png


(・ω・)「結果は13位。最終戦直前に残留を決めました。理事会からの評価も高く、今のところこのくらいなら大丈夫そうです。マンUがぶっちぎりで3月末にもう優勝を決めました。リアルのモウリーニョマンUはどうなるでしょうね。ペップを昨季早々に解任してクロップを迎えたマンCはまたも監督を交代させ今はシメオネです。昇格組のはずのストークがいきなり8位。ボーンマスも12位。落ちたのはフラムだけ。来季上がってくるのはクリスタルパレスとハルとブライトンです。サンダーランドざまぁwwww(^ω^)


川; ゚ ー゚ノ|「現実であなたの好きなニューカッスルが降格したからって、ダービー相手の降格をゲームで喜んだりして悲しくなりませんか」


05_201607192102305f8.png


(・ω・ )「ところで、僕らは今季はホームの戦績が散々で19位なのですが、」


06_20160719210309e85.png


( ・ω・)「アウェーでの成績では8位にいます。昨季はホームでは勝てるもののアウェーで勝てなかったわけですが、じゃあ来季は昨季の戦術をホームで使い、今季の戦術をアウェーで使えばいいのかな? などと考えています」


川 ゚ A゚ノ|「そんなうまく行くかなぁ」


(・ω・)「ちなみにリーグカップはチェルシーがアーセナルとのロンドンダービーを制して優勝。FAカップはマンCがマンUとのマンチェスターダービーを制して優勝しました。それではその他の箱庭の結果を紹介」





07_20160719210908d62.png


(・ω・)「イタリアはユヴェントス。もう好きにしてください。ちなみにコパイタリアはローマがインテルを破って優勝。僕の好きなインテルを優勝させるためにリセットをしようかとも思いましたが、ローマの監督って実は今モイーズなんですよね。ゲームの箱庭の中でくらい夢を見させてあげたいのでこのままにしておきます」


08_20160719211203074.png


(・ω・)「スペインはバルサが2連覇。コパデルレイではバルサを倒してレアルマドリーが2連覇。ちなみにレアルマドリーの監督はマンチーニだったりします」


09_20160719211433af2.png


(;・ω・)「ドイツはシャルケが再び優勝。UEFAスーパーカップとFIFAクラブワールドカップとDFBポカールと合わせて四冠です。なんだこれ。なんでこんなに強いんだろう。黄金期を迎えています。他の皆さんのところもシャルケってこんなに強いんですか?」


10_20160719211645b39.png


(・ω・)「フランスはモナコ。PSGが勝てなくなってしまっています」


11_2016071921174902f.png


(・ω・)「ヨーロッパリーグはミラン。古豪復活の兆し。ここでエヴァートンが勝ってたらこの箱庭でもイタリア没落継続中の流れでした」


12_20160719211920088.png


(・ω・)「そしてチャンピオンズリーグはマンUが10年ぶりに優勝。頑張ったリヨンを叩き落としました。繰り返しますけど、リアルのモウリーニョマンUはどうなるでしょうね。今シーズンが今から楽しみです。プレミアはほんと予想できないことになってますから」





(・ω・)「最後に、順序が逆になりましたが、今季の選手成績を」


17_20160719214211808.png


15_20160719212335e76.png
16_20160719213007598.png


(・ω・)「僕の環境ではカスタマイズがうまくいかないので申し訳ありませんがこれで」


川 ゚ ー゚ノ|「総括をお願いします」


( ・ω・)「GKのツィーラーが頑張った。MOM2回。0-2で負けた試合でMOMになったり輝いた。守備陣は俺的に評価が辛い。バックパスミスで失点とか少なくとも3回くらい見たしな。しかし中盤の底の評価は俺的にも高い。安定していた印象だ。攻撃陣だが、一番能力の高いウイングのロサノが、結果とは裏腹にどうも安定しなかった。安定していたのはローテ扱いのブラントとエルビアスの方で、カクタは終盤に帳尻合わせのように調子を上げて結果を残してアシスト王。まあ彼がフリーキッカーでもあるしね、そこでアシストを稼いだ。ストライカーはヴァーディを守備的FWではなくアドバンストFWで使えばかなりいいと分かったし、うまくいかなくてもグイデッティが交代で使うと高いテクニックでゴールを奪う感じ。高いレベルで役割分担が出来ててここは来季は全く補強はいらないだろう。アフォベ? 知らん」


