Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|

Football Manager というゲームの日記です(・ω・)

川 ゚ ー゚ノ|「まずは何をすればいいのかしら……他のFM日記の方たちの記事を見てみよう」


川 ゚ 0゚ノ|「あっ、そっか。シーズンのまとめをするのね」


川 ゚ ー゚ノ|「やってみようっと(カタカタ)」


01a_20130424205433.png
02a_20130424205703.png


川 ゚ ー゚ノ|「わたしたちのパソコンの環境でのゲーム画面の都合上、画像が切り貼りになっちゃうし字も潰れちゃってるけど、これが11-12シーズンのイングランド2部、フットボールリーグ・チャンピオンシップの結果ね。11-12シーズンと言っても、エディットデータでゲーム内は12-13シーズン用に変えているから、実際には今年の12-13シーズンのシミュレーションだったことになるわ」


川 ゚ 0゚ノ|「最後に立ちはだかったカーディフが、現実の12-13シーズンでは優勝で昇格を決めたようね。やっぱり現実でも強かったのね」


03_20130424210427.png
04_20130424210523.png
05_20130424210542.png


川 ゚ ー゚ノ|「そしてこれがわたしたちシェフィールド・ウェンズデイの11-12シーズンの全成績。前半戦は24戦10勝7敗7分け。新戦術に変えた後半戦は22戦13勝3敗6分け。そっか、年が明けてからのリーグ戦では、あの3回しか負けなかったんだ。やっぱり効果があったのかしら」


03aa.png
04aa.png


川 ゚ ー゚ノ|「リーグ戦とカップ戦を合わせた、選手たちの全成績。アリステギエタ選手がトップスコアの15得点。チャボルスキ選手が10得点に18アシスト。チャボルスキ選手はコーナーキッカーだったこともあるけどすごいわ。ただ、枠内シュート率は悪かったみたい。こうして見ると、ターンオーバーと言いつつもほぼレギュラー固定だったことが分かるわね。あと、結局ウチのレッドカードって、あのレスター戦が唯一だったのね」


07a_20130424214259.png


川 ゚ ー゚ノ|「フットボールリーグ・チャンピオンシップの選手成績。得点王はミルウォールのアンドリュー・キーオ選手。28得点だなんて、ミルウォールの総得点が68点だから、一人で3分の1以上も得点したのね。ちなみにウチは総得点が83点で、トップスコアがアリステギエタ選手の15点。どれだけキーオ選手が一人で頑張っていたのかが分かるわ。そんな中で注目なのはチャボルスキ選手。アシストとマン・オブ・ザ・マッチでタイで1位。何でも屋の役割通りにオールラウンドに活躍してくれた結果ね」


09_20130424215656.png


川* ゚ ∀゚ノ|「そしてそのチャボルスキ選手が年間最優秀選手賞を受賞! おめでとう!」


10_20130424220218.png


川* ゚ ー゚ノ|「一方でシーズンベストゴールはモディセ選手。あのウルヴズ戦でのロングバナナシュートが受賞したわ。でも結局、モディセ選手はあれがシーズン唯一のゴールになったのね……」


12_20130424221115.png


川 ゚ ∀゚ノ|「年間最優秀選手のチャボルスキ選手が、ベストイレブンにも選ばれました。そんな彼はまだ19歳! 今後が楽しみね!」


11_20130424221825.png


川 ゚ 0゚ノ|「年間最優秀監督はカーディフのマーキー・マッケイ氏。あらっ、優勝監督が選ばれるんじゃないのね。ただ、マッケイ氏は現実では優勝監督として受賞しそう。でも、プレーオフ勝利監督が最優秀に選ばれるなら、わたしも可能性があったのかしら……」


川 ゚ ー゚ノ|「今シーズンのウチとリーグのまとめはこんなところね。それじゃあ、イングランドや他の国のリーグとカップ戦の結果を見に行こうっと」






|・ω・`)ソォーッ…





18a.png


川 ゚ ー゚ノ|「まずはプレミアリーグ。優勝はアーセナル。すごく強いチームだって聞いたことがあるから、これは順当な結果なのかな」


|・ω・`)「まさかアーセナルが優勝するとは思わなかった。途中で覗いた時にはチェルシーが首位を走っていたから。確認すると、最終戦の直接対決での逆転優勝だった。劇的だな。リアルでは過去の栄光もどこへやらで、タイトルからも遠ざかり、毎年なんだかんだでCL圏内に入ってくるだけのクラブと化しているのに、よく頑張ったなぁ。そしてウィガンの降格が残念でならない」


17_20130424223036.png


川* ゚ ∀゚ノ|「得点王はフェルナンド・トーレス選手。知ってる! イケメンでかっこいい人よね! さすが!」


|・ω・`)「おいおいトーレスが得点王だと? 冗談だろ、リアルではネタキャラ扱いされるほどゴールを決めきれていないのに。これがゲームの恐ろしさか」


19_20130424223301.png


川 ゚ ー゚ノ|「イングランド3部のフットボールリーグ1を覗いてみたんですが、来季2部に上がるのはコヴェントリーとポーツマスとノッツカウンティのようですね。あらっ? シェフィールド・ユナイテッドにも昇格のチャンスはあったのね」


|・ω・`)「これはもったいなかったなぁ。シェフィールドUが上がってくれば来季にダービーが実現して日記のネタが増えたのに。必死になってプレーオフを戦い終わってみたら、ここのプレーオフもすでに終わっていた。まあ仕方ないか。日程に余裕があれば、こっそりリセットして上がらせる手もあったんだろうけど。いや駄目かなやっぱり。あと、過去にプレイしていたノッツカウンティが自力で昇格してきたのはちょっと嬉しいね」


21_20130424224120.png

20_20130424224133.png


川 ゚ ー゚ノ|「リーグカップはマンチェスター・ユナイテッド。FAカップはリヴァプールが優勝しました」


|・ω・`)「ボルトンおしい。EL出場権まであと少しだった。FAカップは俺のひいきのニューカッスルに勝って欲しかったな。ここまで勝ち進むことはなかなか無いから」


川# ゚ ー゚ノ|「……」


|・ω・`)「……」


川 ゚ ー゚ノ|「次は他の主要リーグです!」


22a.png


川 ゚ 0゚ノ|「イタリアのセリエAはACミランが優勝……あっ! ということは本田選手がタイトル獲得ですね!


|・ω・`)「おめでとう本田選手。リアルでもビッグクラブに行ってタイトルを獲得して欲しいよ。そういえばマンチェスター・ユナイテッドの優勝と香川選手おめでとう。あのちょっと恥ずかしそうに歓喜の輪に混ざっている様子を見ると、シャイな人だなって思うよね。そこがかわいい」


24_20130424225107.png


川; ゚ 0゚ノ|「スペインのリーガエスパニョーラはバルセロナが優勝……って、ええっ!? シーズンわずか1敗!?


|・ω・`)「もしかして無敗優勝するんじゃないかと思っていたんだが、その唯一負けた相手を見てびっくりした。最下位のバリャドリードなんだ。しかもホームで。なんでそんなことになったのかと出場選手を見てみたら、完全な2軍だった。舐めすぎだろういくらなんでも。現実だったらメディアとファンが黙っていないぞ」


