Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(・ω・)「いきなりだが、もう1年目を終わらせた」


川 ゚ A゚ノ|「えっ、せっかく本プレイなのに、これまでのように少しずつ更新しないんですか? サバデルテストプレイの時と同じく1年単位ですか」


( ・ω・)「ガリガリとプレイしてもう終わってしまったのである。終わってしまったものは仕方ない。ということで1年目を一気にまとめて記事にするぞ」


川 ゚ ー゚ノ|「それで目標の昇格は出来ましたか」


(・ω・)「……」


川 ゚ ー゚ノ|「……」


(´・ω・`;)「……」


川; ゚ A゚ノ|「……」


(;´・ω・)「ま、まあとにかく、1か月ごとに、起きた出来事を書いていこう」





8月

(・ω・)「本プレイでは、今作からか前作からか忘れたが、戦術スカウトが対戦相手クラブの最多得点時間と最多失点時間をレポートしてくれるので、それに従い、最多得点時間には用意した守備的な戦術を、最多失点時間には前回紹介した戦術で超攻撃的で点を取りに行く、というゲームプランで挑んでいる。リードして残り時間が少なくなったら、3番目にセットしている超守備的戦術で逃げ切るという戦法をシーズンを通して一貫して取っている。それでは8月の結果だ」


01_20140820023202bea.png


(・ω・)「さすがイングランド、早々から試合が多い」


川 ゚ ー゚ノ|「まあまあの出だしではないでしょうか。ミドルスブラに完敗していますが川 ゚ A゚ノ|」


( ・ω・)「初戦のボーンマス戦から、今言ったゲームコントロールがうまくいった。リーグカップ初戦はあやうくPK戦で負けそうになったぜ。控えを出してるとはいえ、2回戦のクルー戦もそうだが、下位クラブにはもっと盤石に勝って欲しい。大勝したドンカスター戦はCKと直接FKが入ったりしてうまくいった。反対にミドルスブラ戦は、これ得点シーンを見直したけどこれはもう仕方ないって感じの負けだ。レスター戦はFKとオウンゴールで負けた。不運だった。とまあ、ぼちぼちの結果で8月を終える」





9月

02_20140820024317a1c.png


(・ω・)「9月だ」


川 ゚ A゚ノ|「勝ち星がありません」


( ・ω・)「ワトフォードとハダースフィールドはまあ引き分けで御の字かなという出来だったのだが、ミルウォール戦はいただけない。ライバルマッチだったのに負けてファンは非常におかんむりだ。にっくきバーンリーにも負けてしまった。追いつく超攻撃的があまり機能していない気がし始める。ショートパスコントロールの戦術のメンタリティを超攻撃的に変えてるだけだから機能する方がおかしいと言えばそうなのだが。このあたりから、もしかしてラインが高すぎて裏を取られてるかなと思い始める。コントロールのメンタリティってただでさえデフォルトでライン高いんだよ。そのうえでラインをさらに押し上げてるからな」


03_20140820024857285.png


( ゚ω゚ )「ちなみにこのリーグカップ3回戦のマンU戦は勝ちました


川; ゚ Д゚ノ|「ええっ!? 勝てたんですか!?」


(^ω^)「負け覚悟で最初っから最後まで守備的戦術で挑んだんだが、1点取られて諦めていたのにカウンターで同点に追いつき、PK戦で勝利した。サブメンバーだったのによくやった。相手は背番号を見れば分かるが選手は全然手を抜いていない。これでさらに途中交代で出てきた香川の動きが鋭すぎて怖くて怖くて仕方なかったんだが、勝てました。この試合で俺は自分の守備的戦術に結構自信を持つ。モイモイざまぁw」





10月

04_2014082002560911e.png


(・ω・)「10月だ」


川 ゚ A゚ノ|「勝てませんねぇ」


(・ω・`)「ノッティンガム戦もブラックプール戦も、枠内シュート1で得点されている。ウィガン戦にいたってはこちらはシュートを21本も打ったのに、枠内シュート4本をすべて決められて敗北である。このあたりで、俺の戦術と相手コンピューターの戦術の違いが浮き彫りになる。コントロールでパスをつなげてゴール前へ押し込む俺たちに比べて、相手はダイレクトなパスとドリブル突破で少ないチャンスで効率よく点を重ねていくのだ。つまり、俺がこのゲームをする時に毎回毎回陥るいつものパターンである」


川; ゚ A゚ノ|「ほんとに毎回そうですよねあなたって。コントロールショートパスでちまちまと試合をコントロールしようとして、結局は対戦相手のポンポンとテンポのいいダイレクトなパスをつながれて失点して」


(・ω・)「このあたりで戦術を少しいじる。ラインを下げたりとか。ちなみにリーグカップ戦はバーンリーにPKで負けました」





11月


05_20140820030453662.png


(´・ω・`)「11月は1勝しかできず」


川 ゚ A゚ノ|「なんかもうこのへんで今年は昇格は無理とわかってきますね」


(・ω・`)「戦術変更が効果ありかと思いきや3連敗。しかもこの4試合はすべてセットプレイで1点ずつ取られている。このあたりで『何か変だな』と思い始める。こちらは全然セットプレイが入らないのに、相手は毎回セットプレイで点を入れてくるのである」


川 ゚ A゚ノ|「セットプレイの設定が悪いのでは」


(´・ω・)「何も変なことしてないぞ?」


06_2014082003102901d.png


(・ω・)「CKはニア一択だ。ニアしか信用しないことにした。それが結果に結びついていないことはまあ俺のせいとして、」


07_20140820031145b52.png


(´・ω・)「守備時はこうだが、これなんか変か?」


川 ゚ A゚ノ|「うーん、これで駄目なら、『低い選手をマーク』あたりが何か変なんですかね。全員マンマークでいいのかも」


(´・ω・`)「CK決められる時、びっくりするほどゴールエリアで相手をフリーにしてるんだよなぁ」


08_2014082003155387b.png


(・ω・)「で、この時点で早々に10敗を喫してしまった」


川 ゚ A゚ノ|「ああ……昇格はもう無理ですか」


(`・ω・´)「しかしまだ挽回できる、と思い、まずこの11月の試合の失点シーンを見返した。しかし見返したが、結果は出ていないものの、俺って結構いい試合しているように見えた。裏を取られてカウンターで失点なんて全然ない。いいチャンスもしっかり作っている。だが普通に戦って普通に負けているのだ。4点取って勝ったバーミンガム戦と見比べて分かったのは、なんというか、単純に選手の質で負けているだけのように思えた。選手の実力通りの結果を俺が戦術で覆せていないだけのように思えたのだ。そこで、1か月ごとにセーブしていたデータから、ノッティンガム戦を抜き出して、そこで練習試合をして戦術をいじった」


