Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)

(・ω・)「おまたせしました。FM2015インテル編最終回。チャンピオンズリーグ決勝戦の記録です」


川; ゚ ー゚ノ|「唐突に回顧録が始まりましたね。最終回を書く書くと言って、……結局どれだけ放置してたんでしたっけ川 ゚ Д゚ノ|?」


( ゚ω゚ )「実際のプレイで優勝したのは去年の10月頭です。つまり約8か月から9か月、この最終回を書くのを引き延ばしてまいりました」


川 ゚ A゚ノ|「そもそもどうして最終回を書くのを引き延ばしてきたのでしたっけ」


(ヽ´ω`)「当時の俺が燃え尽き症候群的になって、さらに新作のFM2016が日本からは手に入らず2015で終わりになるかもとなって、なんだか最終回を書いてしまうと、そのままこの日記も俺のFMプレイ歴も終わってしまうような気が当時はしたのだ。それでずーっと引き延ばしてきたのであるよ」


川 ゚ ー゚ノ|「ですがFM2016は無事に日本からも購入出来て今はそちらのウェンズデイ編が続いています」


(・ω・)「そうだ。そしてFM2016は今のところ傑作と言って差し支えない出来だ。日記はまだ当分は続けられそうだし、もし日記を終えても俺はプレイし続けるだろうという気がする。だからここらで一区切りして、しっかりけじめとして、インテル編のチャンピオンズリーグ決勝戦について書いておこうと思うよ」


川 ゚ Д゚ノ|「勝ったということはこれまで何度か言ってきましたよね。どちらにせよ前回の『ゆるインテル・その19』で、決勝戦は勝つまでリセットするとおっしゃってましたし」


(・ω・ )「それではまず前置きに、このインテル編のラストシーズン、4年目の17-18シーズンの結果を振り返ってみよう」





●セリエA17-18シーズン


01_20160629025001295.png
02_20160629025014c34.png
03_201606290250274fa.png
04_201606290250403be.png


(・ω・)「4年目にしてとうとう俺は無敵になり、グランデインテルがここに復活したのであった」


川* ゚ ー゚ノ|「シーズンを通して5敗しかしてません」


(・ω・)「それでもCLでレアル・マドリーに当たってたらまたボコられていたかもしれないが、対戦組み合わせの抽選の結果、決勝戦まで辿り着いた。ちなみにもしかすると、あまりに出来すぎているので、組み合わせ抽選でリセットしたのではないかと思われている方もいるかもしれないが、していない。完全ガチノーリセットでここまで俺は辿り着いた」


川 ゚ 0゚ノ|「決勝戦の相手はこれまで一度も対戦経験の無いマンチェスター・シティ」


( ・ω・)「しかしその決勝戦の紹介はもう少し待っていただきたい。今シーズンの成績紹介である」


05_20160629030611474.png


(・ω・)「セリエA、コパイタリア、スーペルコパの三冠を達成したシーズンであった」


川; ゚ ー゚ノ|「カリアリが1敗しかしないというすごいことに」


(^ω^)「なんかしょうもないところで負けてた気がする。ああ対トリノ戦か。FMあるある。そしてユーヴェはついに3位に落ちる。ざまぁw」


06_20160629030843e59.png


(・ω・)「得失点共にリーグ最高。まさに最強である」


07_20160629030945562.png


(・ω・)「ターゲットマンのサポートで使ったハリー・ケインが大活躍。コバチッチが覚醒」


11_20160629031135e09.png

12_2016062903115612f.png


(・ω・)「そして『ハリー・ケインについて』ですでに紹介したが、ケインはセリエA年間最優秀選手と得点王に輝いた。ケインはまさに最高であった」


川; ゚ ー゚ノ|「これで一体どこにFM開発スタッフはケイン選手に謝罪する必要があったのでしょうか」


08_20160629031800db0.png
09_201606290318158f2.png


(・ω・)「カップ戦を含めた全試合の成績である。解説すると、つまり俺たちは最強である」


川; ゚ A゚ノ|「あなたさっきからそれしか言ってませんね」


(´ω`)「俺が燃え尽き症候群的になったのもご理解いただけるかと思う。もうほとんど頂点に辿り着いてしまったのだ」


19_20160629032215fe8.png

20_2016062903222771b.png


( ´ω`)「選手は俺を愛し、」


10_201606290322595cf.png


(´ω` )「ファンも俺たちを愛する。すべてが最高であった」


川 ゚ ー゚ノ|「そしてそれがチャンピオンズリーグ決勝戦で勝利することで完成するわけですね」


(・ω・)「そう。だから……」


川 ゚ Д゚ノ|「いざ……」


( `・Д・´)ノ川 `゚ Д゚ノノ「欧州の頂点へ!





◎チャンピオンズリーグ決勝戦 <San Siro(Italy)>


21_201606290348289fc.png

22_201606290348139c9.png


(`・ω・´)「決勝戦のフォーメーション。俺たちはここまで磨き上げてきた5-2-1-2WB。対するペジェグリーニのマンCは4-3-2-1中央密集型だ。それじゃ、そのマンCのスタメンを紹介しよう」





●Manchester City Football Club


23_201606290353278bd.png


(`・ω・´)「GKのジョー・ハート」


24_201606290354152da.png


(`・ω・´)「CBのスティーヴン・コーカー」


25_20160629035557acf.png


(`・ω・´)「CBのニクラス・ズーレ」


26_20160629035931b3b.png


(`・ω・´)「左SBのカリム・レキク」


27_201606290400365f3.png


(`・ω・´)「そして右SBで使ってきたヴァンサン・コンパニ」


28_201606290401506c2.png


(`・ω・´)「中盤の中央にマルコ・ファン・ヒンケル」


29_2016062904024793f.png


(`・ω・´)「中央の左にアンドレ・ゴメス」


30_201606290403461f2.png


(`・ω・´)「中央の右にヤヤ・トゥーレ」


31_20160629040436e6d.png


(`・ω・´)「トップ下の左にサミル・ナスリ」


32_201606290405324b0.png


(`・ω・´)「トップ下の右にイスコ」


33_201606290406127b4.png


(`・ω・´)「そして1トップにセルヒオ・アグエロだ」


川; ゚ A゚ノ|「なんだか勝てそうな気がしませんが」


(`・ω・´)「いや、俺たちのメンツもなかなかなものだぞ!」





●Football Club Internazionale Milano


41_201606290409058f5.png


(`・ω・´)「GKのルジ」


42_20160629040955c54.png


(`・ω・´)「CB中央のエデル・アルバレス・バランタ」


43_20160629041333079.png


(`・ω・´)「CB左のフアン・ジェズス」


44_20160629041422094.png


(`・ω・´)「CB右のエフゲン・ハチェリディ」


45_201606290415505fb.png


(`・ω・´)「左WBのクリスティアーノ・ビラーギ」


46_20160629041646c8e.png


(`・ω・´)「右WBのダビデ・サントン」


47_201606290417481b7.png


(`・ω・´)「中盤の右の潰し屋ビクター・ワニアマ」


48_20160629041843033.png


(`・ω・´)「中盤の左に後にゲーム内で世界的スーパースターになるロレンツォ・クリセティグ」


49_2016062904200133b.png


(`・ω・´)「リアルではレアルになんか行って欲しくなかったインテルの至宝、マテオ・コバチッチがトップ下」


50_20160629042132c34.png


(`・ω・´)「グランデインテルを完成させた最後のピース、ハリー・ケインが2トップのサポート」


01a_20160629042335729.png


(`・ω・´)「そしてフィニッシャーにヴァンサン・アブバカルだ。どうだ?」


川; ゚ Д゚ノ|「た、確かに。こうして見比べても、マンCとそんなに遜色ない気がしますよ」


(`・ω・´)「誰もが知るスーパースターはいない。チートレベルの能力値の選手はいない。しかしこれが俺が4シーズンかけて集めて築き上げた、胸を張って誇れるメンバーだ」


52_20160629042950aec.png


(`・ω・´)「最後に、控えにはスピードスターのワンダーボーイ、リハイロ・ジヴコヴィッチを入れている。これが俺がチャンピオンズリーグ決勝で優勝するために選んだメンバーだ」


03a_201606290432460af.png02a_20160629043235383.png


(・ω・)(あっ、今気付いたけど画像の切り取りがズレてら)


川; ゚ A゚ノ|「か、勝てます、よね? ここは決勝です。相手はレアルでもバルサでもないマンC。勝てますよね!?」


(;`・Д・´)ノ「信じるんだ! 信じるしかない! 俺たちはやれる! ビッグイヤーは! ビッグイヤーは俺たちのものだ!