川 ゚ Д゚ノ|「ストライカーに二けた得点がいないのは冬加入なので仕方ありません。で、補強ポイントはどこになりますかね」


(・ω・)「戦力はぶっちゃけ今でも十分強いと思う。問題は試合でのミス、クオリティの低さだ。問題はむしろ戦術の方だ。だから選手補強は来季はあまりする予定は無いよ。そもそも、」


18_201607192144563ba.png


(・ω・)「来季の予算は20億円しかないからね。いや20億円しかとか言うと他のリーグでプレイされている方が怒り出しそうだけど。冬に60億円とか使ったからさすがにクラブの金庫が空になったようだ。だから高い買い物は出来ない。この戦力をほとんど変えずに来季に挑むよ」


川 ゚ A゚ノ|「引き抜かれなければ、の話ですが」


(´・ω・`)「そうなんだよねぇ。ロサノがマンCに行きたいとか、サポーター選出年間最優秀選手のグルエソがシャルケに行きたいとか言い出してて、引き止められるか不透明なんだよね。出来ればこのままの戦力をほぼいじらずに、今回は早々に来シーズンのプレイに入ってみたいんだけどね」


(・ω・)ノシ「という3年目のシーズンの総括の簡易版でした。今回はあまり間を空けずに4年目に入れたらなと思っています。それでは」(続く)





(・ω・)「ああ書き忘れてたことがあった」


19_201607192150560cc.png


(・ω・)「シーズンが終わったので、ふと若手の労働許可を申請してみたら、結構通りました。A代表歴が無いと今作は駄目なのかなと思っていたら、アンダー代表歴を稼いだりレンタル先で試合に出て能力アップしたりしてるうちに割とすぐに下りるみたいですね。ラッキー。良かった。これでこの日本人の若手はギリギリまだクラブ育成に出来ます。さかのぼって冬の時のデータをロードして試してみたら無理でした。一人だけコートジボワール人の若手が実は冬の時点でもう下りて、その時点で気付いていれば彼をクラブ育成に出来たのに、ちょっともったいないことをしました。まあ仕様にまだ慣れてないからね、仕方ないね。というわけでこの期待の日本人ストライカーの若手は慎重に管理してクラブ育成にします。頑張ります(`・ω・´)」

スポンサーサイト

(・ω・)「ヴァーディ買いました」


川 ゚ A゚ノ|「えっ」


(・ω・)「ジェイミー・ヴァーディを買いました


川; ゚ A゚ノ|「おっしゃられる意味がよく分からないのですが」


(・ω・ )「まず、前回の続きから12月終わりまでの結果」


01_2016071721032913b.png


(´・ω・`)「相変わらずパッとしない。メモを見返すと、とにかく『ずっと俺のターン!』と相手がひたすら攻撃を続けてくる。なんか分からんがこっちの攻撃のターンが全然来ない。あれこれ戦術をいじりつつ進めているんだが、今季はダブルボランチ戦術で行ってみようと試しているんだけれど、ダブルボランチで引いて守る戦術なので、相手に中盤の広大なスペースを与えてしまっているのが悪いのかもしれない。レスター戦の勝利で光明が見えたかと思えば次のWBA戦であっさり完敗したり、どうすればいいか分からん」


川 ゚ A゚ノ|「この時点でリーグ戦20試合消化で4勝しかしてませんよ。2年目なのに飛躍どころか逆に弱体化しています」


(・ω・`)「引き分けの勝ち点1を積み上げていることでなんとか降格圏には落ちていないで済んでいる」





(・ω・)「で、1月になり冬の移籍市場が開いたわけだが、11月の時からどうしようかなと選手検索欄を覗いてみてたら、ヴァーディが検索欄のトップに表示されていた。ふとチェックしてみると、昨シーズンの冬にレスターからリヴァプールに移籍しているんだが、今季はビッグクラブが買い物し続けて新戦力がどんどん加入するパターンに押されて出場機会が全く無く、加入半年で完全に干されて1試合も出場していなかった。もったいねぇなぁと思って選手ステータスを見ると、移籍リストに入れられていて値段は33億円だ。あれ? 安くね?」


川 ゚ A゚ノ|「いえ十分高いですよ」


(・ω・)「え? 払えるよ? シーズン途中にタイ人オーナーがプレミアバブルの収入でさらに移籍予算を増やしてくれて、予算はこの時点でまだ60億円あるもん。33億円くらい一括でキャッシュで払えるよ?