川; ゚ ー゚ノ|「いいのかなぁ選手のせいにして」


(´・ω・`)「だってもともとは降格回避レベルの選手層をほぼいじらずプレイしているんだぞ。で、いじった結果がこれだ」


09_20140820032743ade.png


(・ω・)「チャンスメイカーやレジスタといった、ゲームメイカー設定のポジションの選手を複数配置すると、パスの出しどころが混乱するという情報を元に、チャンスメイカーを中盤に一人だけにして、さらに中央突破の方が中央の選手が点を取る気がしたので変更だ。なにせウチは全然ストライカーが点を取らないのである」


10_201408200329519b8.png

11_20140820033012045.png


( ・ω・)「また、中盤の底とセンターバックに、あまり前へ出させないように個別指示を出した。こんな微調整レベルだが、結果ノッティンガムとの練習試合で5-0で勝てたりしたので、これでいいのでは、とこの戦術で巻き返しを図った」





12月


12_20140820033418df7.png


(`・ω・´)「ロースコアゲームばかりだが、勝ち星が増えてきた」


川 ゚ ー゚ノ|「おっ。新戦術の効果ありですか」


(´・ω・`)「しかしなぜか選手の動きがゴミである。FM2013のレーゲンスブルク編なみにパスミスや選手の動きがおかしいのだ」


川 ゚ A゚ノ|「でも結果は出てますよ」


(・ω・`)「それがよく分からんのだな。そもそもなぜに選手の動きがこうもゴミなのか。ブライトン戦はそのゴミなプレイのせいで4失点した。ちなみにこのゴミな動きはシーズン終盤になると見られなくなる。ほんとゴミでどうしようかと思ったのだが、なぜかやがて治った。なんだ? わけがわからん」


川 ゚ A゚ノ|「原因不明ですか」


(・ω・)「ちなみにもう一つ変なプレイがあって、中盤のダニー・ホランドがロングスローを覚えたのだが、なぜかゴール前に投げずに近くにいる選手に落とすばかりで、わけがわからず混乱したのだが、後に原因が分かった。さっきコーナーキックの攻撃の設定画像を見せたな? スローインでは別の設定をしているのだが、ロングスローの設定だとなぜかコーナーキックの設定と同じように『ショートで受ける』選手がそばによって、そいつにボールを渡してしまうのである。なぜかコーナーの設定と連動しているのだ。『ショートで受ける』選手を前に出すと治った。それでも今度は『エリア外で待機』の選手に頻繁に投げて、かたくなにゴール前へロングスローしたがらないので困るのだが


川; ゚ A゚ノ|「それ本当ですか? スローインの設定がコーナーキックの設定と同じになってしまうなんてゲーム上おかしいじゃないですか」


(´・ω・`)「だって本当にコーナーキックの設定をいじったら治ったんだもん。俺もこれおかしいと思うんだけど、そうなってるんだから仕方ない」


13_20140820034705ae9.png


(・ω・)「ところでFMでは毎回、香港人のオーナーが退任するバーミンガムだが、今回買収したこのホセ・マリア・デル・ニドって実在の元セビージャのオーナーで有名人? なんだな。wikiに記事があった。ちゃんと実在データを入れてるところが嬉しいねFM。まあ結果的に降格するんだけどねバーミンガムは」


川; ゚ ー゚ノ|「身もふたもないなぁ」


(´・ω・)「他にもレディングがロシア人コンソーシアムに買収されたり、また後にリーズが買収された。こちらは地元リーズの実業家らしいのでハッピーかな? 我らがチャールトンの理事会の会長ステータスもだんだん落ちてきた。来年には買収イベントが起きるだろう。なんか面白い会長だといいなぁと思う。あ、言い忘れてたけど、画像が無いのでコメントで書くが、11月の月間ベストゴールに右インサイドフォワードのダニー・グリーンのゴールが選ばれました(・ω・) 今作は自分でプレイしてても結構いいゴールが出るみたい。前作までは全然取れないタイトルだったんだけれど。ちなみにこのダニー・グリーンはなぜかすごい活躍をシーズン中盤まで見せてくれる。終盤になるとピタッと止まってしまいファンから外せと言われるはめになるのだが(・ω・`)」





1月


14_20140820040608d17.png


(・ω・)「それでは折り返しの1月だ。目標の再設定が出たが、もちろん『チームを強化する』の一択である。降格回避とほぼ同義らしい」


15_201408200410103c0.png


(`・ω・´)「そしてボスマンでストライカーを一人加入させた。スペイン生まれのフィリピン代表でタイでプレーしていたJavier Patiñoだ。ストライカーの補強と呼ぶには飛び抜けた能力ではないのだが、サバデルのテストプレイの時から使ってみたい選手だったので確保した」


川; ゚ ー゚ノ|「またマイナー国籍だからと選手を獲って」


(・ω・)「それが彼は嬉しいことに結構活躍してくれることになる。それに今『確保』と言ったが、彼は放っておくとタイのクラブからこの冬に放出されて、そのまま早々に引退してゲーム内から消えてしまうのである。サバデルのテストプレイの時にはそれで取り逃したのだ。まさかこのフィリピン代表のエースストライカーがこんな若くて消えるとは思いもしなかった。だから今回はどうしても使ってみたかったので獲得した。代わりにバックアップだったサイモン・チャーチをヨーヴィルに20Mで売却したが、減俸の給与を肩代わりさせられてしまういつものパターンであった。これ俺も出来るようにしてくれよコンピューターはずるいな(・ω・`)」


16_2014082004182469d.png


(・ω・)「そしてゲーム開始時には移籍資金0スタートでまったく動かなかった移籍市場がついに解禁される」


17_2014082004213720c.png


(´・ω・)「長友さんがインテルからモナコに行ってしまったが、これは仕方ない。インテルの監督がマッツァーリから変わり、新監督の敷くフォーメーションが3-5-2なのでサイドバックの居場所がなくなってしまったのだ」


18_20140820042605ea2.png


(・ω・)「そして来季の戦力をボスマンで獲り、将来の投資として若くて安くて潜在能力の高い彼を獲得したのだが、代理人の保有権というのがあって、これ、前から見かけたりしていたけどなんのことだろうと思っていたら、この保有権を買い取らないと自分の試合に出せないっていう仕様なんだな。知らなかった。レンタルならいいのかな? なんにせよ買い取り額が30Mと安かったので、予算に余裕があるし払っておいたよ」


20_20140820043139ac9.png


(^ω^)「ところで言い忘れていたが、チャールトンから追い出す形になったクリス・パウエル監督はウェンズデイに就職した」


川 ゚ ー゚ノ|「ウェンズデイに就任してくれるなんて運命を感じますね。頑張って欲しい……あれ、ということは川 ゚ Д゚ノ|」


(・ω・)「そう、ウェンズデイに就任ということは前監督が成績不振で解任されたということで、ウェンズデイは思いっきり降格圏である。ほら、やっぱ今作のウェンズデイは難易度高いんだよ(´・ω・`) パウエル監督の手腕で救ってやってくれ(`・ω・´)! 今作ではプライベートチャットで仲良くなれないから、試合前記者会見でいいことを積極的に言って、プロフィールの『好意的』人物のトップにしたぜ(^ω^)」