試合開始


55_2016062904511545a.png


(;`・Д・´)ノ「うおおおおおおおお!!!!」


川; ゚ Д゚ノ|「ああああああああ!!!!」




……

…………


前後半終了


川 ゚ A゚ノ|「……」


川; ゚ A゚ノ|「えっ、ハイライトは何も無かったんですか?」


(´・ω・`;)「ふぅ、ふぅ、いや、ハイライトはあったんだが、お互いに譲らない展開だ。しかしやはりマンCは強い。こっちもいい攻撃をしてるんだが、どう見てもあっちが優勢だ」


53_20160629045502f1e.png


( ´・ω・`)「こらえきれずに後半からクリセティグに代えてガストン・ヒル・ロメロを入れて、中盤をダブル潰し屋にして、なんとか0-0で前後半を耐え抜いた」


川; ゚ A゚ノ|「この選手カードコレクターで審判に反抗的だから使うのは危険なのでは」


(´・ω・`)「そんなこと言ってられっか。さて、延長戦だが、ここで問題がある」


川; ゚ ー゚ノ|「問題のない大一番なんて無いでしょう。なんですか?」


(´・ω・` )「この時点で、コバチッチの評価点が6.0だ。やばい、機能してないのか調子が悪いのか、俺たちの攻撃の心臓のコバチッチが息してない。しかし俺たちをここまで勝ち上がらせてきたのは彼なのだ。どうする? 延長戦で外すか? それとも信じるか?」


川 ゚ Д゚ノ|「そんなの決まってるじゃないですか」


(・ω・)「えっ」


川* ゚ ー゚ノ|「信じましょうよ。監督が選手を信じないで誰が信じるんです。彼こそがここまでのキープレイヤーでした。ここまで来たら、最善手はチームを信じることです」


(・ω・)「……」


川 ゚ ー゚ノ|「……」


(^ω^)「それ、100%感情論だよね?」川* ゚ ∀゚ノ|


( `・Д・´)ノ「そうだな、信じる! 信じよう! きっと何かやってくれるはずだ!」川* ゚ ー゚ノ|


(・ω・)「でも無策で終わるわけにはいかない。延長でハリー・ケインの代わりにジヴコヴィッチを入れる」


川; ゚ Д゚ノ|「えっ。セリエA最優秀選手で得点王のケイン選手を外すんですか? 選手を信じると今言ったばかりじゃないですか」


(`・ω・´)「こっちはちゃんと狙いがある。この皆が疲れ切った延長戦で、ジヴコヴィッチのスピードは武器になるはずだ!」


(; `・Д・´)ノ川; `゚ Д゚ノノ|「これが最後の30分!







……

…………


延長後半9分


61_20160629050755cef.png


(;`・ω・´)川; ゚ Д゚ノ|


62.png


(;`・ω・´)川; ゚ Д゚ノ|!


63_20160629050911df0.png


(;`゚ Д゚´)川; ゚ Д゚ノ|!「ジヴコヴィッチ……


64_201606290510183d7.png


(;`゚ Д゚´)川; ゚ Д゚ノ|!!!!


65.png


ヽ(;  ゚∀゚ )川; ゚ ∀゚ノノ|「コバチッチイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!!!」










58_20160629052118bf8.png


56_201606290521585ef.png


57_20160629052218d93.png
















……

…………


(・ω・)「サッカー監督に必要なことは、選手を信じること、そして自分自身を信じることだ。両方出来なければゲームには勝てない(byぶるべあ:チャンピオンズリーグ2017-2018優勝監督)」


川 ゚ ∀゚ノ|「これにてFM2015インテル編はノーリセットでのチャンピオンズリーグ優勝で完結です」


67.png

68.png


(・ω・)「選手を信じること。コバチッチはCLの評価点記録であのメッシを抜いた。そしてCL最優秀選手に選ばれた」


川 ゚ ∀゚ノ|「自分を信じること。リーグ得点王のケイン選手を外してジヴコヴィッチ選手のスピードに賭けたのが成功しました」


(-ω-)「ここまでお付き合いいただき、そしてこのFM2015編の物語の結末をお待ちいただき、本当にありがとうございました」


川 ゚ ー゚ノ|「そして物語は新たに……」


( ^ω^)川 ゚ ∀゚ノ|「FM2016シェフィールド・ウェンズデイ編へ!(FM2015編・完結)





川 ゚ A゚ノ|「……」


(・ω・)「ん?」


川 ゚ A゚ノ|「あなた、『選手を信じること、自分を信じること』とか、なんだかうまいこと言った感じで終わらせましたけど、」


(・ω・ )「なんだよ、最後くらい綺麗に終わったっていいだろう」


川 ゚ A゚ノ|σ


57_20160629052218d93.png


川 ゚ A゚ノ|σ「ケイン選手に代えてジヴコヴィッチ選手って、いるじゃないですかケイン選手、ピッチに


Σ(´ ゚ω゚` )「あ、あれ? ケインと交代したと思い込んでた。じゃあ交えたのってアブバカルだったの? でもジヴコヴィッチは右にいたぞ? あれ?」


川; ゚ ー゚ノ|「結局最後までグダグダかぁ」


(^ω^)「かっこよく決めようと思っても決まらない俺たちであった。まあ人生そんなもんだよね!」(終)

スポンサーサイト

(・ω・)「こんばんわ。ゆるインテル、第19回目。そろそろ総まとめである」


川 ゚ A゚ノ|「なんですか総まとめって、終わるんですか?」


(・ω・)「とある事情により、次回、一旦最終回を迎える予定である」


川 ゚ A゚ノ|「なんですとある事情って」


(・ω・ )「まず、そもそも、このゆるインテル編で、俺たちインテルはどういう戦い方をしてきたのか、その戦術プランを振り返ろう」


川; ゚ A゚ノ|(スルーされたわ……)


03_20151004210933b57.png05_20151004211740a85.png


(・ω・)「画像は戦術画面である。だいたいレギュラーメンバーはこのメンツだった。ターゲットマンのハリー・ケインがポスト役かつ得点源として非常に活躍してくれたのだが、このポジションにリハイロ・ジヴコヴィッチが入る時には役割はコンプリートFWのサポートにしている。ではこの戦術の目的と動きを振り返ろう」


・ゴールキーパーはスイーパーキーパー。相手のシュートをキャッチした後に、ペナルティエリアの外までボールを運んでからロングキックをする


(・ω・)「これはまあ単なる好みだな。相手がカウンターで突っ込んで来た時にペナルティエリアの外まで飛び出して防ぐ、というプレイもする役割なのだろうけれど、俺のインテル編ではそんな場面は結局一度も訪れなかった」


・3バックはストッパーの2人がポジションを維持して相手ストライカーをマークする
・3バックの真ん中のカバーが若干前に出てボールを奪う


(・ω・)「センターバックのカバーの役割は、カバーという単語のイメージと裏腹に、かなり前へ出て相手選手を止めたりボールを奪ったりする」


・ウイングバックは守備時に相手のサイドをケアする
・ウイングバックは攻撃時にサイドを上がることでの中盤からボールを受ける展開のサポート
・さらにウイングバックはそこからサイドをドリブルで駆け上がってクロスを上げまくる