川; ゚ A゚ノ|「えっ」


02_20160717211948f2b.png


(´・∀・`)「というわけで33億円一括払いでジェイミー・ヴァーディを獲得しました


川; ゚ Д゚ノ|「うわあ、現実の昨季の大ブレイクニュースターを本当に買っちゃったんですか!」


(・ω・)「たぶん『リヴァプール移籍→干される』のこのワンクッションが無かったら、33億円なんて安値では買えなかったな。レスターから直接買うのはウチには無理だったはずだ。実際リヴァプールがレスターから買った時の値段は65億円。俺たちはそれを半値で手に入れられた」


川 ゚ A゚ノ|「お買い得だったのは分かりました。確かに能力値は抜群に高いですし、現実のニュースターをゲームで使えるのは魅力的です。でももうすぐ31歳の選手に4年契約で年俸12億円って大丈夫なんですか?」


(´・ω・`)「選手の年俸に12億円もかけるなんて初めての経験だから実は結構ビビっている。というかFM2016はこれまでと比べて金額の桁があらゆる意味で段違いで高い。イングランド成り上がりはFM2014チャールトン編以来だが、あの時のチャールトンでは節約していたとはいえプレミア4年目でも所属選手の最高年俸は確かたった360Mだった記憶がある。わずか2年でなんだこの違いは。いかにプレミアが、世界のサッカー界の金銭感覚がこの2年で狂ってしまったかが分かる。でも欲しかったんだよ。ウチの選手層を強気に強化していく意味もあったが、何よりヴァーディってウェンズデイのサポーターなんだよ


川 ゚ Д゚ノ|「えっ、そうなんですか?」


03_20160717213201e4f.png

04_201607172132242e9.png


(・ω・)「ほら。そもそもヴァーディはシェフィールド出身なんだ。彼のシンデレラストーリーは有名だけれど、その最初の挫折は『少年時代にウェンズデイのユースから放出された』ところから始まっている。そうなんだ、彼もともとはウェンズデイでキャリアをスタートさせてるんだよ。俺もwikiで確認するまで知らなかったんだけど」


川 ゚ ∀゚ノ|「なるほど、確かにこれじゃあ、ウェンズデイでプレイする以上、プレイ日記的にも欲しくなりますね」


(`・ω・´)「というわけでクラブの人件費予算の10%の年俸をかけたキープレイヤーの彼がいる限りはひたすら彼と心中プレイだ! みんなよろしく頼むぜ!」





(・ω・)「そしてチームを強気に強化するためにさらに冬に2人を補強」


川 ゚ A゚ノ|「まだ選手を獲得するんですか」


(`・ω・´)「金ならある。欲しいから獲る。結果的に予算を使い切ってクラブの財務がぐっと減った。今季はとにかく残留して来季につなぐ」


05_20160717214328ebd.png


(・ω・)「John Guidetti。マンC出身のかつての期待の若手は今作でもまだまだ評価が高い。ユヴェントスに移籍して速攻で干されるあるあるパターンだったところを総額10億円で獲得。ヴァーディと交互に使う。国内育成枠のおまけつき」


川 ゚ Д゚ノ|「おお、強いです。一気にワントップが強化されました」


06_20160717214650b2b.png


(・ω・)「Layvin Kurzawa。FM2014ローマ編で獲得したことがあるんだっけか。PSGで干されてたところを総額18億円で獲得。年俸が頑張っても6億までしか値切れなかったが、左SBは補強ポイントだ。今プレイでの俺は妥協しないぞ。強気に攻める」


川 ゚ ー゚ノ|「節約が第一のあなたが珍しい」


(´・ω・`)「というか、さっき言ったようにFM2016でのプレミアプレイはこれまでと金額の桁が違うから、節約プレイなんかしてたらいつまでたっても上を狙えないんだよ」


(・ω・ )「以上、この3人を補強し、余剰戦力をあちこちレンタルで放出して選手層を整理」


07_2016071721500506a.png


( ・ω・)「そして新たな傘下クラブに俺の好きなラスパルマスを選ぶ。スペインはcotonouというくくりのアフリカ諸国はEU扱いなのでレンタルで送り込める。南米選手じゃないと2年でスペイン国籍は取れないから送り込むなら南米選手になると思うけどね。機会を見てニュルンベルクと同様に1部昇格の手助けをしてあげたい」


08_201607172202551a0.png


(・ω・)「あと余談ですが、ジェイミー・キャラガーが降格圏に沈むフラムの監督になりました。キャラガーは贅沢で2部以下から修行したくなくてプレミアのクラブしか就任したくないという志向の持ち主なので、貴重な展開かもしれません」