川 ゚ Д゚ノノ「ウェンズデイが降格するのは悲しいです、パウエル監督頑張って!」


(^ω^)「ネタバレするとギリギリで残留します」


川; ゚ Д゚ノ|「ネタバレしないでくださいよ!」


19_201408200437374b4.png


(・ω・)「で、1月の結果がこれだ」


川 ゚ A゚ノ|「パッとしませんねぇ」


(´・ω・`)「イプスウィッチ戦が酷い。シュート1本で引き分けられた。バーンズリー戦もこちらはシュートを20本打ち枠内に13本飛ばしたのに負けた。ドンカスター戦はまーたCKを決められ引き分け。こっちが頑張ってコントロールでちまちま攻めているのに相手はダイレクトパスで少ないチャンスでゴール、そしてセットプレイでゴール。俺のプレイスタイルのせいとはいえ、なんかやってられん気分になってくるな」





2月


21_201408200442471bd.png


(・ω・)「2月は結構頑張った。もうちょっとで月間最優秀監督だった」


川 ゚ ー゚ノ|「上向いてきました?」


(´・ω・`)「それがそうでもない。このへんからリスキー系のパス指示をやめてみたんだが、相変わらず選手の動きがゴミなのだ。バーミンガム戦では、ボールを持ったセンターバックが相手プレスに横に動いて、隣のセンターバックの背後に移動して背中にボールを蹴ってロストするという酷いシーンを見た。リーズ戦の3失点は全部メダパニパスの失点で、パティーニョがCKとロングスローを直接叩き込んだりとハットトリックの活躍をしてくれなければ負けていた。だいたいボーンマスの負けが悪い。枠内シュート10本打って枠内1本の相手に負けだ」


川; ゚ A゚ノ|「なんだか本当に効率の悪い戦術ですね私たち」


(・ω・`)「相手は最下位なんだよ。なんで俺って毎回最下位相手に負けるんだ? いっつもな気がする。2chの日記スレでもたまに同じことを言ってる人がいるが、なんか最下位にしっかり勝つって難しいよな。ちなみにこの2月の貯金でようやく俺たちは星を五分に戻す」





3月


22_201408200504254a7.png


(´・ω・`)「……と、まだせめてプレーオフ圏内のチャンスはあると思っていたらこのありさまだ」


川; ゚ A゚ノ|「本当に勝てませんね」


(´;ω;`)「ゴミな選手の動きをなんとかしてくれ。俺がコントロールのショートパス戦術を使っているからいけないのか? 宿命なのか? レスター戦は、パスの方向にはいつも敵がいて、ボールをトラップした先には敵にかっさらわれ、ワトフォード戦はまたCKで失点してGKはFKをファンブルして、この脳みそスイカ野郎どもめ! 試合での一番の敵が味方のポカってどういうことだ? あと、これ前から言いたかったんだけど、今作は試合途中の戦術変更や交代選手の反映されるのが遅すぎるだろう。ここで変更! と思ったらそれから数分しないと反映されなかったりでイライラするし困る。即座に対応してくれよ。戦術変更指示や選手交代指示を出したのに次のハイライトになっても反映されてないとかなんなんだよ。怪我した選手はすぐに下げたいんだよ! 怪我が長引いたらどうするんだ!」


川; ゚ A゚ノ|


(´・ω・`)「そしてあまりにロースコアというか、得点が1点ずつしか入らないので、外していたリスキー系パスの指示を再度設定した」


川 ゚ ー゚ノ|「でも、今気づいたんですけど、1点しか取れないとはいえ、逆に無得点の試合は非常に少ないですね。毎試合点を取っているじゃないですか」


(・ω・)「サバデルで初めてFM2014をプレイした時はすごい無得点記録を作ってたからな。それよりかは前進しているのだろう俺も。シュートは打てているもんなこの戦術。効率がめちゃくちゃ悪いだけで」


23_20140820051608eb3.png


(・ω・)「で、リーグカップはなんと2部のブラックバーンが優勝した。ネタバレするがブラックバーンは昇格プレーオフで負けたので来年は2部からEL参加である」


川; ゚ A゚ノ|「だからネタバレはやめてください」


(・ω・)「そして3月はユースの時期だ。しかし今回のプレイでは基本ノーリセットと決めているので、全然めぼしい選手が入ってこなかったがそのまま行く。代わりにこまめに世界各国のユースの加入時期をチェックしノートにメモし、引き抜けそうな有望株を数人引き抜いている。即戦力にはなりそうもないがそうやって将来の投資をする。そして昇格が無理なのが確定してきたここらで、今年で契約の切れる選手で来季も戦力に考えている選手たちと契約更改をした。やはりクラブの赤字がかさんできたのだが、おかげで契約更改の時にプライベートチャットで減俸のお願いが出来たので、減俸出来た選手はそうしている」


川 ゚ A゚ノ|「それってつまりほぼ現有戦力のまま来季も戦うということですがいいんですか? 現有戦力の能力が足りないから勝てないのでは」


(´・ω・`)「国内育成枠で苦労したくないから、育成枠選手が多い今の選手をあまりうかつに入れ替えたくないんだよ。育成枠で使える選手ってどのクラブも放出しないし、移籍金を払う余裕は予算に無いからな。それじゃ、ラストの4月と5月だ」





4月と5月


24_20140820052836b8f.png


(´ω`)「最後は残念ながら3連敗してしまった」


川; ゚ ー゚ノ|「本当に見事に1点しか入れられませんでしたね」


(・ω・)「しかしこの月はおおむね満足した」


川 ゚ Д゚ノ|「そうなんですか? 結果はあまりいいとは言えませんが」


(´ω`)「なぜか知らないが、最後の最後で、選手のゴミな動きが見られなくなったんだよ。だから勝っても負けても納得できた。選手がちゃんと動いてパスもちゃんと動くと満足度が違う。特に初戦のレディング戦だ。レディングは首位にいたんだが、首位相手にしっかりゲームプランを守って1-0で勝利である。それが出来るだけの選手と戦術なのだ本来は。問題があるとすれば、結局のところ、枠に飛ばしたシュートをしっかり入れる決定力かな」


川 ゚ A゚ノ|「それで選手の動きが悪かったり治ったりした理由ってなんだったんでしょう」


(・ω・)「仮説だが、選手にリスキー系のパスを出させる指示が良かったのかな。つまり、選手を縛ってショートパスだけを選択させると、『ショートパスしかしちゃ駄目だ!』と選手のプレーの選択肢が狭まり、それが酷いメダパニプレーにつながっていたのかもしれない。仮説だが、来季はもうちょっと選手の自由度を上げてみたいと思う」