26_20130424225522.png


川 ゚ ー゚ノ|「ドイツのブンデスリーガはレバークーゼンが優勝しました。ドイツにはたくさんの日本人選手が所属しているけれど、レバークーゼンってクラブには誰かいたかしら?」


|・ω・`)「細貝萌が所属している。レバークーゼンはバラックを用いてCL準優勝をしたことがあるように準優勝で有名なクラブだそうだけど、このゲーム内ではついに頂点に立つことになった。イイハナシダナー。監督は元リヴァプールのサミ・ヒーピア。見事クラブを優勝に導いた」


27_20130424230131.png


川 ゚ ー゚ノ|「フランスのリーグアンはオリンピック・マルセイユが優勝です」


|・ω・`)「パリサンジェルマンは何やってんの? バカなの? 死ぬの? エディットデータだから現実通り凄いメンバーが揃っているのに優勝逃しちゃ駄目だろう。なんとカップ戦含めて無冠だ。ほんと何やってんだか」


29_20130424230459.png


川 ゚ ー゚ノ|「オリンピック・マルセイユはヨーロッパリーグも制しました。国内カップ戦も合わせて三冠達成です!」


|・ω・`)「レンタル移籍している、通称『サッカーの上手い犯罪者』、ジョーイ・バートンが、これで1シーズンでタイトルを3つも獲得した。バートンは元ニューカッスルだし、昨シーズンのマンC優勝の影の立役者でもあるから、なんだか面白くて笑っちゃうな」


28_20130424231006.png


川 ゚ ー゚ノ|「そしてチャンピオンズリーグ! 優勝したのはユヴェントスでした!


|・ω・`)「カルチョスキャンダルからの復活がなされた。アーセナルは惜しかったね。そしてアーセナルからいらない子扱いされてユヴェントスにレンタル移籍していたベントナーがタイトルを獲得しているんだから、ゲームとはいえ世の中わからないもんだなぁ」


川# ゚ ー゚ノ|「……」


|・ω・`)「……」





川 ゚ ー゚ノ|「まとめはこれでおしまいかな。じゃあ日程を進めて、来シーズンの準備をしようっと」


|・ω・`)「……」


川 ゚ ー゚ノ|「~♪」


|・ω・`)「……」


川 ゚ ー゚ノ|「そうだ、今度はわたしが選手を獲得しようっと♪ メッシ選手とか獲れないかなぁ


Σ|゚ω゚` )(駄目だこいつ、早くなんとかしないと……)


川; ゚ 0゚ノ|「あっ、無理かぁ。お金も高いし興味も持ってくれない」


|・ω・`)(当たり前だろう、まったく)


川 ゚ ー゚ノ|「そういえば、2部では国内育成選手が大切なんだっけ。それで検索してみよう」


|・ω・`)(おっ、いいぞ。くれぐれも弱い選手を高い金で獲ったりするなよ)


川 ゚ ∀゚ノ|「この選手なんてどうかなぁ。顔もかっこいいし」


Σ|゚ω゚` )(おい馬鹿やめろ! そんな理由で選手を獲るな!)


川 ゚ ー゚ノ|「左ミッドフィルダーだから、レンタルで抜けるカチャニクリッチ選手の穴を埋められるし、ナントカって人の再来って書かれてるからきっと強そう」


|・ω・`)(お? ちゃんと考えてるんじゃないか。しかしナントカって誰だろう。どれどれ……)


川 ゚ 0゚ノ|「あれっ? 何かニュースが……えっ?」


|・ω・`)(?)


05_20130424233036.png

06_20130424233058.png


川; ゚ Д゚ノ|「2部優勝監督のオーウェン・コイル氏が引き抜き辞任!?


Σ(´ ゚ω゚` )「ニューカッスルの監督に就任だとお!?


川; ゚ Д゚ノ|「ちょ、ちょっとこれどういうことですか!? 優勝したんだから来季はプレミアで戦えるのに、いえそもそも優勝したクラブを離れて、別のクラブに就任だなんて!」


(´ ゚ω゚` )「こんなことあり得るのか? びっくりしたぞ? 普通引き受けないだろうこんなこと! ていうかニューカッスルの監督が半ズボンのオーウェン・コイルかよ! カーヴァーを解任してたと思ったらこれかよ!」


13_20130424233555.png


川; ゚ ー゚ノ|「そしてポッカリ空いたボルトンの監督には、ロナルド・クーマン氏が就任しました」


(;`・ω・´)「元オランダ代表でバルセロナの栄光時代を築いた名選手だな。監督としても実績を残している。フェイエノールトの監督だったはずと思ったら解任されていた。そしてゲーム内でプレミアに挑戦ということになるのか」


川 ゚ 0゚ノ|「……」


(;・ω・)「……あっ」





川 ゚ ー゚ノ|「さて、じゃあ言い訳を聞きましょうか。どうするんです? 来季も2部で戦うつもりになったんですか?」


(´・ω・`)「……あれから考えたんだけどさぁ」


川 ゚ ー゚ノ|「はい」


(´・ω・`)「……俺たち、もし来季プレミアに上がっていたとしても、勝って残留できたのかなぁ」


川 ゚ 0゚ノ|「……」


川 ゚ ー゚ノ|「……今季、プレミアのチームと戦ったのは、カップ戦での2試合です」


30_20130424234703.png

31_20130424234713.png


川 ゚ ー゚ノ|「サブメンバーだったとはいえ、プレミアに上がれば同じようにローテーションで戦うことになります。新戦術を使う前も後も、結果は完敗でした」


(´・ω・`)「うん……」


川 ゚ ー゚ノ|「プレミアの残留に必要な勝ち点は、今季は38でした。少なくとも10勝はしなければいけないことになります。いえ、10勝してもWBAは降格しました」


(´・ω・`)「リーグ残留に必要な勝ち点は、リーグの試合数と同じだと言われている。38は最低限の数字だろう」


川 ゚ ー゚ノ|「……あなたは、たとえプレミアに上がれていたとしても、その目算は立たなかったと?」


(´・ω・`)「もちろん、プレミア昇格が決まっていれば、理事会から予算が増額されたろうし、大幅な補強と選手の入れ替えが可能だっただろう。でも、それを入れても……。このゲームを始めたきっかけを覚えているかい?」


川 ゚ 0゚ノ|「きっかけ……ですか?」


(´・ω・`)「すべてはあのロン毛の兄ちゃんの言葉から始まったんだ」





川´・ω・`)「悔しいよ、俺たちが今のマンU的存在になっていたかもしれないのに……」





(´・ω・`)「そう、ここから始まった。初年度の目標は昇格としても、その後は、打倒マンUは遠いとしても、そのままプレミアに定着することをまずは目指そうとしたんだ。でも、今のメンバーでそれは可能か?」


川 ゚ ー゚ノ|「……」


(´・ω・`)「君はさっき、チャボルスキはまだ19歳だ、今後が楽しみだ、そう言っていた。エースのアリステギエタも20歳だ。来季も当然ストライカーの中心選手と考えている。しかし彼らはプレミアで通用するだろうか? 早すぎはしないか? そしてバックラインは峠を過ぎたベテランばかりだ。逆に彼らは遅すぎはしないか?」


川 ゚ 0゚ノ|「つまり……」










(`・ω・´)「……もう1年待とう、2部で!