09_2016071722062894f.png


(・ω・)「そしておまけ。僕はゲーム開始前の設定で日本のリーグをメガパックから追加で入れてるわけですが、そのおかげか無事に日本人の若手が生成されました」


川 ゚ A゚ノ|「……(頭頂部を見ながら)」


(・ω・)「僕は好みの若手は国籍問わずゲットしてレンタル修行に出しています。今作FM2016はFM2014とは違いガチでA代表歴がたまらないと労働許可が下りないっぽいですね。この日本人の彼は最悪でも3年でブルガリア国籍を取れるようにとブルガリアのクラブにうまいことレンタルしています。ちなみに彼の潜在能力値はMAXの200です」


川 ゚ A゚ノ|「……えっ」





(・ω・)「そしてこんな新体制で、1月末まで進めました。結果」


10_20160717221426861.png


川; ゚ A゚ノ|「これはひどい」


(^ω^)「こっちはプレゼントパス! プレゼントヘッド! プレゼントシュート! カウンターミス! 相手は確実なパス! 確実なボールキープ! 確実なシュート! カウンターゴール! (´・ω・`)ぶちころすぞ


川 ゚ A゚ノ|「これ言うの何回目か分かりませんけど、なんであなたって毎回毎回毎作毎作、同じパターンにはまるんですか」


(・ω・)「俺は悪くない。ゲームが悪い ほんとにびっくりするくらいシュートが決まらない」


川 ゚ ー゚ノ|「言い訳はやめてください。あなたが悪いだけでしょう」


(・ ω・)「じゃあデータで確認してみる?」


11_20160717222448f0c.png


(・ω・)「まず、いかに俺のチームがミスっているかの証拠。チームレポートのデータで見ると、センターバックのトルシグリエリが一人で5回も失点ミスをしている。あくまでワーストでこれだ。同じくセンターバックのヨルファも選手別にデータで見てみると2回も失点ミスをしている。新加入のクルザワもすでに1回。パルマーが2回。ウッズ、ロサノ、ソングも1回。単純に計算して、選手のミスのせいで13失点もしている。ここまで進めてチームで34失点だから、3分の1が選手のミスでの失点だ。どうだ?」


川; ゚ A゚ノ|「ウウッ、多いです……」


12_201607172236458eb.png


(・ω・)「平均ボール支配率はリーグ17位という低さ。45%しかない。いかに毎試合相手にボールを支配されているかが分かる」


13_20160717223819a81.png


(・ω・)「しかしヘディング成功率は3位だ。ではなぜボール支配率が低いのか? つまりヘッドで競り勝ってもそのボールのほとんどを相手にプレゼントしてしまっていることの証左だ」


14_20160717224018ec5.png


(・ω・)「プレゼントパスが多い証拠がこれだ。パス成功率がリーグ17位。とにかく戦術や個別指示をいじっても、こいつらはどいつもこいつも無茶なパスやいい加減なパスで相手DFにボールをプレゼントしまくるのである」


15_20160717224239a1e.png


(・ω・)「プレゼントシュートの証拠はこれ。枠内シュート数はリーグ10位で枠内シュート率はリーグ11位。しっかり打っている。しかし得点数はリーグ14位だ。123本枠内に飛ばして27得点。約100本のシュートを相手GKに当てていることになる。多すぎる」


16_20160717224550d21.png


(・ω・)「パスが駄目ならドリブルはどうかというと、これもリーグ17位というチャレンジの低さ。せっかくドリブルの能力の高い選手が揃っているのに何をやっているんだ?」


17_2016071722473078f.png


(・ω・)「そして極め付けは非ファウル、すなわちファウルを受けた回数だが、これがなんとリーグ最下位だ。つまり俺たちはファウルを犯す必要も無く、簡単に相手に止められてしまっているのである」


18_2016071722492220e.png


(・ω・)「タックル成功数はダントツの1位で一見いいように見えるが、」


19_20160717225014742.png


(・ω・)「タックル成功率はリーグ16位という低さ。つまりタックルは全然機能して無くて、守備の機会がやたら多いからタックル数が増えているだけなのだ。それだけ相手にボールを支配されているだけの話なのだ」


20_20160717225207acb.png


(・ω・)「結果的に現在14位だが降格圏との勝ち点差は4しかない。5勝しかしてないが、これは全てアウェーでの勝利で、25試合もやっていてなんとホームではいまだに勝ち星が0である。昨季あれだけアウェーで勝てないと言いながら逆にホームで全く勝てていない。で、これ俺が悪いの(´・ω・`)?