川 ゚ ー゚ノ|「あのレーゲンスブルク編の酷いプレーもそれが原因だったんですかね?」


(・ω・ )「まだそうと決まったわけじゃないけどね。あと、早々に今季の総括と来季の展望を言うなら、マンUとのカップ戦で自信をつけたはずの守備的戦術が、リーグ戦ではただの引きこもり戦術と化していた感がある。リードした後に早々に守備的戦術にして、あわよくば追加点と思っていたんだが、全然追加点が取れん。ということは守備的戦術ではなく、おそらくはカウンター戦術をセットしたほうがいいのではないか。だから来季はカウンター戦術をちょっと試してみたいと思っているよ」





1年目のまとめ


25_201408200544093cd.png
26_20140820054425ca5.png


(・ω・)「結果的に18勝8分20敗の16位でした」


川 ゚ ー゚ノ|「前回は昇格と息巻いていたのに」


(´・ω・`)「昇格圏との差は勝ち点10か。来季はこれを埋めないと。1点ゲームばかりだったから得点数も少ないな。昇格は現実通りのQPRとレスター、しかしバーンリーの代わりにレディングである」


27_201408200551292d8.png
28_20140820055141c7b.png


(・ω・)「選手成績だ。一番活躍したのが右インサイドフォワードのダニー・グリーン」


29_20140820055707a25.png


(・ω・)「彼だ」


川 ゚ ー゚ノ|「グラフの小ささとは裏腹に高いテクニカルスキルが物を言ったのでしょうか」


( ・ω・)「しかし本来はウインガーだよな彼。来季はインサイドフォワードではなくウイングに設定するかな。そして戦術変更の時に言ったが、本当にストライカーが点を取れなかった。バジシェクも、特にマイヤーホーファーは勝利意欲20と202cmの高さに期待して後半途中からの出場が多かったとはいえ、26試合も無得点が続いていた。酷かった。来季はもっと点を取って欲しい。というか取らせないと。他のコンピューターのクラブのストライカーと比べてあまりにも点を取っていない(´・ω・`)」


川 ゚ A゚ノ|「しかしGKのパス成功率が酷い……」


(・ω・)「ロングボールを蹴らせて、それが全然通らなかったからね。というかセカンドボールを全般的に拾えなかった。どうすりゃいいんだろうな。でもショートパスをGKに蹴らせて相手にプレゼントして失点というのが一番イラつくので、それがおかげで無かったのは良かったよ」


30_20140820060633a6b.png


(´・ω・)「逆に一番がっかりしたのはグーチャンネジャードだな。かなり使ったのに、ダニー・グリーンとは逆に左インサイドフォワードの彼が全くと言っていいほど活躍しなかった。能力的にいけるはずだと思うんだけどな」





31_20140820060957cc8.png


(・ω・)「というわけで来季に挑む。6月1日まで進めた。ボスマンでもう少し戦力を上げて、来季こそ昇格を……」


川 ゚ ー゚ノ|「できますかね?」


(´・ω・`)「なんか1年目の手応えからして難しそうだね。当分無理かもしれない。5億の赤字が2部の賞金で2億まで減ったとはいえ、いつまでも2部にいるとジリ貧だから早く上がりたいんだが」


川 ゚ A゚ノ|「目標をCLと掲げましたが、当分はこんなペースの日記で、まずは昇格ですか」


(・ω・)「ちなみにプレミアはチェルシーが優勝。FAカップはトッテナム。CLはバルセロナ。ELはなぜかバイエルンでした。バイエルンはどうも早々にCLのリーグ戦で敗退したようだ。珍しい。そしてスペインでリアル通りアトレティコが優勝した以外は、おおむねいつもの通りの箱庭の結果です」





(・ω・)「それじゃ次回は2年目の選手紹介に続きます」


川 ゚ A゚ノ|「なんだかパッとしないなぁ。結果も日記も」


(´ω`)「まあいいんじゃない? 俺のゲーム下手さでは盛り上げるには限界があるし、この日記もそろそろ低空飛行だよ。のんびりやろう」


川 ゚ ー゚ノ|「華々しいドラマまでの道のりは遠いなぁ」(続く)

スポンサーサイト

川 ゚ Д゚ノ|「……」


01_201408141953188be.png


川 ゚ Д゚ノ|「あれはビッグ・ベン……ここはロンドン……」


川 ゚ A゚ノ|「あの人に呼ばれて飛行機に乗って来てみれば、イングランドでまた監督を任されるとは聞いていたけれど、ロンドンだったのね」


川 ゚ ー゚ノ|「……」


川 ゚ Д゚ノ|「でもロンドンには40もサッカークラブがあるって聞いたわ。プレミアだけでも、アーセナル、チェルシー、トッテナム、ウェストハム……。ここに来ただけじゃどこか分からない。一体どこの監督を任されるのかしら……」





      ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )  
    /    \
  ((⊂  )   ノ\つ))
     (_⌒ヽ
      ヽ ヘ }
 ε≡Ξ ノノ `J

ブログのこれまでのあらすじ FM2012~FM2014


川* ゚ ∀゚ノ|
FM2012編

『とあるきっかけから、イングランド2部所属のシェフィールド・ウェンズデイを1部であるプレミアに昇格させようと、監督にアニメキャラである防波亭手寅を迎えて挑むも、昇格直後の3年目序盤にエラーが出たために打ち切りとなる』


川 ゚ Д゚ノノ
FM2013編

『FM2013で再度シェフィールド・ウェンズデイのプレミア昇格に挑む。ゲーム下手なため戦術で試行錯誤を繰り返し「バーンリー戦160本ノック」などという迷走を繰り返すも、それが後にレジスタとハードワーカーを中心とした4-3-2-1クリスマスツリー戦術に結実。プレーオフをリセットで勝ち上がり昇格。プレミアでも中位につける活躍を見せ、リセットでいじった組み合わせでリーグカップを制覇。有望な若手、円熟期のキープレイヤー、経験を積んだベテランによる所属メンバーは今後が楽しみな面子であり、4年目以降の戦いとヨーロッパリーグ参戦を未来に託してプレイ日記を終える』


从( ゚ ー゚ノリ
FM2013番外編

『新たなアニメキャラである秋山優花里を監督に迎え、ドイツ2部の弱小クラブ、レーゲンスブルクでオール外国籍軍団の作成を狙ってプレイ開始。事前の開始データ選びで買収フラグを立て、クラブを金満にしてますますヌルゲー化するかと思われたが、2年目に謎の戦術崩壊。金満化によりクラブ目標も高くなりどうしようもない状態に。愚痴を吐きまくりながらリセットをしまくり1部に昇格。しかしひょんなことから勝ち上がったカップ戦で準優勝し、翌年のスーペルクープではバイエルンを破り優勝を果たす。FM2013の戦術への理解も深め、無事に1部残留を果たしプレイ日記を終える』


ノvリ ・ ー・リゝ
FM2014テストプレイ編

『日本人オーナーが運営するスペイン2部のCEサバデルにクールジャパンの一環でアニメキャラのグレちゃんが就任。戦術を丸パクリしたりお金の無さに苦しみながらも1部昇格と残留を続け、試行錯誤の末の4年目についに5位フィニッシュで大陸大会出場権を獲得。最優秀監督に輝き、これを戦果の勲章としてテストプレイ日記を終える』