川 ゚ ー゚ノ|「……!」


(`・ω・´)「そして昇格しても通用するメンバーを集めて、万全の態勢で今度こそプレミアに上がるんだ!


川 ゚ ー゚ノ|「……やりましょう! わたしたちならきっとそれが出来ます!


(`ω´)「やってやる! 今度こそやってやるぞ! うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!


川 ゚ ∀゚ノ|「良かった、勝利意欲が戻ってきたんですね!」


(`・ω・´)「それじゃ、さっそく来季の予算を見せてくれ!」


川 ゚ ー゚ノ|「はい! こちらになります!」


(;`ゝω・´)「ううっ、なんだか見るのが怖いな。あれだけの赤字だったからな。きっと大幅に減らされてる……」






15_20130425001448.png


(;`ゝω・´)「……」


Σ(´ ゚ω゚` )「あれっ? なんだか今の人件費と変わりない……というかむしろ増えてる!?


川; ゚ Д゚ノ|「あの……どうやら、」


01a_20130426220038.png


川; ゚ ー゚ノ|「今年度の2部の賞金があったことを覚えていらっしゃいますか? あれで今季の赤字は約3億5千万まで減りました。おかげで財務にはまだ余裕があります! しかしそれにしてもこの予算の多さはいったい……?」


(;`・ω・´)「……わかった。おそらく来季は、求められる達成目標が大きく上がる。これはそれを見越しての予算配分なんだ」


川 ゚ 0゚ノ|「目標が上がる……」


(`・ω・´)「一番最初の予算配分の時を覚えているか? 理事会に約束する目標によって予算が変わっただろう。そう、財務に余裕があると、約束を求められる目標を上げるにしたがって予算も上がるんだ。今季の成績が良かったので、来季のハードルが上がったんだろう。……いや、これは好都合だ! どちらにせよ来季こそ昇格してやるんだからな! この資金があれば、きっと万全の選手を集められる!」


川 ゚ ー゚ノ|「……希望が見えてきたじゃないですか! 膨らんだ赤字を怖がっていましたけれど、クラブにはまだこんなにもお金が残っていたなんて!」


(`・ω・´)「まったくだ! 投げ出そうとしていた自分が馬鹿みたいだ! それじゃ、次回からは12-13シーズンだ!


川* ゚ ∀゚ノ|「はいっ!」




( `・ω・´)ノ 川 ゚ ー゚ノノ (次回、来シーズンへ続く)

スポンサーサイト

4月続編


(`;ω;´)「諸君らが愛してくれた右サイドバック、バンダロフスキは死んだ。 何故だ!


川; ゚ ー゚ノ|「死んでません死んでません。そこでよく知りもしないガンダムネタなんか入れてどうするんですか」


(;`・ω・´)「答えは『坊やだから』ではなく、レギュラーとしてフル回転してくれていたからだな。大一番を前に彼を使えないのは痛手だが、もう仕方ない」


01_20130420200528.png


(`・ω・´)「このカーディフ戦が事実上、昇格を賭けた最後の試合になる!」


02_20130420201136.png


(`・ω・´)「モディセの言う通りだ。一つ突っ込みどころがあるとすれば、それをキャプテンの瀬戸でも副キャプテンのボッデでもなく、『レギュラーとして使い続けたのにいまいち活躍せず評価点も7点を切っている』彼が言うところだが。代表だけでなくクラブでも結果を出して欲しいよ。獲得時はウチのファンタジスタになることを期待してたんだけどな。知ってるか? こいつアシスト数でさえ2しかないんだぜ?」


川; ゚ ー゚ノ|「せっかく士気が高まっている時にそんな台無しなこと言わないでくださいよ」


(`・ω・´)「カーディフ戦は当然フルメンバーで挑む! モディセ、お前もスタメンなんだからな、言葉通り結果を残してくれよ!」




カーディフ戦


(`・ω・´)「試合開始だ!」


川; ゚ 0゚ノ|「みんな! 頑張って!」


Σ(´ ゚ω゚` )「ああっ! 畜生! 先制された! リードして試合をコントロールしたかったのに!」


川* ゚ 0゚ノ|「ああっ! PK! ウチにPKですよ!


(`・ω・´)「よし! ここで同点にして試合を振り出しに、」


Σ(´ ゚ω゚` )「なにやってんだてめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!


川; ゚ Д゚ノ|「ファビアネシ選手がPK失敗……


(`;ω;´)「これで3回連続でPKを外しやがった! もうお前には2度とPKは蹴らせん!


川; ゚ ∀゚ノ|「あっ! やった! やりました! 瀬戸選手が同点ゴールです!


(`・ω・´)「よくやった瀬戸ぉ! 見たか! これが日本人クオリティだ!


川; ゚ ー゚ノ|「前半終了です……」


(;`・ω・´)「悪くないぞ、ここまでの展開に喜んでいると伝えろ!」


川* ゚ ー゚ノ|「みなが発奮してます!」


(`・ω・´)「よし、行ってこい! 後半で逆転だ!」


川; ゚ ー゚ノ|「……なかなか試合が動きません」


(;`・ω・´)「くっ……! あと1点、あと1点だけでいいんだ!」


川; ゚ 0゚ノ|「あっ……!」


( ゚∀゚ )「アリステギエタの逆転ゴールキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


川* ゚ ∀゚ノ|「さすがウチのエース!」


(;`・ω・´)「よし! 残り10分だ! もう我慢できん! 戦術を守備固めにして逃げ切るぞ!


川; ゚ Д゚ノ|「えっ? 守備固めは不安があるから使わないんじゃ、」


(;`・ω・´)「そんなこと言ってられるか! もう昇格は目の前なんだ! ここで守備を固めなきゃ後悔する! 最後まで全力を尽くすんだ!」


川; ゚ ー゚ノ|「……なんとかしのぎ切っています!」


(;`・ω・´)「90分を過ぎた! おい審判! 早く笛を吹け! ロスタイムなんてとっとと終わらせろ!」


川; ゚ 0゚ノ|「これがきっと相手のラストチャンス! これを防ぎきれば、……あっ!