(・ω・)「ウイングバックの役割はサイドの守備と攻撃時の中盤のボール展開のサポートだが、何より重要なのはクロスである。ウイングバックには個別にクロスを上げまくれと指示してある。このフォーメーションの攻撃プランの肝の一つはウイングバックのクロスなのだ。だいたい1試合に両サイドとも20回近くはクロスを上げてもらっている。成功するのはそのうち3回もあればいい方だが、このサイドからのクロスに2トップが合わせるのが得点プランの主な部分を占めるのであった。これは俺自身がFM2014編までで相手にサイド攻撃でやられまくったことのやり返しである」


川 ゚ A゚ノ|「でもそれが全てではありませんよね? 1シーズン目は右ウイングバックのジョナタン選手がチーム内アシスト王でしたが、それ以降はトップ下のコバチッチ選手がアシスト王だった気がします」


(・ω・)「その通りで、後に改めて見せるが、チームへの指示では『中央を攻撃しろ』を選択しているからね。これもFM2014編で学習したことだが、『中央を攻撃しろ』でないと、サイド攻撃がサイドからの無理なシュートやペナルティエリア外からのシュートで終わってしまうのである。『中央を攻撃しろ』のおかげで、ゴールの可能性の高いペナルティエリア内の中央からのフィニッシュが多くなる。だがその指示でもウイングバックはしっかりサイドのドリブル突破からのクロス祭りをやってくれている。おそらくチームへの指示で『オーバーラップを待て』を選択しているせいだろう。つまりちゃんと俺のやりたいことを俺は指示出来ているわけだ」


・ディープライイングPM守備の2人は守備時に下がって相手中盤をマーク&プレス
・サイド攻撃を受けた時にはウイングバックの守備をサポート
・攻撃時には中盤の下がり目のポジションを維持してボールをさばく。時にはディフェンスラインにまで下がってボールをさばく
・攻撃時に無理に相手エリアまで上がらずあくまで中盤のポジションを維持することで、クリアされたボールを拾って組み立て直す


(・ω・)「ディープライイングPMの二人は守備タスクにすることで、無理に上がり過ぎず、ボールのさばき役に徹する。なので得点数は非常に少ない。ごく時たま、押し込んだ時の跳ね返りや、コーナーキックのこぼれ球をロングシュートする程度だ。攻撃は主に、」


・トップ下のエンガンチェがラストパスを出すと同時に自身もペナルティエリア内に飛び込む
・2トップがウイングバックからのクロスに合わせる。もしくはラストパス出す&叩き込む


(・ω・)「この3人がフィニッシュを決める。以上が俺のこのゆるインテル編における戦術プランだった。チームへの指示は、」


06_2015100421461647f.png


(・ω・)「こうなっていて、」


・『スペースにパスを出せ』で相手スペースを突く。パスミスも起きるけど多少のリスクとして気にしない
・『エリア内に持ち込め』で相手ペナルティエリア内でフィニッシュを終えることで得点率を上げる狙い
・『変化するクロスを入れろ』は単にFM2015の新機能なのでやっただけ。どちらにせよ高いクロスも低いクロスも限定しない。パスも限定しない
・『中央を突破しろ』でサイドからの無理なフィニッシュ狙いを防いで得点率を上げる狙い
・『オーバーラップを待て』でウイングバックからのクロスを増やす&基本的に2トップとトップ下だけの攻撃に厚みを出す
・『展開の幅をもっと広く』でウイングバックのサイド攻撃を活性化させる
・『もっと押し上げろ』でラインを上げてコンパクトで高い位置からのプレスを狙う
・『ポジションを保て』で守備時にポジションを維持させて攻撃時もあまり動き回らせずにパスをしっかり受けさせる
・『プレスをもっとかけろ』でボールを奪う(その代わりにファウル祭りになるが気にしない)
・『立ったまま当たれ』でスライディングでカードをもらうことを防ぐ
・『タイトにマークしろ』でボールを激しく奪う(その代わりにファウル祭り)
・『オフサイドトラップを使え』で高く上げたラインをカバー
・『テンポを遅めに』で基本的に2トップとトップ下だけの攻撃にウイングバックの攻撃参加の機会を与える
・『もっと自分を出せ』で創造的なプレイを許す


(・ω・)「という意図であった。そしてメンタリティは『攻撃的』でボールキープは重視していない。陣形は『組織的』。最後に図で解説」


02_201510042107575ef.png


(・ω・)「この基本的な陣形が、」


07_20151004220552d7a.png


(・ω・)「守備時にはこうなり、」


09_20151004221023cd0.png


(・ω・)「攻撃時にはこうなる。ウイングバックがサイドを駆け上がり、センターバックは3人でワイドに開き、間にディープライイングPMが入る。このようなプランと動きで、我らがインテルは戦ってきたのだった。改めてこれを説明したかったのは、このゆるインテル編はあまり細かく書いてこなかったので、読んでる人は俺が何をやっているのかよく分からず読んでいたのではないかと心配していたからだ。これで気が済んだ」


川 ゚ ー゚ノ|「このFM2015編は、戦術で行き詰まることがありませんでしたからね。順調に勝てていましたし。主に選手が強かったからでしょうけれど。改めて紹介しておいたのは良かったかもしれません」


(・ω・)「っていうか、だてにゲーム開始前に40時間もかけて戦術練習をしてなかったということであるぞ」


川 ゚ A゚ノ|「そういえば事前に十分に戦術練習をしてからゲームを始めたのでしたっけ」


(`・ω・´)「それでは、そんなゆるインテル編。一旦最終回の前の今回の日記に入る。チャンピオンズリーグのトーナメント、そしてリーグ戦の結果だ」





●チャンピオンズリーグ1回戦・マンチェスターユナイテッド戦


10_20151004222611f90.png


(`・ω・´)「昨季プレミア王者のマンUと対戦。初戦のアウェーを見事に勝利で飾る! 先制点を取られたが、超攻撃的で点を取りに行って逆転。アウェーだろうと勝ちに行くと事前に攻撃のムーブメントを練習させておいたかいがあったか。アブバカルの逆転シュートのミドルは見事だった」


11_2015100422304511d.png


(`・ω・´)「ホーム戦は逆に事前に守備を練習させる。結果、2連勝でトーナメント1回戦を突破。マンUを撃破する! しかしこの試合は一方的にこちらがシュートを打ちまくる展開になり、全然得点が決まらずイライラした。てっきり30本くらいシュートを打っているかと思っていたくらいだ」


川* ゚ ∀゚ノ|「やったじゃないですか! マンU相手にばっちり勝てるなんて! 準々決勝進出です!」


12_201510042235124ec.png


(・ω・)「ここまでの結果である。前回、ユヴェントスとの3連戦の紹介に気を取られて、2月の結果を紹介していなかったが、このように負けなし」


0a2.png


(^ω^)「記念すべき200試合目のフィオレンティーナ戦も勝利を上げた」


0b2.png


(;`・ω・´)「しかし、パレルモ戦でトップ下でローテーションしていた若手のソットジューが今季絶望となる。これ以降、俺はレギュラーメンバーが怪我をして戦力が落ちないように、チャンピオンズリーグ戦をメインにして、それ以外でサブを使う慎重な選手選びを心がける。ソットジューの代わりは本田さんを入れて対応した。ソットジューはここへ来て、フィオレンティーナ戦で月間ベストゴールを記録するなど調子を上げてきていたんだけどな。ウイングバックのエムバイェもアタランタ戦で6週間の怪我をするなど、過密日程になってきた後半戦に来てだんだん選手層に怪我の離脱の不安が襲ってくるわけだが、なんとか踏ん張る!」