(`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|
そして監督に再び手寅を迎え、いよいよFM2014編は本章へ……





02_201408142033063eb.png


川 ゚ ー゚ノ|「地図はもらっているのよね。あのバスに乗って移動しましょう。ロンドンバスに乗るのって憧れだったんだぁ」


  ・
  ・
  ・


川 ゚ A゚ノ|「……」


03_201408142035349b4.png


川; ゚ A゚ノ|「なんだかずいぶんとのどかなところに来てしまったわ。同じロンドンでもこんなところがあるのね。東京もそうだけれど」


川 ゚ Д゚ノ|「確かここで待っていれば、あの人のお使いの人が来てくれるそうなんだけれど……」


04a_201408142040142a7.png
「防波亭手寅さんですか?」


川 ゚ ー゚ノ|「……はい?」


川; ゚ Д゚ノ|「ああっ! あなたは日本代表GKの川島さん!」


04a_201408142040142a7.png
「お迎えにあがりました。長旅お疲れ様です。クラブまでの案内役を務めさせていただきます。どうぞ、こちらへ」


川; ゚ A゚ノ|「そそそそ、そんな、どうして、川島さんのような方にそのような役回りをさせてしまって恐縮です!」


04a_201408142040142a7.png
「そんなにかしこまらないでください。手寅さんこそ、女性でありながら若くして異国の地でサッカー監督になり、イングランド2部のクラブを1部に昇格させて、さらにカップ戦優勝まで果たした名将じゃないですか。こちらこそ、そのような方とお話する機会を持てて光栄です」


川; ゚ A゚ノ|「こ、光栄だなんてそんな、あれはなんというか、偶然の産物というか、リセットという神の見えざる手のおかげというか、ええと、」


04a_201408142040142a7.png
「それではクラブまでご案内します」


川* ゚ ー゚ノ|「あ、ありがとうございます……」


川 ゚ A゚ノ|「……? なんで川島さんがこんなところに……?」





05_20140814205747020.png


川; ゚ A゚ノ|「ああ、わけが分からないままについてきてしまったけれど、わたしこれからどうなるのかしら」


04a_201408142040142a7.png
「それではオーナーをお呼びしてきますね」


川; ゚ Д゚ノ|「は、はいっ!」


川 ゚ ー゚ノ|「い、いいえ、大丈夫よ手寅! シェフィールド・ウェンズデイでの監督経験で、英語も少しマスターしたじゃない。オーナーとの会談くらい、オーナーとの会談くらい……そこはなんとかジャパニーズ・ガール・プリティ・スマイルで誤魔化して、川; ゚ A゚ノ|」


06_20140814210820bcc.png
「ボンジュール!」


川; ゚ Д゚ノ|「ひゃいっ!?」


06_20140814210820bcc.png
「ペラペラペラ、ペラペラペラペラ……」


川; ゚ Д゚ノ|「な、何語? 英語じゃないわ!? イギリスのクラブのオーナーなのに!」


04a_201408142040142a7.png
「手寅さん、この方がオーナーのローランド・デュシャトレ会長です」


川; ゚ A゚ノ|「あ、あの、失礼ながら、会長はどこの国の方で……?」


04a_201408142040142a7.png
「ローランド会長はベルギー人です。今喋っているのはフランス語ですよ」


川; ゚ Д゚ノ|「ベベベ、ベルギー人!?」


04a_201408142040142a7.png
「僕は案内役兼通訳として呼ばれたんです」


川; ゚ A゚ノ|「あの……話がまったく見えないのですが……これはいったいどういうことなんですか?」


04a_201408142040142a7.png
「えっと……ぶるべあさんから何も聞いていないんですか?」


川; ゚ A゚ノ|「も、申し訳ありません」


04a_201408142040142a7.png
「ローランド会長はベルギーのスタンダール・リエージュのオーナーです。僕をスタンダールでプレイさせてくれているオーナーなんですよ」


川; ゚ ー゚ノ|「ああ、それで川島さんが案内に来てくれていたんですね。……え、でもスタンダールの会長さんがなぜここに川 ゚ Д゚ノ|?」


04a_201408142040142a7.png
「ローランド会長は有能なビジネスマンで、ここロンドンのクラブの一つを新たに買収したんです」


川; ゚ Д゚ノ|「エエエエェェェェ!?」


06_20140814210820bcc.png
「ペラペラペラペラ、ジュテーム!」





07_20140814212743b48.png


(・ω・)「ふむ、これがサポーターのボランティアによって守られてきたという由緒正しきスタジアム、『ザ・ヴァレイ』か」


(^ω^)「いやー、やっぱイングランドは歴史が古くて胸がときめくわー」


(・ ω・)「手寅は今頃、俺のナイスな心遣いに感謝していることだろうな。行先を教えず、着いたところで川島選手とご対面、オーナーはベルギー人ときた。俺の用意したサプライズの数々をさぞ楽しんでいることだろ




川# ゚ ー゚ノ|≡⊃)`Д)、;'.・「そんなわけないでしょうが」




(´;ω;`)「痛い! 親父にもぶたれたことないのに!」


川# ゚ A゚ノ|「まったく、えらい目に会いましたよ。ようやくオーナーと監督契約を交わしてきました。わたしがどれだけ苦労したか! 本当だったらロンドン観光の一つもしたかったところなのに!」


(`・ω・´)「ああん? これからまた激闘のサッカー監督ライフが始まるんだ。何をなまっちょろいことを言ってるんだ。観光なんてしている暇は無い! 俺たちは仕事で来ているんだぞ!」


川# ゚ ー゚ノ|「その仕事の内容を教えずに余計な心労をかけさせてくれたのはどこのどちら様ですかね(ギリギリ)」


(´;ω;`)「痛い痛い! こめかみグリグリはやめて!」


川 ゚ A゚ノ|「おまけにどこのクラブかも教えないなんて、本当に不安だったんですからね!」


(・ω・)「でももう分かったな? ここが俺たちの新しい城だ」


川 ゚ ー゚ノ|「ええ」






08_20140814215402dc7.png






09_201408142155501b9.png






(`・ω・´)「イングランド2部、フットボールリーグチャンピオンシップに所属するチャールトン・アスレティックFC


川 ゚ ∀゚ノ|「ここでわたしたちの新しい挑戦が始まります!」







(・ω・)「まずはこれを見てもらおうか」





(・ω・)「コールドプレイの名曲『Viva La Vida』をBGMに映し出されるのは、このチャールトン・アスレティックが2011-2012シーズンにイングランド3部のフットボールリーグ1を優勝した時の表彰式だ」