(´ ゚ω゚` )「……な、」


(´ ゚ω゚` )「うわあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」








03_20130420204033.png


(´ ゚ω゚` )「そ、そんな……」


川; ゚ Д゚ノ|「ひ、引き分け……」


(´ ゚ω゚` )「まさかロスタイムにFKを直接叩きこまれるなんて……。今シーズンこれまで一度もそんなことはなかったのに……」





( 、。ω。、)「お、終わった……」


川; ゚ 0゚ノ|「ま、まだです! 確かにウルヴズにこれで並ばれてしまいました。しかし向こうが最終戦で引き分け以下なら、もう一度逆転できます!」


( 、。ω。、)「ウルヴズの最終戦の相手はホームで17位のハダーズフィールドだぞ……あいつらが負けるわけないだろ……」


川# ゚ Д゚ノ|「最後まで諦めないんじゃなかったんですか!? 望みを託しましょう!」


04_20130420204701.png


川# ゚ ー゚ノ|「少なくとも選手は諦めていません!」


( 、。ω。、)「カーディフ戦でも相変わらずの6.9点だったこいつが言うからなんだというんだ……いつもいつも平均的な仕事しかしないくせに……」


川# ゚ Д゚ノ|「わたしは諦めません! 監督のわたしが諦めたら終わりです! 最後まで戦い抜きます!」





05_20130420205149.png


川; ゚ ー゚ノ|「勝ちました! 結果は!? ウルヴズの結果は!? 順位は!?」








06_20130420205413.png

07_20130420205428.png


川; ゚ Д゚ノ|「あああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


( 、。ω。、)「得失点差で3位で終了……」


川; ゚ ー゚ノ|「くっ……! まだです! まだプレーオフで勝ち抜けば昇格できます!」


( 、。ω。、)「もう……好きにしてくれ……


川; ゚ Д゚ノ|「……はぁ?


( 、。ω。、)「俺は気持ちが切れた……後は頼む……」


川; ゚ A゚ノ|「こ、ここに来てそんな無責任な……! いいです! 分かりました! プレーオフはわたしが指揮をとります!」




5月


08_20130420210113.png


川 ゚ ー゚ノ|「プレーオフ初戦は6位ブラックバーンとのホーム&アウェーのアウェー戦。今シーズンの2度の対戦ではどちらも負けなかったのね。これは勝機が高いわ!」






09_20130420210735.png


川; ゚ ー゚ノ|「結果は引き分けかぁ……でも、アウェーで引き分けなら上出来かも。次はウチのホームだし」


10_20130420210833.png


川* ゚ ∀゚ノ|「あっ! 見てくださいよ! ファビアネシ選手が最速ゴールを決めたんですって! 24秒だなんてすごいですね!」


( 、。ω。、)「PK失敗野郎のファビアネシがどうしたって……? こいつがあのPKを決めていれば今頃昇格できてたのに……」


川; ゚ ー゚ノ|「まだ引きずっているんですか……」


11_20130420211044.png


川* ゚ ∀゚ノ|「ほら、これはどうですか? プレーオフ2戦目のホームの試合には、ファンがスタジアム一杯に応援に来てくれるらしいですよ! 財務の助けになる観客収入も見込めます!」


( 、。ω。、)「今更来たって遅いよ……昇格争いをしていた間はみなどこに行ってたんだ……」


川; ゚ A゚ノ|「……駄目だわ。この人はもうあてにならない」


川 ゚ ー゚ノ|「でも、選手たちはきっとやってくれるはず! せっかくここまで来たんだから!」






12_20130420211742.png

13_20130420211800.png


川* ゚ ∀゚ノ|「やった! やったわ! これで決勝進出! あと1試合勝てば昇格よ!


( 、。ω。、)「しょう……かく……?


川 ゚ ー゚ノ|「そうです! 一度は逃げて行った昇格のチャンスが、もう一度めぐってきたんですよ!」


(´ ゚ω゚` )「決勝の……相手は……?」


川 ゚ ー゚ノ|「相手は……」






14_20130420212359.png


川; ゚ Д゚ノ|「カ、カーディフです……


(´ ゚ω゚` )「……」


(・ω・)「……」


(`・ω・´)「俺に策がある。決勝の指揮は俺に任せてくれないか?」


川* ゚ ー゚ノ|「良かった、復活されたんですね!? わかりました、ここまでこのチームを押し上げてきたのはあなたです! 最終戦はあなたに託します!」





川 ゚ ー゚ノ|「プレーオフ決勝までに少し間が空いたので、あの人が策というのを考えている間に、ニュースを紹介しておこうと思います」


16_20130420213220.png

17_20130420213233.png

18_20130420213242.png


川; ゚ ー゚ノ|「まず、降格チームはバーンズリー、チャールトン、ブリストルシティに決定しました。ご愁傷様です」


19_20130420213406.png


川 ゚ ー゚ノ|「プレミアのチーム、ウィガンの降格が決定し、監督のロベルト・マルティネス氏が解任されました。リアルでは、なんでしたっけ、『残留力』? というのでしぶとくプレミアに残っているクラブだそうですが、このゲーム内では落ちてしまいました」


20_20130420213545.png


川 ゚ ー゚ノ|「後任監督はアンディ・ソーンという方だそうです。調べてみましたが、あまり有名ではないようですね。コヴェントリーでの監督経験しかこれまでにはないそうです。失礼ですけど、どうして選ばれたのかしら」


21_20130420213855.png


川# ゚ Д゚ノ|「わたしの嫌いなボウヤー選手が、この大事な時期にこんなことを言い出しました。とことん身勝手で空気の読めない人です。言われなくても来季は放出してあげますよ!」


22_20130420214105.png


川; ゚ ー゚ノ|「実際の11-12シーズンではクラブのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーだったセメド選手ですが、今季は貴重なベンチ要員ではあったものの出場機会は少なく、彼もまた、よりによってこの時期に不満を言い出しました。来季はどうしましょう?」


23_20130420214427.png


川 ゚ ー゚ノ|「先月は戦犯扱いされたデュリー君。プロ契約が結べるようになりました。せっかく指導もして育ててる生え抜きなんだし、プロ契約しておこうかしら」


25_20130420214755.png


川# ゚ Д゚ノ|「ウチの大事な生え抜き選手、ビーヴァーズ君に他クラブが興味を示しているそうです。絶対に渡しません! 提示評価額を最高にして断固拒否します!」


24_20130420214944.png


川 ゚ ー゚ノ|「最後に。ニューカッスルの監督だったカーヴァー氏が解任されました。どうしてオランダからのニュースになっているのかしら?」


(`・ω・´)「ニューカッスルと聞いて」


川; ゚ 0゚ノ|「わぁ! びっくりしたぁ!」


(`・ω・´)「どうしたニューカッスル。パーデューを解任してまた監督を変えるのか? 順位も12位で悪くないじゃないか。せっかくアシマネのカーヴァーを後任に据えたくせに。次は誰を連れてくるんだろう。気になるな!」


川 ゚ ー゚ノ|「そんなことより、策というのは決まったんですか?」


(`・ω・´)「ああ、決勝の作戦は固まった。それじゃ、いよいよ最終決戦だ!」




プレーオフ決勝戦

15_20130420215503.png

27_20130420215537.png


(`・ω・´)「決勝戦はイングランドのフットボールの聖地、ウェンブリーで行われる。名誉なことだ」


川; ゚ 0゚ノ|「7万人もの観客が来るんですか……」


28_20130420215815.png


(`・ω・´)「ブックメーカーはウチがわずかに有利だと書いている。しかし、俺は実際にはウチが不利だと思っている


川; ゚ ー゚ノ|「確かに、過去の対戦はアウェーで1-3、前回もロスタイムに追いつかれて2-2の引き分けでした


(`・ω・´)「そこでだ、この決勝ではフォーメーションをいじる


川; ゚ 0゚ノ|「えっ!?」


(`・ω・´)「これだ!」


29.png


(`・ω・´)「ウイングを上げての4-2-4。絶対に点を取る捨て身の玉砕戦術だ!