13_201510042243113cc.png


(´ω`)「で、無事にマンUを倒した後のリーグ戦だが、ここへきて謎のスコアレスの2連敗をしてしまう。ウディネーゼ戦は累積警告でセンターバックが3人しかいないのにそのセンターバックがレッドで退場して万事休す。カターニア戦は28本ものシュートを浴びせたのに2点取られて負けるというクソ展開」


川 ゚ A゚ノ|「もったいない。順調かと思えばころっと負けて、いつも通りというかなんというか」


(`・ω・´)「しかしまだ首位は守っている。今季はユヴェントスが結構負けているのだ。このまま今季もスクデットを狙う!」


0c_20151004225152122.png


( ゚ω゚ )「ちなみに今季のユースでリセットした結果、一番の有望株として登場したのはまたもインドネシア人センターバックでした」


川; ゚ A゚ノ|「またですか。なかなかないですよインドネシア人の有望選手が2年連続でしかも同じポジションだなんて」


(・ω・)「こんな身長の低いセンターバックなんて使えんがな。去年に引き続き、この二人はどちらもセンターハーフのポジション練習をさせることになる。中盤の潰し屋として育てるのだ。それでは、次はチャンピオンズリーグの準々決勝だ(`・ω・´)!」





●チャンピオンズリーグ準々決勝・リヴァプール戦


14_20151004225020575.png


(`・ω・´)「準々決勝の相手はリヴァプール。相手がプレミアのクラブなせいだろうか、はたまたリヴァプールというクラブの特色か、非常にスピーディでめまぐるしい試合展開となったが、ホームでしっかり勝利を挙げる! リヴァプールはプレイ2年目にグループリーグで勝てていたので、今回も行けるという自信があったものの、無事に勝利できてほっとした。ワニアマのロングシュートが見事だった!」


川; ゚ A゚ノ|「しかしアウェーゴールを2点も取られましたよ。大丈夫ですか?」


15_20151004230827c43.png


(`・ω・´)「大丈夫だった! アウェーを引き分けで終えて準決勝進出!」


川; ゚ ∀゚ノ|「なんと! やりました! チャンピオンズリーグの準決勝! 決勝進出まであと一歩まで今年は来ましたよ!」


16_20151004231142735.png


(;`・ω・´)「リーグ戦も首位を守る! しかしイカルディやケインやワニアマが続々負傷! ここへきてやはり怪我が頻発して俺を悩ませる! 持ちこたえてくれ! そして準決勝の相手だが……」


20_20151004233652301.png


( ゚∀゚ )「ユヴェントスきたああああああああああああああああああああああ!!!!!


川; ゚ Д゚ノ|「前回、これで終わりだと思っていたユヴェントス戦が、まさかチャンピオンズリーグ準決勝でまたも実現! しかしこれは……!」


(`・ω・´)「最高の組み合わせだ! 昨季0-8で負けたレアル・マドリーだけはなんとか避けたかった! そしてマンCでもなく、今季コパイタリアでアウェーで6-0で虐殺しているユヴェントスが相手! もう決まった! 俺たちが決勝進出だ!


川; ゚ A゚ノ|「いえまだそうと決まったわけでは。でも非常に有利なのは間違いありません川; ゚ ー゚ノ|!」


(;`・ω・´)「ついに! ついに! 俺のFMプレイ歴初のCL決勝進出がついに!





●チャンピオンズリーグ準決勝・ユヴェントス戦


18_201510042327595c2.png


19_20151004232854aa0.png


( ゚∀゚ )「決まったあああああああああああああああああああああああああ!!!!!


川; ゚ Д゚ノ|「な、なんという一方的な試合……! 2戦合計11-2! びっくりするほど相手になりませんでした……!」


(^ω^)「今季のユヴェントスは弱すぎた! いや違う! 俺たちが強くなったのだ! 2戦目なんて、ジヴコヴィッチがPKを外したにも関わらずハットトリック達成! ざまああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」


川; ゚ Д゚ノ|「そ、それで決勝は!? 決勝の相手は!?」










21_201510042339459eb.png


( ゚∀゚ )「レアルが負けたああああああああああああああああああああああ!!!!!


川* ゚ ∀゚ノ|「や、やりました! 昨季0-8で負けたレアルを避けることが出来ました! 相手はマンC! まだ対戦したことはありませんが……!」


(`;ω;´)「レアルよりはくみしやすいはずだ! ついに! ついに念願のチャンピオンズリーグ優勝がすぐそこまで!





(・ω・)「……と、いったところで一旦リーグ戦に戻る」


川 ゚ A゚ノ|「そうでした、スクデットも争っていたのでした。それにコパイタリアの決勝もあります。……え?」


(`・ω・´)「そうだ、今年の俺たちには三冠がかかっているのである!


22_20151004234646096.png


( `・ω・´)「サブメンバーで挑んだミラン戦は負けてしまったが、次のリヴォルノ戦に勝てばセリエA優勝が決まる!


0g_20151004235242a51.png


0h_201510042353025de.png


(`・ω・´)「u18とu20はもうリーグ優勝を決めた! あとは俺たちだけだ!」


川 ゚ ∀゚ノ|「……」


(`・ω・´)「……」










23_201510042349500b7.png


川* ゚ ∀゚ノ|


( ゚∀゚ )










24_20151004235528993.png


セリエA 2017-2018 優勝! 2連覇達成!


25_20151004235734e5e.png

26_2015100423592433e.png

27_20151004235949ea5.png

28_20151005000012b58.png

29_2015100500004400d.png


(^ω^)「ありがとうございます。このブログを読んでいただいているみなさんの応援のおかげです。本当にありがとうございます。やりました。2試合を残してのリーグ優勝です。なんか珍しくモウリーニョさんに褒められたよ、ウフフ」


川* ゚ ー゚ノ|「2連覇できて良かったです。二冠と書いてあるのは、シーズン前のスーペルコパが含まれているからですね」


(^ω^)「つまり、残りのコパイタリアとチャンピオンズリーグを優勝すれば、俺はインテル史上初の四冠を達成するわけだ


川 ゚ Д゚ノノ「やりましょう! 四冠! コパイタリア決勝! 相手はナポリです!」


(`・ω・´)「昨季は八百長だとケチをつけてリセットして勝ったタイトル。今年はそんな後味の悪いことはしない。一発で決めてやる!





●コパイタリア決勝・ナポリ戦










30_20151005001027296.png


川* ゚ ∀゚ノ|


( ゚∀゚ )


31_20151005001240ca7.png

32_20151005001332cc3.png

33_20151005001351979.png


(^ω^)「ありがとうございます。このブログを読んでいただいているみなさんの応援のおかげです。本当にありがとうございます。低調な試合になり、延長戦まで行きましたが、超攻撃的にして点を取りに行った結果、ジヴコヴィッチのミドルが相手DFに当たってコースが変わり、横っ飛びしたキーパーの逆に吸い込まれるというオウンゴールが決勝点。ちなみに相手のナポリのGKは今年売却したハンダノビッチでした。また二冠と書かれていますが、まあ実際スーペルコパをタイトルに数えるのはきっと翌シーズンなのでこれで正しいのでしょうが、なんにしろ今シーズン3つ目のタイトルを獲得です」


川* ゚ ー゚ノ|「今度こそ間違いなくノーリセットでの優勝です。気持ちよく美酒に浸れます」





34_2015100500262576b.png


(・ω・)「リーグ戦は以上で終了。あとはチャンピオンズリーグ決勝を残すのみ」


0i_201510050027285ad.png


(・ω・)「ついにここまで来ました。この画像をよく見てください。決勝戦の場所。サン・シーロと書かれているでしょう」


川 ゚ Д゚ノ|「サン・シーロって、ジュゼッペ・メアッツァのことですよね? インテルとミランは同じミラノを本拠地にしていて、同じスタジアムを使っていて、ミランのホームの時はサン・シーロ、インテルのホームの時はジュゼッペ・メアッツァと呼ぶのでしたっけ?」