川 ゚ ー゚ノ|「みんな嬉しそうですね」


(´ω`)「なごむね。イングランドは3部でも大盛り上がりだ。さすがサッカーの母国。とはいえチャールトンはかつてはプレミアリーグで戦っていたクラブである。それがいまやここまで没落してしまった。それを立て直し、かつての栄光を取り戻し、さらなる栄光をつかむのが俺たちの仕事になる」


川 ゚ Д゚ノ|「これに映っているスーツの方が監督さんですよね? 黒人の監督さんなんて珍しいですね」


(・ω・)「元イングランド代表サイドバックのクリス・パウエル氏だ。3部まで落ちた元所属クラブを優勝させ2部まで復活させた監督である」


03a.jpg


川 ゚ A゚ノ|「とても嬉しそうですよ。これを見ていたら、この方を追い出して監督就任なんて気が引けます」


10_20140814221158540.png


11_20140814221354a66.png


12_20140814221414967.png


川 ゚ A゚ノ|「すみませんパウエルさん。あなたがここまで押し上げてきたクラブを横からさらう形になってしまって」


(・ω・)「なに、気にすることはない。リアルでもパウエル氏は監督を解雇されてしまっているのである」


川 ゚ A゚ノ|「そうなんですか?」


(・ω・)「うむ。後釜にはベルギー人の監督が収まって指揮を執っている」


川 ゚ A゚ノ|「ベルギー人……あれ、もしかして、」


( ゚ω゚ )「十中八九、この監督交代劇はオーナーが変わったからだろうな。なにせパウエル氏は2部昇格初年度の2012-2013シーズンを9位という好成績で終えている。オーナーさえ変わらなければまだ変わらず指揮を執っていた可能性が高い。ローランド会長はこのクラブをベルギー人の支配下に置くつもりなのだ。多くの他のイングランドの外国人オーナークラブと同様に、ここチャールトンも外資により歴史の転換点を迎えているのである」


川# ゚ A゚ノ|「……わたし、なんだか少し腹が立ってきました。あんなに嬉しそうに喜んでいるパウエル氏が、オーナーが変わったからという理由で解雇されただなんて」


(`・ω・´)「そんなベルギー色に変わりつつあるチャールトンを、俺たち日本人コンビが横からかっさらう!」


13_20140814223704cd8.png


14_20140814223745455.png


15_201408142238235b7.png


16_20140814223844925.png


(・ω・)「クラブの説明はこんなところか。ロンドンのクラブだが特に大きなライバル関係にあるクラブは無い。一応同じロンドンのミルウォール、クリスタルパレス、ウエストハムがライバルだ。愛称はアディックスである」


川 ゚ A゚ノ|「そもそもなぜこのチャールトンを指揮しようと? ウェンズデイではないのですか? FM2013まではあれだけ熱を入れていたのに」


(・ω・)「FM2014ではウェンズデイは難易度がちょっと高いんだよ。選手がしょぼい。テストプレイで4年やったから分かるが、あのレジスタのマケイブ君もハードワーカーのコリー君も今作ではあまり成長しない。おまけにコリーだけでなくマケイブも国内育成でなくなっている。FM2013編よりも時間がかかりそうなんだ。それになによりウェンズデイはFM2013編でやりきった」


川 ゚ A゚ノ|「それでなぜチャールトンなんです?」


(・ω・ )「……なんでだったっけ? 気づいたらここにしようと決めていた。ずいぶん前に決めたから覚えていないんだ。しかしここは選手もなかなか揃っていて、国内育成やクラブ育成の有望な選手も多い。ホームグロウン枠に困らずに済みそうだ。そして選手層からフォーメーションも自然と決まる。難易度が上手い具合に易しいんだよ」


17_20140814224831a85.png


(`・ω・´)「しかも多くの提携クラブを持っている! 最初からスペイン2部とベルギー2部とドイツとハンガリーのクラブを傘下クラブにしているんだ! つまりイングランドで足かせになる労働許可問題が、ここにレンタル移籍させることで最初から解消される!」


川 ゚ Д゚ノ|「あっ、確かにスタンダールが親クラブなんですね」


(・ω・)「これに関しては買収したローランド会長さまさまだな。たぶんローランド会長の仕事だと思われる。とはいえ最初はめぼしい選手がいないので、初年度からこのレンタルを活用することは無いが」


19_20140814225345c6d.png


(・ω・)「これがゲーム開始時のスタッフ一覧である。後に入れ替えるが、今回はそこまで神経質に入れ替えなかった。今回はこれまでより気分的にサクサク進めていくつもりだ。そこまで神経質に時間をかけない。しかしまさかユースのフィットネス指導をUnder18フィットネスコーチしか指導出来ないとは思わなかったなぁ。FM2013ではフィットネスコーチがトップチームもユースチームも練習させられたのに(´・ω・ `) おかげでユースのフィットネス指導がまったくはかどらん」


川 ゚ A゚ノ|「あら? 会長がローランド氏ではないですよ?」


( ・ω・)「茶番やこの日記の文章では呼び方を適当に済ませて統一していないが、正確にはゲーム内ではあくまでローランド氏はスタンダールの『オーナー』である。会長職はイングランド人だ。しかしベルギーに買収されていることが親クラブとの関係や取締役にベルギー人がいることで分かる」


20_20140814230816678.png21_20140814230829c64.png

22_20140814230840d63.png

23_20140814230851bcd.png


(・ω・)「ゲームのプロフィール設定は一応FM2013編のウェンズデイでの実績を受け継いでみた。どちらにせよ今回もアマチュアスタートだが」


川 ゚ ー゚ノ|「そういえば今回のゲーム開始設定は? テストプレイの時に日本人生成選手の出し方は分かったんでしたよね」


(・ω・ )「そういえばそれを紹介していなかったな」


24_201408142319284c0.png

25_201408142319518fe.png


(・ω・)「選択リーグはイングランド・イタリア・スペイン・ドイツ・フランスの2部まで。ゲーム開始はドイツの6月。詳細でアジア・アフリカ・オセアニア・南北アメリカの知名度の高い選手とヨーロッパのトップクラブの選手、そして日本人国籍の選手をJリーグデータを入れて出している。追加したカスタムデータはJリーグデータだけだ。すでに有志が配布している2014-2015移籍パッチは使っていない。FM2014本来の2013-2014シーズン仕様で遊ぶ。登場選手数がデータベースサイズ小だと41000人と半端になったので、今回では普通にして44000人と切りよくしている。しかしここで一番注目なのは、『最初の移籍期間に移籍予算を割り当てない』ことにしていることだ」


川 ゚ A゚ノ|「? すると今回は初年度に補強が出来ないのですか?」


(・ω・ )「人件費に余裕がある場合にフリーでしか獲得できない。しかも予算調整が出来ないから、本当にフリーの選手を、それも今作はロイヤリティボーナスや代理人手数料を移籍予算から出すので、これを0にしないと獲得できない。この仕様は全クラブ共通で、つまり今回は完全に初期メンバーで全てのクラブがスタートする。初年度からバンバン移籍が動いたりしないんだ。以前はこれに気付かなかったので初年度から選手が動いていたが、今回はこれで固定する」