川; ゚ Д゚ノ|「い、いいんですか? これじゃ守備がもろくなりますよ? 逆に失点の可能性が広がるんじゃ、」


(`・ω・´)「しかし、普通にやっても失点するのは過去の対戦でわかりきっている。ならば、それ以上にこっちが点を取るより方法は無い!」


川; ゚ ー゚ノ|「……これが、あなたの出した結論なんですね」


(`・ω・´)「……」


川 ゚ ー゚ノ|「わかりました。この戦術で行きましょう! あなたの作戦に、クラブの未来を託します!




試合中


(;`・ω・´)「……!」


川; ゚ 0゚ノ|「……!」


(`・ω・´)「……!」


川 ゚ ∀゚ノ|「……!」


(`・ω・´)「……!」


川 ゚ 0゚ノ|「……!」


(´ ゚ω゚` )「……!」


川; ゚ Д゚ノ|「……!」








試合結果

30.png


川; ゚Д゚ノ|「ま、負けてしまいました……互角の戦いに持ち込めたんですが、最後にCKからの失点で……」


31.png

32.png


川; ゚ A゚ノ|「結果……わたしたちシェフィールド・ウェンズデイは、来季も2部に残ることが決定しました……


36.png


川; ゚ A゚ノ|「リーグ戦では勝ち点で2位と同じの3位だったのに、最後に昇格したのは5位。なんだか釈然としませんね……」





34.png

35.png


川; ゚ ー゚ノ|「これで……11-12シーズンは終了です。ウェンズデイの昇格への挑戦は失敗に終わりました


(`・ω・´)「……そうか」


川 ゚ ー゚ノ|「? どうしたんですか? 全然落ち込んでいませんね」


(^ω^)「それじゃ、リセットしよう






川 ゚ Д゚ノ|「……は?


(^ω^)「いやー、試しに捨て身の戦術で挑んでみたけどさー、やっぱこういうのはうまくいかないもんだよねー」


川; ゚ Д゚ノ|「あの……」


(^ω^)「いつもと違う戦術で挑んだんだからさー、これはノーカンっしょ。もう一度いつもの戦術でやり直そう。いやー、保険かけといて良かったわー


川; ゚ Д゚ノ|「……まさか策っていうのは、玉砕フォーメーションのことじゃなく……」






(^ω^)「うん。リセットできる言い訳作りのこと






14_20130420225011.png
「……」






川# ゚ Д゚ノ|「あなた最低です!!!!!」


Σ(´ ゚ω゚` )「ヒィッ!」


川# ゚ Д゚ノ|「リセット!? そんなこと許されるわけないじゃないですか!!! 大人しく来季も2部から再挑戦してください!」


(´ ゚ω゚` )「だ、だって、」


川# ゚ Д゚ノ|「この日記を見てくれているわずかな読者の人たちに対しても失礼です! リセットしてプレイしていく日記になんの価値があるっていうんですか!?」


(´ ゚ω゚` )「だ、だってだって! 君もウチの財務事情は知っただろう? 来季は今季よりもきっと厳しくなる。そんな中で昇格を戦うなんて、」


川# ゚ Д゚ノ|「それに挑むのがプレイ日記の醍醐味でしょうが!」


(´ ゚ω゚` )「だってだってだって! 他のFM日記を見てごらんよ! みんなウチより弱い戦力で昇格を勝ち取っているんだぞ? それなのにこっちはツールまで使った盤石な戦力で昇格失敗だ!」


川# ゚ ー゚ノ|「それが何か?」


(`;ω;´)「こんなの格好悪過ぎるじゃないかぁ!


川# ゚ Д゚ノ|「知りませんよそんなこと! このままプレイを続けるんです! いいですね!」


(`;ω;´)「ウッ……ウウッ……今、読者に失礼だって言ったな? それならなおさら申し訳が立たないだろう! ここまで読んできてもらったのに、結果が昇格失敗だなんて!


川# ゚ Д゚ノ|「自業自得です! あなたのプレイが下手なのが原因でしょうが!






(`;ω;´)「ウウッ……ウウウウーーーーッ!!!!!」










川; ゚ A゚ノ|「行っちゃった……」


川; ゚ ー゚ノ|「でも、やり直しなんてしたって仕方ないわ。あの人もそれに気付くはず」


川 ゚ ー゚ノ|「わたしだけでも、来季の準備に取り掛かっておこう」


川; ゚ 0゚ノ|「でも……何から始めればいいのかしら……?」


川 ゚ ー゚ノ|「あっ。そういうわけで、ちゃんとこの日記は続きます。あの人の言う通りにがっかりした読者の方もいらっしゃるとは思いますが、もしよろしければお付き合いください」


42.png
「それではっ」


4月

01_20130419203012.png


(`・ω・´)「今月の日程だ。そしてこの残り6戦でフットボールリーグチャンピオンシップの全日程が終了する


川; ゚ ー゚ノ|「いよいよ今シーズンもこれでおしまいなんですね」


(;`・ω・´)「是が非でも! 是が非でも! ストレート昇格を! 今年度での昇格を果たすんだ! そうでなければうちの財政が、」


川 ゚ 0゚ノ|「えっ?」


(´ ゚ω゚` )「あっ、しまった……」


川 ゚ ー゚ノ|「財政がどうかしたんですか? 今シーズンが始まる前は収支に8億も余裕があったじゃないですか」


(;`・ω・´)「仕方ない、これを見せる時が来たか……。非常にショックを受けると思うが、落ち着いてくれ」


川; ゚ ー゚ノ|「はあ……?」




02_20130419204217.png


川 ゚ ー゚ノ|「……」


川; ゚ Д゚ノ|「エエエエエェェェェェ!? なんですかこれは!? 開幕当初あった黒字が全部なくなってるじゃないですか!


(;´・ω・`)「日記の初期からちょくちょくと伏線を張っていた財務ネタだが、これがその真相だ。数値で見せよう」


03_20130419205009.png


(´・ω・`)「見ての通り、今シーズンはここまでで6億円の赤字


川; ゚ 0゚ノ|「ちょっと待ってください! おかしいですよ! だって人件費は予算の範囲内に収めていますよ?」


(;`・ω・´)「もちろんだ。人件費管理は俺が最も気を付ける点だ。オーバーさせることはない」


川; ゚ Д゚ノ|「じゃあなんでこんなことに? クラブの借金だってウチは0なのに……」


(;`・ω・´)「クラブの支出をもっと細かく見てみよう。そうすれば理由が見えてくる」


04_20130419205710.png


(`・ω・´)「最も費用がかかっているのは言うまでもなく選手の給与だ。しかしこれは今言ったように予算の範囲内だし、2部でも飛び抜けて多い方というわけじゃない。なにしろウチには1億を超える給与の選手なんて一人もいないんだからな。最高で7000万だ。では何が問題になっているかと言えば、よく見て欲しい。『試合日の支出』と『グラウンド整備』で合わせて約8億かかっている。おそらくこの赤字の理由はこれだ」