(´ω`)「つまり決勝戦を本拠地で戦うことができるのだ。こんなに嬉しいことはない」


川* ゚ ー゚ノ|「優勝できればこれ以上の喜びはありません」


(・ω・)「それでは次回、一旦最終回。今シーズンの総括と、『インテル三冠達成、スペシャルワンぶるべあ爆誕』にてお会いしましょう」


川 ゚ ∀゚ノ|「ウフフ、まだ勝ったと決まったわけではないですよ?」


(・ω・)「いや勝つまでリセットするから」


川 ゚ ー゚ノ|「……」


(・ω・)「……」


川; ゚ A゚ノ|「ハァ? 今なんと?」


( ゚ω゚ )「ついにチャンピオンズリーグ決勝まで勝ち進んだんだ。決勝は勝つまでリセットするよ? もうこんなチャンス2度とない。そして優勝で、俺はついにこのゲームの頂点の目標をクリアするのだ。そして一旦区切りだ」


川; ゚ Д゚ノ|「何言ってるんですか! せっかくここまで全試合ノーリセットで勝ち上がったんですよ!? 決勝戦も気持ちよく終わりましょうよ!」


(^ω^)「チャンピオンズリーグ決勝戦も勝てたらさぞ気持ちいいだろう。リセットだろうが知ったことか(笑)!」


川; ゚ A゚ノ|「ああ……それで今回はあらかじめ最終回直前と言っていたんですね。次回は優勝がもう確定しているものだから」


(・ω・)ノシ「その通りなのであった。次回はチャンピオンズリーグ優勝で終わる。問題はリセット何回目で優勝を決めるかだ。みなさん予想してみてください。1発で決めるのか? それとも5回くらいリセットしないと勝てない? それでは次回、一旦最終回でお会いしましょう。ありがとうございました」(続く)


(・ω・)「ゆるインテル・その18。4年目のシーズンの1月に入りました。しかし今季はアブバカルを120億円という大金で獲得したせいか、理事会から追加の移籍予算が出ませんでした。というわけで補強はせずにお金は貯めこみます。そんな中、」


0a_20151001180624357.png


(^ω^)「ジヴコヴィッチがゴールデンボーイを受賞! 説明しよう、ゴールデンボーイとは、ヨーロッパ中で最も優秀な若手に与えられる賞である! このゆるインテル編ではビッグクラブでプレイしているせいか、これまで全く縁の無かった個人賞をよくもらうな(・ω・) しかしジヴコヴィッチ、今季はリーグ戦で評価点が7点を切ってたのによく獲れた。昨季の貯金が効いたか」


川* ゚ ー゚ノ|「おめでとうございます!」


(・ω・)「ところで、たった今、俺たちはビッグクラブだと言ったが、毎回毎回俺たちインテルはビッグクラブだからと繰り返しているが、」


「ちぇるしーに移籍させてください^^」
「れあるまどりーに移籍させてください^^」
「まんちぇすたーしてぃに移籍させてください^^」
「りばぷーるに^^」


(´ ゚Д゚` )「冬の移籍期間に興味マークがついただけで選手が移籍したい移籍したいとクソウゼェェェェェ!!!!」


川; ゚ A゚ノ|「ビッグクラブには違いないと思いますが、明らかに私たちって、残念ながらこれらのクラブよりは魅力的にワンランク落ちますよね。少なくともこのゲーム内ではインテルは1.5流クラブという扱いでしょうか」


(・ω・)「というわけで、インテルでチャンピオンズリーグを目指すなんて楽勝でしょ? ぬるいじゃん? と思われているかもしれないし自分でも思うわけだが、やっぱりこうして移籍したいしたい病を発症させられ草刈り場扱いを受けると、ビッグクラブ? という気がしてくる。勝って当たり前まではいかない、プレイ下手な俺にとってはちょうどいい難易度ではなかろうかと改めて思う」


川 ゚ ー゚ノ|「仕方ありません、移籍志願の選手たちはチャットでなだめて、」


(^ω^)「なだめられなかったので機嫌を損ねさせたままだがこのままゴリ押ししよう」


川; ゚ A゚ノ|「よろしいのですか?」


(・ω・)「とにかく貴重な戦力を手放さずにおければそれでいい。契約はまだ残ってるしな。士気もそのうち回復するだろう。それでは1月の結果だ」





●1月の結果


01_20151001182307a67.png


(^ω^)「調子に乗ってたら失敗するいつもの俺のパターン発動! やらかしました


川; ゚ A゚ノ|「ほっんと、あなたってあきれるくらいいつもいつも同じことを繰り返してますよね」


(・ω・)「パッと見、何が問題か分からないだろうから説明すると、」


無敗同士の対決であるカリアリ戦をホームで落とす( 、。ω。、)
連続得点を続けていたのが最下位スペツィア戦のホームで途切れる( 、。ω。、)


(^ω^)「という、普通のプレイヤーや上手いプレイヤーなら難なくクリアする試合でずっこけました。そういうところでやらかすのはもはや僕の恒例行事ですね^^」


川 ゚ A゚ノ|「なんとかならなかったんですか? これ」


(´・ω・`)「俺こそ聞きたい。なんでこうなった? 最初のナポリ戦、カリアリ戦、パレルモ戦は3試合連続で選手がレッドで退場した。カリアリ戦の守備崩壊っぷりは、これまでリーグ最少失点の堅守がなぜここでと首をかしげる崩れっぷりだった。ダントツ最下位スペツィア戦は、最下位相手だから、得点王争いが厳しくなりそうなハリー・ケインとイカルディのコンビを出して得点を量産しようと思ったら全くの不発。これ俺が悪いの? なんかゲームの方から嫌がらせされてる気分なんだけど」


川 ´A`ノ|「懐かしい。あなたFM2013でも2014でも、うまくいかないと『ゲームが嫌がらせしてるせい』って言ってましたよね。自分が下手なだけなのに」


(・ω・)「上手い人ってどうやってんだろうな。上手い人は試合をフルで見て毎試合毎試合調整してんのかな。俺はノーマルのハイライトでしか見ないし、負けてたら超攻撃的にするくらいしか持ってる手札が無いもんなぁ」





(・ω・)「さて、そんなわけで2月なのだが、ここに日程があるじゃろ?」


02_20151001185039034.png


川; ゚ A゚ノ|「うわぁ、チャンピオンズリーグ1回戦の前に、ユヴェントスとの試合が3つもありますよ」


(`・ω・´)「というわけで八百長クソ野郎のユヴェントスとの怒涛の3連戦だ。今回はそこまで進めたのでご紹介!」





●コパイタリア準決勝ホーム


03_201510011853347fd.png


( ・Д・)、「なんで3連戦の唯一のホーム戦でシュート2本の枠内1本で引き分けなんだよクソが(ペッ」


川 ゚ A゚ノ|「さすがユヴェントスというより、どうもこちらが一方的につまずいた感じですね。コパの決勝進出に暗雲です」


(´・ω・`)「コパは昨季にリセットで優勝したので、今季はノーリセットで優勝したいんだよ。こいつらを準決勝でしっかり蹴落としたいのに」


川 ゚ Д゚ノノ「アウェーゴールを取られてしまいましたし、もう次のアウェー戦は勝つしかありません!」


(`・ω・´)「そうだ。だから試合直前の練習も攻撃のムーブメントを練習させる! 負けてたまるか。勝つんだ!」


●コパイタリア準決勝アウェー










04_2015100118593544c.png


( ゚∀゚ )「なんかきたあああああああああああああああああああああ!!!!!