川 ゚ ー゚ノ|「なるほど。その方がいいのではないでしょうか」


(・ω・)「たぶんこうなっていると思うのでこれでいいと思う」


川 ゚ A゚ノ|「……なぜそこで自信無さげなんですか」


(´・ω・`)「実はこのゲーム開始セーブデータを作った時の記憶が無くてね。たぶんこの設定になっていると思うんだが」


川; ゚ A゚ノ|「気になるならやり直せばいいじゃないですか。あなたそういう人でしょう、神経質で何度もセーブデータを作り直したり」


(・ω・)「それがさぁ、この仕様でいつの間にか作ってたこのセーブデータだと、上手い具合にクラブの若手の潜在能力がみな高いんだよね。このクラブの若手は潜在能力が正確に設定されていないから揺らぎがあるんだ。それがなんか上手くPA130くらいになって登場した。だから記憶に無いのが不安だけれど、もったいなさすぎるのでこのセーブデータで遊びたいんだ。君の言う通り俺は神経質な人間だから、一応何度も開始セーブデータを作り直してみたけれど、上手い具合に狙い通りの若手が高い潜在能力値で出てくれなかった。だからこれでいく(`・ω・´)」


川; ゚ ー゚ノ|「なんて姑息な」


(´・ω・`)「クラブ育成選手の多いクラブだから、補強の手間をかけずに彼らを育てることでプレイしていきたいんだよね。……さて、これでクラブ紹介とかゲーム紹介とかはあらかた終わったかな(・ω・)?」


川 ゚ ー゚ノ|「終わったんじゃないでしょうか」


(・ω・ )「じゃあここまで隠していた『あること』をここでバラしてもいいな?」


川 ゚ A゚ノ|「なんですか、何かあるんですかこのクラブ?」


( ・ω・)「実は冒頭から書いていた茶番なんだけどな、ベルギー人オーナーがどうこうという茶番だが」


川 ゚ A゚ノ|「はあ」


(・ω・)「クラブデータ画像で、会長ステータスが『クラブの生活に充実している』だったことには気付いたか?」


川 ゚ ー゚ノ|「……え、もしかして川; ゚ Д゚ノ|」


( ゚ω゚ )「はーい、このクラブは2年目あたりになると買収イベントが発生しまーす


川; ゚ Д゚ノ|「エエエエェェェェ!?」


(・ω・)「これはテストプレイで確認した。テストプレイの時に言ったな? 今作は多くのクラブの理事会が買収で変わるって。ここチャールトンも実はそのうちの一つなのである」


川; ゚ Д゚ノ|「じゃあオーナーがローランド氏から変わっちゃうことが既定路線なんですか!? 買収したばかりなのに!? あの茶番はいったいなんだったんですか!」


(´・ω・`)「いやそれはどうでもいいんだけど、心配事は二つあって、一つは理事会が変わることで、また迂闊に大物実業家に買収されるとFM2013のレーゲンスブルク編みたくドツボにはまるんじゃないかってことと、もう一つは、もしかすると理事会が変わった時に、せっかくたくさんある提携クラブが外されるかもしれないことなんだよなぁ。たぶんスタンダールは親クラブじゃなくなる。しかしせめて便利なスペインやベルギーの傘下クラブは外れないでいて欲しいんだが」


川; ゚ ー゚ノ|「心配事はそこですか」






18_20140814234318873.png


(`・ω・´)「それでは初年度のノルマである。ちなみに要求されるポリシーは0だ。これも難易度的にここを選んだ理由の一つだ」


川 ゚ A゚ノ|「『チームを強化する』って、何位くらいならいいんでしょう?」


(・ω・)「分からないけど残留すればいいんじゃないかな。でも俺はここで宣言するが、初年度から昇格を狙っていくぞ(`・ω・´)」


川; ゚ Д゚ノ|「えっ、出来るんですか? ゲーム下手なあなたが?」


(´・ω・`)「何気にそれが出来る戦力が揃ってると思うし、理事会に掛け合うとことあるごとに『お金が無い』と言われるので、テストプレイのサバデルの時のように予算が減るくらい赤字になる可能性も考えてるんだよ。だからマジで昇格を狙っていくぞ(`・ω・´)」


川; ゚ ー゚ノ|「大丈夫かなぁ」





(・ω・)「それでは、すでにリーグ開幕直前まで進めているので、その間に起きたことを」


26_201408150003150f3.png


(・ω・)「役に立たない傘下クラブとの提携を解除して、チェルシーを新たな親クラブにした。同じロンドンのクラブとしてね。本当はアーセナルが良かったんだけれど。というのもウチの選手たちはロンドン生まれが多くて、憎たらしいことに我らがチャールトンよりもアーセナルのサポーターの選手が多いのだな。まあ同じ赤いクラブカラーのクラブだし、その気持ちに応えてあげたい気持ちもあったんだが、FM2014編ではFM2013編のようにチマチマ進めるのではなく、基本的に全くのノーリセットで進めるつもりなので、青いチェルシーでみんな我慢してくれ。どうせ昇格したら解除される関係だしさ」


川 ゚ ー゚ノ|「FM2013のウェンズデイ編では細かく神経質に進めてましたものね」


(`・ω・´)「今回は初期セーブデータを作った記憶が無かったりと、しょっぱなからいい加減だ! そしていい加減なままで行く!」


27_201408150012129a6.png


(・ω・)「スタッフの首切りは最小限にとどめた。前任者のクリス・パウエル氏に敬意を表して、彼と共に仕事をしていた面子と共に俺たちも戦う。スカウトは2部スタートでの定番の面子だったり、」