川; ゚ Д゚ノ|「『グラウンド整備』……?」


(;`・ω・´)「つまり、スタジアムの維持費だけで1年間でこれだけの赤字が膨らんでしまったんだ


05_20130419210814.png


(`・ω・´)「かつて見せた画像をもう一度掲載する。これがウチのスタジアム、ヒルズボロだ。ヒルズボロの悲劇の時には5万人を超える観客が押し寄せたらしいが、その事故を受けてイングランド全体でスタジアムの見直しが行われ、現在は立見席を排して座席のみで約4万人収容となっている。歴史と伝統あるスタジアムだが、はっきり言って現状では2部のクラブのスタジアムとしては大きすぎる。それをウチが『所有』していて、維持費は全額ウチが払っている。結論を言おう。つまり、2部レベルのクラブには完全に分不相応なビッグスタジアムを持っている結果、これだけの赤字が生まれているんだ。というか、これからも生まれ続けるんだ


川; ゚ Д゚ノ|「で、でも! これだけの収容人数があるスタジアムなんですから、観客収入だって、」


07_20130419212316.png


(`・ω・´)「今シーズンの最多入場者数は先月に6-0で勝ったバーンズリー戦」


06_20130419212436.png


(;`・ω・´)「そして平均観客動員数は約2万人。ぶっちゃけよう。観客数が1万人を割る試合だってこれまでにあった。このウェンズデイでのプレイ目標の一つはなんだった? それはこのスタジアムに再び満員の観客を呼び寄せることだ。しかし今シーズンのこれまでにそれは一度も実現されていない。これが歴史があるとはいえ2部のクラブの現実なんだ


川; ゚ Д゚ノ|「そ、そんな……」


(;`・ω・´)「分かっただろう? これでは、多額のTV放映権料と観客収入が入るプレミアに今年上がれなければ、来年度の財務はどうなる?」


川; ゚ 0゚ノ|「マイナスに……負債が膨らんで……」


(`・ω・´)「そんな未来がたやすく想像できる。今年度の昇格は絶対なんだ。なんとしてでも勝ち取らなければいけないんだ」


川; ゚ A゚ノ|「こんな事情があったなんて……」





(`・ω・´)「それでは今月初戦のミドルスブラ戦だ」


川# ゚ 0゚ノ|「負けることは許しませんからね!


Σ(´ ゚ω゚` )「うわびっくりしたぁ! 急にやる気になったな」


08_20130419214226.png


(`・ω・´)「よし! 大勝してやったぞ! 事前のオッズじゃアウェーということもあり圧倒的不利だったのにな。ざまぁwww


川 ゚ ー゚ノ|「わたしの檄が選手に伝わったんですよ!」


(・ω・)「はいはいワロスワロス」


川# ゚ A゚ノノシ「ムカーッ!(バシバシ!)」


(;´ ゚ω゚` )「いてていてて! いや、気持ちはわかるよ、俺もプレイしてた時はほんと必死だったから」


09_20130419214505.png


(・ω・)「とかなんとかやってる間に、ボルトンが早々に昇格を決めたな」


11_20130419215503.png


(`・ω・´)「そしてついにウチが自動昇格圏の2位に浮上だ!」


川 ゚ ー゚ノ|「でも上位は変わらず差がありませんよ。1試合たりとも落とせません!」


12_20130419215017.png


川 ゚ ∀゚ノ|「アウェーで4-0で勝てたんですから! このまま行けば順位を維持できるはずです!」


(`・ω・´)「その通りだ! 次はホームのレスター戦。絶対に勝……」








13_20130419215214.png


(´ ゚ω゚` )「馬鹿野郎ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ


川; ゚ Д゚ノ|「2人の退場、2回のPK……」


(`;ω;´)「なんでこんな重要な時にこんな馬鹿試合しちゃうわけ!? ねぇ!?」


15_20130419220204.png

14_20130419220220.png

22_20130419220343.png


( `;ω;´)「貴様らはクソだ! 罰金罰金バッキンガムだ! フレブ弟にいたっては追加で2試合の出場停止じゃないか! あんなふざけたスライディングタックルしてたら当然だ馬鹿!」


川; ゚ ー゚ノ|「ふざけたスライディングタックル?」


(`・ω・´)「試合開始直後に、左サイドバックがまごついて苦し紛れに放り込んだロングボールが相手ディフェンダーに渡ったんだが、そこめがけて両足で突っ込んでいきやがった。そんなことする時間帯でもなかっただろ! さらに言えば、その左サイドバックも戦犯だな!」


16_20130419220929.png


(`・ω・´)「こいつだこいつ! 連戦で選手が足りなくなったから、ユースから上げて使ったデュリー! この馬鹿が相手プレスにビビッて見当違いな方向へロングボールを放り込むからこんなことに!」


川 ゚ ー゚ノ|「……あの、」


(`・ω・´)「なんだよ?」


川; ゚ ー゚ノ|「それってあなたの人選ミスなんじゃ


Σ(´ ゚ω゚` )「だ、だって選手いなかったんだもん! 仕方ないっしょ!? 仕方ないっしょ!?」





17_20130419221415.png


(;`・ω・´)「前節でボルトンが優勝を決めた。しかしそんなことはどうでもいい。問題は2位争いだ」


18_20130419221535.png


(`・ω・´)「次に戦うハルの監督、スティーヴ・ブルースが、しぶしぶとか言いつつ思いっきり喧嘩売ってきやがった。そういえば一応ライバルクラブなんだよな」


川 ゚ 0゚ノ|「言い返してやりましょう!」


19_20130419221747.png


川 ゚ ー゚ノ|「昇格するのはわたしたちです! あなたたちなんかにその邪魔はさせません!」


(;・ω・)「君ってほんとにノリやすいなぁ」


21_20130419222005.png


28.png

(;`・ω・´)「まずいぞ、まんまと引き分けに持ち込まれてしまった。こちらの決定力不足とも言えるが……」


川; ゚ ー゚ノ|「ど、どうしましょう。前節の負けと合わせて、ウチは3位に後退してしますよ?」


(`・ω・´)「次で勝つしかない。というか、次で勝てれば昇格が大きく近づく。なにせ相手は……」


川 ゚ ー゚ノ|「相手は……?」


(`・ω・´)「ウチを抜いて現在2位につけているクラブ、ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズだからだ!」





23_20130419224002.png


(`・ω・´)「前に言った通りの展開になった。わかっていたんだ、ヤツらが最終的に立ちはだかってくることは」


川; ゚ 0゚ノ|「絶対に! 絶対に負けられません!」


(;`・ω・´)「勝ってくれ! 頼む!」








24_20130419224324.png


( ゚∀゚ )「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


川 ゚ ∀゚ノ|「キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!