川; ゚ Д゚ノ|「ちょ、え、え? ユヴェントスにアウェーで6-0!? 何があったんですかこれ、ユヴェントスのメンバーが2軍だったとか?」


(^ω^)「いいやフルメンバーだ! ユヴェントスはテベスなどがまだ健在かつエヴァートンからロメロ・ルカクらを補強したり今季も盤石の姿勢なのだが、それを! それを! カップ戦とはいえアウェーでフルボッコに! ざまあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


川; ゚ A゚ノ|「こんなことってあるんですねぇ」


(`・ω・´)「なんだね君は、俺の実力ではなくたまたまだと言いたいのかね」


川 ゚ A゚ノ|「そりゃそうでしょう、こんなのたまたまだとしか言いようがありません」


( `・Д・´)ノ「そうでないことを証明してやる! 3連戦最後の試合! 今季のユヴェントスとの最後の対決だ! ここで決着をつける!」


●リーグ戦アウェー


05_201510011907431c6.png


(;´ω`)「あっぶね


川 ゚ ー゚ノ|「まあ普通にやればこんな感じではないでしょうか」


(`・ω・´)「あ? お前俺がこの試合でどれだけその見事な手腕を光らせたか分かってないな? 前半で2-0、後半開始早々にバランタがカウンターを転ばせて一発退場、そこからフォーメーションを3-2WB-2-2の超攻撃的にして同点まで追いついたんだぞ。さすが俺」


川; ゚ A゚ノ|「負けたらゲームのせいと言って勝つと自分のおかげなんですから、調子いいなぁ」


(・ω・)「これにて今季のユヴェントスとの対決は終了。今季はこのくらいにしといたる。ところで記者会見で監督のアッレグリに毎回喧嘩を売っている俺だが、アッレグリは全然俺に言い返してこない。なんだこいつ聖人か?」


川; ゚ ー゚ノ|「やめてくださいみっともない」


(・ω・)「しかしこのセリエ編、リーグがユヴェントス1強だから、明確にこいつらだけがラスボスという話の展開になっているな。プレミアだと群雄割拠で毎回ビッグマッチがあって忙しいけれど、敵が決まっているセリエ編はこれはこれで乙なものであるよ」





06_201510011917502ac.png


(・ω・)「現在の順位表」


川 ゚ A゚ノ|「ユヴェントスがもう4敗もしています。でも勝ち点差は5となかなか広がりません。むしろ1試合少ない無敗のカリアリが2位に上がってきそうです」


(・ω・)「解任されたジャンフランコ・ゾラから今季監督になったモンテッラの手腕が光りまくりである。メディア予想順位は13位なのに。今季の最優秀監督はもうこの時点で決まりかな?」


川 ゚ ー゚ノ|「それでは次回はチャンピオンズリーグですね」


(`・ω・´)ノシ「頑張ってマンUを倒しに行くぞ!」(続くかな)


(・ω・)「ゆるくやるからゆるインテル。4年目のシーズンがスタートしました。面白味の乏しいブログだとは思いますが、どうぞお付き合いください」


川 ゚ A゚ノ|「なんです? いまさら急に」


(・ω・ )「いや、あんまこういうこと言うのも良くないとは思うんだけどさ、このブログって一応アクセス解析つけてるのよ。別に訪問者をストーキングするつもりは全然無くて(データの見方もよく分からないし)、単にたまにチェックして、どれくらい訪問者がいるのかな、どのページが見られているのかな、と確認する程度なんだけどさ。そしたら、FM2015日記を始めて以来、アクセス数が若干伸びてて、このゆるインテル編のページが一番読まれてるのね。つまりみんなFM2015のプレイ日記を求めてこのブログを見ているわけだよ」


川 ゚ ー゚ノ|「ありがたいことじゃないですか」


(´・ω・`)「そんな肝心のFM2015プレイ日記ゆるインテル編が、こんなに攻略要素の無い内容でいいのかと。成り上がりプレイでも攻略プレイでもなく、単に強いクラブで強い選手を集めて勝利を重ねて、逆に下手だから肝心なところで負けてるような内容の日記だぞ。なんか申し訳なくって」


川; ゚ A゚ノ|「気が引けるのは分かりますけど、ほんといまさらな話じゃないですか? どうしようもないでしょう、あなたゲーム下手なんですから」


(・ω・)「こんなヘッポコブログですが、少しでも楽しんでいただけていれば幸いです。それじゃ今回の日記に入ります。前半戦を終わらせました」





(・ω・)「まずシーズンに入る前の出来事。前回、スーペルコパを優勝して、その後、体調を整えさせるために親善試合を1試合した後のことです」


01_201509301804315f9.png


(・ω・)「香川を合計16億円でバレンシアに売りました」


川 ゚ ー゚ノ|「あ、無事に放出できたんですか。でも別に放出しなくても今季も使えば良かったような気もしますが川 ゚ A゚ノ|」


(・ω・)「いや、彼は放出しないと駄目だ。トップ下は不動のコバチッチがいる。そしてコバチッチの控えで我慢してくれない彼は、今季も間違いなく出場不満を言い出しただろう。そしてチームは『香川いらない派』『香川を使え派』に分裂してチームが崩壊したに決まっているのだ。昨季そうなったからな。今季もそうなるのは困る。出場不満が頻発するFM2015では、常時スタメンを要求するようなレベルの選手をローテで回すのは非常に困難なのだ。なので売る。香川もスペインに移籍できて嬉しいだろう。本人はバルセロナに移籍したかったようだが。そして代わりに使う選手はもう決めてある。実はそいつを使うのが今季は楽しみだったんだ」


02_20150930181110472.png


(・ω・)「ステファノ・ソットジュー。ゲーム初年度にイタリアの下位のアマチュアクラブに生成されたところをフリーで引き抜いていた若手トップ下である。今シーズン終了時にクラブ育成になる。18歳ながらかなり育った彼を使ってみたくて、香川は売ったのだった」


川* ゚ ∀゚ノ|「18歳とは思えないいい能力じゃないですか! これはかなり活躍してくれそうですね!」


(´・ω・`)「しかし結果的には、いまいち活躍してくれないことになる」


川 ゚ A゚ノ|「そうなんですか? 十分な能力値だと思いますが。若さのせいでしょうかね。分からないものですね」


(・ω・)「実は彼の能力値の高さにはカラクリがあって、彼、左利きだけど、隠し能力が『右足:1/左足:20』で、逆足が全く使えないんだなぁ。この能力値は左足1本でのものなんだ。たぶん試合ではそこを対策されているのではないかと」


川 ゚ A゚ノ|「では逆足を使わないプレイスタイルを覚えさせないといけませんね」


(´・ω・`)「うん。だからとっとと覚えさせたいんだが、現在本田さんに指導を受けている身なので、プレイスタイルの練習が出来ないんだなぁ。このゲーム、指導を受けてる最中にはプレイスタイル練習が出来ないんだよ。たぶん指導でプレイスタイルが受け継がれる仕様になっているから、それとかぶるのを防ぐためだと思う。同時に覚えさせられないんだ。ミスったなぁ。たぶん先にプレイスタイル練習を指示した後なら同時進行で指導も受けられたと思うんだが。もしこのゲームをプレイされている方で『あれ、若手のプレイスタイル学習が出来ないぞ』となっている人がいたら、原因は指導をすでに受けているからだと思われますよ(・ω・)」





0b_20150930182133cd0.png


(・ω・)「改めて今季の理事会からのノルマ。ところで監督契約は結び直しませんでした。結び直すと、せっかく昨季のセリエA優勝で『安泰』にまでたまっていたゲージがリセットされると気づいたので。監督契約を延長するのは、このゲージがぼちぼち落ちてきたところでいいだろう」