28_20140815001358528.png


(^ω^)「レベッカたんを雇ったりする一方、」


29_201408150015040ce.png


(`・ω・´)「ベッカム氏を登用した」


川 ゚ Д゚ノ|「おお……いいんですか? ビッグネームのスタッフは現実味が無いと避けたりしていたのに」


(・ω・)「まがりなりにもロンドンのクラブだし、ベッカム氏も納得してくれるかなーって。放っておくとゲーム内から引退したりしちゃうから」





選手紹介


(・ω・)「それじゃ選手紹介だ」


川 ゚ ー゚ノ|「初回から飛ばしますね」


(`・ω・´)「細かくは紹介しないが、とっととプレイ日記に入りたいので、初回で済ませられるものは全部済ますぞ!」


30_2014081500222275b.png
31_2014081500223589f.png


GK


32_20140815002352455.png


33_20140815002453bd4.png


(・ω・)「親クラブであるスタンダールから送り込まれた選手その1。ゲーム開始時には3人いたが、一人は使えない若手だったのですぐに返している」


CB


34_2014081500272549e.png


35_201408150028142f3.png


36_20140815002900e82.png


37_20140815002949a30.png


38_2014081500303874d.png


SB


39_2014081500323320e.png


(`・ω・´)「クラブ生え抜きのスタープレイヤーだ」


40_20140815003344493.png


01_201408150035081db.png


02_20140815003601ac8.png


03_20140815003653748.png


MC


04a_20140815003837d35.png


05_2014081500394093f.png


(`・ω・´)「タコみたいな顔だが、生え抜きで潜在能力が高いので期待している」


06_20140815004107a55.png


(`・ω・´)「彼はなんとサンダーランド監督のグスタボ・ポジェの息子である。こいつの潜在能力が高く出たのでこのデータだ。期待している」


07_20140815004324059.png


08_2014081500441177f.png


09_20140815004507dbb.png


(`・ω・´)「キャプテンだ。先に見せたyoutube動画で背番号4でよく映っていたのが彼だ」


10_201408150046198da.png


13_20140815004959130.png


(`・ω・´)「スタンダールから送り込まれてきたもう一人のスウェーデン人だ。使い倒すぞ」


WG


11_20140815004755549.png


12_20140815004843836.png


(`・ω・´)「クラブ生え抜きで潜在能力が高いので期待している」


14_201408150051107ba.png


01a_2014081501302131b.png


(`・ω・´)「スタンダールから完全移籍で送り込まれてきた選手だ。オランダ生まれのイラン代表である。学業との文武両道で頑張ってきた選手で、引退したら子供の頃から夢だったバイオリン奏者になりたいのだそうだ。なんか愛着が湧くぜ」


ST


16_201408150054163c1.png


17_20140815005525cec.png


(`・ω・´)「唯一補強したターゲットマン、ウェンズデイでも使ったStefan Maierhoferだ。今作ではゲーム開始時にフリーなので、初期設定で移籍金を使えないために、頑張ってボーナスと代理人手数料を0にして獲得した。彼のヘッドに期待している。なぜこのニックネームなのかはFM2013ウェンズデイ編を参照」


川; ゚ A゚ノ|「恥ずかしいなぁ、やっぱりこの名前で行くんですか」


18_20140815005900c07.png


(`・ω・´)「今年19歳で加入したのに、なぜかあと2年でクラブ育成選手になるパジシェク。彼が一番ゲーム開始時に能力の揺らぎがあるのだが、今データでは上手い具合に強い能力と高い潜在能力で登場した。なので彼を育てて貴重なクラブ育成に育てる予定だ」





戦術


(・ω・)「採用する戦術を紹介する。サバデルでの成功体験から、その時の戦術をベースに作成した」


19_20140815010840b95.png


(・ω・)「フォーメーションは所属選手の面子からこれ1択である。これを俺なりにサバデルの時の5-3-2からアレンジした」


20_20140815011141df9.png


21_20140815011156b62.png


22_2014081501121487a.png


23_201408150112331d9.png


24_201408150112507ac.png


25_20140815011307379.png


26_20140815011326d5f.png


(・ω・)「指示はこんな感じだ」


川 ゚ A゚ノ|「攻撃タスクの選手ばかりですけれど、守備はどうするんですか?」


( ・ω・)「『非常に柔軟』で前からプレスをかけて、相手のパスを前のめりに出るセンターバックがカットする。そんだけ」


川; ゚ A゚ノ|「いいんですかそんなので。それで攻撃はどういうイメージで?」


(・ω・)「展開を狭くして、とにかくコンパクトにして、狙いは『物量作戦』だ。選手の数で押し込む。ショートパスのコントロールで、前へ前へ出る選手の数で押し込む。基本戦術でボールを大事に運び、個別指示でリスキーなパスを出させるという、サバデルの時の『ガチャ戦術』がベースだ。ウイングバックとインサイドフォワードが中へ中へと進み、選手の間の距離を縮めてボールをキープし、一方で中盤がサイドへサイドへと相手を釣ることで、展開の柔軟性を上げる。つまり、4-1-2-2-1だが、ワイドな展開からのクロスなどは一切期待していないし狙ってもいない。中盤から前を数で押せ(`・ω・´)!」


27_20140815012404d10.png


(・ω・)「親善試合の結果である。ビルバオには歯が立たなかったものの、下位クラブには結果を残した」


川 ゚ A゚ノ|「同じイングランド2部の同程度のクラブ相手にどうなるかですね」


(`・ω・´)「しかし、サバデルでのテストプレイを経て、少なくともFM2014をやり始めたばかりの頃のように『サッカーにならない』という状態ではない。はまれば結果を残してくれると信じている!」





(・ω・)「さて、FM2013編でもそうだったが、すでにリアルの2013-2014シーズンは終わっている。それどころかもう2014-2015シーズン開幕間近だ。今年はどこがどうなるかな。というわけで実際の2013-2014シーズンのイングランド2部の成績表である」


02a_20140815013551739.png


( ・ω・)「プレーオフを勝ち上がったのはQPRで、俺が心配していたチャーリー・オースティンも今季はプレミアデビューだ。苦労人の彼がプレミアで躍動するのを期待しているぞー」


川 ゚ Д゚ノ|「チャールトンは18位ですか。ゲームでもこのくらいの順位なら大丈夫でしょうかね」


(`・ω・´)「ああん? 何言ってんだ。俺はマジで昇格を目指すからな」


川; ゚ ー゚ノ|「なんだか今回はやけに強気ですね、珍しい。サバデルでのテストプレイがそんなに自信になったのかしら」


(・ω・)「そしてゆくゆくはチャンピオンズリーグ優勝を目指そう」


川 ゚ ー゚ノ|「……」


川; ゚ A゚ノ|「え、今なんと?」


(・ω・)「このチャールトンでチャンピオンズリーグ優勝を目指そう


川; ゚ Д゚ノ|「ほ、本気ですか!? 今まで1部残留やカップ戦優勝やEL出場権で満足していたあなたが!?」


(`・ω・´)「俺は今回のプレイ日記をラストのつもりで挑む。頂点を目指すぞ


川; ゚ A゚ノ|「いつになく強気だわ……でも本当にうまくいくでしょうか」


(・ω・)「わかんね。でも意気込みだけは今はあるぜ。手寅、お前にビッグイヤーを掲げさせてやるからな(`・ω・´)!」


川 ゚ ー゚ノ|「期待しないで待ってます」


(´・ω・`)「なんだその嫁が夫に言うようなセリフは」


川# ゚ Д゚ノ|「失礼ですね、あなたなんかと付き合ったりしませんよ!」


(`・ω・´)「建前上はお前が監督なんだぞ、お前が野心を持たずにどうする!」


川; ゚ A゚ノ|「そ、それはそうですけれど」


(^ω^)「それじゃ、そんなこんなで始めましたFM2014日記本プレイ。ぼちぼちやっていこうと思います」


川 ゚ ー゚ノ|「よーし、じゃあわたしも最初の意気込みだけでも強気に! ここから、目指せ頂点川 ゚ ∀゚ノノ!」


(`・ω・´)「行くぜアディックス!」(続く)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。