25_20130419224639.png

27_20130419224715.png


(^ω^)「ざまぁwwwウルヴズざまぁwww


川* ゚ ー゚ノ|「これで残りは2試合! 相手は4位のカーディフと20位のピーターバラです!」


(`・ω・´)「ピーターバラは問題にならんだろう! つまり、次のカーディフに勝てば昇格は決まったも同然だ!」


川; ゚ ー゚ノ|「でも、3位ウルヴズとの差は逆転したとはいえ2です。1試合でも落とせば、たとえ引き分けでも、得失点差でひっくり返りますよ」


(;`・ω・´)「う……。な、なんとかなるはずだ、きっと選手たちがこの逆境を乗り越えてくれるはず!」


川; ゚ ー゚ノ|「うーん……。あっ、試合で負傷したバンダロフスキ選手の報告が来ました」








26_20130419225920.png


川; ゚ Д゚ノ|「6週間の離脱になるそうです……」


(´ ゚ω゚` )「なん……だと……?」


(続く)


3月

01_20130416223223.png


(`・ω・´)「まずは今月の試合数を見てくれ、こいつをどう思う?」


川; ゚ ー゚ノ|「すごく……多いです……」


(`・ω・´)「ここが正念場だ。イングランドの過密日程がこの終盤になって襲ってくる。どうしてもターンオーバーしないといけないから、サブメンバーの力が劣っていると星を落としてしまう。主力を休ませつつ連戦させるという手もあるが、休養を与えるとコンディションが落ちる。それにもう一つ、この時期になると選手も疲れがたまっているせいか、怪我が多くなってくるんだ。過密日程に離脱する主力。にっちもさっちもいかなくなってくるぞ。例え好調でも調子の維持が難しくなってくるのがこの終盤戦なんだ」


川; ゚ ー゚ノ|「甘く見てました。乗り切れるでしょうか?」


(´・ω・`)「やってみないとわからん。なんとか昇格戦線から離脱しないでついていきたいんだが……」


07_20130416224559.png


( `ω´)「SHIT! よりによってフルメンバーで挑んだノッティンガム・フォレスト戦で負けてしまった。このゲームはリアルと同じくホームでは有利に戦えて、アウェーでは不利になるから、アウェーでフルメンバーをぶつけて星を稼ぐ作戦で進めてきていたんだが、そこで負けるのは痛い!」


05_20130416224849.png

川; ゚ ー゚ノ|「……と、言われていますけど」


(`・ω・´)「地元ウェブサイトの言うことなんてあてにならん。ファンもなにを浮かれてやがるんだ。ウチはまだ4位だぞ。そういうことは実際に自動昇格の2位に入ってから言え」


02_20130416225510.png

(´・ω・`)「あーもう、こんな時になって控えGKのバイウォーターがわめきだした。プライベートチャットでもなだめられなかった。お前に構っている暇はないんだよ! どうせ契約も今年で切れるしな!」


03_20130416225850.png

04_20130416225853.png

(´・ω・`)「さあ離脱が始まったぞ。ペチュニクが戻ってきたことで使う機会がほとんどなくなっていたマディンはともかく、リンドペレの負傷は痛い。カチャニクリッチに頑張ってもらわないと」


川; ゚ ー゚ノ|「うーん……あれっ、何かニュースに出ていますよ」


06_20130416230201.png

(・ω・)「おっ、そういえばそんな時期か。ノートでアラームを設定しておいてよかった」


川 ゚ ー゚ノ|「ユース選手の昇格? なんですか?」


(・ω・)「このクソ忙しい時期にも関わらず、今月は非常に非常に大事なイベントがある。ユース選手の入団が決まるんだ。ユースリクルートネットワークで集められた、クラブ生え抜きの若手たちが発表される」


川 ゚ ∀゚ノ|「それは嬉しいですね!」


(`・ω・´)「というわけで、有望な若手が出るまで、ここから俺はリセットの作業に入る


川; ゚ ー゚ノ|「……は?」


(`・ω・´)「ウチのユースリクルートネットワークは『平均的なネットワーク』なので、繰り返していればプレミアレベルの潜在能力を持つ若手が入ってくるだろう。それじゃさっそく……」


川; ゚ 0゚ノ|「ちょ、ちょっと待ってくださいよ! リセットなんてズルじゃないですか!」


(`・ω・´)「知るか! 貴重なクラブ育成枠の生え抜きの若手選手だぞ? これから育てていく選手だぞ? いい選手じゃないと面白くないじゃないか!


川; ゚ Д゚ノ|「そ、そんな、」


(`・ω・´)「それに有望な若手じゃないと、日記的にも面白くないだろ!


川; ゚ Д゚ノ|「えええ……そ、それは確かにそうかもしれませんけど、」


(`・ω・´)「うーむ、これはカスだな、次もカスか、おっ、これはなかなか、しかしプレミアレベルとは言い難い、もう一度リセットだ」


川; ゚ A゚ノ|「いいのかなぁこんなことして……」


(・ω・)「……おや?」


川 ゚ ー゚ノ|「? どうかしたんですか?」


08_20130416232232.png

川 ゚ 0゚ノ|「あれっ、日本人選手じゃないですか。なぜイングランドのウチのクラブに日本人のユース選手が?」


(・ω・)「それは監督の君が日本人だからだよ。このゲームでは監督の国籍のユース選手が入団することがあるんだ。他にも、マンダリッチ会長がセルビア人だからか、セルビアのユース選手が出てきたこともあったな。ちなみに日本人だけれど国籍はイングランドとの二重国籍だ。瀬戸のルーマニア国籍の件といい、いい加減だなぁこのゲーム」


川; ゚ ー゚ノ|「それで……」


(;`・ω・´)「う、うむ。潜在能力は……?」


09_20130416232920.png


( ゚∀゚ )「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!


川 n゚ ∀゚ノη「キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*!!!


(`・ω・´)「これは逸材だ! しかも使い勝手のいいポーチャータイプだ! この日記のプレイに新たな目標が加わった! 彼を育ててプレミアで活躍させよう! 個人情報欄の『好きなクラブ』もウェンズデイだしな!」


川 ゚ ー゚ノ|「生え抜きクラブをちゃんと愛してくれているんですね! うれしいです!」


(`・ω・´)「名前だが、俺のPCでの変換で最初に出てきた漢字で、川俣正志君と名付けよう! 川俣君、君が将来のウチのエースだ!」


川* ゚ ー゚ノ|「わくわくします! 頑張ってね川俣君!」




(´・ω・`)「……ちなみにお気づきの人もいると思いますが、この画像はユース選手発表直後のものではなく、すでに契約した後のものです。発表直後のニュースは、例によって例のごとく、セーブデータを残した時点では消えてしまっていました。彼は出身地が『相馬』で、本来なら『おや、ユース候補一覧の中に漢字があるぞ? ここには選手の出身地が記述されているんだが、これはもしかして……』という話の展開に持っていきたかったんですが」


(`・ω・´)「どちらにせよ、リセットの末とはいえ、データをいじることなく出てきた選手であることに変わりはありません。このウェンズデイでのプレイにまた一つ楽しみが増えました! 彼の行く末をともに見守っていただけると幸いです」




16_20130417000840.png

(`・ω・´)「よし! アウェーでの首位ボルトン戦だったが、乱打戦を制したぞ! これは大きい!」


川* ゚ ー゚ノ|「やりましたね!」


(;`・ω・´)「ファビアネシがPKを外したのが痛いけどな。こいつ、PKを外したのがこれで2回目だぞ。まさか3回目は無いよな? がっくりくるからちゃんと決めてほしいよ。ちなみにこの試合は合計7点が入ったので、クラブの『最多得点試合』に記録された。うっかり大差で負けると、クラブに不名誉な記録が長いこと残るので、ここで記録されたのは良かったな」