川; ゚ A゚ノ|「戦術はどうなっているんですか? ちょっと見せてくださいよ。改善の余地があるのでは」


21_20160717225641dbf.png


(・ω・)「前回、君にフォーメーションの重心が低いのがいけないのではと言われて、俺もそう思ったのでトップ下をアドバンストPMにしてここをプレイメイカーにしている。ちなみにワントップは、ヴァーディが守備的FWの適性がMAXだったのでそうしていたが、全然得点にからまないのでアドバンストFWにしてようやく点が入りだした」


22_20160717225747d81.png


(・ω・)「戦術指示はこうだ。FM2014チャールトン編でヨーロッパリーグを制した時と同じフォーメーションなので、あの時の成功を参考に組んでいる」


川 ゚ Д゚ノ|「うーん……攻撃方法が一辺倒じゃないですかね? エリア内に無理に持ち込ませず、あとドリブルをもっと指示するべきでは。ドリブルのチャレンジが少ないようですし」


(´・ω・`)「まあとにかく、今季は残留さえできればいい。あとはなんとか監督契約を更新したいところだ。悩みつつ後半戦へ向かう」(続く)





(・ω・)「追記」


(^ω^)「ウェブ拍手の通算が1000回を越えました。皆さんのおかげです。ありがとうございます」


川* ゚ ∀゚ノ|「ありがとうございます!」


(・ω・)「このブログを始めた当初はこんなことになるとは思いもしなかった。本当になんのあてもなく始めて、誰も見てない中で一人でガリガリ書いていたのだ。やりたいからやる、書きたいから書く、それだけで始めたブログだった。初めてウェブ拍手をもらった時には『誰か読んでくれたんだ!』と嬉しかった。それが今や記事を更新すると『今回は誰もまだウェブ拍手してくれないぜ……(・ω・)チッ』とか思うまで増長する始末」


川 ゚ ー゚ノ|「最低ですね


(^ω^)「いや本当にありがとうございます。まだ当分は続く予定のブログですので、今後ともよろしくお願いします」


(・ω・)「お久しぶりです。FM2016ウェンズデイ編。1か月ぶりの再開です。今回も簡易版でサクサク。まずは新シーズンに挑む選手たちを紹介」


川 ゚ ー゚ノ|「ウェンズデイでのプレイ3年目、プレミア2年目に挑む選手たちです」





GK


01_20160715211750893.png


(・ω・)「Ron-Robert Zieler。ハノーファーから総額16億円で獲得。リアルではハノーファーが降格したことで格安で来季のレスターに加入するGKです。この箱庭では降格してないんですが、まさか16億で売ってもらえるとは思いませんでした。プレミア2年目のクラブには十分安い値段です。マンUで育成された経験があるので、イングランド国内育成の資格を持つ選手です。リアルのレスターはいい補強しましたね」


川 ゚ Д゚ノ|「昨シーズンまでいたルジ選手は?」


(・ω・)「ベンフィカに興味をもたれて移籍したいと言い出したので、うまいこと最低移籍金だった35億円で売り払いました。今季は彼にゴールマウスを任せます」


02_2016071521255279d.png


(・ω・)「第2GKはRichard O'Donnell。昨シーズンまで2部ブリストルシティでレギュラーだったところをバックアップとして2億8千万円で獲得しました。なぜ彼かというと、彼はウェンズデイのクラブ育成選手だからです。将来のためにそこそこ使えるクラブ育成の控えGKをゲットしてキープ。他の控えGKたちは塩漬けがかわいそうなので今季はレンタルで試合経験を積んであげさせます。そしたらシーズン前にこのオドネルが怪我して控えがいなくなったので一回リセットしたのはご愛嬌。シーズンインしたらノーリセットで進めますからその時に怪我したら代わりをレンタルから呼び戻します」


CB


03_201607152134317c8.png

04_2016071521345386b.png

05_201607152135164b2.png

06_20160715213531006.png


(・ω・)「センターバックに変更はありません。この4人で回します」


SB


07_201607152136575bc.png


(・ω・)「右サイドバックはブルキナファソ代表のBryan Dabo。アフリカンで面白い選手はいないかなと探していて見つけました。本職は右MFだったんですが、右SBも熟達で出来たので獲得してポジション練習させて天性にしました。モンペリエから総額16億円で獲得。これはモンペリエのクラブレコード。ちなみにGKのツィーラーの16億円もハノーファーのクラブレコードでした。いかにプレミアのクラブの金銭感覚がバブルってるかが分かりますね」


川 ゚ A゚ノ|「アフリカ代表選手はネイションズカップの時にいなくなりますよ」


(・ω・)「今回は気にしてません。選手層的にいなくなっても控えで回せると思いますし。FM2016では複数ポジションを選手がこなせるのが前提みたいな設計バランスがされている感じで、僕もそこを意識してメンバーを揃えています」