0d_2015093018233095c.png


(・ω・)「今季のセリエAでの主な移籍は全部ウチ」


0c_2015093018250495e.png


(・ω・)「チャンピオンズリーグのグループリーグはこのような組み合わせになりました」


川 ゚ A゚ノ|「ポルトガルのベンフィカ、トルコのフェネルバフチェ、フランスのモナコ。モナコが一番強そうですが、ベンフィカが強敵と紹介されてますね」


( ・ω・)「どっちにしろ、今季はかなり楽なグループに入ったと言えるだろう。まず突破できるのではないかな」


0e_20150930182756a33.png


(・ω・)「チャンピオンズリーグのオッズは13.00。そろそろ少しは上がってきたかな? ちなみにセリエAでの優勝オッズではウチは2位です。昨季優勝し、今季も優勝を義務付けられているが、まだユヴェントスを抜くまでには至っていないのであった。それでは前置きはこのくらいにして、今季前半戦の結果を紹介してしまおう」





●前半戦終了


03_20150930185039ec7.png
04_20150930185056726.png


(・ω・)「4年目にしてついにイージーモードに突入した。サブメンバーで挑んだベンフィカにアウェーで負けたものの、毎試合得点を重ねて負ける気がしない


川; ゚ Д゚ノ|「無敗とはいきませんでしたが、それでもこれは十分すぎるほどの結果ですよ」


(・ω・ )「主なことを紹介」


12_20150930192342d37.png


(^ω^)「ユヴェントス戦はハリー・ケインのハットトリックで余裕の勝利。ケインのヘッドがマジで頼もしい!」


05_20150930185512987.png


(・ω・)「ジヴコヴィッチが代表ウィークで固め打ち。サンマリノ戦で4得点してオランダの1試合最多得点記録を更新。シーズン8得点でオランダのシーズン最多得点記録を更新。記者からの質問によるとゴールデンボーイの期待もかかっているそうだ。ただ全体の評価点はいいものの、リーグ戦に限った評価点だと7点を切っているので、ちょっと厳しいかな」


06_201509301858342e9.png


(・ω・)「今季はGKをローテーションしているのだが、カリーソが出場不満を訴えて、大丈夫、次の試合で使うからと思った途端に練習で怪我。注射を打って試合に出すことになった。注射を打つの選択肢を選んだのは今回が初めてだったよ。まさかこんなところで使うことになるとは。一方もう一人の控えGKのバルディは、そこそこ使ったりうっかり間違えて使ったりしているうちに、出場不満が収まった。さすがバックアッパーだと収まるのも早い。そしてGKをローテーションしても余裕で上記のように勝利を重ねる俺たち」


0f_20150930190119542.png


(・ω・)「ピルロがインテルの最年長得点記録を更新。ミラン、ユヴェントス、インテルのビッグ3で記録とタイトルを重ねる鉄人」


07_20150930190341fff.png

08_20150930190353768.png

09_20150930190405bf9.png


(´・ω・`)「10連勝、20試合連続得点、30試合連続得点の実績を解除。しかしこの30試合連続得点の実績のマーク、気持ち悪くて嫌なんだけど。なんでこんな病気の絵みたいなマークなんだ」


川 ゚ ー゚ノ|「こんなに実績を解除するのは初めてですね。これまで成り上がりプレイで負けてばかりでしたから」


(・ω・)「このように非常に好調である。ストライカーも結果を出していて、」


10_2015093019070224b.png


(・ω・)「ハリー・ケインが現在得点王で評価点もトップ」


・イカルディ:14試合10得点5アシスト
・ケイン:22試合18得点8アシスト
・ジヴコヴィッチ:13試合8得点4アシスト
・アブバカル:11試合8得点2アシスト


(・ω・)「と、誰を出してもみんな結果を出す」


川* ゚ ー゚ノ|「順調ですね」


(・ω・)「気になるのは、たまに出場させているソットジューがほんと数字を出さないことくらいかな。試合では終始こっちが主導権を握ってシュートを打ちまくる。しかしまるで調整されているかのように、シュートの数ほどスコアに差が出ないのであった。マジで大量スコアにならないように修正されてるんじゃないかと疑うくらい、シュートはよく打てる割に外したり防がれたりしてるな。あとコーナーはたまに入るけどフリーキックが全く入らん。勝利を重ねてるからいいけれど。他に気になるのは左WBのビラーギがカードコレクターなくらいかなぁ」


14_20150930195008a5b.png


(^ω^)「ミラノダービーでミランを叩き落とし、監督解任に追い込む。ミランは没落しっぱなしである。ざまぁw」


川 ゚ ー゚ノ|「ところでこれ、一応聞きますけど、リセットしてませんよね」


(・ω・)「ごめん代表ウィークに2回ほどリセットした」


川; ゚ A゚ノ|「相変わらずなんだからもう。なぜですか」


(´・ω・`)「いやー、ユヴェントス戦の怪我から復帰のアブバカルが代表の試合でまた怪我したり、WBのラジュンが代表で怪我したのは大人しく進めたんだけど後に同じWBのサントンまで代表で怪我したりしたからさー。せっかく120億円で獲得したアブアカルがまた怪我で使えないとかつまんなくってさ。代表の怪我は勘弁してよ。1試合45分までってお願いしてるのに怪我するなよ。ここは大目に見て欲しい。基本的に代表の怪我でもリセットしない時はしてないよ。そして前からそうだけど、それ以外の自分でやる試合の怪我は全然リセットしてないよ。たとえば今はコバチッチが試合で珍しく怪我して、でもそのまま進めてる」


11_2015093019183295f.png


(・ω・)「あと、傘下クラブを選んで、レスターを傘下クラブにしました。このゲームでは岡崎さんは在籍してないわけだけど、この箱庭内では、岡崎さんはトッテナムに移籍した後に、レンタルで1年レスターに在籍していたよ。でもレスターよりスウォンジーの方が良かったなぁ。去年傘下クラブを選ばせてもらった時には選択肢にあったんだけど、今年は無かった。降格してしまいそうなクラブとは提携したくないんだけどね。ちなみに前回心配した通り、正GKを引き抜いた傘下クラブのレアル・ソシエダはリーガ最下位で降格しそうです(;^ω^)」





13_20150930193045341.png


(・ω・)「前半戦終了時の順位表はこれ。2位ユヴェントスは早々に3敗したのだが、それでも勝ち点差はわずか7か。無敗だからもっと差をつけてるかと思ったんだが。そして以外にも3位カリアリもまだ無敗である。得点数と失点数はリーグトップ。まだ10失点もしてないぜ」


川 ゚ ー゚ノ|「油断は禁物ですが、なんだか今季は楽に優勝できそうな雰囲気ですね」


(・ω・ )「だから問題はチャンピオンズリーグだ。そろそろ優勝したいのだが、」


0g_20150930193320bd5.png


(;^ω^)「やっべ。マンUと1回戦で当たっちまった。どうなることやら。ちなみに監督はファン・ハールが引退して、ウィガンから引き抜かれてるマーキー・マッケイ。誰? とお思いのあなた、数年前にカーディフでチャンピオンシップを優勝してプレミアで戦ってた監督さんですよ。しかしどういう人選だ。昨季マンUでプレミアを優勝してしっかり結果を出してるからいいけどさ」


川; ゚ A゚ノ|「1回戦からプレミア王者のマンUとですか」


(・ω・)ノシ「せっかく好調なんだし、今年のうちにチャンピオンズリーグ優勝を決めてしまいたいが、どうなるかな。それでは今回はここまで。また次回をよろしくお願いします」(続くかな)


(・ω・)「ちょっと間が空きました。ゆるインテル4年目です。間が空いたのはモチベーションの関係もあるのですが、昨季レアル・マドリーに0-8と虐殺されたこのインテルのメンバー、改めて見直しても、どこを強化すればいいのかイマイチ分からず、」