17_20130417001404.png

(`・ω・´)「続くホームのバーンズリー戦は6-0の圧勝だ! レンタル加入のミケルがマン・オブ・ザ・マッチ! サブメンバーで確実に勝ち点を稼げたぞ! ガードナーの負傷も軽傷だ!」


川* ゚ ー゚ノ|「いい調子じゃないですか! このままいけば昇格が現実味を帯びてきますよ!」






18_20130417001933.png


(´・ω・`)「……しかしそうは問屋が卸さないのだった」


川; ゚ Д゚ノ|「エエエェェェ……」


(´・ω・`)「くそーミルウォールにこんな形で負けるとは。バーミンガムとの引き分けも痛い」


13_20130417002257.png

15_20130417002528.png

(´・ω・`)「しかもこの2戦でミケルとマトックが離脱した。せっかく活躍してくれていたのに。これだからこの終盤戦は油断できないんだ」



19_20130417002628.png

(;・ω・)「今月の結果だ。最終的に7戦4勝2敗1分けとなった」


川; ゚ 0゚ノ|「じゅ、順位は?」



20_20130417002808.png

(`・ω・´)「3位だ。まだかろうじてストレート昇格を狙える位置にいる!」


川; ゚ ー゚ノ|「差がほとんどありませんよ……?」


(;`・ω・´)「まだまだ接戦は続くな。ボルトンがプレーオフ進出を決めてしまった。おそらく優勝するだろう。残りの一つの椅子を争うことになる。まったく気を抜けない! それじゃ、次回は4月だ!」








11_20130417003219.png


川; ゚ ー゚ノ|「あの……」


(`・ω・´)「うるさいだまれ。お前のことなんか知ったことか。来季は出ていけ!


2月

01_20130416201831.png


(`・ ω・´) (ドヤァ)


川* ゚ ー゚ノ|「5戦4勝1分け! いいじゃないですか!」


(*`・ω・´*)「フッフッフ。もっと褒めてくれてもいいのよ? どうだ、これが新戦術の力だ! 唯一引き分けたイプスウィッチ戦も、0-2から追いついての結果だし、チーム全体に自信が芽生えてきたな!」


川; ゚ ー゚ノ| (そもそも2点先行されたことが問題じゃないかと思うけれど、黙っていよう……)


02_20130416202441.png

(`・ω・´)「そういう君も、なかなか監督業が板についてきたではないかね」


川 ゚ ー゚ノ|「試合の流れを見て、適切だと思った言葉をかけているだけです。でも声をかけるたびに、毎回みんな表情がイキイキとしてるんですよね」


(`・ω・´)「それでいい。チームトークは大事だぞ。例え成績や試合展開が芳しくない時でも、チームトークで士気を高く保てば、挽回のチャンスを生むことが出来るからな」


川 ゚ ー゚ノ|「試合が終わった後にも、評価点の高かった選手には個別にプライベートチャットで褒めるようにしています」


(・ω・)「そっちはうっかりすると選手の機嫌を損ねるから注意が必要だね。『自分ではそんなに良くないと思った』とか言いだすことが結構あるしね」


03_20130416203452.png

川 ゚ ∀゚ノ|「9戦無敗! 順位も5位まで上がりました! ファンは優勝を期待しているそうですよ!」


(;´・ω・`)「ん……いや、それはちょっと無理じゃないかなぁ」


04_20130416203951.png

(;´・ω・`)「見ての通り、首位のボルトンが完全に抜け出して、2位に勝ち点10の差をつけている。ウチとは13の差だ。これを今からひっくり返すのはいくらなんでもきついだろう。現実的に考えれば、目指すのは2位昇格だな」


川 ゚ ー゚ノ|「行けますかね?」


(`・ω・´)「チャンスは十二分にあると言いたい。この好調さを続ければありえる。というか、俺は是が非でも2位昇格を目指したいんだ」


川 ゚ ー゚ノ|「どうしてですか?」


(;`・ω・´)「俺はプレーオフでは勝ち目が薄いと思っている。上位のクラブはどこも強敵だ。プレーオフの勝ち抜け戦は3試合かかる。3位と6位、4位と5位の試合がホーム&アウェーで、その後に一発勝負の昇格決定戦だ。好調とはいえ、そこを勝ち抜くだけの力がウチにあるかというと、正直に言って心もとない。だからなんとか2位でストレート昇格を果たしたい」


川 ゚ ∀゚ノ|「きっと行けますよ! この調子なら!」


(;`・ω・´)「そう、この調子なら、ね……」


川; ゚ ー゚ノ|「え……?」





(・ω・)「というわけで、今回のゲーム進行はここまで。今月のニュースを紹介して終わりだ。前回の反省から、今後は小出しで更新していくことにしたからね。といってもニュースの方もほとんど無いんだけどね。まあたまにはサクっと終わってもいいだろう」


川 ゚ ー゚ノ|「まずは、またも怪我のニュースです」


07_20130416205232.png

川; ゚ ー゚ノ|「ボッデ選手。やはり長期離脱で怪我をしがちな体になっているのかもしれませんね。しかし!」


08_20130416205413.png


川 ゚ 0゚ノ|「ウチには他にも選手がいます! 彼一人を欠いたくらいで、この勢いが止まることはありません!」


(`・ω・´)「おっ、いいねー。その通りだ。前回獲得したアントニスもいるし、中盤の戦力はまだ十分残っているぞ! ここで立ち止まってはいられないぜ!」


09_20130416205703.png

川* ゚ ー゚ノ|「ビーヴァーズ君がタイトなマークを習得しました! このプレイスタイルで守備が固くなることを期待しています!」


(`・ω・´)「他にも右サイドバックのバンダロフスキがこのプレイスタイルを習得している。守備の基本はマンマーク。相手に自由にさせないことが大事だ。敵の攻撃を止めることでこちらの攻撃のチャンスも生まれる。スラムダンクの安西先生が桜木に言った『4点分の働き』というやつだな!」


10_20130416210245.png

川 ゚ ー゚ノ|「最後に。アフリカネイションズカップに参加していたモディセ選手の情報です」


(・ω・)「そういえば代表に出かけてたんだっけ。さっき言ったように中盤には選手が十分いたから忘れていたよ。じゃあさっそく彼にもクラブに合流してもらって……」


川 ゚ ー゚ノ|「南アフリカ代表がアフリカネイションズカップに優勝しました


(´ ゚ω゚` )「……は?


05_20130416210833.png


川* ゚ ー゚ノ|「しかも、モディセ選手は得点こそ決めなかったものの、決勝戦のマン・オブ・ザ・マッチに輝きました


06_20130416211020.png


(´ ゚ω゚` )「……」


川 ゚ ー゚ノ|「……あの、どうかされたんですか?」


(`・ω・´)「……ちょっと南アフリカ代表監督にモディセの使い方について訊いてくる」


川; ゚ 0゚ノ|「あっ! ちょっと! まだシーズン中ですよ! 待って! 待ってくださいってば!」




川 ゚ ー゚ノ|「というわけで、シーズンもいよいよ終盤戦。3月に続きます川 ゚ ー゚ノノ」