08_201607152143242d8.png


(・ω・)「控えはウェンズデイ一筋のパルマー」


09_20160715214505aa0.png

10_20160715214525d90.png


(・ω・)「左SBは、レギュラーは昨シーズンから変わらずコロジエチャクを使うつもりだったので、控えにFlorentin Pogbaをサンテティエンヌからわずか1億6千万円で獲得。あのユヴェントスのポグバの兄です。兄ポグバはギニア生まれですが弟ポグバはフランス生まれ。どうもそのタイミングで家族が移民したみたいですね」


川 ゚ A゚ノ|「センターバックに見えますが」


(・ω・)「クロスが13あるので熟達でこなせる左SBのポジション練習をさせます。いざという時のCBの控えにもなりますし一石二鳥です」


MC


11_20160715215047dcc.png


(・ω・)「中盤は今季はダブルボランチも視野に入れて、中盤の底も出来る選手で5人揃えました。まずは昨シーズンから引き続きエンゾンジ。ラツィオが光の速さでオファーを出しては引っ込めるので、契約更改で最低移籍金を消そうと思ったんですが、どうしても17億円で出ていきたがっています。困るなぁ。昨シーズンのサポーター選出年間最優秀選手なのに」


12_2016071521540755d.png


(・ω・)「2人目はCarlos Gruezo。このポジションは円に近い能力グラフの選手が欲しかったので、この守備能力を買ってアメリカのFCダラスから総額10億円で獲得しました。エクアドル人で第2国籍が何も無いので労働許可を取って獲得です。しかし今作FM2016はせっかく出来がいいのにスカウトが報告してくる労働許可の見込みがでたらめで困ります。労働許可が降りないと言われた選手でも『いやこの能力(代表歴)なら降りるよな? 前作までの基準だと』と思ったらちゃんと降ります。ここ初心者殺しだと思います」


13_201607152200211e5.png


(・ω・)「3人目は2部から降格したブレントフォードから総額10億円で獲得したRyan Woods。彼は国内育成だったことと、『試合のテンポを作る』のプレイスタイルを持っていたので獲りました。僕はこのプレイスタイルが大好きです。どんな効果があるか全然分かっていないのですが、とにかく中盤の選手には無条件で持ってて欲しいのです。持っていない選手にはまず最初に覚えさせようとします。きっとゲームメイカー的なことをしてくれるのではないかと勝手に期待して」


14_20160715220352ef9.png


(・ω・)「その同じ理由でバックアップで獲得した左利きの中盤が彼、Emyr Huws。3部のウィガンから6億5千万円でゲット。3部所属なのに値が張りました」


15_20160715220630796.png


(・ω・)「最後に、バルセロナから放出されてフリーだったAlex Songを、移籍市場の閉じるギリギリに獲得しました。ギリギリまで待っていたのは、バルセロナで高給をもらっていたのでしょう、要求年俸が高かったので、いくらか安くなるまで待っていたのです。でも結局大して安くならず、年俸を4億で我慢してもらうために代理人に6億払って次回移籍金の40%を渡すことになりました。まあ代理人手数料は移籍予算から引かれますし、予算はまだ余っているので気にしません。彼はアーセナルで活躍していたので国内育成枠で、カメルーン代表も引退しているので代表戦でいなくなる心配もありません。背番号の17はwikiによると家族が17人いるのが由来らしいですね。僕の好み的に中盤の選手に17はしっくりこないのですが、まあいいでしょう」


川 ゚ A゚ノ|「中盤の潰し屋だったヌディアイェ選手は売ったんですか」


(・ω・)「リヴァプールからオファーが来て本人が移籍したがったので総額22億円で売り抜けました。ルジといい結構うまく売り抜けに成功しています」


WG


16_20160715221255352.png


(・ω・)「ウイングの紹介。Hirving Lozano。メキシコのパチューカからボスマンでタダで獲得。そう、昨シーズンの冬にすでに獲得していたのです。労働許可が降りないとスカウトに言われましたが『嘘言えよ』とゴリ押ししたらちゃんと降りました。この年齢でこの能力で降りないわけないですよね。代表初得点をゴールドカップの決勝戦で上げてタイトルを獲得して加入してきました。ウイングにしておくにはもったいない能力グラフですね」