     /⌒ミミミミミYヾ
    /巛彡彡彡彡/ミミヾ
  /巛ミミミミミミ彡/ミミミミ
  (彡彡彡⌒⌒~~~ヘミミ川ミ
  巛   ― ~ ―   ヽミ川ミ
  《 ヘ=≡j |_|に≡ヘ  l川ミ
  i ⊂∪フ//⊂∪フミ  llll
  《   ノ / / ー     iδ)
  ヽ   ( )⌒)\ ヽ  し"
   i /  l l⌒  ヽ   l
   l /  | |    |   |
   ヾ<⌒ニ⌒> )  /
    i  ⌒  /_/
     \___/

我々には強力なスカッドがある


(・ω・)「と、某ベンゲルのような気持ちになっていたところを、なんとかやる気を見出して補強するのに手間取ったのでした」


川 ゚ ー゚ノ|「それでは、今季のトップチームのメンバーは以下の通りです」


01_20150926023527b2e.png
02_20150926023539a8d.png


川 ゚ ー゚ノ|「ぴったり23人いますね。11人のスタメンと、セリエA特有のベンチ12人枠で、全部で23人です。本来なら香川選手は放出する予定だったのですが、どこからも買い手がつきませんでした川; ゚ A゚ノ|」


(・ω・)「昨年度のセリエA優勝メンバーと変化したところをご紹介」


03_201509260238088e6.png


(・ω・)「傘下クラブであるレアル・ソシエダから合計20億円で獲得した新守護神、Jeronimo Rulli。アルゼンチン人枠。イタリア国籍持ち。去年までの守護神だったハンダノヴィチは33歳になるし、合計16億円でナポリに売りました。こいつを引き抜いたせいでソシエダが降格したらどうしよう(;^ω^)」


04_20150926024127b32.png


(・ω・)「Lukas Spendhofer。クラブ育成。元からu20にいた選手です。ここ3年はレンタルに出していたところを今年はセンターバックの5番手で使います。昨季5番手だった18歳の若手生成選手のジョン・オビが、若くして出場機会不満をため込みやすかったので、彼はアヤックスにレンタル放出して、こっちを今季は使ってみます」


05_20150926024612540.png


(・ω・)「左WBのCristiano Biraghi。クラブ育成選手。彼も元からu20にいてこれまでレンタルに出ていました。昨季このポジションを務めたドドがバルセロナから興味を持たれて移籍志願をしてきたので、合計16億円で売りました。その後釜です。スピードは足りないけど、まとまったいい能力じゃないかな」


06_20150926024938b66.png


川 ゚ ー゚ノ|「アンドレア・ピルロ選手。昨季までユヴェントスで散々私たちを苦しめましたが、ユヴェントスとの契約が切れてフリーになっていたところを獲得しました。u18のアシスタントコーチを兼任での契約なので、年俸が非常に安いです。レジスタというポジションを確立した選手。まだまだやれると思います。さっそくキャプテンに就任してもらいました」


07_201509260252478a1.png


(・ω・)「Lorenzo Crisetig。クラブ育成。彼もまたu20の初期メンバーで、昨年はレンタルでサッスオーロの躍進に手を貸した。代表デビューも果たしている。今季は中盤のローテーションに入ってもらう予定である。出場機会不満を言い出しそうだ。しかし中盤のディープライイングMFが守備専のヒル・ロメロとワニアマだけでは不安だったのでね。エルナネスはトッテナムに360Mで売っちゃったし」


08_201509260257213d2.png


川 ゚ ー゚ノ|「合計48億円を費やして、楽しみな選手を獲得しました。言わずと知れた昨年度の現実でのプレミア最優秀若手、ハリー・ケイン選手です。今季はこのケイン選手をターゲットマンとして攻撃を組み立てます。親善試合を見る限りでは、昨季までディープライイングFWで攻撃のつなぎ役をしていたディ・サント選手よりも、ポスト役としての動きがいいです。そのディ・サント選手はアストン・ヴィラに合計40億円で売却しました」


09_20150926030157609.png


(・ω・)「そして今季の目玉は彼、Vincent Aboubakar。ポルトからマンCを経て、そのマンCから12B、すなわち120億円をかけて譲ってもらってきた。これまでクリスチャン・ビエリが持っていた移籍金クラブレコードを余裕で更新である。このくらいのビッグな能力の選手でないとチャンピオンズリーグは狙えない。代わりにラカゼットをアーセナルに合計60億円で売却。これで4人のストライカー全員にヘッドが期待できる。今季は打点の高さで不安のないようにした。ラカゼットもあれで意外とヘッドのゴールが多かったんだけどね。ところで、120億円も使ったら金庫がカラになっただろうと思われるかもしれないが、分割でやりくりしたおかげで実は移籍予算が20億円も残った。だから10億円ずつ使って、『絶対に手放さない』となっていた有望な若手生成選手を二人ほどぶっこぬいてレンタル修行させてみたりしています。市場に出てない選手を引っこ抜くのはほんと金がかかるね」





0e_20150926030916f23.png


(・ω・)「今季の理事会からの期待は、選択肢なし。うむを言わせない優勝が最低限となった。今季はゆるくいろいろ試して遊ぼうと思ってたんだけどな」


川 ゚ A゚ノ|「ユヴェントスがいる以上、そう簡単にはいきませんよねぇ」


(・ω・)「チャンピオンズリーグも準々決勝進出がノルマである。今のうちに監督契約を更新して、すぐにクビになる可能性を少しでも低くしておくか」


0b_20150926031238b18.png


(・ω・)「ほーら来た。さすが英国ゲーム。プレミアリーグが世界1位に上がる。一方のセリエAは変わらず4位で、しかしここで事件が起こる」


0a_20150926031426e53.png


(^ω^)「ファイナンシャル・フェアプレイに引っ掛かり、ローマがチャンピオンズリーグ出場権はく奪wwww何やってんのこいつらwwww」


川; ゚ A゚ノ|「今年はわたしたちインテルとユヴェントスしか参加しません。これはリーグランクが上がる見込みは当分ありませんね」





10_201509260317473e1.png


(・ω・)「戦術だが、フォーメーションも指示も初年度からずっと変わっていない。CLはどうあれ、リーグ戦ではこれで結果を残してきているからだ。というか、ぶっちゃけCL用の戦術とか考えようにもどうすればいいか分からん。ゆるくやるからゆるインテル。適当でいいさ。その気になるまで、この戦術でゴリ押ししていこう」


11_20150926032042f84.png


(・ω・)「ただし、守備的な指示をした戦術を第2戦術としてセット。プレスのかけすぎで余計なファウルをもらわないように、ボールキープで時間を稼ぐ、メンタリティ守備的の戦術だ。これをリードを守る時に使っていこう」


川 ゚ ー゚ノ|「あまり細かく考えてはいませんが、ゆるくやるのがゆるインテル。神経質にならずに軽く行きましょうということですね」





01a_20150926032558d17.png


(・ω・)「そして親善試合で調子を整え、迎えるはスーペルコパ。ユヴェントスとのスーパーカップだ」


川 ゚ Д゚ノ|「果たしてわたしたちの新メンバーの結果は……」


12_2015092603280172b.png


(^ω^)「無難な勝利を上げた。ハリー・ケインのヘッドが頼もしい! これにて3つ目のタイトル獲得である。今年はユヴェントス相手でも結構いけるんじゃないのか?」


13_20150926033218618.png


14_201509260332487cd.png


川* ゚ ー゚ノ|「2017年は当たり年でした。イタリア国内のすべてのタイトルを獲得です」


(・ω・)「まあコパイタリアは1回リセットしたんだけどさ、でもいいじゃん、ユーヴェが八百長してきたんだから(^ω^)」


川 ゚ A゚ノ|「これでイタリア国内に思い残すことは無くなりました。残すはチャンピオンズリーグだけです」


(・ω・)ノシ「どうなるかな。それでは気が向いたらまた次回。今回は非常に淡々と済ませました。CL獲得は長い旅路。気負わず楽~に楽~に行こうぜ(´ω`)。それでは失礼いたします」(続くかな)