17_20160715221826689.png

18_20160715221844b99.png

19_20160715222115250.png


(・ω・)「他3人は昨季と変わらない面子。今季はこの4人でウイングを回していきます」


AMC


20_201607152225524c1.png


(・ω・)「トップ下は、昨季レンタル加入で大活躍したモリソンをラツィオから11億円で買い取り」


21_2016071522272622f.png


(・ω・)「そして今季の補強での目玉は彼、Gedion Zelalemです。ドイツ生まれのアメリカ代表でアーセナル育ちの国内育成。アーセナルに総額33億円のクラブレコードを支払って獲得しました。彼はどうしても欲しかった。アメリカ代表選手がどうしても欲しかった。戦力になるアメリカ人がどうしても欲しかった。なぜなら僕がアメリカ代表萌えだから。リアルでは全くと言っていいほど興味が無いのに、なぜかこのゲームをプレイしているとアメリカ代表選手が欲しくて欲しくて仕方なくなるのです」


川; ゚ A゚ノ|「あなたってほんと謎なこだわりがありますよね」


(^ω^)「このゲームをプレイしている人なら誰もがそれぞれにこだわりがあるんじゃないでしょうか? 説明できない自分だけの『萌え』が」


川 ゚ A゚ノ|「あ、まだ20歳なのに、あなた彼をキャプテンにしてるじゃないですか」


(・ω・)「昨季までのキャプテンのハッチンソンはレンタル放出して、他に適任者がいなかったので。でも選手たちも適任だと喜んでいましたよ。ハタチの彼を中心に今季は戦っていきます」


ST


22_201607152234469bb.png

23_20160715223505211.png


(・ω・)「ストライカーに変わりはありません。昨季大怪我をしたアフォベが復帰してようやく使えます」


24_201607152235554dc.png


(・ω・)「ただバックアップに、昨季1860ミュンヘンでレンタルで頑張ってたKenan Karamanをハノーファーからボスマンで獲得。昨季の時点で今季の控えは彼と決めていました」


川 ゚ A゚ノ|「何か決め手が? 能力グラフの攻撃力が随分低いですが」


(・ω・)「この能力グラフとそっくりながら決定力だけ16もあるエクアドル人を昨季に目をつけてたんですが労働許可で獲れなくて。その代わりに彼を代役として獲ってみたのです。こっちは決定力は12しかありませんが、とにかく高さと速さがあればなんとかなるだろうという狙いですね。バックアップで不満を言いそうにないですし、言い出しても僕的に使ってあげてもいい能力値ですし」





(・ω・)「以上の24人が今季のメンバーです。昨季と比べて、いない選手は売却、放出しました。多くの選手をいざという時の備えに契約延長していたので、彼らを放出したことで、移籍先クラブとの賃金差を長期間こちらが負担しなければならないケースが多発しましたが、まあプレミア2年目のバブリーな財務では誤差の範囲です。今作から賃金負担をちゃんと報告してくれなくなったのは困りますね」


川 ゚ Д゚ノ|「すっかりメンバーが様変わりしました。ゲーム開始時からいるのはCBのリーズ選手とSBのパルマー選手のみです」


(・ω・)「もっと遊びでマイナー国籍選手を獲ってみようかとも思いましたが、ひとまずはベースとなる最低限の選手層を揃えるにとどめました。というかこの選手層に決めるのにめちゃくちゃ時間がかかりました。補強候補の目星をつけまくってたところから絞るのに頭を悩ませました。あと将来の若手をキープする必要もありましたし。とにかく時間がかかりました」


川 ゚ A゚ノ|「確かにあなた、この選手層以外にも、若手や、アフリカ人や南米人の若手を獲得してレンタルに出したりしてますね」


(・ω・)「将来を見越して若手はしっかりキープしておきたい。今回のプレイは長丁場になると思うし。しかしガーナ人の若手をデンマークのクラブにレンタルに出そうとしたら労働許可が降りませんでしたとかいって破談になったのには驚いた。デンマークのリーグ規定って労働許可がいるのか。じゃあオファーしてくんなよ」


川 ゚ A゚ノ|「あっ、それにスタッフも今シーズンからしっかり揃えたんですね」


(´ω`)「そう、それとか。前回から1か月間が空いたけど、一からやり直すところが多かったんだよ。トレーニングを見直したり、戦術を見直したり、傘下クラブを選んだり」


川 ゚ A゚ノ|「傘下クラブ?」


(・ω・)「プレミア2年目の新シーズンになって、ようやく傘下クラブを選ぶ時に国外クラブが選択肢に出るようになった」


25_2016071522575812b.png


(・ω・)「ドイツ2部のニュルンベルクを選んだよ。優先交渉権ってなってるけど、労働許可用ってチャットで答えて選んでるよ」


川 ゚ A゚ノ|「あれ、ニュルンベルクって結構有名なクラブじゃありませんでしたっけ」


(・ω・)「清武がいたりな。でも2部に落ちて今は没落中だ。ここを選んだのは、ドイツ2部だからアフリカ人の若手なんかを無制限に送り込めることと、かつての強豪クラブなのでトレーニング施設がめっちゃ充実しているからだ。本当は好みではなかったんだが、まずは実用性重視。プレイ3年目の今季は選手層といいスタッフといい、土台作りがテーマだな」


26_20160715231050224.png


(・ω・)「ちなみにカタールW杯は中止になりました。モロッコで行われます。これ、今作ではほとんどの確率で変更されるそうですね。リアルではどうなるのかなぁ」





(・ω・)「で、なんか今回はそろそろ日記が長引いて面倒になってきたので、とっとと進めたところまでを紹介します」


川* ゚ ー゚ノ|「いい選手層を揃えましたから、結構いい結果になってるんじゃないですか?」


27_20160715231619bee.png
28_201607152316410b8.png


(´・∀・`)


川; ゚ A゚ノ|「あ、あれっ?」


29_20160715231913f71.png


(´・ω・`)「パッとしねぇ……


川 ゚ A゚ノ|「うまくいかない、というか、甘くありませんねぇこのゲーム」


(´・ω・)「なんかね、昨シーズンにそこそこ通用してた戦術が、今季ぱったり機能しないの。中盤から後ろは頑張ってて評価点もなかなか安定してるんだが、攻撃陣が評価点が低くてうまく機能してない」


川; ゚ ー゚ノ|「やり込みがいがあるといえばあるんですが」


(´・ω・`)「あれこれ戦術を試行錯誤してるんだけど、これっていうのがなかなかね」


30_20160715232258818.png


(・ω・)「画像はエヴァートン戦アウェーで3-1で勝利したフォーメーションだ。ウイングをインサイドフォワードにしている。ウイングのサポートが機能してなくて、昨シーズンまでのようにファーへのクロスをズドンがめっきり見られなくなったし、そもそもウチのウイングはどいつもこいつも中へ切れ込むプレイスタイルの持ち主なので最初っからインサイドフォワードにしてみた。少し攻撃が上向いた。あとサイドバックは、実はFM2015エヴァートン編の名残で、中へ切れ込んでシュートを打たせる指示をしていたが、あれはあの時にコールマン&ベインズというプレミアでも屈指の両サイドバックだから機能したのであって、今季は全然機能していないので、サイドに残してクロスを上げさせる。これも上向いて結果が出てきた。後はトップ下をどうするか。エンガンチェだと今作では完全にパサーに徹して全くドリブルしないのでゼラレムとモリソンのドリブル能力が生かされずもったいない。今のところ攻撃的MFにしている。というか、実はエヴァートン戦で3-1で勝てた最大の要因はそこではなくて、メンタリティを攻撃的にしたことが点に結びついた。昨季は標準でも結果が出ていたのでそれでいいと思っていたんだが、今季はこっちから攻撃を仕掛けないと駄目かもしれない。ムツカシイ」


川 ゚ A゚ノ|「というか、ダブルボランチフォーメーションに今季は変えたんですね。重心が後ろなのがいけないんじゃないですか?」


(・ω・)「ホームでは変わらず4-2-3-1だけどね。そのホームでまだ勝ててないからね。何かもうちょっといじらないと駄目そうだ。というかね、とにかく『お前それ外すの!?』ってのが多い。なんか多い。絶対多い。お前だよアフォベ(´・ω・`) せっかく今季ようやく使えるのを楽しみにしてたのに、我慢して使ってもリーグ戦で全く活躍してくれない。怪我のせいで2部レベルまで能力値が落ちちゃったからなぁ。あと気になるのは、試合前の偵察で毎回毎回『ディフェンスの練習をしましょう』って言われるんだけど、あれ、もしかして俺たちって昨季より弱体化した( ゚ω゚ )? 戦力をレギュラーとバックアッパーでバランスよく保つことを最優先で考えたせいで、全体的な戦力が特に底上げされずに、他クラブに置いてけぼりを食らったのかもしれない」


川; ゚ ー゚ノ|「だってあなた、肝心のセンターバックとストライカーはほぼ補強0で今季に挑んでるじゃないですか」


( ゚ω゚ )「言われてみれば実はそうなのである。やっべ。どうすっかなぁというところで今回はここまで。次回は前半戦の終わりまで進めます(・ω・)ノシ」(続く)